目次

  1. 頭皮状態を健康に保ちたい!オススメの育毛トニックはノンアルコールのもの!?
  2. 育毛トニックってそもそもどんなもの?
  3. 育毛トニックはノンアルコールのものがオススメ!その理由とは?
  4. 育毛トニックを選ぶときのポイントとは?
  5. オススメのノンアルコール育毛トニックはこれ!
  6. 育毛トニックの基本的な使用方法は?
  7. ノンアルコールの育毛トニックで健やかな地肌に!

頭皮の清潔を保ち、かゆみやフケなどの不快な症状を抑える効果のある育毛トニック。

価格も含まれる成分も様々で、選ぶのに迷ってしまいますが、オススメなのは断然ノンアルコールの育毛トニックです。 なぜノンアルコールがオススメなのか?順番にご説明していきます!

育毛トニックはノンアルコールのもににしよう!
育毛トニックはノンアルコールのもににしよう!

頭皮を健康に保つためには、ノンアルコール!

そもそも、育毛トニックとはどんなものなのでしょうか。

育毛トニックって育毛剤とどこが違うの?と聞かれても、答えられない人が多いのではないでしょうか。

育毛剤との違いについて、改めて確認してみましょう!

育毛トニックは
育毛トニックは

育毛トニックはそもそもどんなものなのでしょうか?

育毛トニックと育毛剤、どう違うの?

育毛剤と育毛トニックは、あまり区別をしていない人も多いかもしれませんが、その目的や効果が違います。

育毛トニックの主な目的は、以下の通りです。 - 頭皮の清潔を保つ - 痒みやフケなどの不快症状を予防する - 抜け毛を予防する

一方育毛剤の目的は、頭皮を健康に保つだけではなく、薄毛や抜け毛の改善・髪の成長促進です。 育毛剤には、より積極的に抜け毛薄毛を予防し、発毛を促す効果が期待されているんですね。

抜け毛や薄毛の予防には育毛トニックを

育毛トニックを使った方が良い人は、すでに薄毛が進行してしまっている人ではありません。 最近抜け毛が増えてきた・薄毛が心配になってきたという、薄毛予備軍の人がターゲットなのです。

頭皮の皮脂が多くてベタつきがちだったり、フケやかゆみがあるなど、頭皮トラブルの多い人も対象になりますね。

既に進行してしまったAGAには育毛剤がオススメ!

M字ハゲやてっぺんハゲの人など、既にAGAが進行してしまっている人には、育毛剤がオススメです。

残念ながら育毛トニックだけでは、薄毛対策はできません。 より積極的に頭皮や毛根に働きかける育毛剤でないと、薄毛が進行する可能性が高いでしょう。

数ある育毛トニックの中で最適なものを選ぶ際、はずせないポイントの一つが、ノンアルコールであるということです。

アルコールが入っている育毛トニックと、ノンアルコールの育毛トニック。 違いはどこにあるのでしょうか?

育毛トニックにおけるアルコールの役割とは?

アルコール(エタノール)は、市販されているほとんどの育毛トニックや育毛剤に含まれています。

なぜアルコールが含まれているかというと、頭皮の毛細血管を拡張させる効果があり、スーッとした爽快感が得られるからです。 つまり、使用感が良くなるということですね。

加えて、アルコールには殺菌効果があります。 菌の増殖を抑え、品質を保つという役割も果たしているのです。

ただし、アルコールにより皮膚に必要な常在菌まで全滅してしまうことも……!

アルコールの殺菌効果は、確かに頭皮の雑菌を減らしてくれます。 しかし、菌は全て殺菌してしまえばよいというわけではありません。 頭皮に必要な常在菌もいるのです。

育毛トニックにアルコールが含まれていると、頭皮を守ってくれている常在菌まで殺してしまう可能性があるのです。

常在菌がいなくなると皮膚が乾燥し頭皮トラブルが起きやすくなる

頭皮の常在菌は、絶妙な菌バランスを保って、頭皮を保護してくれる役割を果たしています。

その常在菌がいなくなってしまうと、頭皮は乾燥し、痒みやフケなどの頭皮トラブルを招くことになります。 良かれと思って使っていた育毛トニックのせいで、ますます頭皮が乾燥する……という悪循環が生まれてしまうことも。

その他にもアルコールの使用で頭皮自体が硬くなってしまう

その他にも、アルコールはタンパク質を変性させる可能性もあります。 タンパク質は髪の毛を構成する成分ですから、破壊されれば髪は成長しなくなってしまいます。

頭皮に繰り返しアルコールによるダメージが与えられると、頭皮を何とか保護しようと硬くなることも。 頭皮が硬くなると、血行が悪くなりますし、せっかくの育毛成分も届きにくくなってしまいます。

アルコールは頭皮を硬くする
アルコールは頭皮を硬くする

アルコールを使用すると、頭皮が硬くなってしまう可能性がある

育毛トニックを選ぶ時のポイントをチェックしてみましょう! もちろん、人それぞれ合うものが違うかもしれません。 しかし一番大切なのは、使ってもトラブルを起こす可能性が低い育毛トニックを選ぶことです!

