目次

  1. 医療用ウィッグ、ネックはその価格の高さ?
  2. 安い・高いは特徴の違いからも…普通のウィッグと医療用のウィッグの違い
  3. 【安い=悪いとは限らない!】安い&品質に良い医療用ウィッグ5選!
  4. 安い&高品質な医療用ウィッグを選ぶポイント
  5. 安さはやっぱり魅力だけれど…自分だけのフィット感を求めているなら
  6. 様々な角度から検討して、後悔のない医療用ウィッグ選びを!

「医療用ウィッグ」と聞くとお高いんでしょう?と思いますよね。 確かに30万なんて高価格もあります。 しかし逆に1万程度という涙が出るほど安い医療用ウイッグもあるんです。 それらの違いは素材、アフターケアなどなど 中には交換がOKのものや、自宅で試せるなんてものも。 医療ウイッグは安いだけではいけないデリケートな物。 自分に合ったウイッグを探していきましょう。

高い高いというけど、普通の安いウィッグじゃダメなの? 安いウィッグは全国に店舗がありません。泣きどころです。 高いウィッグは全国展開した店舗があります。 自宅、病院でも来てくれます。 アフターケアも万全です。 価格はウィッグの素材だけでなく、サービスもセットなのです。

ファッションウィッグ(普通のウィッグ)の特徴

ファッションウィッグは、バリエーションが豊富です。 素材だけでなく、色もヘアスタイルも多すぎる程あります。 日常的に使うタイプから非日常用まであります。 ロングの人がショートヘアを楽しんだり、いつもと違うカラーを楽しめるのが魅力です。 服装に合わせられる、すぐに戻れるのもいいですよね。

しかし、100%人工毛だったり、人工頭皮がついていないものがほとんど。 サポート体制がないので、サイズ調整やメンテナンスもできません。 そのため、敏感な状態の頭皮で長期間使用というのは難しいでしょう。

医療用ウィッグの特徴

医療用ウィッグは、ファッションウィッグとは対極ですね。 「自然に見える」「目立たない」を追求しています。 変化が解らないよう、頭皮や髪の毛が馴染むのが医療用ウィッグです。

でも、おしゃれを楽しめないという訳ではありません。 ドライヤーも問題なく使えますし、アイロンを使ったヘアアレンジも自然に出来ますよ。 サポート体制も万全で、素材、頭皮に当たる部分も工夫されています。 体調が万全でない人への心配りが詰まっていますね。

自分合ったウィッグ選び
自分合ったウィッグ選び

どんな種類があるのか? チェックしていきましょう。

医療用ウィッグの品質は進化してきました。 使用する人が増えたので価格帯も一気に広がり、安い=粗悪品というわけではなくなりました。 安いウィッグでも、昔のような「被ってます」というものはありません。 安いウィッグにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

①アンベリール

医療用ウィッグ業界では初となる無料試着を可能とした会社です。 価格もバリュー、スタンダード、ハイグレードとあります。 安いバリュータイプでは、3万円を切ります。 スタンダードタイプでは、5万円を切ります。 ハイグレードタイプでも、8万円程度。 しかし、安いからといって、品質が悪いという訳ではありません。 予算に合わせた選択が出来るのです。

こういう人におすすめ

⑴予算が限られている人に、おすすめです。 アンベリールは全体的に安いですが高品質タイプも選べます。 自宅でじっくり考えられますので、無理に買うことはありません。

    

⑵外出できない人に、おすすめです。 時間的にも、体力的にも外に出るのは厳しい時です。 自宅でじっくり試着して選べるのは助かりますよね。 長さ、毛量、カールも無料で調整できるんです。 すごいですね。

②スヴェンソン

専門個別ブースが全店にあるのがスヴェンソンです。 また、全店舗内にウィッグ工房を持っているのも特徴。 価格も5万円~27万円と選べる楽しみがあります。 セミオーダーの医療用ウィッグも多数あり、価格も10万円を切ります。 セミオーダーとしては安い部類ですね。 科学治療を受けている人は20%割引になる制度もあります。

こういう人におすすめ

⑴当日に受け取りたい人にはおすすめです。 スヴェンソンは全店舗にウィッグ工房を持っています。 その場でカット、カール調整して受け取りが出来ます。 中々、外出できない人にはうれしいサービスです。

⑵たくさん試してみたい人にはおすすめです。 店舗なので、多数の医療用ウィッグが用意されています。 今まで通りの髪形を選ぶ?今までしたことがない髪形? 着け方、お手入れのレッスンも実施しています。

