目次

  1. 10代・20代女子に告ぐ!若年性脱毛症に注意せよ!
  2. 若年性脱毛症は女性にも起こるって本当...!?
  3. なぜ女性にも若年性脱毛症は起こるの?
  4. こんな女性は若年性脱毛症になりやすい!?
  5. 女性の若年性脱毛症にオススメの対策方法
  6. 女性の若年性脱毛症についてもっと知りたい方は動画を参考に!
  7. 女性の若年性脱毛症は早いうちからの予防が大切
  8. 女性も若年性脱毛症には気をつけましょう

あなたの周りに若いのに髪が薄くなっている人はいませんか? 分け目が薄い、つむじの地肌が丸見え、生え際が後退etc.

それは若年性脱毛症かも知れませんよ!

本来は若い男性に多い「若年性脱毛症」、最近は10代・20代の女性に急増しているとの噂が・・・

そんな気になる話を徹底調査

ホントだ!薄くなってる
ホントだ!薄くなってる

若くても・・・女性でも・・・

若年性脱毛症?それって若ハゲでしょ?じゃぁ男の人の問題だよね?え!女性にも起こるの?マジ!

そうなんです。 女性だって若年性脱毛症になってしまうんです

加齢による薄毛や脱毛、更年期障害が原因の抜け毛は30代以降の女性によくみられますが、ライフスタイルや生活環境の変化などの影響なのか、最近10代~20代の若い女性に若年性脱毛症の人が増えています

そんな「女性の若年性脱毛症」の原因や対策を調べてみました。

今から薄くてどうするの?
今から薄くてどうするの?

若くてもお構いナシ!

若年性脱毛症といえば男性が多く、AGA(男性型脱毛症)が原因の場合が多いのですが、女性の若年性脱毛症の主な原因はちょっと違います。

女性ならでは、特に若い女性にありがちなライフスタイルなどに関連して起こると考えられています

女性の若年性脱毛症の原因を4つ詳しくご紹介します。

過度のダイエット

痩せたい」と思っている若い女性は少なくありません。 キレイになりたい!当たり前のことです。

だからと言って極度の食事制限や、体に過度の負担がかかるダイエットは逆にあなたから「キレイ」を奪ってしまうかも知れません。

髪の主成分はケラチンというたんぱく質です。 毎日の食事を制限することでこのたんぱく質が低下し、健康な髪を維持できなくなってしまう可能性があります。

たんぱく質以外にもビタミンやミネラルなども欠乏してしまいがち、その結果細毛や薄毛といった若年性脱毛症の症状に悩まされるかも知れません

ストレス

例えば仕事の悩みや、職場やプライベートの人間関係など現代社会においてはほとんどの人が何らかのストレスを感じていると言っても過言ではありません。

ストレスを慢性的に感じると、血管が収縮し血行不良を引き起こすと言われています。 漢方では毛髪を「血余」と言います。 つまり血液(単に血ではなく血液が運ぶ栄養)が余っている状態が髪を美しく維持できるというわけです。

ストレスはできるだけ貯め込まず、少しずつでも解消しましょう。

毎日イライラ・・・
毎日イライラ・・・

ストレスフリーな生活を目指しましょう!

生活習慣の乱れ

夜更かしや睡眠不足、暴飲暴食や不規則な食事時間などの生活環境の乱れは頭皮や毛髪にとっては悪影響でしかありません

さらに喫煙や飲酒も問題です。 血管を収縮させるニコチンは若年性脱毛症を防ぐためには遠ざけたい敵ですね。

頭皮環境の悪化

アルカリ性やアルコール系などの洗浄力が強すぎるシャンプーは髪にも頭皮にもあまり良いとは言えません

頭皮や髪と同じ弱酸性で、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

ただ、皮脂分の分泌が多い方などはあまり洗浄力が弱すぎても皮脂分が取りきれていなければ、毛穴が詰まったりなどの問題も発生しますので注意が必要です。

頭皮環境の悪化も若年性脱毛症の一因となります。

若年性脱毛症の原因をご紹介しましたが、それを踏まえた上でこんな人は要注意!といった方の特徴を3つご紹介します。

やだ!私かも?! あるある!

