目次

  1. 人気の医療用ウィッグと使用している人の口コミは?
  2. 医療用ウィッグとは?
  3. 医療用ウィッグの種類は?
  4. 人気の医療用ウィッグ5選と実際に使用している人の口コミは?
  5. 医療用ウィッグを選ぶ時のポイントは?
  6. 医療用ウィッグはそれぞれの口コミを参考に

急に病気になってしまって薬の影響で脱毛を示唆されたら、動揺してしまいますね。 ウィッグを使ったことがない人にとっては、どうやって選べばいいのか悩んでしまうでしょう。 でも、心配することはありません。

今は医療用ウィッグもオシャレを楽しめるようなものになってきました。 どんな医療用ウィッグが人気があるのか、実際に使った人の口コミはどうなのか参考にしながら、あなたに合う医療用ウィッグを見つけていきましょう。

人気のある医療用ウィッグ

人気のある医療用ウィッグ

口コミが気になりますね。

「医療用」と何だかかたい言葉が使われていますが、実際にどんなウィッグが医療用ウィッグと言われているのかわからないですよね。 一般に販売されているウィッグとは何か違いがあるんでしょうか。 まずは医療用ウィッグの特徴をみていきましょう。

医療用ウィッグとは

医療用ウィッグとは

そんな特徴があるのでしょうか。

そもそも医療用ウィッグってなに?

医療用ウィッグは、一般的には病気や怪我などが原因でウィッグが必要になってしまった方のために作られているものを指します。 でも実は、普通のウィッグと明らかな違いがあるわけではありません。

主な特徴としては、 - 通気性が良い  - 抗菌作用がある - ネットが柔らかい - 襟足部分にアジャスターがついている などが挙げられます。 頭皮に負担をかけないように、脱毛前と脱毛後の頭の大きさを調節できるように工夫して作られているものが多いです。

ウィッグを使う期間の目安は?

医療用ウィッグを使う期間ですが、これは脱毛範囲や使用する人の体の状況によっても変わります。 円形脱毛症などの比較的小さい範囲の脱毛であれば回復する期間は短くなりますし、使用量の多い抗がん剤治療をした場合は脱毛範囲が広範囲になり、回復までに時間を要します。 またヘアサイクルも個人差があり、一概には言えません。 しかし、およその目安でお話しすると平均的に半年、長い人で1年ぐらいが標準になります。 髪のダメージが大きい場合には3年ほど要することもあります。

医療用ウィッグはいつ用意した方がいいの?

脱毛は自分が思っている以上に精神的苦痛を伴うものです。 そのため、病気や薬の影響で脱毛する可能性を指摘された場合は、早めに用意する方がいいです。 医療用ウィッグで初めてウィッグを使用する人もいると思います。 付け心地を体験したり、医療用ウィッグに慣れることも大切です。 脱毛を気にせず、安心して治療が受けられるように、治療が始まる前に準備する方がいいでしょう。

医療用ウィッグと一まとめにしていますが、医療用ウィッグの中にも種類があり、 大きく3つのカテゴリーに分けることができます。 ここでは医療用ウィッグの3つの種類について詳しく説明します。 費用など、選ぶ際にかかわってくるところですから、しっかり見ていきましょう。

医療用ウィッグの種類

医療用ウィッグの種類

3つの種類があるようです。

医療用ウィッグの種類①既製品

医療用ウィッグの中で一番リーズナブルなのが既製品です。 一般販売されている服と同じような感覚で、カタログの中から自分の好きなスタイルを選ぶことができ、手軽に作れるのが特徴です。 1万円台から用意されているところもあるので、比較的容易に作ることができます。 しかし、すでにスタイルが決められていて毛の量や長さの調節ができないというデメリットがあります。 短期間の使用や小さい範囲の脱毛の方にはいいかもしれません。

医療用ウィッグの種類②セミオーダー

医療用ウィッグのセミオーダーとは、8割ぐらいできあがった状態の既製品ウィッグをベースとしたものです。 製品の中からデザインやサイズ、カラーを選んで、希望のスタイルにカットしてもらうことができ、自分の形に合わせてサイズの調整もしてもらえます。 価格は既製品より高くなり、メーカーによりますが5万円ぐらいからになっています。

医療用ウィッグの種類③フルオーダー

フルオーダーは全てオーダオメイドで作る医療用ウィッグです。 毛質やスタイル、更にはカラーまでも自分好みにアレンジして注文作製できるものです。 できるだけ自分の髪に近いものにしたり、全く異なったものにしたり、希望通りのウィッグを作製できます。 自分の頭の形にも合わせてつくれるので既製品よりフィット感があります。 しかし、こだわって作製できる分30万円ぐらいからと費用がかさみ、製作にも時間がかかります。

医療用ウィッグの種類がわかりましたね。 それを踏まえて、口コミで人気のある医療用ウィッグを5つご紹介します。 それぞれの特徴と実際に使用している人はどんな口コミを書き込んでいるのかもご紹介します。

