目次

  1. 髪が薄くなってきた…今からできる対策・予防方法は?
  2. 【重要】まずは髪が薄くなった原因を知ろう
  3. 髪が薄いと感じたらすぐに取るべき対策・予防方法3選
  4. 対策・予防方法①育毛剤の使用
  5. 対策・予防方法②シャンプーや洗髪方法の見直し
  6. 対策・予防方法③生活習慣の改善
  7. 【注意】こんな症状の場合は、すぐに病院へ
  8. これ以上薄くなる前に!薄いと感じたらすぐ行動を

「抜け毛が増えてきた気がする…」
「以前と同じようなヘアスタイルが決まらない…」

このようなきっかけで、髪が薄くなってきたと感じてきた人は多いのではないでしょうか?

一般的に、薄毛・はげは早めに対策をとるべきと言われています。

とはいっても、他人に相談しづらく、具体的にどういった行動をしたら良いのか分かりづらいですよね。

そんなあなたのために、今回は『髪が薄いと思ったらとるべき対策・予防方法3選』をご紹介していきます。

この記事を読んで、髪の毛の悩みを解消していきましょう。

まずは、なぜ髪が薄い状態になってしまうのか?という原因を知りましょう。

薄毛と一言で言っても、その症状はさまざまです。ここで確認していきましょう。

男性に多い原因は『男性型脱毛症』(AGA)

「抜け毛の量が増えてきた…M字・つむじ部分が特に薄い…」

こういった心当たりがある男性には、『男性型脱毛症』、またの名を『AGA』と呼ばれる症状が引き起こっているかもしれません。

なんと、日本人男性の3人に1人がこのAGAであると言われるほど、代表的な薄毛の症状。
10代・20代と若い人でも発症します。

主に男性ホルモンが原因に大きく関わっており、遺伝やストレス、生活習慣が発症のきっかけとして考えられています。

女性に多い原因は『びまん性脱毛症』・『牽引性脱毛症』

「頭頂部が薄くなって、分け目が目立ってきた…」

このように感じている女性の場合、『びまん性脱毛症』という症状かもしれません。

20歳以上の脱毛症状の40%を占めるそうで、頭全体が薄くなるのが特徴的。

AGAと異なり、過度なストレス、産後の体調不良、代謝異常、ホルモン変化、ダイエット…など、数多くの原因が考えられています。


また、女性ならではの薄毛の症状として『牽引性(けんいんせい)脱毛症』という症状も考えられます。

これは、髪の毛を強く引っ張ったり、強く束ねることが原因で起こる脱毛症です。

ポニーテールなどのヘアスタイルや、ヘアアイロンを繰り返す女性によく見られます。

では、髪が薄くなってきたらどういった行動をとれば良いのでしょうか?

今回は対策・予防方法を以下の3つのステップに分類しましたので、これからそれぞれ解説していきます。

ヘアラボとしては、どれか一つではなく、すべてを並行して実践していくことをおすすめします。

ですので、順番にしっかり確認していってくださいね。


『育毛剤』と聞くと、つい抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、髪が薄いのを本格的に改善したいのならば、育毛剤を使うことをおすすめします。

育毛剤がおすすめな理由

医薬部外品の育毛剤は、「育毛、発毛促進、脱毛・抜け毛の予防、ふけ・かゆみの抑制」といった効果が正式に認められています。

具体的に、

  • 今ある髪の毛を丈夫に育てる
  • 髪を薄くなるのを防ぐ
  • 頭皮トラブルを改善する

こういった効果が期待を持てる商品です。

ネットなどで簡単に購入ができ、また人体への作用が緩和なため、意外と気軽に始められるのではないでしょうか?

髪が薄くて悩む【男性】におすすめの育毛剤

髪が薄くて悩んでいる男性におすすめする育毛剤は、『チャップアップ』という商品。

毎日数万人以上が訪れるヘアラボで最も購入者が多い育毛剤です。

  • 3種の育毛有効成分
  • 1本7,000円代と安価
  • 育毛剤初の永久全額返金保証

効果が認められているだけでなく、永久返金保証などの手厚いサポートも人気の秘密です。

もし育毛剤を検討しているなら「まずはこれ」と誰に取っても一番におすすめしたい商品となっています。

髪が薄くて悩む【女性】におすすめの育毛剤

髪が薄くて悩んでいる女性におすすめする育毛剤は、『ベルタ 育毛剤』

ヘアラボで人気の女性用育毛剤です。

  • 3種の育毛有効成分
  • 保湿や頭皮ケアを目的とした53種の天然由来成分
  • 90日間の全額返金保証

ハリ・コシや乾燥など女性特有の悩みに注目し、成分が厳選されているそうです。

敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌、そして妊娠中・授乳中の方でも使える点のが嬉しいポイント。

いま、髪の成長に関して重要視されているのが、「頭皮(スカルプ)ケア」

これは、頭皮は髪にとっての土台であり、頭皮が清潔でないとそこに健康的な髪は生えてこないという発想によるもの。

頭皮ケアにおいては、自分に適したシャンプーを選び、正しい方法で洗髪することが初めの一歩です。

例えば、フケが多くでたり、かゆくなるのは、シャンプー選びや洗髪方法が間違っているサインと言われています。

以下で確認していきましょう。

自分に合ったシャンプーを選ぶには?

