目次

  1. 飲む発毛促進剤ハツモールは薄毛に効果があるの?
  2. 飲む発毛促進剤ハツモールの効果とは?
  3. ハツモールは一般的な薄毛(AGA・FAGAなど)に効果なし!?
  4. 医薬品だからリスクも!ハツモールの副作用・服用の注意とは?
  5. 一般的な薄毛(AGA・FAGAなど)には適した対策と対処を!
飲む発毛促進剤として注目を集めるハツモール
飲む発毛促進剤として注目を集めるハツモール

けれど、どんな薄毛にも効果があるというわけではないようです…。

飲む発毛促進剤として、注目を集めているハツモール。

けれど、その効果を見ると「粃糠(ひこう)性脱毛症」「円形脱毛症」としか書かれていません。

一方でパッケージの表には、

脱毛症に対して効果のある生薬やビタミンを有効成分とした医薬品」
体内から毛根部の障害を正常な状態によみがえらせることで発毛を促進

といった、薄毛の原因としてよく聞くAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)に効果があるように捉えられる文面も。

飲む発毛促進剤ハツモールは実際、どのような薄毛に効果があるのでしょうか?

今回はそんな疑問を解決すべく、飲む発毛促進剤ハツモールの効果や、副作用についても徹底調査。

購入を検討している方は、まずこちらの記事をチェックしてみてくださいね!

ハツモールの効果とは?
ハツモールの効果とは?

実際にパッケージや添付文書に記載されている効果についてまとめました!

ではさっそく、ハツモールの効果について、みていきましょう。

今回は効果として表示のある粃糠性脱毛症と円形脱毛症に対する作用、さらに有効成分ごとの作用について、ご紹介しますね。

この詳細な効果がわかれば、ハツモールが実際どんな効果をもち、どんな薄毛に効果があるのかもわかりますよ!

ハツモールのパッケージに記載されている効果

先ほどもご紹介しましたが、ハツモールの効果として表示されているものは「粃糠性脱毛症」と「円形脱毛症」のみ。

では、それぞれの脱毛症に対して、ハツモールはどのように作用するのでしょうか?

  • 粃糠性脱毛症
    粃糠性脱毛症の原因となる皮脂分泌異常を正常にして、脱毛部の血行をよくする作用があります。

粃糠性脱毛症というのは、皮脂の分泌が正常ではなくなり毛穴をふさぐほどの大量のフケが発生。
それによって、毛穴がふさがれ炎症を起こし、脱毛の症状が出るものです。
確かに、皮脂の分泌を正常にしてくれるのであれば、効果がありそうですよね!

  • 円形脱毛症
    精神的なストレスや自律神経障害による円形脱毛症には内科的な精神安定を補助し、体内より栄養を補給し、皮下組織の栄養不足を改善して発毛しやすい体質にします。

ただし、円形脱毛症といっても、その原因と治療法はさまざまな説があります。
詳しく知りたい方は日本皮膚科学会のガイドライン(2010年)の円形脱毛症内容をまとめた記事をご覧ください。
このガイドラインは、選定された皮膚科専門医集団によって作成されており、円形脱毛症の治療法ごとに「推薦度」という評価軸を設定しています(※1)。


※1ガイドラインの位置づけとしては、専門医が治療を行う上での一助となるように策定されたものであり、治療方法を限定するものではありません。 実際の現場(病院)では、専門医と患者さんの入念な相談により、治療方法が決定されていきます。

ハツモールの有効成分と効果

それでは続いて、飲む発毛促進剤ハツモールに含まれる有効成分ごとの作用をみていきましょう。

有効成分 作用
カンゾウ末 炎症やアレルギーを抑える
イノシドールヘキサニコチン酸エステル 抹消血管を拡張し、血行を良くする
セファランチン 抹消血管の拡張作用により、毛成長を促進する。 免疫機能を増強する
アリメマジン酒石酸塩 抗ヒスタミン作用があり、かゆみを抑える
パントテン酸カルシウム 毛髪や皮膚の栄養状態を整える
チアミン塩化物塩酸塩 神経や筋肉の働きをよくする。 糖質を分解してエネルギーに変える
リボフラビン 皮膚、爪、毛髪の成長を促進する
ピリドキシン塩酸塩 皮脂腺の働きを正常化し、過剰な皮脂の分泌を抑制する
アスコルビン酸 血管、皮膚、粘膜、免疫力を強化する。 活性酸素の害を防ぐ
ニコチン酸アミド 血行を促進する。 神経系に働き、ストレスを解消する

