目次

  1. 育毛剤は正しく使おう!
  2. 育毛剤っていまいち使い方がわからない…そんな方はいませんか?
  3. 正しい使い方によって、育毛剤は本当の効果を発揮します
  4. 育毛剤の正しい使い方はこちら
  5. 育毛剤の正しく使う上で、絶対外せないポイントは?
  6. 【注意】NGな育毛剤の使い方
  7. さらに詳しい育毛剤の正しい使い方については、動画を見るのもありかも
  8. 育毛剤の正しい使い方を把握し、本気の薄毛対策をはじめましょう!
  9. 育毛剤についての関連記事はこちら

育毛剤には薄毛を改善するためにあらゆる成分が入っています。 しかし、正しい使用法を実践しないと効果をちゃんと発揮することが出来ません。

薬などでもそうですが、正しい使用法は育毛剤にとってもとても重要です。

ですが、正しい使い方かがイマイチ分かりずらいのも実情です。

今回は育毛剤をより効果的に使用する方法をご紹介します。 育毛剤を正しく使って薄毛を改善しましょう!

薄毛が気になるからとりあえず育毛剤を買ってはみたけど、イマイチ使い方が分からない・・・ よく分からないまま使っているけど、あんまり効果がない・・・ そんな方はいらっしゃいませんか?

瓶や箱などに説明は書かれているものの、よく分からない、なんてこと多いですよね。

育毛剤って何時使うのが効果的なの?どれくらい使えばいいの?マッサージってなに? そんな疑問にお答えします!

育毛剤の正しい使い方
育毛剤の正しい使い方

ただつけるだけ?育毛剤の本当の正しい使い方って意外と知らないですよね。

育毛剤には育毛をサポートする成分がたくさん含まれており、効果的に利用すればその真価を発揮します。

しかし、正しい使い方をしなければ効果は半減下手するとマイナスになってしまう、なんてこともあります。

育毛剤自体の使い方はそんなに難しいものではありません。 ポイントを押さえた正しい使い方をご紹介していきますので、 あ、しまった、と気づいた方は今日からやり方を変えてみてください。

もしかしたら、それだけで育毛効果がアップするかも?

正しい育毛剤の使い方で薄毛を改善
正しい育毛剤の使い方で薄毛を改善

薄毛改善のために、まずは育毛剤の使い方を見直してみませんか?

育毛剤の正しい使い方の手順は5つです。 それぞれの手順のポイントも載せますのでポイントを踏まえて実践してみてください。

難しいことは一つもないので気負わずにチャレンジしましょう。

①まずは髪をときましょう

一番最初にすることはクシやブラシで髪をとくことです。 え?そんなこと?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と重要なポイントなのです。

髪が絡まっているとシャンプーが全体に行き届かず汚れをしっかりと落とせないことがあります。 日中の汚れやフケをちゃんと落とすためにもこの手順は踏んでください。

注意点としては、髪の毛が引っかかるようなことがあっても無理に引っ張ったりせず優しくということです。

髪の毛を傷つけることのないようにしましょう。

手順①「ブラッシング」
手順①「ブラッシング」

汚れをしっかり落とせるように事前準備も大切です。

②次に、髪を洗ってしっかりすすぎます

次はお待ちかねのシャンプーです。 まず一番初めにお湯だけでしっかりと流してください。

お湯だけでも汚れの大部分は落ちると言われています。 先にある程度汚れを落としてから、シャンプーでしっかりと洗いましょう。

シャンプーをするときは指の腹で頭皮をもむように洗ってください。 爪を立てて強く洗うと傷ついたりして逆効果になってしまいます。

そして、最重要ポイントはしっかりとすすぐことです。 シャンプーのすすぎ残しは毛穴に詰まったりして頭皮にとっては悪影響です。 ですからちゃんとすべて流すようにしてください。

