目次

  1. 川崎中央クリニックを徹底取材してきました!
  2. HARG治療で有名な川崎中央クリニックってどんなところ?
  3. 150の成長因子が発毛につながるってどういうこと!?
  4. 業界トップの形成外科認定専門医は4人しかいない!
  5. 自分たちの製品でなくても最も良い治療を行う【ポリシー】
  6. こんな人は受けても意味がないから勧めません。
  7. 数字だけではなく満足させることが必要な薄毛治療の壁
  8. 治療の必要がないからこそ検査を勧めることもあります。【悪徳商法への想い】
  9. 一番人気は発毛コース!
  10. 今すぐチェック

美肌治療や脱毛だけでなく、薄毛治療も行える美容外科形成外科の川崎中央クリニック。 美容外科なのに薄毛治療を行っているクリニックは珍しいですよね。

また、女性だけでなく、男性のAGA治療にも力をいれているそう。 なんでも他の多くのクリニックではできない治療法を用いているんだとか。

今回はそんな川崎中央クリニックの裏側を探るべく、独占インタビューを行いました!

受付の方
受付の方

右の方は女性毛髪診断士だそうです。

川崎中央クリニックでは薄毛に悩む男性と女性どちらに対しても、一人ひとりに合った治療法を提供しています。 特に、有名なのはAGAで悩む男性の方に施しているHARG(ハーグ)療法です。

薄毛は健康に影響を与えるものではないため、そもそも保険が適応になりません。 そのため一般病院では、AGA治療には飲み薬や塗り薬(自費)を使って、「抜け毛を抑える」という保存的な治療法が限界のようです。

しかし、それでは本当の意味で薄毛の悩みを解決することにはなりません。そこで、薄毛を改善したい患者さんの要望に応えられる様、最先端の発毛治療であるHARG療法を行うことにしたそうです。

ただ患者さんの頭皮の状況は様々でご要望は千差万別です。そこで、川崎中央クリニックでは患者さんの症状だけでなく、ご予算に合わせた治療法を勧めているそう。例えば、HARG療法がいいからと提案し続けるのではなく、飲み薬や塗り薬で改善できる方にはHARGを無理に勧めることはないとのこと。

また、アフターケアを行うかかり付けのクリニックとして、定期的な頭皮チェックや私生活のアドバイスなども行っているそうです。 薄毛はすぐに治るものではないので、長期的にみて自分に合った診断をしてもらえるのは嬉しいですよね。

HARG療法が有名ということですが、「HARG療法って何?」と疑問に思っている方もたくさんいると思います。 そこで、あまり聞き馴染みのないHARG療法について質問してみました!

HARG療法とは「Hair Re-generative Therapy」の略称で、成長因子やビタミン類などを混ぜたカクテル注射を頭皮に直接打ち、毛母細胞の分裂を促進することで発毛させる再生療法です。

薬剤に含まれる成長因子は細胞の分裂を活性化させる重要な役割を担っています。 川崎中央クリニックで使用されているものには150種類の成長因子が調合されているそうです。 種類が豊富である分、脱毛の原因となるトランスフォーミング増殖因子の作用を抑えることができるとのこと!

また、HARG療法を行うにはライセンスの取得が必要で、現在ライセンスが認定されている施設は全国で200か所くらいしかないそうです。 その中で積極的に行っているところはさらに少ないんだそうです。

個人差はありますが、治療期間は大体3~6ヶ月で通院頻度は月一回。 保険外なので医療費は少し高いですが、それほど負担に感じることなく、治療を受けられそうですね!

川崎中央クリニックの特徴はHARG療法だけではありませんでした!

なんでも川崎中央クリニックを担当するドクターは形成外科認定専門医とのこと。 形成外科認定専門医とは日本形成外科学会が認める形成外科のエキスパートです。

認定専門医になるためには7年間にわたる研修をしっかりと受ける必要があります。 それだけでなく、認定医試験と手術レポートの提出を乗り越えて初めてその資格を得ることができます。

全国で中央クリニックが21院ある中で認定専門医は4名しかいないそうです。 その内の1名であるドクターに診断してもらえるのはとても心強いですよね。

また、川崎中央クリニックには経験を積んだドクターがいるため、ガスの圧力で薬剤を頭皮に注入するMEDJET(メドジェット)をあえて勧めていないそうです。 MEDJETは注射を刺すときの痛みがない一方で、薬剤が漏れてしまうことがあります。 そのため、ブロック麻酔の技術をもつドクターがいる川崎中央クリニックでは液漏れしない確実な注射を勧めているんだそうですよ。