①アンベリール シルフィ

人気の医療用ウィッグ

口コミでも人気のある医療用ウィッグ アンベリール

人気の医療用ウィッグ1つ目はアンベリールのシルフィです。 口コミでも話題のシルフィの特徴は以下のようなものです。

  • 店頭と自宅の両方で無料試着できる 体調不良やお店に出向くのが大変な人でも気軽に試すことができます。 往復の配送料も無料です。

  • 三段階から選べる バリュー、スタンダード、ハイグレードの三段階から価格や用途によって選べるようになっています。

  • 通気性が良く、ズレない 内側に幅広ネットを使用し通気性がよく、頭部を包み込むのでズレません。

  • 分け目やつむじが自然 頭頂部にスキンネットを採用しているのでふんわりと自然に仕上がります。

またアジャスターが付いているので、サイズ変化にも対応できます。

シルフィがおすすめなのはこんな人

  • 自宅で試したい人 配送、返送ともに無料で他の人に見られずに試したい人にはおすすめです。

  • 気軽に試したい人 アンベリールはレンタルも行っています。 1日150円からと手軽にはじめられます。

  • 長期間使用する人 通気性が良く、蒸れもない上、アジャスターがついて大きさが合わせられるので長期間使用する予定の人におすすめです。

②スヴェンソン

人気の医療用ウィッグ2つ目はスヴェンソンです。 自分らしいスタイルが見つかると口コミでも評判のスヴェンソンの特徴は、以下のようなものです。

  • 医療用に研究されているウィッグである 実際に使用した人の意見を参考に何度も改良を重ねて作られているため、使う人のために細部にまでこだわっています。

  • 毛質と植毛技術 今までのウィッグはとは違い、スヴェンソンは最高品質の人毛と人工毛を独自の組み合わせで自然な髪の質感を実現しています。

  • 自然な分け目 ウィッグを使用して気になるのは頭頂部の分け目です。 つむじに人工皮膚をつけることで自然な分け目を再現しています。

スヴェンソンというお店の対応が良かったと思います。

フルウィッグではなく、綿ガーゼの帽子周りに人毛をつけたハーフウィッグを買いました。セミロングで10000円ぐらいだったと思います。たいして高い買い物をしないのにも係らず、きれいな個室で丁寧に対応してくれました。

抗がん剤の脱毛によるウィッグについて - ご相談です。乳がんが発... - Yahoo!知恵袋

スヴェンソンがおすすめなのはこんな人

  • 汗をかきやすい人 スヴェンソンは地肌が直接触れるネット部分に、汗を吸収し拡散させるフィールドセンサーTMという特殊素材を使用しています。

  • 豊富なスタイルから選びたい人 270という豊富な医療用ウィッグの中から選ぶことができます。

  • 長期間使用する人 薬剤使用などサイズの変化が予定に入っている人のために、髪の量に合わせて手縫いのサイズ調整を無料でしてくれます。

③ミアルチェ

人気の医療用ウィッグ3つ目はミアルチェです。 専門の美容師さんがヘアスタイルを作ってくれると口コミでの話題のミアルチェの特徴は以下のようなものです。

  • ハンドメイドでの植毛 独自開発の高度な手植え技術で1本1本ハンドメイドで植毛しているため、自然にふんわり立ち上がります。

  • 形状安定毛髪 シャンプーやトリートメントをしても形状安定で元に戻るため、髪のお手入れが簡単です。

ミアルチェがおすすめなのはこんな人

  • ヘアケアが面倒な人 ミアルチェは形状安定毛髪を使用しているので、シャンプーをしても元通りになりスタイリングがしやすいので、ヘアケアが面倒な人にもおすすめです。

  • こだわりのヘアスタイルがある人 ミアルチェには専門の美容師がいます。 追加料金なしで自分好みのヘアスタイルにカット、スタイリングしてもらえます。

  • 店頭に出向くのが大変な人 ミアルチェはインターネット販売の医療用ウィッグ店です。 家にいながら相談もできるので、自宅にいながらオーダーも試着もできます。

④With

人気の医療用ウィッグ4つ目はWithです。 特許取得済の医療用ウィッグ専門店として口コミでも評判のWithの特徴は以下のようなものです。

  • 本物の高級人毛を使っている 海外の大手ウィッグ工場と提携して、一人一人の髪質に合わせて完全オーダーメイドで作製し、一本一本手作業で植え付けています。

  • 通気性が良く自然な頭皮 皮膚そっくりな細かいネットから髪の毛が生えているように植毛しています。 更に人工皮膚よりも自然に、人工皮膚であるにも関わらず通気性と軽さを実現しています。

