目次

  1. 薄毛を治療・改善したい!!
  2. 薄毛の治療・改善に最適な育毛剤・治療薬を紹介します
  3. 薄毛の治療・改善に使用する「育毛剤」と「治療薬」の違いは?
  4. 薄毛の治療・改善ならこれ!おすすめ育毛剤・治療薬6選!
  5. 薄毛治療・改善のために、育毛剤・治療薬を選ぶ際のポイントは?
  6. 薄毛の治療・改善には、自分の状態に適した育毛剤・治療薬を選びましょう
  7. 薄毛治療の関連記事はこちら

こんにちは!ヘアラボ編集部です。

ハゲ薄毛を改善したい!」

「調べてみたら改善方法がたくさんありすぎる!」

「育毛剤や治療薬が自分に合うの?」

「本当に効果があるのか?」

と思われている方も多いと思います。

金銭的にも、時間的にも、気になる育毛剤や治療薬を全て試すわけにはいきませんよね。

育毛剤や治療薬、どれが自分に合う?
育毛剤や治療薬、どれが自分に合う?

薄毛治療や改善に使用する育毛剤や治療薬の効果には個人差がありますが、自分に合うものを選ぶことが大切ですね。

薄毛の治療・改善と言っても様々な育毛剤や治療薬がありますね。

では、自分の薄毛の治療や改善に合った育毛剤や治療薬はどういうものなのでしょうか。

これから、育毛剤と治療薬の違い選ぶときのポイントおすすめの育毛剤・治療薬などを紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

下記ご紹介する治療薬・発毛剤は、日本の薬局やドラッグストアでは取り扱っておりません。

治療薬についてはお近くの皮膚科もしくはAGA治療を行っているクリニックでご相談の上、お求めください。 ※ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

薄毛の治療や改善に使用する育毛剤と治療薬ですが、そもそも両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

その違いを3つ挙げながら、紹介していきますね。

①市販や通販で購入できるかどうか

まず、育毛剤は医薬品ではないですので、ドラックストアやネットショップなどでも気軽に購入できますね。

中には通販でしか購入できない育毛剤もありますが、比較的購入しやすいですね。

では、治療薬はどうでしょう。

治療薬は医薬品ですので、医師の処方が必要で、薬局・薬店で購入するという形になります。

治療薬のジェネリック医薬品があり、個人輸入などで販売しているようですが、副作用もありますし、医師に処方してもらい安全に購入しましょうね。

②効果や副作用の度合い

育毛剤は医薬品ではありませんから、副作用の心配はほとんどありません(アレルギーのある方は注意が必要です)が、効果も劇的な改善は感じにくいようですね。

一方治療薬は、使い続けることで効果を感じる方が多いようですが、服用をやめると薄毛が進行してしまうようですし、服用者全員が劇的な改善を実感できるわけではありませんので気を付けてくださいね。

また、治療薬は医薬品ですので、副作用の心配がありますね。

飲み続けることで腎臓や肝臓に負担をかけてしまいますし、 男性機能の低下、頭皮の炎症やかゆみなどが起こる可能性もありますよ。

効果や副作用を把握しておきましょう
効果や副作用を把握しておきましょう

効果が高いが副作用の心配のある治療薬、治療薬ほど効果は高くないけど副作用がほとんどない育毛剤。 どちらがいいでしょうね。

③金銭的な負担

育毛剤の価格は商品によっても差がありますが、定期便などにすると定価よりも安く購入することができますよ。

一方治療薬の価格は薄毛治療のクリニックや病院によって違いはありますが、健康保険が適用外なので全額自己負担ですし、医師の処方が必要なので、初診料診察料も必要になりますね。

また、治療薬の場合は薬を2種類ほど併用して治療するようですね。

薄毛の治療や改善に有効な育毛剤と治療薬の違いを知ることができたでしょうか。 これから、おすすめの育毛剤と治療薬を3つずつ紹介しますね。

①プランテル【育毛剤】

M字型の薄毛の原因を徹底的に追求し、研究を重ねて完成したM字型の薄毛の悩みに特化した育毛剤ですよ。

発毛促進するセンブリエキス、毛生促進するセファランチン、フケ・かゆみを抑制するグリチルリチン酸2Kを配合していますし、自然由来の毛活成分を7種類配合し、パラベン・鉱物油・合成着色料なしで無香料になっています。

