目次

  1. 髪でお悩みの高校生必見!フケや抜け毛を防ぐ方法まとめ
  2. そもそもフケや抜け毛ってどうして起こるの?
  3. 放っておくと抜け毛に?高校生に多いフケの原因とは
  4. 高校生必見!どうやったらフケや抜け毛を防げるの?
  5. フケは頭皮からのSOS!抜け毛になる前にしっかりとケアして綺麗な髪へ
  6. 高校生のフケや抜け毛を防ぐのにオススメのシャンプーは?

高校生ともなれば、男子も女子もファッションには磨きをかけていきたいお年頃。 でも、洋服やお化粧には自信があるけど、実は最近髪の毛の悩み、特にフケや抜け毛が気になっている…そんな人はいませんか? 若い高校生だからといって油断大敵、将来のハゲの元になるかもしれないフケや抜け毛を防ぐ方法をまとめました!

高校生でも、フケや抜け毛は起こります!
高校生でも、フケや抜け毛は起こります!

今から正しい知識を身に付けておきましょう。

フケや抜け毛は、おじさんの悩みの代名詞と思われがちですが、実は男性か女性といった性別、また年齢に関係なく起こりうるものです。 もちろん高校生も例外ではありません。 でも、そもそもフケや抜け毛はなぜ起こるのでしょうか?

フケや抜け毛のメカニズムとは?
フケや抜け毛のメカニズムとは?

対策を知るには、まず原因を知ることが大事です。

フケの出ている状態ってどんなもの?

フケとは、髪の毛の上にポツポツと浮いて出てくる白っぽいごみのようなものです(男子高校生の方であれば、学ランだと目立つことがありますよね)。 ちなみに漢字では「頭垢」と書きます。

見た目にも不潔なイメージがありますし、字面も頭の”アカ”とは、いかにも汚いもののような印象がありますが、フケとはいったい何なんでしょうか? こいつの正体はズバリ、「頭皮から剥がれ落ちてきた角質細胞」と言われております。

なぜフケが出てしまうの?

では、なぜ頭皮から角質細胞が剥がれ落ちてフケになってしまうんでしょうか。 その理由は実に様々です。 必要以上に力を込めて洗髪をしているといった単純な外的要因も考えられますし、冬の季節に頭皮が乾燥してしまうことなどもフケの原因になりえます。 また、睡眠不足や食生活の乱れなど不規則な生活習慣も、フケを引き起こすことがあるんです。

抜け毛はフケの進行によって起こりやすくなるって本当?

フケと同時に、抜け毛も気になっている高校生の方はいませんか? フケと抜け毛はどういう関係にあるんでしょうか。 フケの原因が様々あることは説明した通りですが、そもそもフケが起こりやすい頭皮の状態とは、過剰に乾燥していたり、あるいは逆に、皮脂が多すぎたりすることが多いです。

実は、このような状態はいずれも発毛を阻害する状態でもあります。 フケの多い頭皮とは、つまり抜け毛も進行しやすい頭皮でもあるといえるんです。

高校生のように若い人たちは新陳代謝が活発です。 それは言い換えると、頭皮や髪の毛の成長サイクルが絶え間なく起こっているということなので、必然的にフケも起こりやすい状態となっているとえます。

つまり、ちょっとしたきっかけが加わるだけで、頭皮はぽろぽろと剥がれてしまうのです。 ゆくゆくは抜け毛を引き起こしかねない、高校生に多いフケの原因について解説します。

フケと抜け毛には密接な関係があります
フケと抜け毛には密接な関係があります

陥りやすい原因を把握しておきましょう!

ストレスによるもの

高校生ともなると、大学受験に向けた勉強のプレッシャーがますます強くなることに加え、家庭や部活動、あるいはアルバイトでの人間関係に悩まされる人も多いでしょう。 でも、そのような高校生特有のストレスは、頭皮には大敵なんです。

ストレスはホルモンのバランスを乱し、頭皮の皮脂を過剰に分泌させてしまったり、また頭皮を緊張させ、血行の阻害を引き起こしたりします。 このような頭皮のコンディションの悪化は、フケを発生させやすくしてしまうのです。

間違ったヘアケアで頭皮にダメージを受けている場合

男子も女子も、ますますオシャレに気を遣う年頃となってくるのが高校生です。 シャンプーにこだわりがある人も多いでしょう。 でもそのシャンプーも、気を付けて選ばないとフケの原因になってしまいます。 特に注意したいのが、泡立ちがよすぎるシャンプーです。

泡立ちがよいというのはつまり洗浄力が高いということですが、頭皮への刺激が強すぎると、皮脂を必要以上に奪う=頭皮を乾燥させてしまうことになりかねないんです。 そして、頭皮の乾燥はフケを引き起こします。

ヘアケア剤が体質と合っていない

シャンプー以外にも、リンスやコンディショナー、ヘアパックなど様々なヘアケア剤がありますが、自分の体質、特に頭皮の性質に合ったものをきちんと選んでますか? 例えばアトピー体質の方だと、タンパク質成分を含んだヘアケア剤を使用してしまうと、アレルギー反応を引き起こしてしまうこともあります。

これは少々極端な例ですが、体質に合わないヘアケア剤は頭皮の状態を悪化させ、フケや抜け毛を誘発する可能性があります。 かゆみなどの自覚症状がある場合は、ただちに使用を中止し、必要に応じて医師に相談しましょう。

ヘアメイクや整髪料などを洗髪時にきちんと落とせていない

ワックスやジェルなどでヘアスタイルをばっちり整えるのもよいですが、気を付けたいのは洗髪時です。 整髪料などをきちんと洗い落とせないと、頭皮の毛穴が目詰まりを起こし、皮脂がたまってしまうことがあります。 乾燥と同様、過剰な皮脂も頭皮の大敵。 フケや抜け毛を防ぐために、整髪料を付けたときは、一日の最後には十分に落とすようにしましょう。

今まで説明してきた通り、高校生は体のサイクルや様々な環境の要因などからフケや抜け毛を引き起こしやすい年頃であるといえます。 でも安心してください、フケや抜け毛を予防する有効な対策はきちんと存在します。

フケや抜け毛を防ぐ方法は?
フケや抜け毛を防ぐ方法は?

正しい方法をお伝えします。

まずはシャンプー剤の見直しを!

上にも書いた通り、刺激の強すぎるシャンプーは頭皮から皮脂を奪い、乾燥を招いてしまうことがありますので、なるべく頭皮に優しいシャンプー剤を選びましょう。 具体的には、「植物性アミノ酸」由来の洗浄成分がいいとされています。 高校生のあなたも、シャンプー剤を選ぶときはその成分に注意するようにしましょう。

シャンプーのしすぎは逆効果!1日1回夜がオススメ。

シャンプーをする際は、成分だけではなく、「頻度(回数)」にも気を付けるようにしましょう。 というのも、一日で何回もシャンプーをしてしまうと、これも頭皮から皮脂を奪う原因となってしまうからです。

なのでシャンプーは、基本的には1日1回、夜に行うようにしましょう。 朝シャンが好きという高校生の方ももちろんいるでしょうが、1日の間で溜まった皮脂を夜の時間帯にずっと持ち越してしまうことになるので、フケヤ抜け毛を予防するという観点からは、朝シャンはあまりおススメできません

洗髪後はタオルとドライヤーで早めに乾かそう

シャンプーをした際は、その後のケアも大事です。 特に、髪の毛は湿ったままにせず、タオルとドライヤーを使いなるべく早く乾かしましょう。 湿ったままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなったり、頭皮が冷えて血流を阻害したりと、髪の毛に与えるダメージが大きくなり、フケや抜け毛を誘発してしまうのです。 男子高校生で髪が短い方などはついついドライヤーをおろそかにしがちですが、要注意です。

フケや抜け毛への対策を学びましょう!
フケや抜け毛への対策を学びましょう!

正しい予防策を講じれば、フケや抜け毛は未然に防げます。

髪が傷んでるなと思ったら、整髪料は控える

髪の毛がパサついていたり、枝毛が増えているなと感じたら、頭皮や髪の毛にダメージが溜まっている証拠です。 そのような際にワックスやジェルなどの整髪料を使用してしまうと、さらに頭皮や髪の毛に過剰な刺激を与えてしまいかねませんので、極力使用は控えるようにしましょう

規則正しい生活と食習慣を心掛ける

高校生の皆さんにとって、フケヤ抜け毛を防ぐのに何より重要なことは、規則正しい生活と栄養バランスの行き届いた食事を摂ることです。 睡眠不足や栄養の偏りは、頭皮の血行不良等を引き起こし、フケヤ抜け毛を招きやすくなります。 勉強や部活、恋愛と、青春の真っただ中で高校生も何かと忙しい時期ですが、髪の毛と体全体の健康のために、生活習慣全体が乱れないよう注意しましょう!

いかがでしたでしょうか。いくら若い高校生の方でも、フケヤ抜け毛は起こりえます。 それを防ぐためには、 ・シャンプー(成分・頻度)に注意する。 ・適切なヘアケアを行う。 ・規則正しい生活とバランスの良い食事を心掛ける。

以上のようなことに配慮することが大事です。 一度しかない高校生時代、めいっぱい楽しむためにも、ぜひ髪の毛のコンディションにも十分気を配ってくださいね!

今回はハゲラボでも人気のウーマシャンプープレミアムをご紹介します。 医薬部外品のウーマシャンプーは、ノンシリコンかつ鉱物油・香料・着色料無添加の頭皮にやさしいシャンプーです。気になる方は一度公式サイトをチェックしてみてくださいね! 少し変わった名前の理由も納得できますよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。