目次

  1. ヘアアイロンを使うとはげるって本当!?
  2. ヘアアイロンははげる原因になる?
  3. ヘアアイロンが髪と頭皮に与える影響
  4. はげるのを防ぐ!ヘアアイロンの正しい使い方
  5. ヘアアイロンは正しく使ってはげるのを防ごう!
ヘアアイロンを使うとはげるの?
ヘアアイロンを使うとはげるの?

ヘアアイロンではげるという噂は、本当なのでしょうか?

髪をストレートヘアにしたりスタイリングしたり、手軽で便利なアイテムのヘアアイロン

しかしながら、「ヘアアイロンの使いすぎが薄毛につながる」という情報もあります。

確かにヘアアイロンは使いすぎると、髪に悪影響を与えそうなイメージですが、はげるほどの影響なのでしょうか?

そこで今回は、ヘアアイロンが頭皮に与える影響について解説します。

最後に正しいヘアアイロンの方法などもご紹介するので、ぜひご覧ください!

ヘアアイロンではげるなんてことがあるのでしょうか?
ヘアアイロンではげるなんてことがあるのでしょうか?

結論からいうとヘアアイロンの使用そのものが、直接はげを招くことはありません

ヘアアイロンは髪の毛に使用するもので、髪を生やす部分に直接触れることはありませんよね。

そのため、髪を生やす機能に影響し、はげを招くということは考えにくいのです。

ただ、毎日のように引っ張りすぎるスタイリング方法を続けていると、頭皮への負担が大きくなります。

それによって、髪が引っ張られ生じる牽引性脱毛症という脱毛症を発症する可能性が。

つまり、ヘアアイロンの使用そのものははげに繋がりませんが、頻度や使用方法を間違えると、はげる可能性があるということです。

ヘアアイロンの使用が、すぐさまはげに繋がるわけではないことがわかりました。

けれど、ヘアアイロン自体が髪や頭皮に与える影響はゼロではありません

そこでこちらでは、ヘアアイロンが髪や頭皮にどのような影響を与えるのか、詳しくご紹介していきますね。

髪を引っ張りすぎて頭皮に負担をかける

ヘアアイロンによる引っ張りすぎは危険!
ヘアアイロンによる引っ張りすぎは危険!

頭皮の負担になってしまいます。

ヘアアイロンやコテで髪を伸ばしたり巻いたりするときに、ついついを引っぱってしまうことがありますよね。

実はこの動作が頭皮に負担をかけているんです。

毎日のようにヘアアイロンで強く髪を引っ張っていると、頭皮に負担がかかって血行が悪化します。

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛が元気に成長するために栄養が行き届かなくなることが。

これによって、次第に毛根が弱くり、髪が抜けやすくなるのです。

これが先ほどお伝えした、牽引性脱毛症

ヘアアイロンを使用するときの引っ張りすぎには、気をつけたいですね。

ヘアアイロンの高熱によって髪が傷む

ヘアアイロンは髪を傷ませる!
ヘアアイロンは髪を傷ませる!

高温での使用や長時間の使用は髪の傷みの原因になります。

ヘアアイロンやコテは、高温の熱を髪に与えますよね。

この高熱を髪に加えることで、髪は”熱変性”を起こしてしまいます。

熱変性とは、髪を構成しているタンパク質の構造が、熱によって分解され壊れること。

タンパク質の熱変性は、髪を守っていたキューティクルを剥がしてしまいます。

キューティクルが剥がれると髪の水分は失われ、髪の内部が乾燥し、これが枝毛や切れ毛など髪の傷みにつながるのです。

ヘアアイロンを使っていて「抜け毛が増えた!」「髪のボリュームが減った」と感じる原因は、もしかしたら熱のダメージによってできた切れ毛かもしれませんよ。

はげるのを防いだり髪へのダメージを減らすためには、ヘアアイロンを正しく使うことが必要です。

正しい使い方を学んで、大切な髪を守りましょう。


髪を濡らす
寝癖がついた状態では、ヘアアイロンを使用しても綺麗に仕上がらないので、まずは寝癖直しに髪を濡らしましょう。

洗い流さないトリートメントをつける
洗い流さないトリートメントは、髪をコーティング・保護します。アイロンの摩擦や熱などによるダメージから保護するのに役立ちます。

髪を完全に乾かす
濡れた髪はキューティクルが開いていて、ダメージを受けやすい状態。ヘアアイロンを使う前は、湿った部分がないようにドライヤーで完全に乾かしましょう。

ヘアアイロンの温度を調整する
ヘアアイロンの温度は、120〜140℃に設定しましょう。低すぎるとヘアアイロンの効果が出にくくスタイリングに時間がかかり、高すぎると髪へのダメージが大きくなるので注意しましょうね。

ブロッキングする
髪を数カ所にブロッキングしましょう。これをしておけば手間取らず、同じ箇所に何度もアイロンをかけてしまうこともありません。

ヘアアイロンをかける
ココがポイント!強く引っ張ると頭皮の負担になるので、挟んだまま引っ張らないように注意してくださいね。髪の中側からヘアアイロンをかけていき、毛先の方向へ向かって2〜3秒ずつ当てスライドさせていきましょう。


これらの手順を行なえば、全く髪が傷まないというわけではありません。

けれど、髪の毛のダメージや、頭皮への負担を減らすためにも正しく使ってくださいね。

ヘアアイロンは正しく使い、大切な髪を守ろう!
ヘアアイロンは正しく使い、大切な髪を守ろう!

ヘアアイロンと薄毛の関係について紹介しました。

ヘアアイロンの使用そのものが、すぐにはげを招くわけではありません。

けれど、間違った使い方をしていると、はげる原因になることが。

ヘアアイロンやコテを使うときは正しい使用方法を守り、髪や頭皮への負担が少なくなるように工夫しましょう!