こういう人におすすめ

M字型の薄毛に悩んでいる方 M字型の薄毛は男性ホルモンの「テストステロン」が、前頭部の毛乳頭に多く存在する悪玉還元酵素の「Ⅱ型5-αリダクターゼ」と結びついて「5α-DHT」となり、毛髪の成長を止めてしまうと言われています。 プランテルは、テストステロンとⅡ型5-αリダクターゼが結びつかないように、テストステロンを狙い撃ちすることで、M字型の薄毛の改善が期待できますよ。

科学的根拠のとれたものがいい方 プランテルは製薬会社と共同開発が基本とされていますし、大学研究機関で科学的根拠のとれた優れた素材を積極的に使用していますよ。

②チャップアップ【育毛剤】

チャップアップは、センブリエキス・グリチルリチン酸・シフェンヒドラミンHCの3つの有効成分が毛生促進をサポートし、それを助ける44種類の天然の植物から抽出した有効成分を独自の配合で加えた、香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・紫外線吸収剤・シリコンが使われていない育毛剤です。

44種類の有効成分には、血流促進効果毛母細胞の活性化頭皮の抗炎症効果5αリダクターゼの抑制効果が期待できる成分が使用されていますよ。

こういう人におすすめ

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいる方 5αリダクターゼの抑制効果を持つオウゴンエキスなど4種類配合されていますので、М字型(生え際)の薄毛やO字型(頭頂部)の薄毛にも効果が期待できますよ。

血行が悪くなっている方 寝不足などで身体の血行は悪くなってしまいます。頭皮も例外ではありませんよ。 チャップアップは、血流改善を目的とした成分が12種類配合されていますので、毛乳頭にある毛細血管の血流を良くすることで、毛髪に必要な栄養分を毛乳頭に届けることが期待できますよ。

③フィンジア【スカルプエッセンス】

フィンジアは医薬部外品の育毛剤ではなく化粧品、スカルプエッセンスとして販売されていますが、キャピキシルを5%含んでいます。 主に、毛細血管の拡張に伴う血行促進や毛母細胞の活性化による効果が期待できるようです。 キャピキシルの詳しい効果はこちらもチェック!

また、ミノキシジルと似た成分構造を持つ人工成分ピディオキシジルを配合していますので、強い細胞修復作用による毛母細胞などの復元や抜け毛を抑制する作用による効果が期待したいですね。

さらに、毛母細胞の活性化や細胞の老化予防などの働きをすると考えられているカプサイシンを配合していて、成分の浸透力を高め、頭皮の奥底まで届けるように働きかけてくれますよ。

こういう人におすすめ

キャピキシルを配合しているスカルプエッセンスを試したい方 キャピキシルを配合している他の商品もありますが、配合量は5%と変わりなく、ピディオキシジルの濃度は2%と高く、価格は一万円以下(定期コース)で、他のキャピキシル配合の商品よりも試しやすいでしょうね。

④プロペシア【治療薬】

プロペシア

5α還元酵素Ⅱ型(5α-リダクターゼ)を抑制し、テストステロンからジヒドロテストステロンへの返還を阻害して、男性型脱毛の進行遅延作用を示しますので、通常、男性型脱毛症の進行遅延に用いられます。

プロペシアは男性の男性型脱毛症のみ適応で、他の脱毛症に対する適応はありませんし、女性は服用することができません。

発毛効果も高く、既にある程度進行が始まっていて、改善したい方にはおすすめです。

こういう人におすすめ

男性の方 男性のAGA(男性型脱毛症)のみ適応なので、使用できるのは男性のみで、女性の使用は禁止されていますよ。 特に、妊婦の方や授乳中の方は服用も錠剤に触れてもいけませんので、取扱いには十分に気を付けてくださいね。

薄毛、抜毛が気になり始めた方 プロペシアは、髪を生やすよりも抜け毛を防ぐ効果が期待できる治療薬なので、初期の薄毛・抜け毛には効果を高く感じる事ができるのではないでしょうか。 薄毛がある程度進行している方の場合は、プロペシアだけの治療では物足りなく感じるかもしれないので、別の治療薬と併用することを考えることになりますね。