シャンプーのポイントはすすぎです
シャンプーのポイントはすすぎです

洗い残しのないようにしっかりとすすぎましょう。

③すすいだ後は髪を乾かします

髪の毛を乾かす程度は育毛剤によって変わります。 ちゃんと乾かした方がよいものもあればタオルドライで十分な物もありますので、使用前に確認しておきましょう

髪を乾かす際は絶対にドライヤーを使ってください。 自然乾燥の場合、長い時間濡れた髪に細菌が繁殖し、抜け毛の原因になってしまうことがあります。

髪を乾かす時も力を入れすぎず、優しく乾かしましょう

ドライヤーで乾かしましょう
ドライヤーで乾かしましょう

面倒くさくて自然乾燥。が一番いけません。 ドライヤーの利用をおすすめします。

④そしてやっと育毛剤をつけます

やっときました、育毛剤の出番です。

育毛剤は商品に書かれている適量を使用してください。

薄毛が気にる部分に全体的に塗布しましょう。 予防も兼ねて気になる部分から少し外側の範囲まで使用すると良いでしょう。

ポイントは地肌につけること。 髪の毛につけるのではなく、髪の毛が生えている頭皮に付けることで育毛剤の効果は発揮されます。

育毛剤は頭皮につける
育毛剤は頭皮につける

育毛剤の多くには育毛を助ける成分が入っています。それらは毛が生えている頭皮に働きかけますので、頭皮に直接つけましょう。

⑤最後に、頭皮をマッサージ

最後にすることはマッサージです。 何故マッサージをするのかというと、血行を良くし、育毛剤の成分を浸透させやすくするためです。

頭皮に育毛剤をなじませるように指の腹で優しくマッサージしましょう。

この時の注意点は力を入れすぎないこと、また爪を立てないことです。 強すぎる力は頭皮を傷つけるおそれがありますので、あくまで優しくが重要です。

優しいマッサージで仕上げを
優しいマッサージで仕上げを

最後の仕上げにマッサージです。優しく優しく育毛剤を浸透させましょう。

育毛剤を正しく使う上で重要なポイントをいくつかあげます。

①育毛剤はできればお風呂に入った直後に使う お風呂に入ると身体が温まるため、血行がよくなり、育毛剤の成分を吸収しやすくなります。

③最低3ヶ月は使ってください 髪が生えてから抜け落ちるまでのヘアサイクルは3ヶ月以上と言われています。 また、育毛剤を半年ほど使い続けて効果を感じる場合もあります。 発毛・育毛に重要なのは継続することです。 育毛剤も継続してできるだけ毎日使うようにしてください。

育毛剤を使う上でNGなやりかたも押さえておきたいと思います。

①複数の育毛剤を一緒に利用する 育毛剤にはそれ一本で育毛効果があるように成分が配合されています。 ですから違う種類を併用することでそれぞれの効能を抑制してしまったり、成分のバランスが悪くなってしまう可能性があります。 育毛剤は1種類を正しく使うことをおススメします。

②育毛剤をたくさんつける 育毛剤はたくさん使えばいいというものではありません。 多く塗布しすぎることで毛穴を塞いでしまうとむしろ逆効果になりますので育毛剤に書かれている量を守るようにしてください。

NGな育毛剤の使い方はしていませんか?
NGな育毛剤の使い方はしていませんか?

育毛剤の効果を半減させかねないNGな育毛剤の使い方、していませんか?

文章で見てもなんとなくよく分からない。もうちょっと詳しく見たい。 そんな方のために育毛剤の正しい使い方の動画を紹介します。 書いてあったことを思い出しながら見てみてくださいね。

nosic 育毛剤のつけ方

育毛剤のつけ方を分かりやすく紹介されています

いかがでしたでしょうか? 意外と難しくないと感じた方も、面倒だと感じた方もいらっしゃったと思います。

しかし、育毛剤の正しい使い方をマスターし、実践することは薄毛改善の第一歩です。 もうすでに育毛剤を使っている方も是非一度自分の使い方を見直していただければと思います。

本気で薄毛を改善するために、まずは育毛剤を丁寧に正しく使うことから始めませんか?

↓育毛剤に関するさらに詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください!