目次

  1. してみたい髪型はあるけれど、硬い髪質だし難しいかなあ…
  2. 硬い・柔らかい髪質は何で決まるのか?
  3. 【厳選】髪質が硬い男性に似合う髪型8選!
  4. 硬い髪質、少しでも柔らかく!ヘアケアの注意点
  5. 髪質で悩んでいるなら、スヴェンソンに相談してみませんか
  6. シャンプー選びに悩んでいるなら…こんなシャンプーがおすすめです!
  7. 似合う髪型が見つかれば、自分の髪質もきっと好きになりますよ!

ファッション雑誌に載っているかっこいいヘアースタイル。 憧れてはいるものの、自分の髪質ではできないだろう・・・と諦めていませんか。

そもそも硬い髪質では、人気のある髪型はできないのでしょうか。 いいえ、そんなことはありません。

硬い髪質であっても、その特徴を生かせば人気俳優のような素敵な髪型にだってできます。 硬い髪質だからこそ似合う髪型を紹介していきます。

硬い髪質

硬い髪質

できる髪型のバリエーションが少ないのが悩み。

皆さんよく自分の髪質が硬いとか柔らかいとか言いますよね。 髪に触れた感覚で言っていると思いますが、では同じ成分でできているのに、そもそもなぜ人によって髪質に差が生まれるのでしょうか。

その疑問の謎を解くカギは髪の層にあります。 髪の内面の構造は下記の図にあるように、キューティクル・コルテックス・メデュラという三層構造になっています。 髪質は、キューティクルとコルテックスによって決まるのです。

キューティクルは髪の表面にある層で、鱗状に重なり合っています。 髪質が硬い人はこのキューティクルの層が何層にも重なり、髪をガードしています。 またコルテックスも密度が高く、詰まっている状態です。 逆に髪質が柔らかい人はキューティクルの層が薄く、コルテックスも密度がさほど高くなく少し隙間があります。

髪質の違いがどこで決まるのか、わかりましたね。 硬い髪を気にしているかもしれませんが、髪質が硬い方が似合う髪型もたくさんあります。 おすすめの髪型を8つご紹介します。 やってみたい髪型があったら是非挑戦してみましょう。

①爽やかなショートカット

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型1つ目は、爽やかなショートカットです。 硬くてツンツン立ってしまう髪を逆に利用し、動きを出した髪型です。 髪質が柔らかい人にはなかなか真似できない髪型の一つです。

サイドやバックは短く刈り上げ、トップにボリュームを出しています。 好印象を与えるほか、無造作でもスタイリングが決まるのが特徴です。

さっぱりと爽やかな髪型は、明るく積極的な好印象を与えます。 スポーツマンはもちろんのこと、清潔感があるのでビジネスマンにもおすすめの髪型です。 営業職などで人に会う機会が多い人は好感を持ってもらえるかもしれませんよ。 髪質が硬いことを気にしているなら、思い切って短髪にするのがおすすめです。

②リバースパーマ

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型2つ目はリバースパーマです。 リバースパーマは、パーマの巻き方が外側に向かって巻いていくもので、最近流行している髪型の一つです。 パーマをかけることで自然に動きが出るほか、前髪を長めに残している分、前髪をあげた髪型と前髪をおろした髪型の2通りの髪型を楽しむことができます。 スタイリングで自由自在にできる髪型はシーンによって使い分けられるのでおすすめです。 髪質が硬い人はパーマをかけた髪型が似合います。

自分で髪型をアレンジするのが好きな人にはおすすめの髪型です。 オンとオフでヘアアレンジを変えることができるので、人に違った印象を与えたい、ギャップを与えたい人にはいいかもしれません。 髪質を気にしてパーマをしたことのない人は、思い切って挑戦してみるのもいいと思います。

