目次

  1. 育毛剤で頭皮のフケを改善できるって本当?
  2. そもそもフケが起こる原因とは?
  3. フケは育毛剤で改善できる?
  4. どんな育毛剤成分がフケに効果的?
  5. 育毛剤でフケ対策!注意すべき点は?
  6. フケが気になる?育毛剤は一度試してみる価値あり!

フケは誰にでも起こる可能性があるトラブルですが、「不潔」といったイメージから深刻に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そんなフケの悩みを、育毛剤で解消できるかもしれません。

フケの原因種類とあわせて、どんな育毛剤がフケの改善につながるのか、まとめました。

フケに悩んでいる方、必見です!

育毛剤でフケが改善できる?!
育毛剤でフケが改善できる?!

つらいフケの悩みを一刻も早く解消しましょう

まずはフケの原因について把握しましょう。

フケが起こる原因は大きく分けて2つあると言われています。

種類によって原因が異なるため、自分がどちらのフケか見極めることが大事です。

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥ができるフケを「乾性フケ」とよびます。

カサカサして粉をふいたようにパラパラと肩に落ち積もるようなフケがこの乾性フケ。

この、頭皮の乾燥が原因でフケができるのは、頭皮の洗いすぎにあると言われています。

清潔にしているのにフケが起こるとは意外かもしれませんが、洗浄力の強いシャンプーなどで洗いすぎると、頭皮を保護してくれる必要な皮脂まで洗い流してしまうため、バリア機能が失われ水分保持が困難になってしまい頭皮が乾燥しフケを招く原因になると言われています。

皮脂分泌が過剰な場合も

過剰な皮脂分泌によって起こるフケを「脂性フケ」とよびます。乾性フケに比べて塊がやや大きく黄色がかっているものが多いです。

ベタベタした脂っぽい脂性フケが起こりやすい人は、体質も考えられますが、頭皮の清潔が保たれていないことによると考えられます。元々頭皮は体の中でも皮脂の分泌が多いとされているので、皮脂や汚れが残っていると雑菌が繁殖しフケの原因となっていしまうこともあります。

また、脂っこい食事辛いものを好んで食べる人は、さらに皮脂の分泌が多くなるため、脂性フケが起こりやすくなります。

洗いすぎも、不潔もNG!
洗いすぎも、不潔もNG!

どうしたら改善できるでしょう?

フケの原因についてはわかりましたね。

では、本当に育毛剤でフケを改善できるかどうか、説明したいと思います。

育毛剤をフケ対策に使用することによって、他にもメリットがあるようです。

育毛剤で頭皮ケアできるって本当?

育毛剤で頭皮ケアができるというのは本当です。

育毛剤には、育毛有効成分の他に頭皮の*環境改善効果に期待できる成分も多く配合されているものが多いです。

フケの原因である乾燥皮脂の過剰分泌に効果に期待される成分も含まれている育毛剤もあります。

頭皮ケアに育毛剤を使うメリットは?

頭皮ケア、フケ対策に育毛剤を使うと、併せて抜け毛薄毛対策にもつながると考えられます。

毛穴に皮脂や汚れが詰まると、フケという症状だけでなく、毛根に栄養が十分に行きわたらず、抜け毛や薄毛の原因となってしまうことがあります。

また、頭皮が乾燥していると外部からの刺激に弱くなり炎症を起こし、フケだけでなく 抜け毛が起こりやすくなるとも言われています。

育毛剤で頭皮ケアすることで、頭皮の炎症を抑えたり、フケの改善など頭皮環境を整えると同時に育毛期待成分が毛根に届き髪を育てるサポートにできます。

育毛剤で頭皮ケア!
育毛剤で頭皮ケア!

フケを放っておくと将来薄毛になる可能性も・・・?

育毛剤にはフケの改善効果を目的とした成分が含まれているとお伝えしましたね。

では実際にどんな成分がフケに効くのか、見ていきましょう。

フケの原因によっておすすめの成分が違いますので、ご自身のフケのタイプを見極めてからどんな成分が良いのか確認してくださいね。

乾燥によるフケの場合

乾燥によるフケの場合は、ずばり保湿効果を目的とした成分がおすすめです。

頭皮の乾燥はあらゆる頭皮トラブルを起こしてしまうため、育毛剤には保湿効果を目的とした成分が入っているものが多いです。

ヒアルロン酸の保湿効果は有名なものだと思います。 他にもオウゴンエキスベニバナエキスといった植物エキスの成分も保湿への効果に期待がもてると言われています。

過剰な皮脂分泌によるフケの場合

皮脂の過剰分泌によるフケの場合には、雑菌の繁殖を抑えるためにも、抗菌作用抗酸化作用のある成分、消炎作用を目的とした成分が含まれる育毛剤がおすすめです。

ヒノキの樹脂抽出成分であるヒノキチオールには抗菌・消炎作用があると言われています。 ユーカリから抽出されるユーカリエキスも、抗菌・消炎・殺菌作用があると言われており、スキンケアでもおなじみの成分です。

抗酸化作用を目的とした成分としては、アセロラエキスザクロエキスなどが挙げられます。

雑菌の繁殖は放置しない!
雑菌の繁殖は放置しない!

フケだけでなく薄毛や皮膚の炎症にもつながる可能性が??

育毛剤の成分については把握できましたか?

ここでは育毛剤でフケ対策をする際の注意点をお伝えします。

フケがなかなかおさまらない場合には対策法が合っていない、他に原因がある場合も考えられますので、注意が必要です。

頭皮の状態に合った育毛剤を選ぶ

フケ対策をしようと言っても、どの育毛剤を使っても効果が期待できるとは限りません。

何度かお伝えしましたがまずは自分の頭皮の状態、フケの原因・タイプを見極めましょう。

頭皮が乾燥しパラパラとしたフケなのか、べたついた頭皮で塊のようなフケが気になるのか、どんな育毛剤で対策するべきかしっかりと選ぶことが大切です。

フケがなかなか収まらない!もしかして他にも原因が?

育毛剤、シャンプーなどの対策をしてもなかなかフケが収まらない、、、。

体質やストレスが原因で、皮脂の分泌が多くなり、皮脂腺の多くある部位に湿疹ができ痒みが発生することもあります。

頭皮の場合、地肌が赤くなったり痒くなり、皮膚が荒れて剥がれ落ちるた結果フケが増えます。

フケ以外にも上記のような症状がある場合には、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

気になったらすぐに受診を!
気になったらすぐに受診を!

専門医に相談しましょう

いかがでしたか?

フケと言っても原因や症状は様々。

自分の頭皮の状態にあった育毛剤で対策すれば、改善できるかもしれません。

一度試してみることをおすすめします!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。