目次

  1. フケとかゆみ、頭皮を掻きむしったら血が…!
  2. 【原因・対処法】血が出るまで掻いてしまう、かゆみを伴うフケは病気?
  3. 【原因と対処法】① 脂漏性皮膚炎
  4. 【原因と対処法】② 乾燥性湿疹
  5. 【原因と対処法】③ 接触性皮膚炎
  6. 血が出るまで掻いてしまうフケとかゆみは早めの対処を!
かゆみを伴うフケ、搔きむしったら血が!
かゆみを伴うフケ、搔きむしったら血が!

「頭皮がかゆくて血が出るほど掻きむしってしまった…」

なんて経験をしたことはありませんか?

血が出るほどではなくても、フケが出る、頭皮がかゆい経験をしたことのある人は少なくないはず。

「頭皮がかゆい、フケが出る…これって何かの病気?」

と不安になりますよね。

そこで今回は、頭皮から血が出るほど掻いてしまうかゆみを伴うフケの原因と対処法をご紹介いたします。

血が出るほど掻いてしまう、フケとかゆみの原因とは
血が出るほど掻いてしまう、フケとかゆみの原因とは

では、さっそく血が出るほど掻きむしってしまうかゆみを伴うフケの原因と対処法を見ていきましょう。

まず、血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」は、皮膚の病気である可能性が高いといえます。

特に考えられる疾患がこちら。

  • 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

  • 乾燥性湿疹(かんそうせいしっしん)

  • 接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

では、それぞれの特徴と原因・対処法をご紹介いたします。
自分のかゆみやフケ以外の症状の特徴と照らし合わせながらみてみてください。

また、血が出るほど掻いてしまうフケやかゆみの原因は上記以外の可能性もあります。
症状がひどい場合や、対処法を実施しても改善がみられない場合はすぐに皮膚科を受診してください。

血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」で考えられる原因、1つ目は脂漏性皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎とは、主な原因であるマラセチア菌が異常に繁殖することで起こる皮膚炎のこと。

脂漏性皮膚炎の特徴がこちら。

  • 症状:皮脂の過剰分泌 / フケ / 赤み / かゆみ / 臭い

  • フケの特徴:湿っていて、かたまり状

では、この脂漏性皮膚炎の原因は何なのでしょうか?

【原因】脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎の主な原因は、皮脂の過剰分泌マラセチアの増殖です。

マラセチアは、皮膚常在菌としてもともと皮膚に存在しています。

このマラセチア菌は、人間の皮脂を食料にしており、皮脂が過剰分泌するとマラセチアは多量の皮脂を食べ異常増殖します。
マラセチアは皮脂を分解し、刺激性の脂肪酸に変化させるのですが、異常繁殖によりこの脂肪酸も増え、頭皮に炎症が起こるのです。

皮脂の過多の要因として考えられるのがこちら。

  • 脂性肌
  • 乾燥を補おうと過剰分泌する
  • シャンプーの洗浄力が足りない
  • 生活習慣の乱れ

皮脂の過剰分泌は食生活など生活習慣の乱れや、シャンプーの仕方などによっても引き起こされる可能性があります。

では、脂漏性皮膚炎はどのように対処したら良いのでしょうか?

【対処法】脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎を対処するには以下の2つが大切です。

  • 皮脂の分泌を抑える
  • 抗真菌剤などでマラセチアを殺菌する

まず、皮脂の分泌を抑える対処法について。

皮脂の過剰分泌は体質の他に、睡眠不足やビタミンBの不足、油の多い食生活なども原因となります。

そのため、よく睡眠をとり、サプリメントなどでビタミンBを補い、油っぽい食生活を改めましょう

また皮脂が多くなっている原因がシャンプーの洗浄力や、肌の乾燥にある場合は、自分の肌にあったシャンプーを使うことも大切です。

次に、マラセチアを殺菌する対処法について。

マラセチアの殺菌は皮膚科に行って、マラセチアに効果のある抗真菌剤を処方してもらうのがいいでしょう。
内服薬や、外用薬がありますので、お医者様とどんな薬を使うのか、よく相談してみてくださいね。

血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」で考えられる原因、2つ目は乾燥性湿疹です。

この乾燥性湿疹は、先ほどご紹介した脂漏性皮膚炎と真逆。
皮脂の過少による乾燥肌が原因で、湿疹やかゆみフケなどの症状が起きます。

乾燥性湿疹の特徴がこちら。

  • 症状:乾燥 / フケ / 湿疹 / かゆみ / 赤み

  • フケの特徴:乾いており、細かくサラサラ、うろこ状

では、この乾燥性湿疹の原因は何なのでしょうか?