HARG療法は全国でも数少ない限られたクリニックでしか受けることができません。 では、多くの他クリニックではどういう治療法がとられているのか気になりますよね。

尋ねてみたところ、大手クリニックはライセンス取得が必要のない育毛メソセラピー療法を行っていることが多いとのこと。育毛メソセラピー療法はHARG療法と同じように、発毛に効果的な成分を直接頭皮に注入することで毛母細胞の働きに作用します。しかし、一般的に育毛メソセラピー療法で用いられる薬剤には幹細胞から抽出した成長因子を含むタンパクAAPEから生成した成長因子が含まれていません。

経営のことだけを考えると、ライセンスのいらない育毛メソセラピー療法の方がいいそう。 しかし、「当院で開発したものではないとしても、最も実績がある手段をとる」というポリシーから、ライセンスが必要なHARG療法を行っているとのこと!

インタビュー中、「育毛メソセラピー療法は似た考え方に基づいた発毛療法だけど、HARG療法はその分野で一番ハイブランドで権威があると思っています」とおっしゃっていました。

患者さんのことを一番に考え、最善の治療法を提供するという姿勢に感激しました!

次にHARG療法はどういう人が実感しているのかについて聞いてみました!

HARG療法は働きが低下している毛母細胞に作用することで発毛を促進します。 そのため、年齢や症状によっても異なりますが、発毛に必要な細胞がある産毛が生えている部分であれば効果が見込めるそう。

一方、頭皮が硬く、髪が生えていない部分は細胞が完全に機能していないため、生えてこないことが多いとのこと…。 そういう方にはHARG療法は決して勧めず、別の治療を案内しているそうですよ。

また、育毛メソセラピー療法で効果が得られなかった人にもHARG療法で効果がでる場合も! 育毛メソセラピー療法よりも一歩進んでいるHARG療法では、注入する薬剤に育毛メソセラピー療法で用いられる成分に加えて、成長因子が配合されています。 この成長因子が毛母細胞の分裂に効果的な働きをすることで改善することもあるそうです。

実際にはどのくらいの人が実感しているのか尋ねてみました。 そうしたところ、薄毛治療の難しさについて以下のようにおっしゃっていました。

「実際に治療を受けた方の7~8割が実感しています。

ただ、2割の方からはもっと効果がほしかったという声を頂きます。 正直、HARG療法が適さない方には勧めていないので、治療をして全く変化がないという方はひとりもいませんでした。

しかし、実際に髪の量が増えていても、鏡で見た自分の姿が理想と異なれば実感したことにはならないので、ここが薄毛治療の難しいところなんです。

そのため、患者さんを満足してもらうためにしっかりとヒアリングを行い、どれくらいの効果を望んでいるのかをはっきりさせた上で、適切な治療法や期間を一緒に相談しながら決めるようにしています。」

実際の発毛という部分と自分が想像していた結果が異なる薄毛治療だからこそ、それを踏まえて話を聞いてもらえるのは嬉しいですよね。

治療の成果だけでなく、「治療の必要がないこと」を証明するために検査を受けてもらうこともあるそうです!

というのも、患者さんの中には若ハゲ恐怖症の方もたくさんいるそう。 若ハゲ恐怖症とは実際には薄毛ではないのに、自分が薄毛になっていると思い込んでしまうことです。

薄毛治療が必要でないにも関わらず、その精神的な不安から悪徳商法の餌食になってしまうことが多いそうです。 そこで、川崎中央クリニックでは頭皮検査や頭皮チェックを勧めて、薄毛ではないことを理解してもらうようにしているとのことです。 精神的不安がストレスになり、薄毛になってしまうこともあるので、落ちついてもらうことも大切だそうですよ。

川崎中央クリニックには「現状維持コース」「育毛コース」「発毛コース」「プレミアム発毛コース」4つのコースがあります。 さまざまなコースがあるため、どれが一番良いのか分からないですよね。 診察の上、自分に合ったコースを選ぶことが一番だと分かっていても、他の人が何を選んでいるのか気になるもの。 そこで、一番選ばれている人気なコースについて聞いてみました

そうしたところ、一番人気は発毛コースとのことでした! 発毛コースはプロペシアとミノキシジルの服用、ロゲインの塗布に加えて、HARG療法を行うコースで、頭皮の3分の2が薄くなっている人に向いているそうです。 6ヶ月治療をした後は現状維持コースへ移行して、患者さんと相談をしながら治療を継続していくとのことでした。

遠くから訪れるの難しくとも、関東県内でしたらぜひ一度行ってみてほしいです。

一生に一度の大切な治療、ドクターからカウンセラーまで本当に納得できるところで行っていただきたいです。

ネットで検索してみてください!