目次

  1. 温泉と薄毛対策効果は関係ある?頭皮おすすめな入浴方法は?
  2. 薄毛対策を期待できる温泉は存在するの?
  3. お風呂と温泉に違いはあるの?
  4. 薄毛に効果的と言われる温泉の成分は?
  5. お風呂で温泉のような薄毛対策効果を期待することはできる?
  6. 薄毛に効果的な自宅での入浴方法は?
  7. 普段の入浴を工夫して簡単頭髪ケア!

温泉には腰痛や肩こりを緩和したり、神経痛や関節痛に効果が規定できるなど泉質によって様々な効能がありますよね。 と、いうことは、そう!薄毛に効果が期待できる温泉があってもおかしくありません。 とは言え毎日温泉に行くことはほぼ不可能ですよね。 そこで、家で出来るおすすめな入浴方法も一緒にご紹介しちゃいます!

普通に入浴するだけじゃダメ?
普通に入浴するだけじゃダメ?

家庭でも温泉と同じ様に入浴すれば、薄毛対策効果が得られる!?のでしょうか。

それではさっそく本題「薄毛対策効果が期待できると言われる温泉は存在するのか」についてです。

簡単に言ってしまえば答えは「YES」。

薄毛対策の効果が期待できると言われている温泉は存在しています。 しかしその温泉に入ったからすぐに毛が生える! なんて魔法のようなことは残念ながらありません。

寒くなるとお風呂や温泉が恋しくなりますね。 私たちの生活と切っても切れないお風呂ですが、温泉とは何が違うのかご存じですか? ”あったかいお湯に入る”という行動は同じなのに、どうして名前が違うのでしょうか。 それはやはりお湯の成分が違うから。 お風呂は水道水を沸かしたもの。 温泉は法律で定められた成分が一定量以上含まれていて、地中から湧き出した25℃以上のお湯のことを指しているのです。

水道水よりもミネラルが多い!
水道水よりもミネラルが多い!

水道水にもミネラルが含まれていますが、温泉には水道水よりもっと多くのミネラルが含まれています。 ミネラルも育毛に関係するのでしょうか?

それではここからは、薄毛に関係する温泉についての詳しい情報をお伝えしていきますね。 一体どんな成分の温泉が、薄毛に効果をもたらしてくれると言われているのでしょうか。

髪に嬉しい酸性成分の温泉!

温泉の成分にはアルカリ性・中性・酸性などかありますが、髪の毛に嬉しいとされているのは酸性成分の温泉、つまり酸性泉です。

日本で有名な酸性泉と言えば、秋田の玉川温泉や群馬の草津温泉が挙げられます。 酸性泉には薄毛対策が期待できるIGF-1という成長因子の濃度をあげる効果があるそう。 すると頭皮内にある毛母細胞が活性化し、頭皮が元気になるのです。

また酸性泉である炭酸泉はその「泡」が血行を促進する点でも、頭皮に良いとされていますよ。

血行促進効果のある硫黄泉も効果的

さらに同じ酸性泉である硫黄泉も頭皮に嬉しいと言われています。 硫黄泉は動脈を広げる効果があるので、血行が促進されます。頭皮の血行も良くなることが期待されるので薄毛にも良いのです。

しかし、血行が良くなるからと言って、温泉のお湯で洗髪をすることは避けましょう。 温泉の成分は髪の毛の内部構造を破壊しやすいので、薄毛の原因を増やしてしまうことになりかねません。

各地域の温泉の他スーパー銭湯などでも代用できる!?

有名な酸性泉や硫黄泉の温泉が自宅のすぐ近くにあればいいですが、そうではないことのほうがほとんど。 それでも、温泉はないけど近隣にスーパー銭湯など日帰り温泉施設がある人は多いのではないでしょうか。 最近の日帰り温泉施設では、ワイン湯など趣向を凝らした色々なお風呂が楽しめますが、その中でも炭酸風呂として炭酸泉を扱っている施設も数多くあります。 本場の温泉に比べたら期待できる効果は弱まるかもしれませんが、お風呂に浸かって血行を良くすること自体が頭皮にとっては良いこととされているので出かけてみる価値はあるでしょう。

肌の弱い方はちょっと待った!
肌の弱い方はちょっと待った!

頭皮に嬉しい!と紹介してきた酸性泉。 しかし、酸性の濃度が高いと皮膚の弱い方には刺激が強すぎて、赤くなったりただれたりする場合があるので注意して下さいね。

お風呂にも温泉にも、共通することがあります。 それは、入ると身体が温まるということ。 つまりどちらも入浴するだけで血行促進されるんですね。 しかし水道水を使う家庭でのお風呂には温泉のような効能がありません。

温浴と水浴びを交互に行うことで血行が良くなる!?

この方法は疲労回復の手段としても知られていますが、交代浴という入浴方法です。 まず、湯船につかります。 その後、湯船からあがり、水のシャワーをかけます。そしてまた湯船に入る…という行動を繰り返すのです。 こうすることで血管の拡張と収縮が交互に行われるので、血液を送り出すポンプとしての役割が活発になり血行が促進されるとされているのです。

より温泉に近づけたい人には入浴剤の使用がオススメ

自宅で交代浴をするときに使用すると良いもの。それは入浴剤です。 ○○温泉の素というような名前のものや、発汗作用のあるものなど色々な種類の入浴剤がありますよね。 天然の温泉にはかないませんが、入浴剤にはそれに似た成分が含まれているので、温泉に入った時と同じ様な効果を得ることが期待出来るのです。

温泉には行けないけれど、手軽に温泉の効果が楽しめる入浴剤、ぜひ試してみて下さいね。

交代浴は疲労回復にも役立ちます!
交代浴は疲労回復にも役立ちます!

少しの手間ですが、やってしまえば疲労回復と育毛の一石二鳥なんです。

先ほどご紹介した交代浴のように、自宅で出来る頭皮に嬉しい入浴方法は他にもあります。 ただ入浴するだけでなく、湯船の温度や入浴時間など少し気を付けてほしいことをここではお伝えしていきますね。

高温よりもぬるめの温度でゆっくりと体温を上げる

寒い季節になると熱めのお湯につかって早く温まりたくなりますよね。でもその行為、実はあまりよくないと言われています。 熱いお湯で一気に体温を上げてしまうと、血管の収縮が追い付かず心臓に負担がかかります。体温を乱高下させることで代謝が低下してしまい、頭皮だけでなく身体全体の負担が大きくなってしまうのです。

ぬるま湯ならば緩やかに体温が上がっていくので、心臓や血管に負担をかけることなく代謝を上げることが出来ますから、育毛にも効果的と言えますね。

リラックスできる入浴環境が身体にも精神的にも良いって本当?

熱いお湯での入浴は、血管や心臓など身体自体に大きなストレスを与えてしまいます。 お風呂といえばリラックスするには最適な場所なのにそんなのもったいないですよね。 ですから、心も身体もリラックスできる温度、つまり少しぬるめのお湯で、ゆっくり落ち着いて入浴することが一番大切。

ぬるま湯で半身浴しながらのんびり読書…なんて出来たらとっても理想的、と言えますね。

効果的な入浴には、ぬるく感じる温度で入浴は長時間が理想

熱いお湯に慣れてしまっていると、ぬるいお湯では物足りなく感じるかもしれません。 しかし、熱いお湯ですとすぐに身体が温まってしまい長時間入浴することが出来ませんし、湯船から出たあとに体温が低下するのも早くなってしまうのです。

では緩やかに体温を上げていくにはどうしたらいいのでしょう? それがぬるま湯に入ることなのです。

いつもよりぬるく感じるくらいの温度で長時間入浴できるように普段から心がけましょう。

頭皮の為に!
頭皮の為に!

熱いお湯につかってサっと上がると時間短縮。 ぬるめのお湯に長時間つかって頭皮に嬉しい。 あなたならどっちを選びますか?

自宅での入浴は、天然温泉にはかないません。 しかし、少しの手間と工夫で温泉と同じようにリラックスできる空間を作り出すことは出来ます。 薄毛にはストレスは厳禁ですし、普段の入浴時間をリラックスタイムにしてノーストレスで簡単に頭髪ケア出来るといいですね。