目次

  1. 毛根が細い抜け毛、もしかしたら薄毛の初期症状かも…
  2. 毛根が細くなるのはヘアサイクルの乱れと栄養不足が原因だった!
  3. ⑴ヘアサイクルの乱れとは?
  4. ⑵頭皮の栄養が不足する...ってどういうこと?
  5. 【注意】放置しているとこんな恐れも…
  6. 毛根が細くなってることに気づいたらとるべき3つの対策
  7. 気づいたら早めの対策をとりましょうね!

薄毛を気にする時に、抜け毛の本数ばかりに気をとられがちではないですか?

実は、薄毛のサインは抜け毛の本数だけではありません。

抜け毛の本数は正常でも、抜け毛の毛根の状態から薄毛のサインを汲み取ることもできるのです。

特に、毛根が細くなっている場合。

このようなケースは、髪が抜ける薄毛の初期症状の可能性も…。

そこで今回は、毛根が細くなってしまう原因から、正常に太くするための対策方法まで徹底解説します!

一見気づきにくい薄毛のサインを理解し、適切な対策をとるようにしましょう。

まずは毛根が細くなってしまう原因から。

結論からお伝えすると、以下の二点が原因なんですよ。

  • ⑴ヘアサイクルが乱れる
  • ⑵頭皮に送られる栄養が不足

では、順に解説していきますね。

まずは、ヘアサイクルが乱れるとはどういうことか?について見ていきましょう。

髪の毛は一定の期間で成長しては抜ける、というサイクルを繰り返しています。

そのサイクルを、ヘアサイクル(毛周期)と呼ぶのです。

具体的に、ヘアサイクルは以下の3つの期間に分けられます。

  • 成長期:髪の毛が伸び続ける期間
  • 退行期:髪の毛の成長が弱まる期間
  • 休止期:毛が抜け落ち、次に生える毛を待つ期間

この期間のうちの「成長期の期間が短くなる」ことを、ヘアサイクルの乱れと呼びます。

そして、このヘアサイクルの乱れが起きている場合、髪の毛がしっかりと成長しきっていないため、抜け毛の毛根も細いままの状態で抜けると考えられています。
(逆に、正常なヘアサイクルの流れの中で自然と抜けた毛は、毛根がしっかりと太い状態であることが一般的です)

後ほど詳しく述べますが、ヘアサイクルが乱れが続くと薄毛・ハゲの症状が起こってもおかしくありません...。

そこで気になるのは、そもそもなぜヘアサイクルが乱れてしまうのか?というところ。

次に見ていきましょう!

ヘアサイクルが乱れるのは男性ホルモンのせいだった!

ヘアサイクルの乱れには、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが大きく関わっています。

このDHTとは、血液によって全身に流れるテストステロンが、毛根部分にある5αリダクターゼと結びついて変化したもの。

このようにして生成されたDHTは、脱毛ホルモンとも呼ばれ、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくことによって、ヘアサイクルを乱し成長期が早く終了させてしまうのです。

整理してまとめてみましょう。

  • 1.テストステロンと5αリダクターゼが結びつく
  • 2.それによってDHTが生成され、男性ホルモン受容体と結びつく
  • 3.結果、ヘアサイクルが乱れ成長期が早く終了する
  • 4.まだ成長しきっていない「毛根部分が細い」髪の毛が抜ける

さて、ここまででヘアサイクルの乱れについて解説いたしました。

続いて、頭皮に送られる栄養が不足する場合について、見ていきましょう!

