目次

  1. フィンペシアとフィナロ、そもそもAGAに効果があるの?
  2. フィンペシアとフィナロ、どう違うの?
  3. 徹底解説!フィンペシアとフィナロの違い:①開発元
  4. 徹底解説!フィンペシアとフィナロの違い:②価格
  5. 徹底解説!フィンペシアとフィナロの違い:③口コミによる評価
  6. 開発元や価格の違いはありますが、副作用の危険性は同じです
  7. フィンペシアとフィナロは入手するには?
  8. フィンペシアかフィナロは女性使用不可

AGAは進行性の脱毛症であることから、一刻も早く薄毛を治したいと思っているのではないでしょうか。 今まで色々試してきたという人もいるかもしれませんね。 AGAに悩んでいる人にとっては、効果が期待できるものを使いたいのが本音ですよね。

フィンペシアとフィナロの主成分はフィナステリドです。 フィナステリドはAGAの原因であるDHTを生成する5αリクターゼを阻害する働きがあるとされています。 そのためAGAに効果が期待できると言われています。

フィンペシアとフィナロの主成分フィナステリド
フィンペシアとフィナロの主成分フィナステリド

やはりAGAに効果があるですね

フィンペシアとフィナロ、どちらもAGA治療薬として使用されている内服薬です。 ただし、どちらとも日本では未承認医薬品という立ち位置です。 AGA治療薬としては王道のプロペシアと同成分であるフィナステリドを含んでいるということで話題の薬です。 AGAは継続治療が必要で、薬も飲み続けなければ効果がないと言われています。 プロペシアは高額であることから、安価であるフィンペシアやフィナロを選ぶ人が増えています。

薄毛に悩む人にとっては、頼みの綱となるようなフィンペシアとフィナロ。 でもこの2つの薬は主成分が同じであり、違いについてわかっていない人がほとんどなのではないでしょうか。

フィンペシアとフィナロ
フィンペシアとフィナロ

違いはいったい何なの?

フィンペシアとフィナロの比較1つ目は開発元です。 市場に出回っている薬は、成分が同じでも開発元が同じであるとは限りません。 例えば、風邪薬であっても多くの製造販売会社から発売されていますよね。 同じく、フィンペシアとフィナロも開発元に違いがあります。 さっそくそれぞれの開発元について見ていきましょう。

フィンペシア

フィンペシアはインドのシプラ社が製造販売している内服薬です。 シプラ社は1935年設立のインド国内では3番目ぐらいに大きな製薬会社です。 インドではジェネリック医薬品製造会社として有名です。 主に抗生物質や抗がん剤などの治療薬を多くの国で販売しています。 主成分はフィナステリドで、プロペシアと同等の効果があるとされています。

フィナロ

フィナロはインドのインタス社が製造販売している内服薬です。 インタス社は2006年設立のインドで上位の企業です。

主に腎臓、消化器、泌尿器などに関わる医薬品を取り扱っています。 主成分はフィンペシア同様、フィナステリドでプロペシアと同等の効果があるとされています。

実は正式なジェネリック薬ではないフィンペシアとフィナロ

フィンペシアもフィナロもプロペシアと同等の効果があるにも関わらず、プロペシアよりも安価で販売されています。 多くの人からもフィンペシアとフィナロがプロペシアのジェネリック医薬品であると認識されています。 しかし、実際には正式なジェネリック医薬品ではありません。

そもそもジェネリック医薬品は、始めに開発された先発医薬品の特許が切れたあとにその成分・製法を使用して作られるものです。 でもフィンペシアもフィナロも特許がまだ有効な時に開発されています。 それはインドが医薬品の特許条約に加盟していないため、特許が切れていない薬も製造できるからです。

フィンペシアとフィナロは違うけど…
フィンペシアとフィナロは違うけど…

正式なジェネリック医薬品ではないことは共通しています

フィンペシアとフィナロは製造販売会社が違う以外にも価格の違いがあります。 どちらも日本では認可されていない薬です。 自分で購入するためには、個人輸入する必要があります。

AGA治療薬は継続しなければ効果がないので、価格は気になりますよね。 フィンペシアとフィナロそれぞれの価格について見ていきましょう。

フィンペシア

まずはフィンペシアの価格からです。 公平に価格を比べるため、個人輸入代行業のオオサカ堂の価格を参考にしています。 100錠で25.80ドル、日本円で2,696円となっています。 1日1錠の服用なので、約3ヶ月分になります。 1錠あたりは26円です。 1ヶ月あたり806円、年間では9,490円となります。

フィナロ

次にフィナロの価格です。 同じく、個人輸入代行業のオオサカ堂の価格を参考にします。 100錠で21ドル、日本円で2,194円となっています。 1日1錠の服用なので、約3か月分になります。 1錠たりは21円です。 1ヶ月あたり651円、年間では7,665円となります。

プロペシアが年間で62,415円かかることを考えれば、フィンペシアもフィナロもかなり安価であることがわかりますね。

なぜフィナロは安価で提供されているのか

なぜフィナロがそんなに安価で提供されているのか気になりますね。 偽物ではないか、という疑念を抱く人もいるようですが、心配ありません。

フィナロが安価で提供されている一番大きな要因は、インタス社のジェネリック技術が高い評価を受けていることにあるようです。 先ほどもお話ししたとおり、フィナロを製造販売しているインタス社がアストラゼネカとの間で結ばれているジェネリック業務提携しています。

さらに、フィナステリドを主成分とした後発医薬品は、最初に販売を始めたフィンペシアが圧倒的に知名度が高いのが現状です。 そのためフィナロの流通を加速させるためには、安価で提供することが必須とされているようです。

心配する必要なし!
心配する必要なし!

