目次

  1. ぺたんこの生え際…なんとかボリュームアップしたい!
  2. どうして生え際がぺたんとしてしまうのか
  3. ペタンとした生え際は薄毛の前兆…?
  4. ぺたんこの生え際をボリュームアップする方法4つ
  5. 生え際のボリュームアップは生活習慣改善と毎日のケアが重要

朝、前髪のセットがなかなか決まらない…。 きれいにセットしたはずなのに気づくとぺたんこになっていた…。

そんな生え際のボリュームに悩んでいる人はいませんか?

髪のボリュームは見た目の若々しさにも関わってくるので何とかしたいですよね。

そんなあなたのために生え際をボリュームをアップさせる方法をまとめました。 ぜひ参考にしてくださいね!

あなたの生え際、大丈夫ですか?
あなたの生え際、大丈夫ですか?

ぺたんこは老けて見えてしまう、との声も…

それではまず、生え際がぺたんこになってしまう原因を知りましょう。

なぜ生え際がぺたんとしてしまうかは、人によって違います。 いくつか考えられる理由を紹介しますので、自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

1)元々の髪質によるもの

髪の太さや硬さは人によって違います。 中には、元々細く軟らかい髪質の人もいますよね。

細く軟らかい髪質の人の毛髪はコシが少ないことが多く、どうしても髪が立ち上がりにくくなってしまうため、生え際のボリュームを出すことが難しくなってしまいます。

2)ホルモンバランスの変化

女性ホルモンの中には髪の成長に関わっているものがあることをご存知ですか?

ホルモンのバランスは加齢やストレス、生活習慣の乱れなどを原因に崩れてしまうことがあります。

髪の成長に関わる女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、髪のハリコシが失われたり、薄毛につながってしまうため、ボリュームが減ってしまうんですね。

3)分け目がいつも同じ

髪全体というよりも生え際、前髪部分が特にボリュームダウン、ぺたんこになっている場合、分け目に原因があることもあります。

セットしやすい分け目があると毎日同じ位置で分け目をつけてしまいますよね。

分け目部分の地肌は紫外線などのダメージを受けやすく、またスタイリングの際に引っ張ったりするので傷みやすい状態です。

その部分の髪が細くなったり抜けてしまうとボリュームが出にくくなってしまうんです。

長く同じ場所で分けていると…

長く同じ場所で分けていると…

ボリュームダウンの原因に

4)シャンプーやスタイリング剤が残っている

生え際部分は意外と汚れが残りやすい部分。

優しくシャンプーをする、よくすすぐ、ということを知っている人は多いと思いますが、生え際は頭頂部や後頭部に比べて忘れてしまいがちなんです。

さらに、顔との境目でメイクが残ってしまう事も多い箇所なのも問題です。 汚れが残っていると毛穴の詰まったり、髪が脂っぽくなりぺたんこになったりする原因となってしまいます。

シャンプーの時には生え際もしっかり意識して洗い、すすぐ事が大切ですね!

生え際がぺたんこになってしまう原因を見てきました。

元々の髪質の場合は別ですが、ハリやコシがなくなる、髪が細くなる、髪のべたつきなどが起こると問題です。 髪の傷みや毛穴の詰まりは抜け毛を引き起こす要因となり得ますから、薄毛につながってしまう可能性があるんですよ!

生え際のボリュームが気になるな、と感じていたのが全体的なボリュームダウンになってしまってはつらいですね。

生え際がぺたんこになってしまう原因はわかりましたね。 では、どうしたらボリュームのある生え際にできるのでしょうか。

ここでは生え際をボリュームアップさせる方法をご説明します。 簡単にできることですから、ぜひ試してみてくださいね。

1)生活習慣の改善

髪の成長に関わる女性ホルモンの分泌を減らさない、ホルモンバランスを整えるために、まず今の生活習慣を見直しましょう。

ホルモンバランスの崩れの原因にストレスや睡眠不足が挙げられます。

現代ではなかなかストレスをなくすのは難しいかもしれませんが、ため込まない、軽い運動でリフレッシュするなど自分なりの解消法を見つけるといいですね。

規則正しく、睡眠を十分にとることも大切です。 また、食生活ではイソフラボンを多く含む大豆食品を積極的に摂取するように心がけましょう。

2)生え際の頭皮を清潔に

生え際にシャンプーや汚れが残っていると生え際がぺたんこになりやすいとお伝えしましたね。

シャンプーの際には頭頂部や後頭部だけでなく、生え際も丁寧に洗いましょう。 ゴシゴシ爪を立てずに、指の腹を使って優しく念入りに、シャンプーが残らないようにすすぎも十分に行いましょう。

また、ファンデーションの中には落ちにくいものもありますので、生え際や前髪につかないようにメイクするようにしましょうね。

3)ドライヤーのかけ方を工夫する

シャンプー後や朝のスタイリング時、ドライヤーのかけ方を工夫するだけでボリュームダウン対策になります。

はじめに自分の生え際の生え癖を確認しましょう。 生え癖の流れのままに乾かしてしまうとぺたんとしてしまいます。

まず、根元にドライヤーをあてて素早く、指を動かしながら生え際を起こすように乾かします。 その後、生え癖と逆方向に流すようにドライヤーをあてるとボリュームが出やすくなりますよ。

ドライヤーのかけ方がポイント!

ドライヤーのかけ方がポイント!

根元から生え際を立ち上げてボリュームアップ

4)育毛剤でケアする

生え際のぺたんこ改善には育毛剤でのケアもおすすめです。

女性の髪の悩みは、ハリ・コシ不足やボリューム不足が多いため、育毛剤もそうした悩みに沿った商品が多くあります。

生活習慣など体の中から、そして育毛剤で外からもケアすることでぺたんこになりがちな生え際、前髪もふんわりボリュームアップが期待できますよ。

いかがでしたか?

気になる生え際のぺたんこは、生活習慣や日々のヘアケア次第でボリューム改善できることがわかりましたね。

根気よくケアを続け、若々しいボリュームのある生え際を手に入れましょう!

毎日のケアが重要!
毎日のケアが重要!

清潔で健康な髪を育てたいですね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。