頭皮に送られる栄養が不足してしまう原因として、以下の2点が挙げられます。

  • ストレスの影響

  • 悪しき生活習慣の影響

それぞれについて説明しますね。

ストレスの影響

過度なストレスを受けることによって、頭皮に送られる栄養が不足してします場合があります。

というのも、過度なストレスを受けると、神経が緊張してしまい血管を収縮させてしまうから

頭皮は、血液を通して栄養素を得ています。

ストレスを受けて血管が収縮すると、頭皮に十分な栄養が運ばれなくなってしまいますよね。

その結果、頭皮に運ばれるべき十分な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛は十分に成長することなく、毛根が細いまま抜けやすくなってしまいます。

整理してまとめてみましょう。

  • 1.ストレスを受けると血管が収縮する
  • 2.血管が収縮すると、血液を通して運ばれるべき栄養素が頭皮に行き渡らなくなる
  • 3.その結果、髪の毛は十分に成長せず「毛根部分が細いまま」抜け落ちてしまう

悪しき生活習慣の影響

たかが生活習慣とお思いかもしれませんが、悪しき生活習慣は頭皮環境に悪い影響を及ぼします。

例えば、以下の生活習慣に心当たりのある人は注意が必要。

  • 1.喫煙
  • 2.運動不足
  • 3.睡眠不足
  • 4.偏った食生活

喫煙によって血管が収縮したり、運動・睡眠不足によって血液の循環が悪くなることで、頭皮の血行にも悪影響が与えられるのは容易に考えられます。

また、偏った食生活を送ることにより、そもそも髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまうことも。

これらの悪しき生活習慣が当たり前になってしまっている方は、注意が必要かもしれません。



さて、ここまで細い抜け毛の原因について説明いたしました。

細い抜け毛は、

  • ヘアサイクルが乱れる
  • 頭皮に送られる栄養が不足

が原因で、抜けてしまった髪の毛だということがわかりましたね。

では、このままの状態を放っておくとどのようなことが起きてしまうのでしょうか…?

みなさまに危機意識を持ってもらうためにも、続いてご説明させていただきますね。


結論から伝えると、毛根が細い抜け毛を放っておくと、さらなる抜け毛につながる恐れがあります。

たかが一本と油断してるうちに、突然抜け毛が増えてしまう恐れも…。

大量の抜け毛に気づいたときには、もう遅いのです。気づいたら早めの対策をとることが大切なんですよ。

では、どのような対策をとるべきなのでしょうか?

毛根が細い抜け毛は、頭皮からのSOSのサインです。

気づいたときに、早めに対策を打つことが大切です。

具体的には、以下の3つの対策を行うとよいでしょう。

  • 【ヘアサイクルの乱れ】ヘアケア

  • 【頭皮の栄養不足】ストレスケア&頭皮マッサージ

  • 【頭皮の栄養不足】生活習慣の見直し

これらの対策をとることで、ヘアサイクルを正常にし、毛根が太く、強い毛を育てる準備ができるはずですよ。

まずは、ヘアケアから解説していきますね。

【ヘアサイクルの乱れには】ヘアケア

頭皮環境を健やかに保ち、ヘアサイクルの乱れを防ぎましょう。

そのためにおすすめのヘアケア商品が、育毛剤です。

商品数の多い育毛剤の中でも、ヘアラボで一番人気なのは、チャップアップ(CHUP UP)。

チャップアップには以下の3種類の育毛有効成分が配合されています。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸
  • ジフェンヒドラミンHC

