目次

  1. ミノキシジルに偽物なんてあるの?
  2. そもそもミノキシジルとは?
  3. 【結論】ミノキシジルの偽物を自分で見分けるのは、ほぼ不可能
  4. 偽物だと、どんなリスクがあるの?
  5. ミノキシジルの偽物をつかまないために
  6. ミノキシジルをお求めの方は、必ず医療機関へ!
ミノキシジルと謳っていても本物じゃない可能性も…
ミノキシジルと謳っていても本物じゃない可能性も…

近頃、輸入品を中心に、偽物の医薬品が出回り、問題となっているのをご存じでしょうか?

中には本物そっくりな偽造医薬品もあり、残念ながら発毛剤として有名なミノキシジルにもそのリスクがあることを否定できません。

万一、偽物を使うとどうなるのか。

偽物をつかまないためにはどうしたらいいのか。

すでにミノキシジルを使用中の方、使ってみたいと考えている方のために、偽物で泣かないための対策を解説します。

偽物対策のお話しの前に、ざっとおさらいを
偽物対策のお話しの前に、ざっとおさらいを

ミノキシジルとは、薬の商品名ではなく、血管拡張作用を持つ成分の名前です。

もともとは高血圧用に開発されたものですが、発毛効果が見られることから、発毛剤として使われるようになりました。

外用薬と内服薬の2タイプがあり、日本では外用薬のみが医薬品として認可されています。

リアップに代表される外用薬は薬局などで購入できますが、効果の強い第一類医薬品なので、購入の際に薬剤師からの指導が必要です。

一方、内服薬は日本では認可されていないので、どうしても使いたい場合は一部のクリニックで医師から処方してもらう必要があります。

副作用としては、外用薬・内服薬それぞれ下記の症状があげられています。

  • 外用薬
    :頭皮の発疹・発赤、かゆみ・かぶれ・フケ

  • 内服薬
    :動悸、めまい、不整脈、多毛、むくみ

ミノキシジル製品を価格で選ぼうとしていませんか?
ミノキシジル製品を価格で選ぼうとしていませんか?

ミノキシジルは外用薬にしても内服薬にしても、素人が本物か偽物かを見分けるのは、ほぼ不可能です。

実際に他の医薬品では、本物と見分けがつかないほど精巧な偽造品の存在が注意喚起されており、ミノキシジルに関してもすでに流通している可能性は十分あります。

専門機関に成分鑑定に出すという手もなくはないですが、費用や手間を考えると、あまり現実的ではありません。

では、どうすればいいのか。

「偽物を見分ける」から「偽物を購入するリスクを減らす」へ、発想を転換してみるのが賢明です。

偽物のリスクを侮っていませんか?
偽物のリスクを侮っていませんか?

偽物の場合、効果がないばかりか、ときには重大な健康被害を引き起こすことも

「偽物はもちろん避けたいけど、もし偽物だったとしても効かないだけでは?」と思っていませんか?

万一、偽物のミノキシジルを使ってしまった場合、考えられるリスクはこちらです。

  • 効果が期待できない

  • 雑菌や有害成分の混入による健康被害

  • 情報が不十分で健康被害の治療が困難

  • 健康被害の救済措置が受けられない

偽物の場合、ミノキシジルの配合量が少なかったり、まったく含まれていない可能性もあり、長い期間服用しても効果がないことも考えられます。

逆に、配合量が多すぎた場合は、副作用のリスクも高くなってしまいます。

また、偽物はどういう場所や管理体制で製造されたか不透明なため、雑菌や思わぬ成分が混入していることもあり、健康被害につながりかねません。

もしも副作用や健康被害が出てしまった場合、処方成分や薬理作用などの情報が乏しいため、医療機関での治療が遅れるリスクも見過ごせません。

さらに、通販などで個人輸入した製品の場合、仮に本物だったとしても注意が必要です。

日本で認可を受けた国内正規品であれば、副作用被害に対して救済制度がありますが、個人輸入の医薬品や国内非認可の医薬品はこの制度の対象外となるのです。

偽物にはさまざまなリスクがあること、個人輸入はリスクがさらに高くなることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

偽物の医薬品は、海外から入ってくるケースがほとんどです。

ED治療薬に関しては、個人輸入で取引されるものの40%が偽物、という報告もあるほどで、偽物のリスクが非常に高いのですね。(参照1)

ミノキシジルにも同様のリスクは考えられるので、そもそもネット通販など個人輸入を利用しないことが大切。

それだけで、偽物に泣かされるリスクは大幅に下がります。

ヘアラボでは、専門のクリニックで医師から処方を受けるか、薬剤師に相談のうえ購入するなど、正規の方法をとることを推奨しています。

個人輸入に比較すると、費用や手間はかかりますが、安全面を考えると安いものではないでしょうか?

※ただし、内服薬の場合は、若干事情が異なります。

内服のミノキシジルは国内では未承認薬となるため、一部のクリニックでしか処方を受けられません。

医師の指導のもと服用して、万一健康被害が出た場合も、公的な救済措置は受けられないことを心に留めておいてください。

効果を求めて使う薬が偽物で、期待した効果がないばかりか、健康被害にあってしまっては元も子もありません。

ミノキシジルをお求めの際は、信頼できる医療機関でまずは相談を。

その上で、納得のいくまで説明を受けて、効果的な治療を始めましょう!