一項目でも心当たりのある方はご注意下さい

1.神経質な女性

いろいろ考え込みやすい方や、あれこれ心配症な人はストレスを強く受けてしまう傾向があるようです

ストレスは血行不良だけでなく、女性ホルモンのエストロゲンも減少させるので若年性脱毛症の原因以外にもお肌にも悪影響です。

ただ、逆に「私はストレスは全然感じない」という方の中にも要注意な人も。 自分ではストレスを感じていないけれど、実際には血行が悪くなっていたりする場合もあるようです

悩み事が多すぎて、眠れない
悩み事が多すぎて、眠れない

気にしないで!と言っても無理でしょうが・・・

2.タバコやお酒を嗜む女性

ニコチンが血行不良を引き起こすことは先程も述べましたが、一酸化炭素も発生するため頭皮の代謝まで低下してしまいます

そしてアルコールも若年性脱毛の一因になると言われています。

アルコールは肝臓で分解されアセトアルデヒドと言う毒性を持った物質になります。 このアセトアルデヒドが無害な酢酸に解毒される際に大量のアミノ酸ビタミンが消費されます。 髪の成長に必要な成分が失われることで薄毛の遠因となります。

タバコは百害あって一利なし、アルコールは程々に飲めば百薬の長、飲み過ぎれば狂薬です

つい飲み過ぎて・・・
つい飲み過ぎて・・・

何事も程々が良いようです

3.ダイエット中の女性

若い女性にとって体型問題はお悩みの上位にランクインするのではないでしょうか?

だからといってあまりに過激なダイエットは身体も髪も蝕んでしまいます

特に、とにかく食べない!などの過度の食事制限は若年性脱毛症を発症させる要因となってしまいかねません。

もちろんキレイになりたい乙女心は大事ですから、正しい方法でお願いします。

減っていますように!
減っていますように!

若い女性には大事な問題

出来れば若年性脱毛症になりたくない女性、もう症状が少し出始めている人にオススメの対策法。

簡単に出来そうなこと、ちょっと努力が必要な対策など4つをご紹介します。

10代・20代の若い女性は効果が出始めるのも早いようですよ!

生活習慣・食生活の改善

決まった時間に起きて、決まった時間に寝る。 夜更かしせずゴールデンタイム(22時・23時~2時・3時頃、入眠後3~4時間)はしっかり眠る。 成長ホルモンの分泌が盛んになるゴールデンタイムの睡眠は髪にもいい筈。

3食キチンと決まった時間に食べる。 そして栄養が偏らないようバランスの良い食事をこころがけましょう。 暴飲暴食は避け、アルコールも適量を守りましょう。

タバコを吸う方は出来れば禁煙、難しければ減煙しましょう。

野菜中心のバランス良い食事
野菜中心のバランス良い食事

食は全ての基本です

ストレスの発散

仕事や勉強が忙しい子育てが大変! ご近所とモメている・・・

気になること、悩みは誰でも大なり小なり抱えているものです。 いかにそのストレスを軽減するか、少しでも発散するかがカギになります

映画・音楽・読書・スポーツetc. 趣味や好きな事を楽しむ時間を作りましょう。

また、ジョギングやウォーキングといった軽めの運動で汗をかくのもいいですね!

要はリラックスすることです。

頭皮環境の正常化

弱酸性のアミノ酸系シャンプーがおすすめです。 爪を立てたりせず指の腹でやさしく洗い、リンスは頭皮には付けない。

スタイリング剤はしっかり落とし、頭皮・髪をニュートラルに戻す。

パーマ・カラーリングも出来れば2カ月くらい間隔をあけましょう。

頭皮・毛髪を良い状態に保つのも若年性脱毛症の予防になります

育毛剤の使用

例えばすでに髪が細くなったり薄くなっている女性や、若年性脱毛症なんて絶対イヤ!そう思っている人は積極的に予防策を講じましょう。

自宅で簡単に始められる育毛剤による治療もオススメです。

抜け毛の予防、さらに一歩踏み込んで育毛効果が期待できるかも・・・

ベルタ育毛剤などの女性用育毛剤もオススメですよ!

中年以降の女性も紹介していますが、最近は若い世代にも薄毛が広まっているという観点から薄毛に悩む人の体験談や治療についてを特集したコーナーの動画です

脱毛症の方の実際の写真など、参考になる映像ですので良かったらご覧ください。

若い世代にも"薄毛"に悩む女性が増加

女性の薄毛に注目した動画です。

先程、対策法で育毛剤による治療をご紹介しましたが、 育毛効果が期待できることはもちろん、刺激が低く、 安心して使用できるオススメの育毛剤があります。

ベルタ育毛剤は14種類のアミノ酸を含む56種の成分を配合した女性専用の育毛剤です。 もし迷っている方はこちらをおすすめしますよ。

10代・20代でも安心していてはいけません!

若年性脱毛症は女性のあなたの髪を狙っています

先程ご紹介した対策法を実践して、女性の薄毛FAGAいつまでもキレイな髪でいられるようガンバりましょう。