③ミアルチェ

ハンドメイドなのに驚きの価格なのがミアルチェです。 どんな長さでも、色でも価格は同じです。 総手植え植毛なのに、6万円(税別)は、魅力的に安いですよね。 自宅でサイズ、希望を伝え、届いたウィッグをお試しできます。 そのままでも構いませんし、希望があれば調整もしてくれます。 また、ウィッグの交換、再度の調整も出来ます。

こういう人におすすめ

⑴ついつい、衝動買いをしてしまう人におすすめです。 良いウィッグを見れば、欲しくなるのは当然の事です。 高品質であっても、懐は痛いのは変わりません。 ミアルチェなら、価格が一択なので問題ありません。

⑵外出が辛い人におすすめです。 身支度を整えて、家から出る。 体調がすぐれない時には本人には苦痛ですし、家族も心配ですよね。 通販ならば、家でお試しできます。

④レディスアデランス

アデランスの魅力は185店舗があることです。 引っ越しても、お店が近くにあるのでメンテは安心です。 病院も27店舗あり、子供にも対応しています。 レディスアデランスはオーダーメイドで有名ですが、安い既製品もあります。 3.9万円~30万円まで幅広く対応していますよ。

こういう人におすすめ

⑴高品質な医療用ウィッグを求める方におすすめです。 安い既製品もありますが、アデランスはオーダーウィッグです。 高価格ですが、見合うだけの品質とサービスがあります。

⑵地方在住の人におすすめです。 医療用ウィッグに限らず、店舗は大都市に集中しています。 レディスアデランスは、全国津々浦々にまで店舗があります。 転勤がある人でもウィッグケアは安心です。

⑤ワンステップ

ワンステップの医療用ウィッグは肌の弱い人でも大丈夫です。 ベースの検査済みのオーガニックコットンは日本初です。 また、人毛100%で手植え植毛なので肌に優しく、自然な仕上がりになります。 18.5万円~21.2万円、長さで価格が違います。

こういう人におすすめ

⑴肌が弱い人におすすめです ワンステップは安い部類には入らない医療用ウィッグです。 肌が弱い人にとっては、最後の希望でもあります。 他社で合わなかった人も試して損はないですよ。

⑵子供用ウィッグを探している人におすすめです。 プールも、お風呂も入れるので、みんなと旅行も行けます。 ドライヤーも大丈夫です。 体育でもずれません。 気づかれない医療用ウィッグです。

安いだけならば、ウィッグは1万でもおつりがきます。 使い続けない、品質にこだわらないならば、、です。 体が敏感な時に使うのが医療用ウィッグ。 長期間使用でき、なおかつ自然に見える為に必要なポイントをチェックしていきましょう。

分け目の自然さ

ウィッグは、分け目で決まると言ってもいいでしょう。 分け目が目立つからです。 気になるのも分け目ですよね。

高額なのに手植え植毛が人気なのは、自然だから。 安いものは機械植えで大量生産しているものなんです。 そういったものは髪が揃いすぎてしまい、違和感があるものが多いです。 できるだけ手植え植毛の分け目の自然なものがいいでしょう。

フィット感

医療用ウィッグのフィット感、柔らかさは、被せたマネキンでは解りません。 まず手に取って、試着してみて初めて実感できるものです。 合わないウィッグを使用するのは苦痛です。 さらに、治療中は髪の量が変わりやすいものです。 素材、アフターケアも含めて必ずチェックしましょう。

通気性の良さ

ラップを腕に巻いたら蒸れて、汗が出てますよね? 頭皮も皮膚なので同じことが起きます。 そのまま放置していたら、やがて、頭皮が荒れてしまうでしょう。

そのため、ウィッグを試着する時は、すぐに外さず様子を見ましょう。 少しの時間で蒸れるならば、外出も満足にできません。 日本は梅雨もある湿気大国です。 快適に使用するには、通気性は大切なポイントですよ。

素材感

医療用ウィッグを使用するときは、体力的には厳しい時です。 ウィッグの見た目も大切ですが、素材も大切です。 頭皮に限らず、体全体が刺激に敏感になっています。 直接頭皮に接するウィッグの土台は何でできているか? 髪の部分の素材は?安い人工毛?高い人毛?ミックス? 安い、高いだけでなく肌に馴染む素材を選びましょう。

レディスアデランスは医療用ウィッグも取り扱っています。 心も体もデリケートな時は、違和感を極力なくしたい。 レディスアデランスなら頭の形から採寸するのでフィット感があります。

また、特許を100以上持っているので品質も期待できますね。 なにより、カウンセリングなどのサポートも充実しているのが安心ですね。

医療用ウィッグは日々、進化し多様化しています。 値段、店舗、通信販売、カウンセリング選択肢は様々です。 大切な自分の体と相談して選びましょう。 どのメーカーでも試着は出来ます。 慌てず、選びましょう。