低刺激性のもの

育毛トニックは毎日使うものです。 1~2回使用して問題が無くても、使い続けることで頭皮に与えるダメージが蓄積してしまうことも。

頭皮にとって刺激となる成分は、極力含まれていないものを選びたいところです。 防腐剤・香料・鉱物油など、頭皮にとって余計な成分を使用していない低刺激性の育毛トニックを選ぶようにしましょう!

ノンアルコールのもの

ご説明してきたように、アルコールは、過剰な殺菌力で頭皮環境を悪化させます。 アルコールのスーッとした清涼感が好きという人も多いかもしれません。 しかし大切なのは、一瞬の爽快感より実際に頭皮に及ぼす影響です。

ノンアルコールの育毛トニックは徐々に増えていますので、成分表を良く見て選ぶようにしましょう!

パラベンは入っていても大丈夫なの?

育毛トニックの成分表を見た時、ノンアルコールだけど、パラペンは入っているというものもあります。

パラペンは防腐剤で、品質が劣化するのをふせぐ効果があります。 特に天然成分が多く配合されている場合は、どうしても腐りやすいので、防腐剤を入れないと品質を保ちにくい面があります。

劣化してしまった天然成分配合の育毛トニックを使い続けるのは、頭皮トラブルの元。 必要最低限のパラペンを使用している方が良いという考え方もできますね。

育毛トニックを選ぶ際のポイントは?
育毛トニックを選ぶ際のポイントは?

育毛トニックは、なるべく頭皮に優しいものを選ぼう!

それでは、ハゲラボおススメのノンアルコール育毛トニックを3つご紹介します!

ノンアルコールというのはもちろん、含まれている有効成分や口コミ評価など、総合的に評価して選びました。

スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット

インセント 薬用育毛トニック

発毛促進効果もあるスカルプD

他の育毛トニックとはちょっと違います。 何と言ってもジェットで直接頭皮まで届かせる。

これにより、しっかり気持ちよくなれます!

インセント 薬用育毛トニック

生薬の力で血行促進!抜け毛予防!

ショウキョウ・センブリ・ニンジンの3つの生薬有効成分が抜け毛を予防。 毛髪由来アミノ酸配合で、髪にハリとコシを与え、根元からボリュームアップする効果も期待できます! ハッカ油の効果で頭皮もスッキリ。 植物性保湿成分であるホップは、頭皮を柔軟にして、有効成分が届きやすい頭皮に導いてくれますよ。

ヒロソフィー原生林プラスヘアートニック

男性も女性も使える育毛トニックです。 男性ホルモンは、薄毛や抜け毛の原因となるのはご存知ですよね。 その男性ホルモン分泌を70%も抑えると言われているプラセンタが高濃度に含まれています。

他にも、毛乳頭に働きかけるアデノシンなど、 頭皮環境を整える成分が19種類配合されています。

ノンアルコール・無香料・無着色・無鉱物油で、 頭皮トラブルの心配をせず使えるのは嬉しいですね!

ウーマフリード スカルプローション

ウーマフリード スカルプローション

頭皮トラブルを予防して、健康な髪へ導きます。

アルコール以外にも、香料・防腐剤・殺菌剤・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素・石油系活性剤も無添加のオールフリーを実現! 敏感肌の人も安心して使える処方になっています。

ローヤルゼリーエキス・馬油・ガゴメコンブ・センブリエキス・グリチルリチン酸2kなど、有効成分もたっぷり含まれています。

育毛トニックは、どのような使い方をしたら効果的なのでしょうか?

毎日使用するものですから、間違った使い方をして効果が感じられないのは勿体ない! 使うタイミング回数など、注意点をご説明します。

基本は洗髪後、タオルドライをした後がオススメ!

基本的に育毛トニックを使うタイミングは、夜の洗髪後が良いでしょう。

洗髪してタオルドライをした後は、頭皮の汚れや皮脂がとれている状態。 しかも頭皮は適度に湿って柔らかくなっており、育毛トニックの成分が浸透しやすいのです。

育毛トニックは、ドライヤーで乾かす前に使うのがベストです!

塗布をしたら地肌にもみ込むようにマッサージするのがポイント!

多くの育毛トニックはスプレー式になっています。 頭皮に直接スプレーした後、すぐに指の腹で優しく頭皮に揉み込むと良いでしょう。

揉み込む際には、髪の生え際から頭頂部に向かって、らせん状に揉み込んでいくと効果的ですよ。

仕上げに、指の腹で頭皮をトントンとタッピングして終了です。

使用回数はどのくらいがベスト?

使用回数は朝のスタイリング前夜洗髪してタオルドライした後の2回が基本。

育毛トニックは「頭皮の化粧水」と捉えるとわかりやすいかもしれません。 化粧水も、朝と夜の洗顔後に使いますよね。

ただし、朝起きた時に特に頭皮のベタつき等は気にならないという人は、夜の1回だけでも構いません。 自分の頭皮状態を良く観察して、使用回数も調整していきましょう。

育毛トニックの効果的な使い方は?
育毛トニックの効果的な使い方は?

使うタイミングや回数が大切!

頭皮のベタつきやフケなど、頭皮環境を改善したい人にとっては、育毛トニックは強い味方になってくれそうです。

ただし、育毛トニックがかえって頭皮の刺激となってしまっては本末転倒。 選ぶ際には、頭皮に優しいノンアルコールの育毛トニックを選ぶようにしてくださいね!