  • 安定のフィット感 頭全体をカバーするので、全ウィッグであるWithの医療用ウィッグは、帽子をかぶるような感覚ですっぽりかぶることができます。

Withがおすすめなのはこんな人

  • カラーリングをしたい人 Withのウィッグは人毛を使っているため、パーマをかけたりカラーリングを自由に髪のおしゃれを楽しむことができます。

  • 軽さを重視したい人 Withのウィッグは付け心地を重視しています。 軽くて通気性のある素材を使用しているので軽さを追求したい人におすすめです。

  • オーダーメイドにこだわりたい人 Withは全国にヘアショップがあります。 美容師さんの相談しながら、自分に合ったウィッグを作りたい人におすすめです。

⑤AAA トリプルエー

人気の医療用ウィッグ5つ目はAAAです。 生え際が出せると口コミで話題のAAAの特徴は以下のようなものです。

  • 最高級の人毛100%使っている AAAのウィッグは100%人毛を使っているので、カラーリングやパーマも楽しめ、自分の髪のように扱うことができます。

  • 自然な生え際が実現できる ハリウッド映画の特殊メイクを応用しているので、近くで見ても分からないほど自然な仕上がりです。

  • 付け心地が抜群 極薄の特殊レースを使用し、肌と同化するような感覚になります。 軽くてフィット感が抜群です。

思わず「軽い!」って言ってしまいました(笑)フィット感もすごくソフトですし、1日中つけることも あるのでこれなら安心できました。あと、AAAさんは凄く良い人毛を使っていらっしゃるのでしょうか。顔周りや手触りがすごく柔らかで、価格も明瞭でしたし、これならと思いました。

医療用かつら「AAA」 | Q&A・お客様の声

AAAがおすすめなのはこんな人

  • 前髪を上げたヘアスタイルにしたい人 10年以上前から日本市場で自然な生え際を製作しているAAAは、生え際の仕上げに自信を持っています。 おでこを出したスタイルを希望する人におすすめです。

  • 時間に余裕がない人 AAAは医療用ウィッグを多数揃えていて、サイズやカラーバリエーションも豊富です。 その場でカットもしてもらえるので、即日持ち帰ることも可能です。

  • メンテナンスが気になる人 ウィッグを長期間使用する予定であれば、メンテナンスも気になると思いますが、AAAは植毛の職人もいるため修理も当日または数日で仕上がります。

口コミで人気の5つの医療用ウィッグをご紹介しました。 特徴はわかりましたが、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。 どんなところを見て選んでいけばいいのか、選ぶ際のポイントをお話します。

医療用ウィッグを選ぶポイント

医療用ウィッグを選ぶポイント

どんなところに注意して選べばいいのでしょうか。

人工毛と人毛の違いは?

ウィッグには大きく分けて人工毛と人毛があります。

  • 人毛 人毛は提供者から集めらたもので作られ、脱色したり染色したりした後、殺菌処理されます。 見た目や手触り、質感などが自然なのが特徴です。 またカラーリングやパーマなど自分好みにスタイリングすることも可能です。

  • 人工毛 人工毛は、ポリエステルなどの化学繊維で作られています。 型崩れしにくく、形状記憶性を持っているのでスタイリングが簡単にできるのが特徴です。 ただし質感や手触りなどでは人毛に劣ります。 しかし人毛よりリーズナブルで手に入れることができます。

サイズ調整が可能か

薬剤の副作用などで脱毛する場合、脱毛前と脱毛後の頭の大きさが変わります。 ウィッグは治療が始まる前に準備することが望ましいですが、 治療が始まる前に合わせてウィッグを作ると、脱毛後どうしてもサイズが合わなくなってしまいます。 サイズ調節ができなければ、ウィッグがブカブカになって外れそうになったり、不便を感じながら過ごすことになってしまいます。 そのため、サイズ調節が可能なものを選ぶことが大切です。

身体に負担のかからない重さであるか

ウィッグを購入する際のポイントとして、デザインや実用性はもちろんのこと、使用感も大事になります。 ウィッグは手で持ち上げた感じと、実際に頭にのせた時の感じでは重さにも違いがあります。 頭にのせると首で支えるため、意外に重く感じてしまいます。 体調が不調な時に重さのあるウィッグを使うと、身体に負担になってしまいます。 ウィッグを選ぶ際は、重さも考慮するようにしましょう。

購入の前には脱毛後を想定した上での試着を

治療を始める前に医療用ウィッグを購入することになりますが、試着をする際には脱毛後を想定した上で試着をするようにしましょう。 実際にウィッグを使用するのは脱毛している期間になりますから、当然のことながらその期間に適したものを購入しなくては意味がありません。 見た目やデザインももちろん大切ですが、頭皮にやさしいのか、通気性はいいのかなど機能性も重視するべきです。

今回は医療用ウィッグをご紹介しました。 数ある医療用ウィッグの中で5つに絞ってご紹介しましたが、それぞれ特徴があり、個性があるのがわかりましたね。

どれを選べばいいのか迷った時は、実際に使った人の口コミを参考にしながら自分に合ったウィッグを選びましょう。 素敵なウィッグで気持ちも明るくなれますよ。

CMなどで有名のサロンレディスアデランスでもオーダーメイドのウィッグをつくることができます。 また、大手なのでサポートが充実しているのも特徴です。

気になる方は公式サイトをご覧くださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。