目次

  1. 植毛ってどれくらい費用がかかるの?
  2. 植毛は「自毛植毛」と「人工毛植毛」の2種類
  3. 自毛植毛の費用【クリニック別】
  4. 人工毛植毛の費用【クリニック別】
  5. 植毛は手術以外にも費用はかかるの?
  6. 植毛は費用以外も大切に
植毛って、いくら費用がかかるの?
植毛って、いくら費用がかかるの?

薄毛治療の最後の砦と呼ばれる「植毛」

「育毛剤や発毛剤を試してみたけど、効果が表れなかった」

「AGAクリニックに通院するのが難しい」など、悩みを持つ多くの方が検討されています。

けど、実際に植毛を受けるとなると、気になるのは植毛の費用ではないでしょうか?

しかも、クリニックが多すぎて、一つひとつ調べるのが大変…という声も。

そこで今回は、「植毛にかかる費用」をクリニックごとに徹底比較してみました!

ご検討の際に、ぜひ参考にしてください。

まずは、植毛の種類について見ていきましょう。

※すぐに費用を確認したい方は以下からご確認ください!

自毛植毛の費用はこちら

人工毛植毛の費用はこちら

自毛植毛と人工毛植毛はどう違う?
自毛植毛と人工毛植毛はどう違う?

植毛は2種類に分類されます。

  • 自毛植毛
  • 人工毛植毛

どちらも手術の費用は保険適応外なので10割負担です。

そうなると、余計にクリニックごとの費用が気になりますが、まずは、それぞれの植毛の特徴を簡単に見ていきましょう。

自毛植毛

まずは自毛植毛から説明します。

自毛植毛は薄毛の影響を受けにくい自分の後頭部などから、毛包(注1)を採取し、薄毛の部分に移植する植毛のことを言います。

いわば、「髪の毛の引っ越し」と考えてください。

クリニックでの施術方法は主にメスを使う方法、使わない方法と2種類ありますが、後ほど簡単に説明します。

それでは自毛植毛の特徴をメリット、デメリットにわけて見てみましょう。

自毛植毛のメリット

  • 移植した後、自分の髪の毛が自然に生え、定着すれば半永久的に薄毛にならない
  • 手術は日帰りで、定期的なクリニックへの通院など術後に特別なメンテナンスが必要ない

自毛植毛のデメリット

  • 自分の髪の毛を移植するので、全体的に脱毛が進行している人は自毛植毛ができない
  • 髪が生えてくると実感するまで、目安として半年ほど時間がかかる

注1:毛包とは頭皮の毛根を包む組織のことで、自毛植毛では採取する毛包のことを「ドナー」と呼びます。

人工毛植毛

続いて、人工毛植毛について。

人工毛植毛は自分の毛を使わず、ポリエステルやナイロンなど、合成繊維でできた人工毛を薄毛の部分に植えていきます。

クリニックでの手術には植毛針を使い、頭皮に人工毛を挿入していきます。

それでは人工植毛のメリット、デメリットについて見てみましょう。

人工毛植毛のメリット

  • 手術後、すぐに希望のヘアスタイルになる
  • 人工毛を使用するので、全体的に脱毛している方でも増やしたいだけ増やせる

人工毛植毛のデメリット

  • 頭皮に異物を埋め込むので、炎症や感染症など、皮膚トラブルが起きる可能性がある。
  • 手術後もメンテンナンスが必要となる上、植毛した髪の毛が抜けるので、年に1、2回は人工毛植毛を繰り返す必要がある。

人工毛植毛に関しての詳しい記事も下にありますので、参考にしてください。

ここまで自毛植毛、人工毛植毛の特徴について見てきました。

では、実際にそれぞれの施術をクリニックで受けるとなると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

続いて説明していきます。

まずは自毛植毛の費用から。

自毛植毛の手術は主に、

  • FUT法
    メスを使って切開する方法

  • FUE法
    メスを使わずパンチと呼ばれる機器で毛包を採取し、移植する方法

に分かれます。

通常は、メスを使わないFUE法のほうが、施術時間を要し、費用が高くなる傾向にあります。

また、移植する毛包の単位を、「グラフト」と言います。

1000グラフトは約60cm²、髪の毛2500本前後。

これくらいの量だと、頭頂部や前頭部などの部分的な植毛に使われることが多いんですよ。

ではクリニック別に、

  • 施術方法
  • 基本治療費・1グラフトあたりの費用
  • 1000グラフトの合計金額

を見ていきましょう。

アイランドタワークリニック

メスを使わない自毛植毛

アイランドタワークリニックの「刈らないDirect」

最初にご紹介するのは「アイランドタワークリニック」の費用です。

2種類ともメスを使わない方法になります。

手術方法 費用 1000グラフトの合計金額
i-Direct法 ・基本治療費216,000円
・1グラフト1,296円
1,512,000円
刈らないDirect法 ・基本治療費216,000円
・1グラフト2,160円
2,376,000円