⑤ミノキシジル【治療薬】

ミノキシジルの外用薬と内服薬
ミノキシジルの外用薬と内服薬

AGA治療薬として高い効果が期待されています。 毛根部分の血管拡張させる薬品成分ですね。日本では「リアップ」(大正製薬より販売)が有名ですね。 フィナステリドと同様に厚生労働省より医薬品認可を受けています。 ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、両方の使用が効果的と言われていますよ。

ミノキシジルは強制的に血管を拡張させるというよりは、毛母細胞に働きかけ、細胞分裂を活性化させて髪の成長を早める働きをしています。

このミノキシジルに関してもインターネット上に嘘が多く出回っています。

日本皮膚科学会が定める男性型脱毛症診療ガイドラインの中で、ミノキシジルは男女ともにA(使用するよう強く勧められる)の評価を受けています。

ミノキシジルを使用すると初期脱毛が起こることがあるようですが、それは薬が効いている証拠と言われています。詳しくはこちらからチェック! ミノキシジルで初期脱毛が起きた!これって大丈夫?〜ハゲが愛する育毛剤〜

こういう人におすすめ

健康な人 ミノキシジルは元々血圧を下げるための薬です。そのため、普段から血圧が低い人や、血圧の薬を飲んでいる方にはおすすめできません。 疾患などがなく、健康な人であれば医師に相談の上使用するのはいいのではないでしょうか。

⑥塩化カルプロニウム外用【治療薬】

フロジン外用液(塩化カルプロニウム5%含有)
フロジン外用液(塩化カルプロニウム5%含有)

フロジン外用液は第一三共株式会社から販売されている脱毛症全般に処方される外用薬で、主な成分は塩化カルプロニウムです。 プロペシアとフロジンは、作用するメカニズムが違うので、併用することができます。 ジェネリックとしてアロビックス(田辺三菱製薬株式会社より販売)もあります。

塩化カルプロニウム外用薬には局所血管拡張作用があるといわれており、患部に塗布することで頭皮の血管を拡張し血液の流れを良くする効果があるので、毛乳頭に十分な栄養が行き届き、活発化することで抜毛防止や発毛促進効果があると考えられていますよ。

効果は強くないので副作用のリスクも低いですが、発汗・悪寒・発疹・発赤・腫れ・かぶれ・かゆみ・吐き気・嘔吐などがあります。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ヘアラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

おすすめの育毛剤・治療薬を紹介しましたが、実際に選ぶときは何をポイントに選んだらいいのでしょうか。 これから、育毛剤・治療薬を選ぶときのポイントを3つ紹介しますね。

①まず自分の薄毛の症状、状態を把握する

自分の薄毛の症状が、M字型(前頭部)の薄毛なのか、O字型(頭頂部)の薄毛なのか、どのくらい進行しているのかでも育毛剤・治療薬の効果は違いますね。

まずは、自分の薄毛の症状や状態がどうなのか把握することが大切ですよ。 しかし、自分では判断できないこともありますよね。 必要であれば、病院やクリニックに相談することをおすすめしますが、治療薬の使用を考えている場合は、医師の診察が必要ですので病院やクリニックに行きましょうね。

また、内服の発毛剤についてはお近くの皮膚科もしくは発毛専門クリニックでご相談の上、お求めください。ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨いたしません。

薄毛治療・改善にどのくらい費用を出せるか

育毛剤は、通販では定期便などがあり定価よりも安く購入することができますね。 治療薬は、医師の診察が必要なので、初診料や診察料などが治療薬のほかにもかかりますし、保険適用外なので全額自己負担になってしまいますね。 薄毛の治療・改善には時間がかかりますから、自分が毎月どのくらい費用をかけることができるのかも大切ですね。

薄毛の治療・改善に必要な育毛剤・治療薬ですが、それぞれに特徴があり、メリット・デメリットもありますね。 自分の症状・状態を把握して、症状・状態に合う育毛剤や治療薬を選んで、薄毛の治療・改善を目指しましょうね。