目次

  1. 自毛植毛は「術後」が大事!?
  2. なぜ自毛植毛の「術後」は大事なのか?
  3. 自毛植毛の「術後」に気をつけるべき5つのポイント
  4. 【要注意】植毛の術後にこれだけは絶対しないで
  5. 自毛植毛の術後については動画もチェックしよう
  6. 植毛手術後も安心できるクリニックは?
  7. 自毛植毛の術後について、正しい知識を。

AGAなど薄毛に悩む皆様なら一度は植毛について考えたことがあるかもしれませんね。

自毛植毛は、自分の元気な髪の毛を移植する方法で、 一度行えばその後のメンテナンスは不要など、大変魅力的です。

ところが自毛植毛は手術を一度受ければそれでおしまいというわけではありません。 実は術後が大事だと言われています。

本記事では、自毛植毛の術後について徹底解説していきます。

術後が大事
術後が大事

自毛植毛は手術そのものだけでなく、 術後が大事です。 どういうことなのか解説します。

自毛植毛の術後が大事、というのはどういうことなのでしょうか。

自毛植毛とは、簡単にいえば、 自分の元気な毛髪を採取して、 髪の毛がない部分に植え付けることです。 この際、発毛に関わる毛根の細胞ごと移植するため、 その後正常な発毛が期待できます。

つまり、長く太い髪の毛をそのまま植え付ければおしまい、 というわけではありません。

自毛植毛の術後の期間というのは、 まずは発毛させるための毛根の細胞を 移植部分にしっかりと定着させることが最重要事項になります。 せっかく移植したのに毛根ごと傷つけてしまえば 意味がありません。

そして、定着した毛根から新しく発毛し成長させる、 髪を育てる期間として、術後は大切な過程と言われているんです。

可能な限り清潔を保つ…それ自体が難しそうです。

これらが宣伝文句になるということは…術後の痛みや傷跡、生着率など、自毛植毛の術後の課題が見えてきそうですね。

手術して終わりじゃないの?
手術して終わりじゃないの?

もちろん手術自体は大切です。 でも、成功したはずの手術が 本当に成功となるかどうかは 術後の過ごし方にも左右されるのです。

自毛植毛の術後は、植えた毛根がきっちりと定着し、 その後の正常な発毛を促すための大切な期間なのですね。

では具体的にはどのように過ごせば良いのでしょうか。

自毛植毛の術後に生活上で注意すべき点や、 知っておいたほうが良い現象を5つにまとめました。

⑴最小限の刺激で頭皮を清潔に

自毛植毛の術後は、 移植された株がかさぶたを形成し頭皮にしっかり定着するまで なるべく負担をかけないことが重要です。

洗髪もむしろしない方が良いのでは… という気さえしますが、清潔にすることは重要。 不潔にしていると感染症を起こしてしまう可能性もあるのです。

手術翌日からしばらくは、 移植部分にはシャンプーは使いません。 弱いシャワーや霧吹きなどで濡らす程度*です。 それ以外の部分は刺激の弱いものであればシャンプーは可能と言われています。

術後数週間の間は、 移植部分にはシャワーで十分に濡らした上で、 指の腹でやさしく洗います。 その他の部分は、シャンプーでの洗髪が可能と言われています。

毛根が定着するために大切な、術後の数週間。 この間のケアに気をつければ、この後は普段通りにシャンプーが可能となっているそうです。

シャワーも刺激
シャワーも刺激

移植した部分には術後は シャワーさえも刺激になりえます。 弱めにするか、霧吹きなどで濡らす程度に とどめておいてください。

⑵痛みやしびれ、まぶたの腫れなどがあることも

自毛植毛の術後しばらくは、 様々な身体の違和感に悩まされる可能性があるので、 予め覚悟しておいた方が良いでしょう。

具体的には、 ①髪を採取した部分の痛み 頭皮がつっぱる程度に感じる方もいれば、 寝られないほど痛いという人もいるようです。 仕事など日常生活に支障が出ることもあるかもしれません。

②移植された部分のしびれ これは手術によって神経が切断されるためで、 術後数ヶ月もすれば解消されるようです。

まぶたや額の腫れ 術後すぐではなく、数日後に現れます。 この腫れは、手術の麻酔の影響だと言われています。 術後約しばらくして腫れはひくようです。

いずれにせよ一時的なものですが、 術後のこうした症状は 日常生活にも少なからず影響が出る可能性があるので注意してください。

⑶頭皮の赤みやかさぶたが目立つ

自毛植毛の術後しばらくは、 移植した部分に赤みかさぶたが出来るなど かなり目立ちます

なるべく人には見られたくないものです。

仕事などを休めれば良いですが、長期間連続して休むことは なかなか現実的には難しいですよね。

別の部分の長い髪の毛で隠すことが出来れば 赤みやかさぶたがなくなるまでの間、 なんとかしのげるかもしれません。

でも、移植した場所や面積、その人の髪型によって、 どうしても隠すことが出来ないこともあるかも知れません。

その場合、帽子やかつらなどでカモフラージュするのが 一番現実的といえるでしょう。

帽子やかつらは、自毛植毛の術後数日したら、包帯なしで着用することが出来るようになるそうです。 ただし、移植した部分をこするなどの刺激を与えないよう、 細心の注意を払うが必要となるようです。

