目次

  1. 頭にシラミを見つけてしまった...どうすればいいの!?
  2. アタマジラミとはどのような症状なのか?
  3. アタマジラミが繁殖する原因
  4. アタマジラミが繁殖した場合の対策
  5. アタマジラミに感染しないための予防法
  6. アタマジラミ対策の注意点
  7. 正しいアタマジラミ対策を徹底しましょう

「最近なんだか頭が痒い...」
「髪の中をよく見ると虫のようなものが!?」

このようなことを感じているあなた、もしかすると頭にシラミが繁殖しているかもしれません。

陰部に感染する毛ジラミをはじめ多くのシラミが存在する中、「アタマジラミ」に感染する人は少なくありません。

そこで今回は、ヘアラボ編集部がアタマジラミによる症状、原因から対策、予防法まで網羅的に解説していきます!

すでに感染が発覚していて先に対策方法が知りたい!という方は、「>>本記事の後半」をチェックしましょう。

さて、まずは頭にシラミが感染しているのはどのような状態なのかを解説していきます。

ヒトの頭にだけ繁殖する「アタマジラミ」

頭にシラミが感染している症状は、アタマジラミ症の可能性が高いです。

アタマジラミ症とは、その名の通り「アタマジラミ」というシラミが人間の頭に感染する症状。

陰部に感染する毛じらみとは異なり、人間の頭以外を生活圏とすることができないことが特徴。

シラミが頭皮の血を吸うため、痒みに襲われ、かきむしると炎症になってしまいます。

成虫は全長2~4mm程度で、普段の生活の中ではなかなか見つけて気づくことが少ないです。

次に、アタマジラミが繁殖する原因について解説していきます。

どうして頭にシラミの卵が付着してしまうのでしょうか?

その原因を大きく分けると

  • 接触感染
  • 間接感染

の2つの種類があります。

接触感染

まず1つ目は、「接触感染」について。

接触感染とは、アタマジラミに感染している患者の髪の毛と触れた際に感染すること。

基本的には、通常の対人距離を保っていれば感染することは少ないですが、小児同士や家族間のように接触頻度が高い場合に感染することが多いよう。(参照1)

特に小学校のプールの季節などに報告される件数が増えるとのことです。


参照1:
ふたばクリニック「現代社会に適応しやすい病原体:アタマジラミ感染症」

井上哲男(2003)「毛髪の話」

間接感染

2つ目は、「間接感染」について。

接触感染とは異なり、髪と髪ではなくもモノを介した間接的に接触によって感染すること。(参照2)

アタマジラミの症状に感染している人が使用した布団やタオルを介して感染することがあるようです。

アタマジラミは人間の頭の上でのみ生存可能ですが、体外へ離れても2~3日は生きることができます。

なので、布団やタオルをはじめ、ぬいぐるみや床に一時的に付着しているアタマジラミが感染することもあるんですよ。


参照2:ふたばクリニック「現代社会に適応しやすい病原体:アタマジラミ感染症」

ここでは、アタマジラミに感染した時の5つの対策方法を紹介します。

皮膚科へ相談する

アタマジラミを発見したら、まずは皮膚科へ相談しましょう。

現在の症状の状態を診断して正しい対策方法を教えてくれますよ。

自分自身が感染していないと思っても身近に感染している人がいたら、相談してみるのも良いでしょう。

気づかぬうちにアタマジラミの卵を産み付けられている可能性があります。

早めの予防も兼ねて相談してみましょう。

スミスリンシャンプーを使用する

除虫効果のあるスミスリンシャンプーを使用することもおすすめ。

スミスリンシャンプーとは、キンチョールや虫コナーズなどの除虫商品を複数販売している大日本除虫菊株式会社が提供している、シラミ駆除用の医薬品

除虫効果のあるフェノトリンを使用しています。

アタマジラミや毛じらみを駆除する効果を期待することができ、シラミ対策で一般的に使用されます。

髪を短くする

アタマジラミは人間の髪の毛に生息するので、髪の毛を短くすることで駆除することもできます。(参照3)

アタマジラミが生存できないよう、5mm以下程度の短さにすると良いでしょう。

髪の毛の根本から5mm~10mmの場所に産卵するので、アタマジラミにとって生きづらい環境となります。


参照3:わかばひふ科クリニック「アタマジラミ」


クシでとる

アタマジラミに感染したら、取り急ぎクシで駆除することも効果的です。

目の粗いものではなく、細かいものでブラッシングするとアタマジラミを捉えることができます。

特に、イメージ画像で紹介しているコームと呼ばれるものを使用するのがおすすめ。

寝具や絨毯の取り替え+部屋の掃除

アタマジラミを見つけたら、寝具や絨毯を取り替えて、部屋を掃除することも大事。

一緒に生活している人に感染しないように、自分自身に再感染しないように寝具や絨毯を取り替えて、こまめに天日干しにしましょう。

また、床にシラミが落ちていることもありますので掃除機をかけてください

もし、洗濯することが難しいぬいぐるみなどがある場合は、ビニール袋などで密封して5日間程度放置しておくと良いでしょう。

アタマジラミの症状や原因、対策まで解説してきました。

ここでは、アタマジラミに感染しないための予防法を解説していきます。

寝具や絨毯の取り替え+部屋の掃除

アタマジラミに感染する前でも、寝具や絨毯の取り替えや部屋を定期的に掃除することは重要です。

アタマジラミは人間の頭から離れても2~3日は生存するので、周囲から間接感染しないよう予防しておきましょう。

身近な人が感染したら自分も駆除活動を行う

もし、家族の誰かがアタマジラミに感染していたら、自分がまだ感染していないと思っても一緒に駆除活動を行いましょう

気づいていないだけで、すでにアタマジラミに卵を産み付けられていたり、髪の毛の奥に潜んでいる可能性があります。

スミスリンシャンプーを使ったり、くしでとかしてみたりするのが良いでしょう。

しっかり対策法も理解して、早速実践していきたいところかと思います。

しかし、ここで対策をする上で気をつけてほしいことが2点あります。

悲観的になりすぎない

自分や家族の頭にシラミが感染していると知ったら、ショックを受けますよね。

しかし悲観的になる必要はありません

アタマジラミは生活環境に関わらず、突然感染してしまうことがあるので誰でも起こりうる症状。

この記事でご紹介する方法をしっかり実践すれば、きちんと治ることを期待できます。

悲観的にならず、冷静に正しい対策をしていきましょう。

強く洗いすぎない

また、強く洗いすぎないよう注意することも大事。

頭にシラミが感染していると考えると、どうしても焦りなどから強く洗って落としてしまおうと考えがちですがNGです。

強く洗いすぎて頭皮に傷がついてしまうと、炎症が起きてしまう恐れがあります。

指の腹で優しく丁寧に洗ってあげましょう。

ここまで、アタマジラミによる症状や原因から対策、予防法までご紹介してきました。

大切なことは悲観的にならず冷静に対策をすること。

今回の記事で紹介した内容を参考に、みなさんのアタマジラミ対策のお役に立てたら幸いです。