目次

  1. なぜ育毛剤で男性ホルモンは抑制できないの?
  2. 男性ホルモンを抑制する効果が認められた育毛剤はない!〜効果のカラクリ〜
  3. では、育毛剤の本当の効果は?
  4. 薄毛の原因になる男性ホルモンDHTを抑制したいなら…?
  5. 男性ホルモンの抑制はできなくても、育毛剤は薄毛対策に有効!
育毛剤に男性ホルモンの抑制効果はない?
育毛剤に男性ホルモンの抑制効果はない?

でも、男性ホルモンを抑制できるといわれている育毛剤もありますよね。

男性ホルモンを抑制できる育毛剤」
「薄毛の原因の男性ホルモンを抑制する効果

このように書かれた育毛剤の広告や、育毛剤の紹介ページを見たことがある方も多いですよね。

けれど、実際に育毛剤そのものに男性ホルモンを抑制する効果はありません

ではなぜ、男性ホルモンを抑制できると言われるものがあるのでしょうか?

そこで今回ヘアラボでは、育毛剤に男性ホルモン抑制効果があると言われる理由や、育毛剤の効果のカラクリを徹底解剖。

正しい薄毛対策をするためにも、育毛剤の購入を検討している方は、ぜひ最後までお読みくださいね。

育毛剤に男性ホルモン抑制効果はない!
育毛剤に男性ホルモン抑制効果はない!

育毛剤に認められている効果の中に、男性ホルモンの抑制効果はないのです。

育毛剤で男性ホルモンの抑制ができない理由として、男性ホルモンの抑制効果そのものが認められた育毛剤がないことがあげられます。

育毛剤というのは、基本的に医薬部外品として認められたもののこと。

つまり、厚生労働省に認められている育毛剤の効果というものが存在し、その中に男性ホルモンの抑制効果はないのです。

しかし中には、薄毛の原因である男性ホルモンDHTを作り出す酵素、2型5α-リダクターゼを抑制する成分がうたわれているものも。

けれど、これもその成分自体は育毛剤の有効成分ではありません

つまり育毛剤の中で、男性ホルモンの抑制または、2型5αリダクターゼの抑制効果が育毛剤の効果に直結しているものはないといえるのです。

気になる方は、ぜひ男性ホルモンの抑制や2型5αリダクターゼの抑制がうたわれている成分と、育毛剤に記載されている有効成分を見比べてみてください。

この両方が一致する育毛剤はないはずですよ。

育毛剤の本当の効果とは?
育毛剤の本当の効果とは?

男性ホルモンの抑制効果が認められていないのであれば、どんなことに効果的なのでしょうか?

薄毛の原因とされる男性ホルモンDHTや、その男性ホルモンDHTの生成に関わる2型5αリダクターゼを抑制する効果が認められていない育毛剤。

では、育毛剤の本当の効果とは、どのようなものなのでしょうか?

それは現在ある髪の毛を抜けにくくするというもの。

育毛剤がどのように、今ある髪の毛を抜けにくくしてくれるのか、その原理を詳しくみていきましょう。

フケ・かゆみを抑て髪を抜けにくくする

多くの育毛剤に、フケやかゆみを抑える効果が認められています。

これは、育毛剤に有効成分として含まれることが多いグリチルリチン酸2Kやジフェンヒドラミンによる効果。

フケは大量に発生すると毛穴をふさぎ、頭皮環境を悪くしてしまいます。

その状態がかなり悪化すると、場合によっては抜け毛を招くことも。

また、かゆみによってかきむしることでも、頭皮環境が悪化。

つまり、育毛剤はフケやかゆみを抑えることで、頭皮環境を整え改善してくれるので、髪を抜けにくくしてくれるのです。

血行を促進して髪を抜けにくくする

また、育毛剤には頭皮の血行を促進するという役割も。

育毛剤に有効成分として含まれることが多いセンブリエキスやジフェンヒドラミンには、血行を促進する作用があるとされています。

薄毛の原因の一つとして、血行不良があるとされており、頭皮の血行が悪くなることで髪が成長するための栄養が運ばれなくなるため、薄毛になるといわれているのです。

つまり、育毛剤で血行促進をすることで、髪を抜けにくくすることができるのです。

毛母細胞の活性化で髪を抜けにくくする

毛母細胞というのは、髪の毛を作り出している細胞のこと。

この毛母細胞の活性化も、育毛剤に有効成分として含まれるセンブリエキスがもつ作用。

髪を作り出す細胞の元気がなければ、当然髪は十分に成長できないまま、抜けてしまいます。

それを防いでくれるのもまた、育毛剤の役割。

毛母細胞を活性化させることで、髪を抜けにくくしてくれるのです。

男性ホルモンを抑制したいなら…
男性ホルモンを抑制したいなら…

5α-リダクターゼの抑制効果が認められた医薬品を使いましょう。

育毛剤に有効成分として含まれることが多い成分のいずれにも、男性ホルモンの抑制や2型5α-リダクターゼの抑制効果はありませんでした。

では、どのようにしたら、薄毛の原因になる男性ホルモンDHTを生成する2型5αリダクターゼを抑制できるのでしょうか?

そのためには、男性ホルモンDHTの生成に関わる5α-リダクターゼの抑制効果が認められた医薬品を使う必要があるのです。

5α-リダクターゼの抑制効果が認められている有効成分は2つ。

  • フィナステリド…プロペシア(医薬品)やそのジェネリックに含まれる
  • デュタステリド…ザガーロ(医薬品)やそのジェネリックに含まれる

つまり、これらを有効成分とする医薬品を使用すれば、男性ホルモンDHTの抑制ができるといえるのです。

プロペシア、ザガーロのいずれも国内で認められ、AGA治療を行っているクリニックや皮膚科で処方してもらうことができます。

男性ホルモンDHTの抑制によって、薄毛の改善や対策をしたいという方は、ぜひ一度クリニックや皮膚科に相談してみてくださいね。

男性ホルモンDHTの生成抑制について、さらに詳しい情報を知りたい方は下記の記事も合わせてお読みくださいね。

薄毛対策に正しい知識を!
薄毛対策に正しい知識を!

育毛剤の効果や役割を知って、薄毛対策に活かしてくださいね。

育毛剤の効果として、男性ホルモンの抑制効果は認められていません。

しかし、育毛剤には育毛剤の効果や役割があり、正しく使えば抜け毛の予防やフケ・かゆみの抑制ができます。

頭皮環境が気になる方抜け毛・薄毛を予防したいという方にとっては、確かに有効といえるもの。

男性ホルモンを抑制できるなど、認められていない効果は鵜呑みにせず、育毛剤の本来の効果に対して正しい知識をつけて使用すれば、騙されるということもありません。

薄毛対策にも、正しい知識を持ってのぞみましょうね!