③刈り上げオールバック

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型3つ目はオールバックです。 オールバックと言えば紳士の髪型。 外国ではそのような考えもあるようなオールバックは男らしさを演出する髪型の一つです。 おでこを上げることによって、清潔感を与えることができます。 サイドからバックをグラデーションが出るように絶妙な刈り上げ、トップからバックトップはボリューム感を出すようにすくことで、毛流れが出やすくなるようにカットしてあります。 髪質が硬いとオールバックがきまりやすいです。

昔からオールバックは硬派な男性がする髪型のイメージがありますね。 今はおしゃれな髪型の一つとして浸透しています。 サイドを刈り上げているので、縦長のイメージを作り、背が高く見えますね。 ワイルドな髪型を希望している人におすすめします。

④ツーブロックショート

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型4つ目はツーブロックです。 ツーブロックは、トップから耳の上ぐらいまでの髪を長めに残し、下の部分はかりあげにしている髪型です。 トップが長く、髪を下ろしていると刈り上げ部分は目立たず、動きによって上からの髪が揺れ刈り上げが見えるスタイルになっています。 1980年代に若い男性を中心に爆発的に流行し、5年ほど前から再流行しています。 髪質が硬くてもサイドの刈り上げで、全体的にまとまりやすくなります。

流行している髪型の一つであるツーブロックは、前髪をおろしたスタイルにしたい人におすすめです。 耳まわりはスッキリで、フロントとトップにボリュームがあるので立体感ができています。 ふんわりと自然な丸みが柔らかな印象を与えます。 人気俳優の小栗旬などがツーブロックにしていますね。 髪質が硬いとスタイリングをする際も動きが出やすいので、トップをアレンジしやすいです。

⑤アップバングのパーマヘア

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型5つ目はアップバングのパーマヘアーです。 アップバングとは前髪を上げたスタイルのことです。 前髪を上げることで清潔感を出し、あえて非対称にすることで毛の流れを作っています。 アシメントリーの髪型は流行ヘアーの一つです。 ゆるいパーマで緩やかな動きを出すことで硬い髪をふんわり見せる効果もあります。

アップバングは女性に絶大な人気を誇る髪型です。 清潔感があり、男らしいイメージを与えるのが理由なようです。 男らしさの中にもゆるやかなパーマが優しい雰囲気を作っていますね。 パーマヘアをしてみたい人にはおすすめです。

⑥モテマッシュヘアー

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型6つ目はモテ系マッシュヘアーです。 メンズの定番ヘアの一つマッシュヘア、流行が始まってから今も相変わらず人気の髪型です。 マッシュヘアはその名の通りキノコのような髪型で、サイド・バック・前髪まである程度同じ長さで統一されています。 人気の秘密は無造作であってもナチュラルにセットがきまるからです。 また小顔効果もあると言われています。 マッシュヘアは髪質が硬い人の方がペタっとせず、ナチュラルに動きが出せます。

マッシュヘアーは可愛らしい雰囲気のあるヘアースタイルですね。 女性でもマッシュヘアーにしている人がいて、好感度の高い髪型です。 パーマで更にふんわりをさせています。 可愛らしさの中にも爽やかさがあって、ナチュラルでもおしゃれに見えます。 塩顔男子で人気の坂口健太郎に代表されるマッシュヘアーで、モテ度がアップします。

⑦ソフトモヒカン

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型7つ目は、ソフトモヒカンです。 ソフトモヒカンは、頭部の中心となるラインの髪が、他の部位より長い髪型です。 サイドを剃ったり、段差をつけたり、短く刈り込んでツーブロックにすることはありませんが、メリハリをつけたい人はツーブロックにすることもできます。 頭の形を立体的に美しく見せることができるとあって、スポーツ刈りの一種として人気になっています。 髪質が硬い人がソフトモヒカンにすると、トップの髪が自然に立つのでおすすめです。

アップバングでもあるソフトモヒカンは、爽やかなヘアースタイルで人気になりました。その火付け役となったのはイングランドのサッカー選手デビッド・ベッカムです。 ベッカムこの髪型をしていたことで、ベッカムヘアとも呼ばれていましたね。 ビジネスシーンでも好印象を与えるので、ソフトモヒカンにしているビジネスマンも多くいます。