(4)一時的脱毛・ショックロス

自毛植毛の術後、しばらくすると、脱毛が始まることがあります。

一つ目は一時的脱毛。 自毛植毛の術後、しばらくしてから見られます。 移植された毛が脱毛してしまうので、 心配になる方もいると思います。 これはヘアサイクルの一環で、 髪の毛が新たに生え変わるための脱毛だそうです。 新たに毛髪を生やすための毛根の細胞は きっちりと定着していると信じて、 この時期を乗り越えましょう。

二つ目はショックロスと言われています。 自毛植毛の術後、しばらくしてから見られます。 移植部位の周囲にある毛髪が、手術の影響で抜けてしまうのです。 こちらの場合も、再び新しい毛髪が生えてくるそうなので、 安心してください。

(5)効果が感じられるまでに時間がかかる

自毛植毛の術後は、 痛みやしびれに始まり、脱毛までしてしまうなど、 しばらくは平穏ではありません。

一時的脱毛がおさまり、ようやく産毛が生えてきて、 それらが太く濃く成長し、 しっかりと生えそろうまでには 長期の時間がかかります。

この期間がとても長く感じられる方もいらっしゃるでしょう。

本当に生えてくるのか疑心暗鬼になってしまったり、 不安になることもあると思います。 その分、モチベーションが上がらず、 普段のケアが疎かになってしまう危険性もあります。

自毛植毛は、実感できるまでに時間がかかるということを しっかりと理解した上で、 根気よくケアしていくことが何より重要なようですね。

自毛植毛の術後の期間、 特に定着するまでの期間の過ごし方はかなり重要です。

では、自毛植毛の術後にしてはならないことはあるのでしょうか。 以下にまとめました。

・頭皮をかくなどの刺激 とにかく患部への強い刺激は厳禁です。 痛みやかゆみなど、触りたくなることもあるかもしれませんが 我慢です。 かさぶたを無理に剥がすのもやめましょう

・飲酒、喫煙 自毛植毛の術後のアルコールは、痛みを感じやすくさせたり、 出血が増えてしまう可能性があります。 術後翌日までは絶対にやめてください。 タバコは血流を悪くさせるため、定着率が下がってしまいます。 術後数週間は禁煙してください。

・激しい運動 運動は出血の恐れがあるので、自毛植毛のある程度の期間は控えてください。 その後運動をする場合も軽いものからはじめてください。

運動もNG
運動もNG

髪の成長には運動も良いのですが、 軽いとはいえ手術を受けたのです。 しばらくは激しい動きは控え、 身体が落ち着くのを待ちましょう。

自毛植毛の術後にどんなことが起こり得るのか、 日常生活を送る上でどんなことに注意すべきなのか、 なんとなくイメージを持っていただけたでしょうか。

実際に自毛植毛の手術を行っている医師が、 術後翌日から1ヶ月後までの経過を詳しく説明している動画があります。 ぜひチェックしてみてください。

術後の経過について 前編

自毛植毛手術翌日から1ヶ月後までの経過について 詳しく丁寧に語られています。 ぜひ参考にしてください。

自毛植毛の術後が大切なのはよくわかりましたが、 いくら気をつけても自己判断はしにくいものです。

そこで、術後までのアフターサービスが整ったクリニックをご紹介します。

①アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックは、全国4箇所にある自毛植毛専門のクリニックです。 上にある動画もアイランドタワークリニックのお医者さんです。

i-ダイレクト法というメスを使わない独自の技術が人気の、 確かな技術を誇るクリニックです。

アイランドタワークリニックでは、術後のフォロー体制も整っています。 手術翌日には再び来院し、状態の確認があります。 包帯をはずし、カサブタの部分にガーゼを当てて帰宅します。

その後も患者が必要を感じれば何度でも無料カウンセリングが受けられます。

安心できるまでが長い戦いになる自毛植毛。 無料カウンセリングでアフターフォローしてもられるのはありがたいですね!

②AGAルネッサンスクリニック

AGAルネッサンスクリニックは、全国5箇所にあるAGA専門のクリニックです。 植毛の他、薬での治療やメソセラピーを行っており、 AGA患者に最適な方法で治療を進めています。

自毛植毛の術後は安心して相談できる体制が整っているだけでなく、 その後の髪の成長サポートや、植毛部分以外が薄くなってしまった場合などにも 投薬なども含めた方法が柔軟に選択出来ます。

③親和クリニック

親和クリニックは、ドクターが元気な毛髪を目視にて選択・採取するというNC-MIRAI法により、 後頭部の刈り上げなしに植毛が行えます。

親和クリニックでは、アフターサービスとして、手術翌日に 洗髪を受けられます。 自分で洗髪して傷つけたり、不潔なままになってしまうことが避けられるだけでなく、 術後の違和感を緩和させる効果があります。

もちろん術後の不安や疑問などの相談もすることが出来ます。

自毛植毛は術後をいかに過ごすかが鍵です。 術後についての正しい知識をしっかりと身につけた上で、 手術にのぞんでください。

交通費や宿泊費の負担サービスなどもあるので、 遠いクリニックでも一度検討し、 まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがですか?