目次

  1. 頭皮がかゆい…その原因はもしかしたらダニかもしれません
  2. 頭皮に棲むダニってどんなものなの?
  3. 頭皮のダニが増えると危険!引き起こされる症状とは?
  4. 頭皮にダニが増えてしまう原因は【皮脂】
  5. 頭皮のダニはどうすれば駆除・対策できるの?
  6. 頭皮のかゆみの原因はさまざま!皮膚ダニとうまく付き合おう
頭皮がかゆい!
頭皮がかゆい!

その原因は、「皮膚ダニ」かも!?

「頭皮がかゆい…」

その原因は、もしかすると頭皮に棲む皮膚ダニにあるかもしれません!

通常、人の頭皮には何万匹もの皮膚ダニが棲んでいるといわれています。

けれど、それが異常繁殖することで、頭皮にさまざまなトラブルが…。

そこで今回は、頭皮に棲む皮膚ダニについて、その症状や対策方法をご紹介します。

皮膚ダニがもつ大切な役割についてもご紹介するので、ぜひ最後までお読みくださいね!

皮膚ダニ、またの名をデモデクス…?
皮膚ダニ、またの名をデモデクス…?

名前だけ聞くと恐ろしい。でも、人間と「共存関係」にあるんです。

皮膚ダニは顔や頭皮に多いため、顔ダニとも呼ばれます。

およそ97%の方の皮膚に、この皮膚ダニが棲んでいるといわれています。

ダニが頭皮にいると言われるとぞっとする方も多いかもしれませんが、実はこの皮膚ダニは頭皮で重要な役割も担っているのです。

それが、皮脂の除去

皮膚ダニは、皮脂をえさとしているため余計な皮脂を食べ、頭皮環境を整える一旦を担っているのです。

つまり皮膚ダニが頭皮から一切いなくなると、頭皮がベタついたり皮脂による臭いが発生してしまうということ。

ただ、異常繁殖してしまうと、頭皮トラブルの原因にもなるのもまた、皮膚ダニの特徴。

皮膚ダニの学名はデモデクスといい、その種類は2種類にわかれています。

  • 皮脂腺にひそむデモデクス・ブレビス
  • 毛根にひそむデモデクス・フォリキュロラム

皮膚ダニが顔や頭皮に増えすぎると、どのような危険性があるか。

それぞれのダニについて、見ていきましょう。

頭皮にダニが増えるとどうなる…?
頭皮にダニが増えるとどうなる…?

赤み、かゆみ、ニキビ、抜け毛…ダニはさまざまな症状を引き起こします。

デモデクス・ブレビスによる症状

デモデクス・ブレビスの過剰な繁殖は、お肌にさまざまなトラブルを起こします。

デモデクス・ブレビスの繁殖によって引き起こされる症状は4つ。

  • 1:乾燥
    皮膚ダニのエサは皮脂。ダニが増えすぎると、皮脂や栄養がどんどん食べられていき、顔や頭皮が乾燥。肌のツヤや透明感が奪われてしまいます。

  • 2:赤み・かゆみ
    乾燥した肌は外部からの刺激に弱くなり、炎症・湿疹を起こします。炎症・湿疹は赤みやかゆみをもたらします。

  • 3:ニキビ
    皮膚ダニが大量に発生することで、その排泄物や死骸で皮脂線がつまり、ニキビ菌の増殖を招いてしまいます。

  • 4:におい
    ダニの排泄物や死骸が積もり、頭皮の毛穴がつまると、いやなニオイが発生してしまうことがあります。

デモデクス・フォリキュロラムによる症状

デモデクス・フォリキュロラムは、異常繁殖すると抜け毛や薄毛を引き起こすとされています。

毛根をすみかにするデモデクス・フォリキュロラムは毛根の壁に穴をあけ、栄養を吸い取ってしまうのです。
それにより毛根が傷ついたり、髪の発育に必要な栄養が奪われると、抜け毛が引き起こされるおそれが。

また、デモデクス・フォリキュロラムは、肌の新陳代謝に必要な栄養をも吸い取ってしまいます。
肌にもダメージを与えるというわけですね。

こうした症状を引き起こすデモデクス・フォリキュロラムが異常に繁殖すると、抜け毛の増加や肌荒れが悪化するといえるのです。

特に、ニキビのようなブツブツができて肌が赤らむ酒さと呼ばれる皮膚疾患に、このタイプの皮膚ダニの過剰が関係している可能性が考えられます。
皮膚ダニが多いと炎症や皮脂腺づまりが起き、それが酒さにつながるという研究もあります。(注1)


注1:酒さにおける皮膚ダニの個体数(英字)

皮脂が多いと、頭皮のダニも増えてしまいます!
皮脂が多いと、頭皮のダニも増えてしまいます!

ほか、ステロイド剤の使用もダニの増加につながります。

ダニが頭皮で異常に繁殖すると、頭皮の健康が損なわれ場合によっては脱毛さえ生じることがわかりました。

これらの症状を引き起こす、頭皮のダニの異常繁殖。

その最大の原因は、皮脂が多すぎることにあります。

ダニのえさである皮脂が増えれば、当然ダニもどんどん増えていくのです。

ダニの繁殖を促してしまう皮脂が増える理由は以下。

  • 皮脂の洗い残し
  • 頭皮の乾燥による皮脂の過剰分泌
  • 脂っこい食事による皮脂の過剰分泌
  • 睡眠不足やストレスによる皮脂の過剰分泌

つまり、不要な皮脂が頭皮に残されていたり、過剰に分泌される原因を作ることが、ダニの繁殖を促してしまうということですね。


また、ステロイド剤を長期にわたり使用していると、皮膚の免疫力が落ち、ダニが増えるともいわれています。

頭皮のダニ、具体的にどう対処すれば?
頭皮のダニ、具体的にどう対処すれば?

実践ガイドです。

では具体的に、頭皮のダニはどうすれば駆除できるのでしょうか?

また、頭皮のダニの増加には、どのような対策が効果的なのでしょうか?

それぞれの具体的な方法について、ご紹介していきますね。

駆除なら「皮膚科」

頭皮に強いかゆみや赤みがある場合は、皮膚科を受診しましょう。

ダニの繁殖が過剰でが原因で、かゆみや赤みが出ている可能性があります。

また、皮膚ダニは非常に小さいため、かゆみや赤みの原因を自分で判断することはできません

仮にダニが原因でなくても、頭皮のかゆみや赤みが強い場合は、頭皮が何かしらの異常を起こしていると考えられます。

そのため、頭皮がかゆい、頭皮に赤みが出ているなど、わかりやすい症状が出た場合はひとまず専門の方にみてもらうというのがおすすめですよ。

もし、原因が皮膚炎やニキビであった場合は保険診療の対象ですので、皮膚科を第一の選択肢にしましょう。

今日からできる対策

ダニが増える前に、なんとか対策をしたいという方のための対策を4つに分けて、ご紹介しますね。

  • 1:シャンプーは寝る前に行う
    頭皮のダニは夜行性。寝る前の洗髪をおこたるとダニが行動する時間帯に皮脂が多い状態になってしまいます。つまりダニにとっては「エサが大量にある」状態。余分な皮脂を落としてから寝るようにしましょう。

  • 2:脂っこい食事を控える
    脂肪過多の食生活を続けると、皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。頭皮のダニに余計な「ごちそう」を与えないように、脂っこい食事はほどほどにしょうね。

  • 3:十分な睡眠をとり、ストレスを解消する
    睡眠不足やストレスはホルモンバランスの乱れを招き、ダニのエサとなる皮脂を増やしてしまいます。夜よく眠り、ストレスをためないこと。日々の心がけが大切ですよ。

  • 4:寝具を清潔にする
    布団やマクラを不潔にしていると、皮膚ダニとはまた別の種類のダニがわき、かゆみの原因になってしまうおそれがあります。定期的に洗濯・天日干しをして、寝具を清潔に保ちましょう。

頭皮のダニとうまく付き合おう
頭皮のダニとうまく付き合おう

頭皮にいる皮膚ダニは、決して悪いものではありません。けれどその異常繁殖は頭皮トラブルの原因。

今回は、頭皮にいる皮膚ダニの役割と、皮膚ダニの異常繁殖による症状をみてきました。

適度な量の皮膚ダニであれば、頭皮の皮脂を食べ頭皮環境を整える役割をしてくれます。

けれど皮膚ダニが増えると、かゆみや赤み、炎症・湿疹、さらには抜け毛など、頭皮や髪にとってかなり重要な症状がでることがわかりました。

押さえておきたいポイントはふたつ。

かゆみや赤みが出たときは、皮膚科で診断してもらうこと。
皮膚ダニが異常繁殖しないように対策をすること。

皮膚ダニがいることにはメリットもあります。

頭皮を清潔にして、うまく付き合っていきましょう!