目次

  1. 若くても薄毛や抜け毛になるの!?その正体は「若年性脱毛症」
  2. 若年性脱毛症って何...?
  3. 若年性脱毛症の特徴は?
  4. 若年性脱毛症になりやすいのはこんな人
  5. 若年性脱毛症はどうやって対策をすればいいの?
  6. 若年性脱毛症について動画でさらに詳しくチェック
  7. 若年性脱毛症はきちんと向き合って対策をしましょう
  8. 若年性脱毛症の関連記事はこちら

薄毛や抜け毛のことで悩んでいませんか?

10代や30代くらいでも薄毛や抜け毛になってしまう人がいます。

ドキッとしたあなた!

気付いたときが対策を始めるチャンスですよ。

薄毛や抜け毛が気になっている人にむけて、若年性脱毛症についてまとめてみました。

対策をみつけるきっかけしてみてくださいね。

若年性脱毛症ってなに?
若年性脱毛症ってなに?

若年性脱毛症のことを詳しく知り、早目に対策しましょう。

皆さんは、AGA(男性型脱毛症)という言葉は聞いたことありませんか?

以前、爆笑問題のお2人がCMをしていて、1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

AGAは、20代から30代くらいの人が抜け毛や薄毛が多くなってしまう症状のことをいいます。

あのAGAも若年性脱毛症に含まれいているんですよ。

若年性脱毛症は、若い10代から抜け毛や薄毛が多くなってしまう症状のことをいうんですね。

若年性脱毛症は、若い男性だけではなく、若い女性でも起こるんですよ

若年性脱毛症はどういう人がなりやすいの?
若年性脱毛症はどういう人がなりやすいの?

一緒に若年性脱毛症について知っていきましょう。

突然ですが、

10代から30代くらいの年齢で、

「最近、急激に薄くなってきたなぁ・・・。」

「抜け毛が増えたような気がするなぁ・・・」と感じたら

もしかしたら若年性脱毛症の症状かも・・・。

若いうちから薄毛や抜け毛がはじまってしまって、将来のことを不安になっている人、心配になっている人もいると思います。

まずは、若年性脱毛症の特徴を知ることからはじめましょう。

若年性脱毛症の特徴1 

薄毛や抜け毛の悩みは、中年にあたる40代くらいになってからとイメージしていませんか。

若年性脱毛症は、老化によって始まった薄毛や抜け毛ではなく、若くして薄毛や抜け毛が始まってしまうというのが最大の特徴です。

思春期を過ぎた10代から30代くらいまでの若い年齢の人が対象になります。

「若いから大丈夫」とは言えず、気付いた時に早めに対策をすることが大切です。

若年性脱毛症の特徴2

上記でお話ししたように、AGA(男性型脱毛症)も若年性脱毛症の一種です。

AGA(男性型脱毛症)の特徴でもある、髪の毛の生え際頭頂部が薄くなるのも特徴です。

一部分だけが薄毛になったりした場合は、自分ではなかなか気づきにくいですよね。

「最近、抜け毛が増えたなぁ・・・」と感じたら、チェックしてみてください

最近抜け毛が増えたと感じたら・・・。
最近抜け毛が増えたと感じたら・・・。

若年性脱毛症は始まっているかも。チェックしてみましょう。

若年性脱毛症の特徴3

若年性脱毛症の原因は、いくつもあります。

①生活習慣の乱れ(食生活の偏り、睡眠不足)

②ストレス

③遺伝(男性ホルモン)

④病気

人により様々な原因があります。

④の場合は早急に病院で相談しましょう。

①から④までの原因が起こることによって、毛髪サイクルが短くなって薄毛や抜け毛が増えてしまうのです。

ここまでで、若年性脱毛症の特徴はわかっていただけましたか。

次は、若年性脱毛症になりやすい人についてお話しますね。

特に生活習慣の面についてです。

もしひとつでも当てはまるものがあれば、ここから具体的な改善策を見つけていきましょう

⑴食生活が偏っている人

お肉料理やファーストフード、お菓子はお好きですか?