⑧ビジネスツーブロック

※参考になるヘアスタイル

髪質が硬い人におすすめの髪型8つ目は、ビジネスツーブロックです。 その名の通り、ビジネスマンシーンを考えてカットされたツーブロックのことです。 耳まわりをスッキリさせ、爽やかに保ちつつも短くしすぎず、ビジネスシーンに最適なツーブロックスタイルです。 髪質が硬いトップ部分が髪がまとまりやすく、サイドとのメリハリも生まれやすくなります。

爽やかなスーツ姿の男性はとても素敵ですよね。 そんな好印象を与えることができるヘアースタイルがこのビジネスツーブロックです。 おでこを上げて爽やかさを与え、ふんわりを立ち上がる前髪が更に好感度を上げます。 ヘアースタイルからも、できる男性と思わせることができそうです。

硬い髪質でも似合う髪型を8つご紹介しました。 素敵な髪型がたくさんありましたね。

それでもやはり髪質が硬いのが気になるなら、少しでも柔らかくなるように普段から気をつける必要があります。 いったいどんなことに気をつければいいのでしょうか。 注意点やポイントをお話しします。

シャンプーを見直す

普段何気なくシャンプーを使っていて成分を気にしたことがない人は、一度シャンプーについて考えてみましょう。

シャンプーは洗浄成分により種類分けされていますが、一般に市販されているシャンプーは石油由来のものが多いです。 ラウリルや硫酸などの表記があれば、石油由来のシャンプーです。 石油由来のシャンプーは洗浄力が高すぎて、必要な皮脂まで落としてしまいます。 更に髪の成分であるタンパク質が固まりやすく、髪質が硬くなってしまいます。 頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

ドライヤーを当てすぎない

ドライヤーにも注意点があります。 ドライヤーを使って乾かすことは、髪にとってはいいことなのですが、髪の毛を乾かす時間を少なくすることがポイントになります。

ドライヤーを当てすぎてしまうと、髪の表面にあるキューティクルが熱によって傷んでしまいます。 キューティクルは髪の中の水分や栄養分を守る働きをしているので、傷んでしまうと髪にツヤがなくなりゴワゴワしてしまい、髪質も硬くなってしまいます。

ドライヤーの時間を短くするために、しっかりとタオルドライをしてからドライヤーを使うようにしましょう。

トリートメントをする

男性でトリートメントを使う人は多くないかもしれませんが、髪質を柔らかくするにはトリートメントを使用することも効果的です。

トリートメントには髪表面をコーティングしてくれる成分が含まれているので、キューティクルが剥がれてしまうのを防ぎ、髪内部の栄養分や水分を守ります。 水分を守ることで、髪が硬くパサパサになるのを防ぎます。

スヴェンソンは薄毛で悩む人に、今ある髪を生かしてオシャレな髪型にしてくれます。

他人よりも髪に悩みを持つ人が訪れるサロンですので、スヴェンソンの美容師さんは髪のお悩みには、かなり慣れていらっしゃいます。

今ある髪を生かしたかっこいい髪型を発見したいなら、一度足を運んでみるのもいいかもしれません。

頭皮環境を整えるためには、シャンプー選びも大切だとお話ししました。 でも、たくさんあるシャンプーの中から具体的にどんなシャンプーを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、ハゲラボでも人気のシャンプーを一つご紹介します。 チャップアップシャンプーは*頭皮を健やかに保つ効果があり、オススメですよ。

硬い髪質にスポットを当て、似合う髪型をご紹介してきました。 お気に入りの髪型があったでしょうか。 硬い髪質にもその特徴を生かした素敵な髪型がたくさんあります。 硬い髪だからこそできる髪型もあるので、自分に似合う髪型が見つかれば、その髪質もきっと好きになります。 諦めずに似合う髪型を見つけていきましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。