医薬品とはいえ、こんなにも多くの有効成分が含まれ、さまざまな作用を持っていることに驚かれた方もいるでしょう。

これだけの有効成分と作用があれば、AGAやFAGAにも効果がありそうですよね。

次で、飲む発毛促進剤ハツモールがAGAやFAGAに対して効果があるのかどうか、その理由についてもご説明していきます。


添加物:乳糖水和物、バレイショデンプン、リン酸水素カルシウム水和物、ヒドロキシプロピルセルロース、クロスカルメロースナトリウム(クロスCMC-Na)、タルク、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロースフタル酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、酸化チタン、カルナウバロウ

ハツモールはAGAやFAGAに効果があるのでしょうか?
ハツモールはAGAやFAGAに効果があるのでしょうか?

全く効果がないわけではありませんが、どんな人にでも効果的とは言えないようです。

ここまでみてきたハツモールの効果・効能を考えると、飲む発毛促進剤ハツモールには、一般的な薄毛への効果はあるといえます。

ただ、AGAやFAGAの直接的な原因と考えられるものはさまざま。

血行不良や髪の栄養不足、ホルモンの影響など、本当に多くの原因が考えられます。

ハツモールの場合、血行の促進に対して作用する有効成分が含まれていることから、血行不良による薄毛・髪の栄養不足による薄毛には効果があるといえそうです。

しかし、ホルモンの影響による薄毛に効果があるとはいえません

男性型脱毛症(AGA)の場合、強力な男性ホルモンDHTによって髪の成長が妨げられ、髪の成長サイクルが乱されることが薄毛の原因となっています。

この場合、男性ホルモンDHTの生成や働きを抑制できなければ、薄毛の改善や対策はできません。

また、女性男性型脱毛症(FAGA)の場合も、髪を育てる働きがある女性ホルモンの減少によって薄毛が起こります。

となると、女性ホルモンの減少を抑えたり、女性ホルモンを補うことができなければ、薄毛の改善や対策はできないと言えるのです。

ハツモールは簡単に手に入れられる医薬品
ハツモールは簡単に手に入れられる医薬品

薬だからこそ、副作用や服用についての注意もしっかり確認しましょう!

ハツモールの副作用

飲む発毛促進剤ハツモールは、第二類医薬品として販売されています。

医薬品だから、安心して飲める!と思いがちですが、医薬品だからこそ副作用のリスクも。

ハツモールの服用で考えられる副作用がこちら。

  • 皮膚の発赤、発疹、かゆみ
  • 消化器系の悪化、嘔吐、下痢、腹痛

もしも異変があった際は、服用を中止し、医師の診断を受けることをおすすめします。

ハツモール服用の注意

また、医薬品だからこそ服用で注意しなければならないことも。

購入や服用前に、必ず下記を確認してくださいね。

  • 服用してはいけない人
    (1)15歳未満の小児
    (2)適応症(脱毛症)以外の人

こちらに当てはまる場合は、服用は避けましょう

  • 注意が必要な人
    (1)医師の治療(他の薬を服用)を受けている人
    (2)妊婦または妊娠していると思われる人
    (3)本人または、家族がアレルギー体質の人
    (4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人

こちらに当てはまる方は、必ず医師や薬剤師の方に相談してから服用しましょう。

AGAやFAGA、その他薄毛の原因はさまざま。
AGAやFAGA、その他薄毛の原因はさまざま。

自分の薄毛の原因に合わせた対策や薬の服用をする必要があります。

飲む発毛剤ハツモールは確かに、一部のAGAなどの人に対しては効果がないわけではありません

けれど、ハツモールは医薬品として販売されているもの。

無闇に飲むと、副作用などのリスクもあります。

AGAやFAGAなどの原因は多く、自分で特定するのは簡単ではありません。

そのため、薄毛の治療を行なっている皮膚科やクリニックに相談し、しっかりと自分の薄毛の原因に適した薬を使いましょう。

もし、ハツモールを飲んでみたいという場合も、自分の判断だけでなく医師や薬剤師への相談は忘れずにしてください。

市販で気軽に手に入るハツモールですが、医薬品であることに変わりはありません。

しっかりと正しい知識を持って、服用してくださいね。