目次

  1. 植毛の費用はできるだけ抑えたい
  2. 植毛はズバリ2種類
  3. 自毛植毛にかかる費用は?
  4. 人工毛植毛にかかる費用は?
  5. 植毛の費用に対する正しい知識をつけましょう
金銭的負担は、軽くしたい…
金銭的負担は、軽くしたい…

費用はとても大きな問題です…

薄毛治療の心強い治療法と言われる植毛

薄毛にお悩みの方で検討されている方もいると思います。

ですが、ひとつ問題が…

植毛は保険適応外の自由診療。

費用がどのくらいかかるのか気になりますよね?

そこで今回は、植毛にかかる費用をまとめてみました。

ご検討の参考にしてください。

まずは、植毛の種類からみていきましょう。

※すぐに費用を確認したい方は以下からご確認ください。

自毛植毛の費用はこちら

人工毛植毛の費用はこちら

自毛植毛と人工毛植毛の違いって?
自毛植毛と人工毛植毛の違いって?

植毛には、ズバリ2種類の方法があります。

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛

では、一体どんな違いがあるのか?

それぞれの特徴を見ていきましょう。

「自毛植毛」の特徴

自毛植毛は「髪の毛の引っ越し」

アイランドタワークリニック

まずは自毛植毛から説明します。

自毛植毛は薄毛の影響を受けにくい自分の後頭部などから、髪の毛を作る組織(毛包)を採取し、薄毛の部分に移植します。

いわば、「髪の毛の引っ越し」と考えてください。

クリニックでの施術法は主にメスを使う方法、使わない方法と2種類ありますが、後ほど簡単に説明します。

それでは自毛植毛のメリット、デメリットを見てみましょう。

自毛植毛のメリット

  • 毛包が死んだ部分にも移植でき、定着すれば半永久的に薄毛にならない
  • 手術は日帰りで、定期的なクリニックへの通院など術後に特別なメンテナンスが必要ない

自毛植毛のデメリット

  • 自分の髪の毛を移植するので、全体的に脱毛が進行している人は自毛植毛ができない
  • 髪が生えてくると実感するまで、目安として半年ほど時間がかかる

「人工毛植毛」の特徴

植毛針で髪の毛を植える人工毛植毛 

ニドークリニックより

続いて、人工毛植毛について。

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維でできた人工毛を薄毛の部分に植えていきます。

クリニックでの手術には植毛針を使い、頭皮に人工毛を挿入していきます。

では人工植毛のメリット、デメリットを見てみましょう。

人工毛植毛のメリット

  • 手術後、すぐに希望のヘアスタイルになる
  • 人工毛を使用するので、全体的に脱毛している方でも増やしたいだけ増やせる

人工毛植毛のデメリット

  • 頭皮に異物を埋め込むので、炎症や感染症など、皮膚トラブルが起きる可能性がある。
  • 手術後もメンテンナンスが必要となる上、植毛した髪の毛が抜けるので、年に1、2回は人工毛植毛を繰り返す必要がある。

自毛植毛と人工毛植毛の特徴を比較して

上記の特徴を比較し、身体への影響から、ヘアラボでは部分的な植毛に関しては自毛植毛を推奨しています。

人工毛植毛は異物を埋め込むので、細菌感染などのリスクが懸念されるからです。

次にご紹介する費用だけでなく、身体への影響を慎重に考慮しつつ検討しましょう。

人工毛植毛の注意点に関して、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

それでは次に自毛植毛、人工毛植毛のそれぞれの費用を見ていきましょう。

自毛植毛の費用は?
自毛植毛の費用は?

自毛植毛の手術は主に、

  • FUT法
    メスを使って切開する方法

  • FUE法
    メスを使わずパンチと呼ばれる機器で毛包を採取し、移植する方法

に分かれます。

通常は、メスを使わないFUE法のほうが、施術時間を要し、費用が高くなる傾向にあります。

また、移植する毛包の単位を、「グラフト」と言います。

今回、費用の目安とする1000グラフトは約60cm²、髪の毛2500本前後。生え際や前頭部などの部分的な植毛の範囲になります。

自毛植毛の相場を比較

では、自毛植毛の1000グラフトの費用を見てみましょう。

自毛植毛はクリニックや施術法によって費用に差が見られます。

そこで今回は3つに分類していますので、目安の参考にしてください。

◎100万円以下

  • (例)<ヨコ美クリニックのFUT法>
    648,000円

◎100~200万円

  • (例)<紀尾井町クリニックのFUE法>
    1,520,000円 

◎200万円以上

  • (例)<アイランドタワークリニックの"刈らないDirect法"(注1)>
    2,376,000円

※価格は2017年7月時点で税込み。また、同じ種類の施術法でも各クリニックによって価格の設定は異なります。

注1: アイランドタワークリニックの"刈らないDirect法"はメスを使わないFUE法の一種。後頭部を刈り上げず、術前と髪型が変わらない特徴の施術法です。
詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

では続けて人工毛植毛の費用を見ていきましょう。

人工毛植毛っていくらかかる?
人工毛植毛っていくらかかる?

次は人工毛植毛の費用を紹介します。

ヘアラボの調査では人工毛植毛を受けられるクリニックは

  • ニドークリニック

  • UFクリニック

この2院だけでした(2017年7月時点)。

人工毛植毛は「グラフト」ではなく、髪の毛の本数によって価格設定されています。

今回は自毛植毛のとの比較のために、目安として髪の毛2600本が1000グラフトに相当すると設定します。

人工毛植毛の相場を比較

続いては人工毛植毛の費用です。

2つのクリニックとも植毛針を使う施術法です。

◎髪の毛2600本の人工毛植毛の費用

  • UFクリニック   365,040円
  • ニドークリニック 730,080円

ただし、人工毛植毛は抜けた毛は再び植毛を繰り返す必要があり、定期的なメンテナンスも必要となります。

このランニングコストが発生することも踏まえて、ご検討ください。

費用以外も踏まえて植毛をよく検討しましょう
費用以外も踏まえて植毛をよく検討しましょう

植毛の費用や種類に関して、おおまかなイメージはお分かりいただけたでしょうか?

もう一度まとめると

  • 植毛は保険適応外の自由診療なので費用は10割負担

  • 植毛には「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類がある

  • 自毛植毛は1回の費用は人工毛植毛よりかかる場合が多いが、1回の手術で済むケースも多い。

などがありました。

ただし、検討の際は費用だけにとらわれるのではなく、身体への影響なども考慮することが大切。

今回紹介した内容を踏まえ、自分に最適な植毛をよくご検討くださいね。