目次

  1. 植毛ってなんだろう??
  2. そもそも植毛ってなに?
  3. 植毛手術の特徴とは?
  4. まずは植毛手術の流れを知ろう!
  5. 植毛手術のメリット・デメリットとは?
  6. 実際に植毛手術を行った人の反応・2ch口コミ
  7. 植毛手術を決める前に抑えておきたい注意点
  8. まずは無料カウンセリングから
  9. 植毛手術はよく考えた上で決断しましょう

髪の毛を増やしたい!! でも、どうしたらいいのかがわからない。 そんなあなたのために、毛髪を増やす方法の一つである【植毛】について 調べてみました。

髪を増やすにはいろいろな方法があります。 その中でも自分に合った方法を見つけるお手伝いをするために、 植毛【入門編】をご紹介させていただきたいと思います。

髪を増やす方法について知りたいな
髪を増やす方法について知りたいな

色々な方法がある中で、今日は【植毛】について 一緒に知識を増やしていきましょう。

植毛とは、頭皮に直接毛髪を植え込む増毛方法であり、 外科手術を行う医療行為に当たります。 植える毛髪の種類によって「人工植毛」自毛植毛の2つの方法があります。

人工植毛は、ポリエステルなどの合成繊維でできた人口毛を使用します。 植え込む量や部分を細かく設定することが出来るので、1回の施術で自分の思い通りの髪形を作ることが出来ます。

自毛植毛は、自分の毛髪を植毛する方法です。 男性型脱毛症(AGA)は、後頭部や側頭部の毛髪は抜けにくいため、 毛髪が多く残っている部位から、毛髪が薄くなっている部位に移植し増毛をします。

人工植毛と自毛植毛には色々な違いがあり ここですべてをご紹介することはできません。

今回は、「自毛植毛」に焦点を絞って皆様にわかりやすく説明していきますね。

自分の毛髪を使うのであれば、 なんとなく副作用と無い気がして安心かも。

でも、医療行為と聞くとちょっとドキドキするな・・・。 と思ってしまう人も多いと思います。

そこで、まずは一緒に植毛についてお勉強してみましょう。 そこにはどのような特徴があるのでしょうか??

⑴メンテナンスがいらない

自毛植毛は、自分の毛髪を移植するので、 移植した毛髪が定着してしまえばほぼメンテナンスは必要ありません。 他の髪と同じように伸びて抜けていくサイクルを繰り返すことになります。 また、自分の毛髪を移植するので、色や質感も既存の毛髪と変わらないため 自然な仕上がりを手に入れることが出来ます。

⑵結果が出るのに時間がかかる

自毛毛髪を移植すると、いったん抜け落ちます。 そこから産毛が生えるのに術後数ヶ月は必要となるので、 周りの毛髪と遜色ない状態まで生えそろうには 1年前後かかると言われています。

また、一度に移植できる毛髪の量にも制限があるので、 広範囲の移植をしようと思うと何度も移植を繰り返すことが必要になります。 結果が出るのに時間がかかることが植毛の特徴です。

⑶費用が掛かる

植毛手術は、保険適応外です。 そのため、自費での手術になるので、どうしても高額になります。

そして、やはり植える範囲や本数によって費用はかなり違ってくるようです。

通常毛穴は、1つの毛穴から毛髪が2~3本出ています。 そのため、1つの毛穴から2本の毛髪を出すとして計算してみると・・・。

毛髪1本を植えるのに450円から550円くらいが相場の様です。 そして、薄毛の悩みを改善するには200本~2000本の植毛が必要だと言われています。 そのため、単純計算しても、9万円から110万円の費用が掛かることになります。

