目次

  1. 高校生で生え際が後退…治るの?
  2. そもそもそれって本当に生え際の後退?
  3. 高校生の生え際後退の原因と対策
  4. 正しいケアで生え際の後退を対策しよう!

まだ高校生なのに生え際が後退してきた…なんて人、いませんか?

おしゃれをしたい年ごろですし、人目が気になって憂鬱になりますよね。

「まだ若いのになんで髪の悩みなんて」、と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、高校生の生え際後退の原因と対策をご説明していきます。

そもそも「生え際の後退」とは、どういう状態をいうのでしょう?

高校生は外見を気にし始める年ごろなので、もともとおでこが広いだけの人でも、生え際の後退を疑ってしまうことがあるかもしれません。

ということは、まずは自らの生え際が本当に後退しているかどうかを知る必要がありますね。

とはいっても、おでこの形や広さは人によって違うので、「ここからハゲ」という基準はありません。

確実なのは、定期的におでこや剃りこみの長さを計って、薄毛が進行しているかどうかを確認することです。

生え際が写っている中学時代の写真と見比べてみるのもいいかもしれませんね。

それでは次の章から、生え際の後退の原因と対策を本格的に見ていきましょう。

それではいよいよ、高校生の生え際後退の原因と対策をご説明していきますね。

順番にみていきましょう。

①AGA

まず1つ目の原因はAGAです。

AGAとは男性型脱毛症とも呼ばれる、思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状のこと。

前頭部や頭頂部から薄毛が進行するのが一般的なので、生え際後退の原因として考えられますね。

AGAの多くは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が髪の成長サイクルを乱すことによって引き起こされます。

また、生活習慣の乱れやストレスによって引き起こされるケースもありますよ。

男性の薄毛の95%はAGAといわれているので、高校生の生え際後退の原因も、高い割合でAGAといえます。

育毛剤で対策しよう!

まずおすすめするのは育毛剤

「育毛剤なんて大人が使うものじゃ…」
そうお思いの方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし、育毛剤には…

  • 育毛(今ある毛を丈夫に育てる)

  • 発毛促進(新しい毛を生やすよう働きかける)

  • 脱毛予防

  • フケ・かゆみの抑制

こういった効果が正式に認められています。

正直、シャンプーを変えたり、食事を変えても、毛が太くなったり生えたりはしません…。

効果が認められている商品で、早いうちからしっかり対策をとりましょう!
気になった今が始めどきですよ。

  • 価格:7,400円※
  • 内容量:120ml (1ヶ月分)

チャップアップはヘアラボで一番売れている育毛剤。

もちろん高校生でも多くの方が使用しています。

効果が認められている有効成分や天然由来成分が、髪・頭皮に働きかけ、薄毛改善に期待が持てます。

永久返金保証という制度があり、商品が気に入らなかったらいつでも返金してもらえます。

※価格は2017年8月時点の税込価格です。

②誤ったヘアケア・頭皮ケア

2つ目の原因は誤ったヘアケア・頭皮ケアです。

高校生になると、ワックスなどのスタイリング剤や、カラーリング・パーマをしているという人、多いと思います。

ですが、それらの使い方や方法が誤っていると薄毛の原因になることがありますよ。

具体的にいうと、スタイリング剤のつけすぎや洗い残し、パーマ・カラーリングのしすぎは頭皮環境の悪化を招くことがあります。

髪の毛は頭皮から栄養をもらって成長するので、頭皮環境が悪化してしまうと健康に育たなくなることがあるんですよ。

というわけで、ヘアケアにも気を使う必要があるんですね。

ヘアケアを改める

ヘアケアに関しては、髪や頭皮に優しく、という部分を意識して改めていきましょう。

スタイリング剤は、つけすぎたり頭皮につけてしまうと毛穴詰まり・洗い残しの原因になります。

なるべく髪の毛だけにつけるようにして、洗髪の際にしっかり洗い流すことが大切ですね。

パーマやカラーリングはセルフでやるのではなく美容室を利用するようにし、頻度も抑えたほうがいいですよ。


正しい頭皮ケアに関して、詳しくご説明した記事を載せておきますね。
気になった人は、参考にしてみてください。

③食生活の乱れ

3つ目の原因は食生活の乱れです。

高校生あたりから、少しずつ外食が増えたという人、多いのではないでしょうか?

ですが、外食でバランスの悪いものばかり食べていると、それが薄毛の原因になることもありますよ。

髪の毛は、普段の食事で摂取された栄養をもとに作られますからね。

特に、髪の主成分であるタンパク質や、タンパク質を髪の毛に変えるビタミン類・ミネラルの3つは重要ですよ。

バランスのいい食事を意識する

食生活の乱れが薄毛に影響している場合、シンプルにバランスの良い食生活を送る対策をおすすめします。

具体的には、先ほどあげたタンパク質・ビタミン類・ミネラルの3つを意識的に摂取していくことが大切ですね。

④ストレス

4つ目の原因はストレス

まだ若いとはいえ、受験勉強や部活など、ストレスを感じることもありますよね。

ですが、過度のストレスを受けると、頭皮を含む身体の血行が悪くなりますよ。

髪の毛は血流から栄養を受け取るので、頭皮の血行が悪くなると、満足に成長できず薄毛を招くことも…。

ストレスを解消する

ストレスの対策もシンプルで、ストレス解消です。

そもそもストレスを溜めないことが重要ですが、それは難しいですよね。

なので、定期的に解消できる場を設けましょう。

高校生のみなさんでいうと、友達とカラオケに行ったり、軽く身体を動かしてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?

高校生で薄毛の悩みは深刻なものですが、しっかりと対策をすればきっと改善されますよ!

ただし、そこには正しい知識が必要です。

正しいケアで、生え際の後退を対策していきましょう!