目次

  1. あなたは大丈夫? 若いのに髪の毛の薄さが気になる方へ
  2. 若年性脱毛症ってどんな脱毛症なの?
  3. 若年性脱毛症になる原因は?
  4. 若年性脱毛症になってしまった時の対策方法
  5. 若年性脱毛症の特徴を把握し、しっかりと対策しましょう!

最近、抜け毛の量が気になる・・・

若干髪の毛が薄くなってきている・・・

そういったことが気になる方・悩んでいる方にむけて「若年性脱毛症(若ハゲ)」についてまとめました。

薄毛は、放っていても改善する可能性はとても低いです。 若年性脱毛症の原因をしっかり理解し、早めに対策を打ちましょう!!

若年性脱毛症(若ハゲ)とは、10代〜30代AGA(男性型脱毛症)になってしまう症状です。

AGAは本来、40代からかかる症状と言われています。

その本来の脱毛が始まる年齢より前に起きるAGAを、若年性としているのです。

若年性脱毛症は、若い男性に多いですが若い女性にもおこります。

若年性脱毛症の特徴

若年性脱毛症の特徴としては、前頭部はM字にハゲて、後頭部はつむじがハゲることが挙げられます。

これはAGA自体の特徴です。

生え際の剃り込み部分が後退してきた…つむじが広がってきた…

一度鏡で確認してみて見ましょう。

当然、勇気がいることでしょうが、むしろちゃんと向き合って、今から対策を考えていきましょう!

さて、ここまでで若年性脱毛症の特徴が大体わかってきたかと思います。

次は、若年性脱毛症の原因をしっかりと理解していきましょう。

以下にあげる原因の中に、普段の生活で思い当たる事があれば、具体的な改善策も見えてきそうですね!

①ストレス

若年性脱毛症は、ストレスからくることもあります。

「いきなり大量の抜け毛が増えた...」

こんな方はストレスが原因である可能性が高いですよ。

人間関係や心理的ストレス、精神的ストレスが頭皮に悪影響を与えているかもしれません。

ストレスを感じていて、同時に若年性脱毛症に悩んでいる人は、ストレスの根本の原因を見つめ直しましょう。

②ホルモンバランスの崩れ

ホルモンバランスが崩れて若年性脱毛症になるのは主に女性です。

普段女性は、男性ホルモンの働きを女性ホルモンで抑えています。

しかし、ストレスを抱えたり、産後などに女性ホルモンが減り、ホルモンバランスが崩れることによって、悪玉男性ホルモン「[ジヒドロテストステロン]」を抑えられなくなり、薄毛になってしまう場合があります。

③生活習慣によるもの

若年性脱毛症の人は、生活習慣から若ハゲになってしまった人も少なくないと思います。

ダイエットで偏った食生活をする事で、髪の毛まで栄養がいかなくなる可能性があります。*

また、睡眠不足なども影響して来ます。 睡眠不足になると、髪の毛の生えるサイクル等のバランスが崩れてしまい、若ハゲになる場合があります。

過度なダイエットをして体に負担をかけたり、スマホを夜中までいじってたりしてはいないでしょうか?

まずは生活習慣を見直し、若年性脱毛症を改善しましょう。

若年性脱毛症の原因や特徴、発症しやすい人については大体ご理解いただけたと思います。

そこで今度は、若年性脱毛症の対策方法について、説明していきます。

原因を知った上で対策を知ることで、しっかりとした対処ができるように準備しましょう。

若年性脱毛症の対策方法①育毛剤を使用する!

若年性脱毛症にお悩みの方には、育毛剤がおすすめです。

育毛剤は、毛を丈夫に育て、抜け毛を予防する効果が認められています。

育毛剤なんてまだ早い?いいえ、気になってきた今が始めどきです。

手遅れになる前に、早い段階から効果が認められた方法で対策をとっていきましょう。

ちなみに、よく聞く発毛剤は、副作用が懸念され、未成年は使用不可となっています。

ヘアラボとしては、まずは育毛剤から始めることがおすすめです。

ここからは、効果が認められていないものの、普段の生活に関係する、薄毛予防方法をご紹介します。

ただし、以下のことをやって毛が生えてくるとは言い難いです。

若年性脱毛症の対策方法②質のいい睡眠をとる

睡眠中は髪の毛の新陳代謝が進む時間。

つまり、睡眠時間が短いと髪が十分育たないことに。

髪にいい睡眠時間は明確に定まっていませんが、ひとつの基準として最低6時間は寝るようにしましょう。

また、22時〜2時は髪の毛にいい時間帯(ゴールデンタイム)と言われることもあり、この時間に十分寝ることを推奨します。

若年性脱毛症の対策方法③ストレスを発散する

過度なストレスは、血管を収縮すると言われています。

血流が悪くなると、髪に十分な栄養が行き渡りません。

毎日ストレスが溜まっていませんか?

たまにはリフレッシュなどをしてストレスを発散しましょう。

若年性脱毛症の対策方法④食事を見直す

偏った食事は当然髪によくありません。

当然、食事を全く摂らない人も注意。

適度なバランス、適度な量の食事を心がければ、髪に悪影響が及ぶことはありません。

特に髪に重要な栄養素として、たんぱく質・亜鉛・ビタミンC群/Bが挙げられます。
意識的にこれらが欠如することないように気をつけたほうがいいかもしれません。

若年性脱毛症について知ることができたでしょうか?

薄毛になってしまった場合でも、重要なのは自分自身の状態を確認する事です。

やみくもに対策を行っても、効果は薄いでしょう。 しっかりとした対策を行って、1日も早く若年性脱毛症を改善しましょう!