これらの成分が、頭皮の環境を健やかに保つようにアプローチをしてくれるんですよ。

育毛剤は 頭皮への直接的なアプローチです。

毛根の細い抜け毛に焦りを感じている人は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

【頭皮の栄養不足には】ストレスケア&頭皮マッサージ

ストレスは頭皮に栄養が送られづらくなる原因でしたね。

ですから、ストレスが少しでも軽減できるように日々の生活から意識してみましょう。

休みの日に好きな映画を見たりスポーツをして汗を流してみるのもいいかもしれませんね。

しかし、ストレスをまったく感じない生活を送るのは難しいものです。

ですので、悪くなった血行を良くするアプローチを同時にとることをおすすめします。

おすすめなのは、頭皮マッサージ

頭皮マッサージを行うことで、頭皮の血行を良くすることができますよ。

シャンプーの時に行えば、血行を促進することに加え、リラクゼーション効果も高まります。

以下のポイントを参考に行ってみてくださいね。

  • 10本の指の腹をつかって、優しく揉みほぐす
  • 頭全体を揉みほぐすことを意識
  • リンパを意識して、首回りも優しくさする

頭皮マッサージの際は、爪を立てたりあまり力を入れすぎたりすることのないように注意してください。

なぜなら、頭皮は思っているよりもデリケートだから。

強い力が加わると、頭皮の毛細血管が傷ついてしまう恐れがあるのです。

頭皮にとって良い行いだからこそ、かえって傷つけたりすることのないように気をつけましょうね。

【頭皮の栄養不足には】生活習慣の改善

一概に生活習慣といえど、改善できるポイントは多々あります。

頭皮の栄養不足の原因となる生活習慣について、以下のポイントを挙げさせていただきました。

  • 喫煙
  • 運動
  • 睡眠
  • 偏った食生活

原因として挙げたポイントそれぞれを、改善しましょう。

■1.禁煙する

禁煙をはじめようとは思っていても、自分の意思だけではなかなか禁煙できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方は、 禁煙外来に足を運ぶことをおすすめします。

お医者さんと一緒に禁煙をはじめることで、通院した方の約80%が禁煙に成功しているそうですよ!

保険が適応される場合がありますので、お近くの病院で一度ご相談してみてくださいね。

■2.有酸素運動をする

有酸素運動を行うことで、代謝・血行を良くしましょう!

代謝・血行が良くなることで、頭皮に栄養が行き届きやすくなりますよ。

中には運動と聞くと「そんな時間ない」と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし

  • エレベーターを使うかわりに階段を使う
  • 一駅歩く

など、小さなことでも構わないのです。

小さなことが積み重なって、頭皮環境にも良い影響を与えてくれるはずです。

体を動かす意識を持つようにしてくださいね。

■3.良質な睡眠を心がける

頭皮にまで栄養が行き渡るよう、なるべく早めに寝るように心がけてください。

そのためにも、睡眠の1時間前には電気を消し、スマホやパソコンの画面を見ないようにしましょう。

というのも、眠気を促すメラトニンというホルモンは、明るい光を見ると分泌を抑制してしまうからです。

良質な睡眠のためにも、上記のことを意識してくださいね。

■4.食生活の改善

「特定の食材」を食べることで髪が成長すると聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし、そればかり意識してはいけません。

何よりも大切なことは、バランスの良い食事を心がけることなのです。

バランスの良い食事とは、タンパク質・脂質・炭水化物の三大栄養素を満遍なく摂取できる食事を指します。

その上で、髪に良いとされる特定の食材を摂取することで、より髪の成長が期待できるんですよ。

まずは、ちゃんと摂取した食べ物が髪の栄養になるように、日々の食事内容を意識することから始めてくださいね。

※髪に良い食べ物が気になる方は以下の記事をチェック!

さて、今回は毛根が細い毛の原因と、その対策方法について解説いたしました。

度々になりますが、毛根が細い毛は、頭皮からのSOSのサインです。

将来の頭皮・毛髪環境のためにも、気づいた時には、早めに対策をとるようにしましょう。

最後に本記事のポイントをまとめておきますね!

毛根が細くなる原因

  • ヘアサイクルの乱れ
  • 頭皮に送られる栄養が不足

ヘアサイクルが乱れる原因

  • 男性ホルモンの影響

頭皮に送られる栄養が不足する原因

  • ストレスの影響
  • 悪しき生活習慣の影響

悪しき生活習慣とは

  • 1.喫煙
  • 2.運動不足
  • 3.睡眠不足
  • 4.偏った食生活

改善方法

  • 【ヘアサイクルの乱れには】ヘアケア商品を使う
  • 【頭皮の栄養不足には】ストレスケア&頭皮マッサージ
  • 【頭皮の栄養不足には】生活習慣の見直し

生活習慣の見直しとは

  • 禁煙する
  • 有酸素運動をする
  • 良質な睡眠を心がける
  • 食生活の改善