■ 費用について

値段は税込みです。

■施術法について

「i-Direct(アイダイレクト)法」は毛包の採取や移植の際に、それぞれ直径0.8mmと0.6mmの極細チューブパンチを用いることで、傷跡や痛みを軽減させる施術法です。

対し、「刈らないDirect法」は毛包を採取する際、後頭部の髪を刈り上げず、手術前とヘアスタイルが変わらない特徴の施術法です。

AGAルネッサンスクリニック

続いては「AGAルネッサンスクリニック」の費用です。

クリニックでの施術方法はメスで切開するドナーストリップ法と、メスを使わないARTAS(アルタス)植毛があります。

手術方法 費用 1000グラフトの合計金額
ドナーストリップ法 ・基本治療費なし
・1グラフト888円
888,000円
ARTAS植毛 ・基本治療費なし
・1グラフト888円
888,000円

■費用について

値段は税込みです。 また、1グラフトの単価は、移植するグラフト数が多くなるごとに下がります。

■施術法について

「ドナーストリップ法」はメスの切開痕の縫合にPDF-2という特殊糸を使い、頭皮にかかる張力を軽減させる施術法。

対し、「ARTAS植毛」は毛包の採取や移植をARTASロボットが行い、手作業による施術時間を軽減させる施術法です。

TOMクリニック

最後は「TOMクリニック」の費用です。

TOMクリニックでの施術方法はメスを使わない「ARTAS植毛」のみになります。

手術方法 費用 1000グラフトの合計金額)
ARTAS植毛 ・基本治療費324,000円
・1グラフト324円
648,000円

■費用について

値段は税込みです。 また、1グラフト324円は一律ではなく、移植するグラフト数が多くなるほど、単価は上がります。

■施術法について

「ARTAS植毛」は毛包の採取や移植をARTASロボットが行い、手作業による施術時間を軽減させる施術法です。

続いては人工毛植毛の費用です。

人工毛植毛は自毛植毛に比べ、1回の手術の費用は安くなる場合が多いですが、抜けた毛は再びクリニックで植毛を繰り返す必要があります。

なので、そのことも踏まえてご検討ください。

二ドークリニック

植毛針で頭皮に人工毛を挿入

「ニドークリニック」より

最初は「ニドークリニック」の費用です。

手術方法 費用 髪の毛2600本の合計金額
植毛針 ・基本治療費なし
・髪の毛1本260円が目安
676,000円

■費用について

値段は税抜きです。

■施術法について

髪の毛2600本は1000グラフト(約60㎠)と同範囲です。

UFクリニック

最後はUFクリニックの費用です。

手術方法 費用 髪の毛2600本の合計金額
植毛針 基本治療費なし
・髪の毛1本130円が目安
338,000円

■費用について

値段は税抜きです。

植毛って手術以外にも費用がかかるの?
植毛って手術以外にも費用がかかるの?

植毛手術の費用の目安はお分かりいただけましたか?

それでは植毛手術以外に費用がかかる場合もみていきましょう。

  • 手術前の血液検査(健康状態や感染症がないか等のチェック。1,000円~1万円前後、基本治療費に含まれている場合もある)
  • ヘアシートやウィッグ(後頭部の刈り上げなど、部分的に隠すオーダーメイドの付け毛。5万円前後)
  • AGA治療薬(AGA治療も行う場合、1ヶ月約2000~9000円。クリニックで処方される薬・価格には個人差があります)
  • 交通費や宿泊費(手術前・手術時・手術後に遠方からクリニックへ来られる場合)

以上のことも踏まえて、植毛にかかる費用を計算してください。

メリットやデメリットもしっかり検討しましょう
メリットやデメリットもしっかり検討しましょう

今回、クリニックごとの植毛の費用を見てきました。

植毛には自毛植毛と人工植毛の2種類があり、どちらも保険適応外で10割負担になります。

どうしても高くついてしまうことから、できるだけ費用を抑えたいのは誰もが同じ。

ただし、値段だけを気にするのではなく、体への影響などのメリット・デメリットをしっかり踏まえて検討することが大切です。

各クリニックではメール相談や、無料カウンセリングも行ってくれます。

植毛を検討中の方は、そちらもぜひご利用してみてください。