【原因】乾燥性湿疹

乾燥性湿疹の原因は、乾燥による頭皮のバリア機能の低下

皮脂にはもともと頭皮を守るバリア機能があります。

それが、何らかの要因で皮脂が少なくなるとバリア機能が低下し、刺激に敏感になり炎症が起きやすくなります。

皮脂の減少の要因として考えられるのがこちら。

  • 乾燥肌
  • シャンプーの頻度が多い
  • シャンプーの洗浄力が強すぎる
  • 生活習慣による乾燥

もともとの乾燥肌以外にも、シャンプーで皮脂を洗い流しすぎていたり、生活習慣による乾燥が考えられます。

では、乾燥性湿疹への対処はどうしたら良いのでしょうか?

【対処法】乾燥性湿疹

乾燥性湿疹を対処するには以下の3つが大切です。

  • 皮脂を落としすぎない
  • 保湿する(加湿する)
  • 市販薬・処方薬を使用する

まず、皮脂を落としすぎない対処法について。

洗浄力が優しいシャンプーを使用して、40度を超えないぬるま湯で頭を洗いましょう。

高温のお湯は皮脂を洗い流しすぎてしまうので注意が必要です。

また、シャンプー洗髪の頻度は1日1回を基本としてそれでも乾燥する場合は、2日に1回にするなど調整してみましょう。

次は、保湿(加湿)する対処法について。

空気の乾燥を防ぐために加湿器を使い、部屋の湿度を50~60%ぐらいに保ちましょう。

また、患部を保湿性のある美容液やクリームなどで保湿することも効果的と言えます。

最後に市販薬・処方薬を使用する対処法について。

ステロイドで炎症を抑えるというのが基本になりますが、ステロイドに抵抗のある方はワセリンで保湿するのもおすすめです。

ステロイドは市販でも販売されていますが、よりしっかりと治療したい場合は皮膚科で処方してもらいましょう。

血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」で考えられる原因、3つ目は接触性皮膚炎です。

接触性皮膚炎とは、刺激性やアレルギー性物質などが皮膚に接触することで発症する皮膚炎のこと。

接触性皮膚炎の特徴がこちら。

  • 症状:かぶれ / フケ / 湿疹 / かゆみ / 赤み

  • フケの特徴:乾いており、細かくサラサラ、うろこ状

では、この接触性皮膚炎が頭皮に起こる場合、どういった原因が考えられるのでしょうか?

【原因】接触性皮膚炎

接触性皮膚炎の原因は、刺激性やアレルギー性物質などが肌に触れ反応すること。

よく聞く金属アレルギーなどもこの接触性皮膚炎です。

血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」の原因としては、シャンプーやトリートメントなどのヘアケア製品に含まれる成分へのアレルギー反応パーマやカラーなどの強い薬剤による刺激などが考えられます。

シャンプーなどに含まれている特定の成分にアレルギーがある場合も少なくないので、特別なものでなくても注意が必要です。

さらに、パーマやカラーなどの薬剤は刺激が強いため、施術後に接触性皮膚炎になることがあります。

では、この接触性皮膚炎はどのように対処したら良いのでしょうか?

【対処法】接触性皮膚炎

接触性皮膚炎を対処するには以下の2つが大切です。

  • 原因物質を取り除く
  • 市販薬・処方薬を使用する

まずは、原因物質を取り除く対処法について。

頭皮の接触性皮膚炎の原因物質として考えられるのは、シャンプーなどのヘアケア剤や帽子に使われているウールなどの素材、香水、カラーやパーマの薬剤など。

これらに心当たりがある場合は、直ちに使用を中止しましょう。

また、皮膚炎をおこしている頭皮は非常に敏感なため、洗髪はシャンプーを使わずぬるめのお湯で行うことをおすすめします。

次に、市販薬・処方薬を使用する対処法について。

接触性皮膚炎は炎症がひどくなることも多いため、薬を用いた対処法ではステロイドで炎症を抑えるのが基本です。

原因物質がわからない場合や、しっかりと治療したい場合は、皮膚科を受診しましょう。

症状が重い場合はすぐに皮膚科を受診しましょう
症状が重い場合はすぐに皮膚科を受診しましょう

本記事では、血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」で考えられる原因と対処法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

血が出るほど掻きむしってしまう「かゆみを伴うフケ」には早めの対処が必要です。

ですが、かゆみやフケで血が出るほど搔きむしる…というのは疾患や症状が悪化していることも考えられます。

また、現れる症状によってはかゆみやフケの原因の特定が難しい場合も。

この場合はまず皮膚科を受診してください。

正しい対処を早めにして症状の悪化を防ぎましょう!