目次

  1. 親御さん必見!幼児の頭皮の乾燥はかゆみやフケの原因になることも!
  2. 幼児に多い頭皮の乾燥によるフケとは?
  3. こんな症状ありませんか?【要チェック】
  4. 幼児の頭皮の乾燥、その原因は
  5. 幼児の頭皮の痒みやカサカサ、その対策法は?
  6. 幼児の頭皮の乾燥には適度な保湿を
  7. 放置はNG!幼児の頭皮の乾燥は身体からのシグナル!

幼児を育児中の親御さんにお聞きします。 幼児期は、一番頭皮が乾燥しやすいと言うことを知っていましたか?

頭皮が乾燥した状態だと、かゆみやフケの原因になります。 正しい知識と正しい対策が必要です。

最後まで読み進めていってもらい、お子さんの頭皮の乾燥を防ぎましょう。

お子さんの頭皮の状況を
お子さんの頭皮の状況を

チェックしてみましょう

「おかあさん、頭かゆい…」などと言われたことはありませんか? もしくは、お子さんが頭をかいている姿をよく目にするとか。

そんな経験がある親御さんは、特に幼児の肌について理解するといいですね。 幼児の頭皮ってデリケートなんですよ。 知らないうちに、フケが発生しているかもしれません。

幼児の肌はとてもデリケート

ヒトの肌は、外部の要素から身体を守るための、 バリアの役割をするとされる部分があります。

角質と呼ばれる皮膚の表面部分です。 この厚さが幼児の場合は大人より少ないそうです。

つまり、幼児の肌や皮膚は、バリア機能が弱く、 フケも発生しやすいと考えられているのです。

また、赤ちゃんから思春期頃までは、皮脂の量が減少していくため、 肌の防御機能が低下している時期でもあるといわれています。

子供の頭皮の乾燥、放っておくとどうなるの?

子供の肌はデリケートですが、頭皮も例外ではありません。

頭皮が乾燥すると、フケが出たりします。 ふけは角質がはがれてきている事ですので防御機能が低下します。

それによって頭皮湿疹などの症状が出やすくなると言われています。

子供の肌は
子供の肌は

デリケートなんです。

お子さんの頭皮が以下の状態になっているときは注意が必要です。

何か対応策を考えてあげないと防御機能が低下してしまいます。 普段から注意して頭皮状況をチェックしてみてくださいね。 早く気づかないと、フケが発生してしまいます!

肌が乾燥していて痒がっている

体をもぞもぞとさせていたり、気持ちよくない表情をしたら気を配りましょう。 そして、お子さんの肌や皮膚を確認してくださいね。

肌や頭皮が乾燥していたら防御機能の低下が考えられます。 フケが発生していないか、注意して様子を観察しましょう。

フケが出ている

先ほども説明しましたが頭皮からフケがでるのは、角質がはがれている事です。

角質は頭皮や肌を守るはたらきをします。 頭皮のフケは防御機能の低下していると言えるため、乾燥などに注意しないといけませんね。

幼児の肌の様子は…
幼児の肌の様子は…

こまめに観察しましょう

幼児はちょうど皮脂が少なくなる時期であったり… 成長時期ですので角質が薄い時期でもあります。

それが、幼児の頭皮の乾燥につながったりします。 他にも頭皮の乾燥やフケの発生につながる原因があります。

では、みていきましょう。

体質に合わないシャンプーを使っている

大人でもそうですが肌や頭皮の特徴は人それぞれ。

体質に合わないシャンプーを使えば、 頭皮も悪い反応を示してしまうでしょう。

かゆみがでたり、それによって頭皮の状況が悪化してしまいますね。

そして、頭皮の乾燥につながり、フケが出たりすることもあります。 そんな場合はシャンプーを変えるなどの対策が必要ですね。

アレルギー等が原因のことも

頭皮には、アレルギーがある場合もあります。

頭皮にアトピーのような症状をもつお子さんも、いるかもしれません。 かゆさに負けてかきむしったりすると、 さらに炎症を起こす場合もあります。

もしかすると、フケが発生していることも…。

幼児の頭皮を
幼児の頭皮を

守ってあげましょう

幼児の頭皮の痒み、カサカサ(乾燥)を発見したら早めの対策が必要です。

ただし、親御さん自己流の対策であったり、様子を見よう… という具合に、対策が後回しになると、 症状が進行していくことも考えられます。

フケ予防をしているつもりが、反対にフケを増加させていることに?! 頭皮の湿疹などが進行していくと、感染症にもかかりやすくなります。 早め早めに治療をしていくことが肝心です。

繰り返すようですが、幼児の肌や頭皮はデリケート。 お子さんの頭皮を、守ってあげましょう。

早めの対策が大切

幼児の頭皮からフケがでたり痒みを訴えるような行動をとっていたら、 心配になりますよね。

シャンプーが合わない場合なども考えられます。 しかし、アレルギーの場合も考えられます。

親御さんご自身で対策を考えるより専門家の治療を優先させましょう。 幼児の頭皮は敏感ですので症状が悪化しないように早めの行動を。

自己判断せず、まずはクリニックへ

頭皮の状況に変化を感じたら、自己判断せずにクリニックへ行きましょう。 フケが出ている原因を、いち早く発見できます。

あれこれフケの原因を考えるよりも、一番安心できるのではないでしょうか? まずは専門家に相談しましょうね。

色々と悩まずに
色々と悩まずに

クリニックで相談しましょう

幼児の頭皮が乾燥していると感じたら…

適度な保湿を考えなくてはいけません。 使うシャンプーを考えてあげたり、普段から気をつけることがあります。

日頃から気を付けていきましょう。

どんなシャンプーが良いの?

幼児に使うシャンプーは安全性を第一に考えてくださいね。

アミノ酸系やヒアルロン酸系などの、天然成分を含むものが良いそうです。 デリケートな幼児の頭皮を優しく洗い上げる事ができるといわれていますよ。

また、無添加や無着色、無香料などの表示があるものも良いですね。 幼児の頭皮に刺激を与えすぎない、シャンプーを選んでください。 他にも、頭皮の皮脂を補うことを目的とした馬油入りのシャンプーもおすすめです。

普段から気を付けてあげることは?

幼児は大人に比べて、皮膚や頭皮が敏感なことは、分かってきたと思います。

普段から保湿を行うことが大切。 幼児は、皮脂が人生で少ない時期といわれています。

シャンプーをする前に、お湯で洗ってあげるのも保湿効果が期待できます。 また、シャンプーの洗い残しがないように泡立ててから髪を洗うことも必要です。

シャンプー選びも
シャンプー選びも

大事な事ですね

幼児の頭皮が乾燥しているときは、 見過ごさずに気を配ってあげましょう。 このまま放置すると、次の症状が出てしまいます。

早めに対策をとって、お子さんの頭皮の環境を整えてあげましょう。