ファーストフード店で、お友達とおしゃべりとか楽しいですよね。

10代の人はファーストフードを利用することも多いのではないでしょうか。

でも、よく利用する人は気を付けてください。

お肉やファーストフードばかり食べていると、血中コレステロールが高くなり、皮脂の分泌が増えてしまいます。

皮脂が多くなると、毛穴が詰まりやすくなってしまい薄毛や抜け毛の原因になってしまうことがありますよ。

たまにはいいと思いますがほどほどにしてくださいね。

⑵睡眠不足の人

ついつい夜更かししていませんか?

夜遅くまでテレビを観たり、ゲームをしたりしている人も要注意ですよ

日中に髪にうけたダメージを修復できるのは睡眠中と言われているんです。

睡眠不足が続くと修復が間に合わないかも...。

ゲーム画面などを見続けると眼精疲労、さらには肩こりになり、それが原因で血流が悪くなり頭皮へ悪影響になるのです。

⑶ストレスを溜めやすい人

ストレスをまったく感じない人はいないと思います。

皆さん何かしらストレスを感じているのではないですか?

ストレスをうまく解消できる人はいいのですが、心の中にしまいこみがちな人は心配です。

ストレスを感じ続けると、自律神経のバランスが崩れ血流が悪くなってしまいます

(2)でもお話ししましたが、血流が悪くなると頭皮へ栄養も届かずに薄毛や抜け毛の原因になってしまいますよ。

ストレスは大敵です。
ストレスは大敵です。

誰しもが感じるストレス。うまい解消法を見つけましょう。

食生活の偏りや睡眠不足、ストレスは誰でも当てはまりそうですよね。

ここからは若年性脱毛の対策を一緒に見ていきましょう。

バランスのとれた食生活

若年性脱毛症に悩むなら、まずは食生活の改善をしてみましょう。

髪をつくるためには、たんぱく質ビタミン亜鉛が重要栄養素と言われています。

お肉やファーストフードを食べてはいけないわけではありませんよ。

ただお昼ごはんをファーストフードにしたなら、

夜ご飯はたんぱく質豊富の大豆製品を食べる、ビタミンの多い野菜食べる、亜鉛の多い貝類を食べるなど、少し変えるだけでも違うと思いますよ。

少しの変化も毎日積み重ねていくと、効果がでてきますよ。

緑黄色野菜にはビタミンがたっぷり。
緑黄色野菜にはビタミンがたっぷり。

髪をつくるために必要な栄養素ですよ。

睡眠不足とストレスの解消

睡眠不足ストレスは、実は関係があるんです。

睡眠不足が続くと、ストレスの要因になってしまい、逆にストレスを強く感じるとスムーズに眠りにつけないということも。

これでは若年性脱毛症が悪化してしまうことがあるのですよね。

しっかり寝ることによりストレスを和らげてくれています。

ストレスを感じたときこそ自分のリラックス法をみつけて、十分な睡眠をとることが必要なのです。

睡眠不足とストレス解消で、健康な頭皮と髪の毛を手に入れましょうね。

睡眠不足とストレスには関係が・・・。
睡眠不足とストレスには関係が・・・。

自分に合ったリラックス法をみつけるといいかもしれないですね。

育毛剤を使用する

薄毛や抜け毛は、男性ホルモンの影響を受けて起こります。

ここまでは、生活習慣の改善のお話をしました。

生活習慣の改善にプラスして育毛剤を使って若年性脱毛症対策をしていきましょう。

若年性脱毛症について説明してきましたが、さらに詳しく解説している動画をご紹介しますね。

是非、観てみてくださいね。

若ハゲって治るの?

若年性脱毛症についてわかりやすく解説しています。

若年性脱毛症の特徴や対策のヒントになったでしょうか?

若くしてハゲてきたらショックですよね・・・。

この記事をきっかけに、自分の髪の状況や生活習慣を見直してみてください。

自分に合った対策をしっかりとって改善していきましょうね。