こんな特徴があったんだ。。
こんな特徴があったんだ。。

費用面やメンテナンスの面など、いろいろな特徴がありそうです。ここからもっと詳しく見ていきましょう。

植毛手術には、切らない植毛(FUE法)と、切る植毛(FUT法)2つの方法があります。

FUE法とは、後頭部など毛髪が多く残っている所から 2-3本ずつ毛髪をくりぬいて(これをグラフトといいます) それを移植したい部分に植え付ける方法になります。

FUT法とは、後頭部の毛髪を1cm×10㎝~20㎝ほど切り取って植毛する方法です。

基本的には両方とも日帰りで行うことができます。

今回は、切らない植毛のFUE法にスポットを当ててみました。

では、当日の手術の流れについてご紹介させていただきます。

(1)医師と打ち合わせ

術前に最終チェックを行って、どの部分に植毛をするのか、 どのようなラインを作るのかを最終確認していきます。

施術を受ける人の意見を最後まで丁寧に確認してくれます。 また、不安などもここで聞くことが出来ます。

(2)後頭部から毛髪を採取

移植に必要な組織を切り離していきます。 後頭部等毛髪が多く残っている所から毛髪を採取します。

局部麻酔を使用しているので痛みは感じにくい状態です。 また、どの毛髪を採取するのかは医師の判断にゆだねれらます。

毛髪の元にある「毛母細胞」という細胞ごと採取していくので 細胞を傷つけることなく施術を行うことが出来るそうです。

(3)ホールの形成

自分が作りたいラインを実現するために 毛髪を埋め込むための穴を作らなければなりませんが それがホールの作成です。 直径が1.2mmという小さなメスを使って穴を作っていきます。

術後は小さい米粒のような傷跡が出来てしまいますが 1カ月前後で傷はふさがり、 周りの毛髪が伸びることで傷跡はふさがります。

(4)インプラント(移植)

採取した毛髪を埋め込んでいきます。 クリニックによってばらつきはありますが、 800~1000株であれば2時間ほどで移植が終わります。 この間はDVDなどを鑑賞して過ごすことが出来る場所が多いようです。

(5)最終チェック

最後に医師による状態確認を行います。 傷跡には包帯が巻かれるようです。

生活面での注意や、副作用止めの薬についての説明を医師から指導されて 手術は終了です。

基本的には日帰りで帰宅することが出来るみたいですよ。

流れがわかるとちょっと安心
流れがわかるとちょっと安心

医師がしっかりフォローしてくれるなら安心です。でも、医師が毛髪を選んで植毛をするのであれば、腕が気になるところ。。。

大まかな植毛手術の流れ、分かりましたか??

でも、要は手術なわけで 体を傷つけることになるわけで・・・。 なんだか心配!と感じてしまいました。

メリットとか、デメリットもあるんじゃないかな? ということで、次は植毛手術のメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリット

植毛手術を行うメリットとしては以下のものが考えられます。

●高い確実性で毛髪を増やすことができる  植毛は定着率は高いと言われています。 そのため、他の育毛方法と比較すると高い確率で毛髪を増やすことができます。

●その後のメンテナンスが不要 定着してしまえば後は自然な毛髪と同じです。  育毛剤を継続的に使用しなければいけなかったり、サロンで定期的なメンテナンスが 必要になることはありません。

●自分の毛髪を使用するので、安全性が高い  もともと自分に生えていた毛髪を使用するので、拒絶反応もなく、薬品を使用するわ けではないので安全性も高くなっています。

デメリット

では、デメリットにはどういうものがあるでしょうか?

●傷跡が残ってしまう。  外科手術になるので、傷自体は治ることが多いのですが、  傷跡はどうしても残ってしまうことがあるようです。  髪が伸びると隠すことはできるのですが  髪型には工夫が必要になるかもしれません。

●手術を何回も行う必要がある  一度にたくさんの毛髪を移植すると、  定着率が悪くなると言われています。  そのため、植毛の範囲が広範囲になると  複数回に分けて手術を行わなければなりません。

●費用が掛かる  保険適応外の自費診療による手術のため、  費用は10割負担になります。  他の育毛方法よりは初期費用が掛かることになります。

メリットデメリットについては分かったのだけど、 いざ自分がやるとなるとちょっとまだ迷いがありますよね。

そこで、実際に植毛手術を受けたことがある人の声を聞いて、 実際のところどうなのか?を探っていきたいと思います。

ポジティブな反応・口コミ

昨年の夏に植毛手術行ったけど、4200本採取で、36×1.1mmで、耳の上 までカットしたよ。私も普通に隠れてますし、今では傷の赤みも目立ちませ ん。  ちなみに費用は、当初4000本コースで予約してて、前日先生の受診の際 に髪が全体的に残ってるので3000本コースになったものの、手術前 に、先生が「多めに取りますんで…」というので「期待しますよ」というと 実際、4200本も植えることができたよ。