フィナロは安価でもフィンペシア同様の効果がありますね

フィンペシアとフィナロの比較3つ目は口コミ評価です。 それぞれの使用者はどのような意見をもっているのでしょうか。 実際に使用している人の口コミは参考になりますね。 フィンペシアとフィナロそれぞれにおいて、ポジティブな意見とネガティブな意見を見てみましょう。

フィンペシアに関するポジティブな口コミ

まずはフィンペシアのポジティブな意見です。 「額が前進しています」などの意見がありました。 早い人で3ヶ月で効果を期待できるとの意見もありました。 個人の体質や毛の量によって、期待できる効果の大きさは違うので、継続することによって効果が期待できる人もいます。

フィナロに関するポジティブな口コミ

次はフィナロのポジティブな意見です。 「これからも続けていきます」といった前向きな意見を持っている意見を見ることができました。 また、中には2ヶ月で効果を期待できるとの口コミもありました。

ポジティブな口コミ
ポジティブな口コミ

フィンペシアやフィナロでふさふさになるかも

フィンペシアに関するネガティブな口コミ

続いてはフィンペシアのネガティブな口コミです。 「抜け毛が増えてきた気がする」 「髪が減っていると言われた」 などといった意見もありました。 やはり、期待できる効果は個人差があります。 増える人もいれば、このように抜け毛が増えてしまう人もいます。 期待して飲んでいるだけに、髪が減っていると言われた時のショックは計り知れないものですよね。 個人差があることは納得した上で服用しないといけませんね。

フィナロに関するネガティブな口コミ

使用して5ヶ月くらいですが、あまり効果を実感できません。やはり安かろう悪かろうなのでしょうか…。

【レビュー・体験談】フィナロ(Finalo)1mg(オオサカ堂)

3ヶ月ですが、あまり効果はでてません。初期脱毛はなかったのですが、3ヶ月ぐらいになるとなぜか太いやつがよく抜けました。全体的には変化ありません。いや、若干進行したかもです。ですがまだあきらめるのは早いのでまだまだ試していきます。

【レビュー・体験談】フィナロ(Finalo)1mg(オオサカ堂)

フィナロのネガティブな口コミです。 「安かろう悪かろうなのでしょうか」 「変化がありません」 といったものもありました。 抜け毛が増えることや期待して服用したものの効果が感じられないと早く次にと思いがちです。 特にAGAは進行性なので1日でも早く効果を得たいというのが本心だと思います。 しかし薬の期待できる効果は個人差があるので、自己判断で色々変えたりすることも効果を期待できなくなってしまう可能性があります。

ネガティブな口コミ
ネガティブな口コミ

効果を期待できるかどうかは個人差がありますね

フィンペシアもフィナロも医薬品である以上、副作用が現れる可能性は拭えません。 フィンペシアとフィナロは確かに開発元や価格に違いがあります。 でも、忘れてはいけないのは主成分は同じフィナステリドだということです。 主成分が同じであるということは、つまり同じ副作用が現れる可能性があるということです。 フィナステリドは、元々前立腺肥大の治療薬であるために、男性の性機能に障害が起こる可能性があります。

副作用の危険性があることは知っておきましょう。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

副作用の危険
副作用の危険

薬の違いはあっても主成分は同じ。副作用の危険は免れません。

フィンペシアとフィナロは医薬品ですので、期待される効果が高くなる分、ゼロではないリスクの可能性もあります。 ですので、医者を通さない個人輸入は大きなリスクを伴います。 ハゲラボのポリシーとしても個人輸入は推奨していません。 ハゲラボのポリシーはこちら

入手したいと思われた場合は、クリニックのお医者さんに相談することをおすすめします。

数あるクリニックの中でも、ハゲラボとしては口コミでも人気のヘアメディカルをオススメしております。 是非一度チェックしてみてください。

ここまで読んでくださった人の中には、フィンペシアかフィナロのどちらを服用するか迷っている人もいるかもしれませんね。 一般に内服薬は血液中を循環するため、効果が期待できると言われています。 でも直接体内に入れるため、その分副作用も起こしやすいのです。

またフィンペシアやフィナロは副作用の危険性以外にも注意することがあります。 それは、女性や子どもは触ってもいけないということです。 それはホルモンに影響を与えてしまうからです。 薬に触れるだけでも皮膚から成分が吸収されてしまいます。

※フィナステリドの女性に対する副作用に関しては諸説あり、ハゲラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、女性特有の副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。