乾燥肌の人は保湿を目的とした成分を豊富に配合している、しっとりめのシャンプーがおすすめ。

逆に、脂っぽい肌の人は、さっぱりめで、洗浄力がしっかりある商品がいいでしょう。


また、敏感肌の人は、頭皮に優しいことを重視して開発されたシャンプーを使いましょう。

目安として、「人工成分を配合していない」「弱酸性で、洗浄成分がアミノ酸系のシャンプー」をおすすめします。

こういった特徴は公式サイトやパッケージに記載されているはずなので、確認してみてくださいね。

正しい洗髪方法

髪をこれ以上薄くしたくないなら、以下の正しい方法でしっかりと頭皮ケアをしましょう。

<ポイント>

  • シャンプー前にお湯だけで髪の汚れを落とす

  • シャンプーは「頭皮を洗浄する」ことを意識する

  • 強くこすりすぎない

  • すすぎはしっかり行う(2〜3分かける)

  • タオル→ドライヤーで入念に乾かす


毛が抜けるのが怖くて洗髪を疎かにする人がいらっしゃいますが、頭皮の清潔さを保てないため、それはよくありません。

シャンプー選びや洗髪方法について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

最後は生活習慣について。

生活習慣が悪いと、当然、髪にも悪影響が。

以下の内容を実行すれば必ず髪が育つわけではありませんが、大事なことですので取り組んでいきましょう。

1)食事の見直し

栄養バランスの良い食事は髪の毛にとってとても重要な要素です。

その理由は、食事などで摂取した栄養によって髪の成長が行われるから。

逆に、食事による栄養摂取が不十分だと、髪が健やかに育ちにくくなってしまいます

好き嫌いによる偏食や、過度なダイエットをしていませんか?もしかしたら、髪が薄くなった原因はそこにあるかもしれません。

髪のために、まずはバランスのいい食事を十分な量摂取することを心がけましょう。

2)質のいい睡眠

髪の毛の修復・新陳代謝は、睡眠中に進んでいくと言われています。

仮にもし睡眠が足りないと、髪に十分な栄養が行き渡らないことに。

また、女性の場合はしかるべき時間に寝ないとホルモンバランスの崩れにつながる恐れがあるそう。

結果、髪が薄くなりやすくなってしまうのです。

まず、目安として、6時間以上は寝ることをおすすめします。

そして、22時〜2時は髪にとってのゴールデンタイムといわれており、この間に多く睡眠時間をとる意識を持つといいでしょう。

3)血行の促進

食事や睡眠を改善しても、血行が悪ければその栄養は髪に十分には届きません。

血行促進の方法としておすすめなのは以下の2つ。

  • 頭皮マッサージ
  • 有酸素運動(ジョギング・水泳・ヨガなど)

どちらもすぐに結果につながるわけではないので、継続することが大事です。

また、実はストレスを溜め込まないのも、血行促進のためには大事。

過度なストレスによって、血管が収縮し、薄毛に繋がってしまうそうです。

頭皮マッサージ・有酸素運動ともにストレス解消にもなるので、その意味でも実践してみるとよさそうですね。


▼簡単にできる頭皮マッサージ方法はこちら

4)髪型・ヘアセット方法の変更

上で説明した牽引性脱毛症による薄毛は、原因である強く引っ張る行為をやめれば回復すると言われています。

ポニーテールなどのヘアスタイルで、髪を強く引っ張っていませんか?

もしくは、セットするときにブラシやアイロンで引っ張りすぎてませんか?

これらを見直せば、薄くなった髪は改善に近づくでしょう。


また、男性の場合ありがちなのは、ワックスの洗い忘れ

ワックスが十分に洗い流されないまま髪に残っていると、頭皮トラブルの元になってしまいます。


▼ワックスと薄毛の関係についてはこちらの記事を

5)頭皮環境の改善

丈夫な毛を育てるには、土台である頭皮をしっかりする必要があるのは想像がつきますよね。

あなたは頭皮の皮脂が多かったり、逆に乾燥しがちだったり、フケかゆみが出ていたりしませんか?

そういったトラブルは、頭皮が不健康な証拠です。
上に生えている毛が細かったり少なかったりするのは、そういったトラブルによる影響とも考えられます。

頭皮環境を良くするには以下の方法があります。

  • シャンプーを成分がこだわられたものに変える

  • スカルプエッセンスを使用する

  • 頭皮の汚れを落とす

ここでは最後の「頭皮の汚れを落とす」に着目してご紹介します。

丈夫な髪を育てるのには、土台の頭皮にも注目。

頭皮の汚れで気になっている人におすすめなのは、『バイオテック』というサロンです。

ここでは、プロの手によって頭皮マッサージを受けることが可能です。

角栓などの汚れを丁寧に揉みしだき、頭をさっぱり清潔に。

そのあまりの気持ちよさに、リピーターも多いとのこと。

自分ではなかなか落とせない汚れも、熟練の技があれば…

気になる方はぜひ無料体験を受けにいってみてください!

男性・女性それぞれの特徴的な薄毛となる原因と、その対策方法をご紹介してきましたが、これら以外にも脱毛症の症状は存在します。

具体的には、

  • 自分の髪を抜いてしまう『抜毛症』

  • 突発的に脱毛する『円形脱毛症』

  • 過剰なフケによる『ひこう性脱毛症』

  • 過剰な皮脂による『脂漏生脱毛症』

などが挙げられます。

こういった症状は自身で治すのは難しいとされ、上で説明した対策方法を実践するのではなく、まずは病院へ行くことをおすすめしております。

さて、今回は「髪が薄くなってきた」と思った時にとるべき対策・予防方法をご紹介しました。

もう一度振り返ると、

  • ①生活習慣の改善
  • ②シャンプーや洗髪方法の見直し
  • ③育毛剤の使用

この3つをそれぞれ解説しました。

「ちょっと薄くなってきたな」と感じだした今が、対策・予防方法を始める絶好のタイミングです。

これ以上は薄くしたくないのならば、できることから即行動を始めましょう!

記事内で紹介した「育毛剤」をおさらい

関連記事一覧

▼ 髪が薄い原因はAGA!?この症状をもっと詳しく知りたい方はこちら