2ch

俺はまさにその生え際を某クリニックで植毛したけど、結果としてはこの選択で良かったな。 術後48時間後シャンプー以降は植毛前と変わらない見栄えを維持できてた だから家族にすらバレてないよ

痛みは術中は痛くないどころか意識がない間に全て終わってたくらいだけど、 夜寝るときだけは鈍痛もしくは不快感が気になるかもしれない。 俺は1週間くらい寝る前に処方された痛み止め半錠飲んでた

2ch

転載ができないためにお伝えしきれない口コミがたくさんありました。 やってみてよかった。生えそろったときに感動したなど 色々な意見が寄せられていました。

高い定着率を保ってくれるのであれば、 髪が生える方法としては 期待できるような気がします!

効果は期待できそうです!!
効果は期待できそうです!!

生えるまでに時間がかかるところはありますが、 自然な仕上がりで効果を実感している人がたくさん見えました。

ネガティブな反応・口コミ

そりゃメスで切ってそこに植えるだけだから。血だらけカサブタだらけ。 手術から10日くらいしないとカサブタが取れない。当然カサブタの赤は目立つ。 その間仕事休めればいいんだろうけど、勤め人はなかなか難しいよな。

2ch

一方でネガティブな意見ももちろんあるようです。 一番多かったかなと思うのが、傷や痛みに関するものと、 植毛していない部分のもともとの毛髪が抜け落ちてしまって 植毛していない部分の薄毛を隠すための対策をしなければならず苦労した というコメントである印象を受けました。

その後のメンテナンスにも気を付けないといけないようです。

そんなネガティブなところもあったんだ。。
そんなネガティブなところもあったんだ。。

良い点と悪い点を両方考えて検討していきましょうね。

ここでは、植毛手術を受けようか悩んでいる人に、 ぜひぜひ伝えしたい注意点を載せておきます。 これらのことを頭に入れながら 手術を検討されてみてください。

⑴費用対効果を見極める  やはり、気になるところは費用かと。  費用が掛かるとはいえ、それで自分の毛を自然に増やすことができる。  それを安いととるか高いととるかはあなた次第です。  でも、実際に費用が掛かることは変えられない事実なわけで。  自分のお財布とよく相談してから検討してみましょう。

⑵施術するクリニックをしっかり調べる  今回調べた中でも、施術するクリニックによって  強みや施術方法や料金が異なっていることがわかりました。  そのため、どのクリニックを選ぶのかは大切になってきます。  まずは無料カウンセリングを受けて、しっかり説明を聞きましょう。  そして、施術の方法、支払方法、アフターサービスなど、  手術以外のこまごまとしたことに関しても確認することが大切です。

⑶内服薬の確認をする  血液を固めにくくする薬は、手術の1週間前くらいから  内服を控えることを奨励されています。  もし、そのような薬を常備薬として服用している場合は、  医師と相談してから手術に臨む必要があるようです。

費用も掛かるし悩ましい。 でも植毛にとても興味がある。 そんなあなたは、まず無料のカウンセリングを受けてみてはどうですか? ほとんど全てのクリニックは、事前にじっくりとカウンセリングを行ってから 実際の手術へと移行しています。

そして、その費用は無料です。 わからないことを明らかにする意味でも、もし少しでも気になることがあった場合には、 お近くのクリニック、気になっているクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

自分の毛髪を自然に増やしたいう希望を叶えてくれる方法の一つが 植毛手術だと思います。 しかし、費用が掛かるなど、デメリットも決して看過することはできません。 他の育毛方法と比較検討したうえで じっくりと考えてみたくださいね。 分からないことがあれば、近くのクリニックや育毛サロンで 気軽に相談してみましょう。 そして、理想の髪型に向けて、一歩ずつ前進していきましょうね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。