目次

  1. なんとかして毛根を復活・再生させたい...
  2. よっぽどのことがない限り毛根が死ぬことはないらしい!
  3. そもそも毛根が弱くなる原因とは?
  4. 毛根を復活・再生させる可能性がある方法まとめ
  5. 毛根が復活・再生するまでにかかる期間は...?
  6. こんな人は毛根が弱りやすいので要注意!
  7. ハゲラボで人気のスカルプエッセンスも紹介
  8. 毛根を復活・再生させるためにはコツコツと続けることが大切

抜け毛を喜び、薄毛を楽しむ人はいませんよね。 仕事でネタにしている人や自分に関心がない人は別としても 「家系だし」「そろそろ年だから仕方ない」って思っていませんか?

諦めたら、そこで試合終了ですよ。 男女を問わず、薄毛を嫌だと思っている人も少なくありませんよね。 毛根に気合を入れて元に戻っていただきましょう。

1日100本は許容範囲
1日100本は許容範囲

「毛根が死滅した」という人は少なからずいますが、 毛根はちょっとや、そっとでは死にません。 寿命がくると毛が抜け、頭皮からは見えませんが、 頭皮の中でしっかり生きているんです。

ちょっとやそっとじゃ死滅しない毛根が死滅するとしたら 火傷する、縫合手術するくらいの大けがをするくらいのレベル。 このレベルだと毛根の再生、復活はかなり難しいんです。 そうでないなら、見えなくても、毛根は頭皮の中で眠っている可能性が高いんですよ。

頭皮に栄養が行き届かないと、毛根は再生しづらくなります。 そうなると、髪は細くなり、分け目が目立ってしまうことも… 原因をチェックし、取り除くことで 毛根の再生サイクルをスムーズにしていきましょう。

生活を悔い改めよう

生活を悔い改めよう

過度なストレス、偏った食生活 カラーリング、飲酒、喫煙など 適正であれば問題はありませんが 過多だと原因になってます。

①乱れた食生活

食生活が乱れると、髪に栄養が行き渡らない状態になってしまいます。 食生活で髪?と思われるでしょう。詳しく説明しますね。

身体や髪はたんぱく質で構成されています。 食事をすると体内ではたんぱく質が様々な箇所へと運ばれることになるのですが、 ほとんどの場合髪の毛は後回しに。 生命の優先度で考えると、どうしても髪<筋肉・骨になってしまうからでしょうね。 筋肉、骨が再生されないと人間は生きていけませんからね。 ただでさえ少ない配給なのに、食生活が乱れると、 さらにたんぱく質が少なくなって毛根は弱ってしまうのです。

②頭皮ケアが間違っている

皮脂まみれの頭皮では、髪はするっと抜けていきます。 栄養は届かず、菌も繁殖してますからね。 臭いもあるレベルだと、もっと抜けてしまいます。

では、シャンプーを何度もすればいいのでしょうか? ゴシゴシ洗ったほうがいいのでしょうか? そんなことしてしまうと、逆に抜け毛が増えてしまう可能性もあります。 やりすぎてしまうと、頭皮復活が難しいほどになってしまいますよ。

清潔な頭皮でないと毛根は再生しませんが、過度のシャンプーもおすすめできません。 洗い方は爪を立てずに全体をマッサージするように。 また、アミノ酸系シャンプーが頭皮には優しいと言われていますよ。

③過度なストレスと睡眠不足

生きている限り人にはストレスがあります。 学校でも、社会でも順位、ノルマがあり、 家庭の中でも完全なステレスフリーにはなりません。 ある程度のストレスは人間を成長させ、問題もないですが、 過度なストレスは髪だけでなく、心身に負担をかけます。 そんな状態では睡眠だって満足に取れませんし、丈夫に伸びる髪にもなりません。 まず、大切なのは ストレスの軽減や睡眠なのです。 髪や爪は目に見えるストレスメーターなのですね。

毛根は簡単には死なない、寝ているだけと書きましたが、 では毛根を復活、再生させるには、どうすればいいのでしょうか? 食生活改善?ヘアケア方法?その方法を見てみましょう。

⑴食生活の乱れを整える

毛根を再生、復活させる方法はそう難しいものばかりではありません。 毛根を弱らせる事をしない事です。

まず「バランスの良い食生活」です。 炭水化物や糖質抜きだと毛が抜けやすくなってしまうこともあります。 体にもいい事ではありません。 特にたんぱく質(プロテイン)は毛根再生と復活には必須です。 バランスの良い食事が無理ならばサプリメントで 補うのも良いでしょう。

(2)しっかり入浴する

冬もですが夏は入浴のオススメシーズンです。 室内は快適、外は猛暑では自律神経も乱れやすくなってしまいます。 疲れが溜まり、ストレスが溜まり、眠りも浅くなりやすい時期なんです。

入浴すれば、血行が良くなり、疲れも取れます。 眠りも深くなるでしょう。 血行が良くなるとストレス緩和にも良いですし、頭皮にも良いですよね。 ただ、お湯の温度は40度まで。 熱すぎると頭皮にとってもよくありませんからね。

再生と復活への道
再生と復活への道

大げさではなく、道を作るのです。 毛根に栄養が通る道を、、 邪魔するものは、退場して いただきましょう。

髪の寿命はおよそ2〜6年とされています。

引きこもり毛根を呼び覚ますには、 個人差とケア内容によって差はありますが、最低で3~6ヶ月はかかると思っていただいて良いでしょう。 ストレス過多など、環境が悪いと再生までの時間も長くなってしまう可能性があるので注意してくださいね。

成長が止まった髪は
成長が止まった髪は

抜ける準備に入り、毛が抜けて 見た目は何もないですが 頭皮の中では、次に備えているのです。

それでは、実際どんな人の毛根が弱りやすいのでしょうか?

①好物しか食べない人

極端な偏食で美髪、美肌な人は存在しません。 例えば、牛丼を1年365日食べたら、どうなると思いますか? ベタベタ頭皮、ニキビになりやすい顔になることは、想像できますよね。 逆に、果物だけ、野菜だけだと今度はカサカサになってしまうことも。 野菜、肉、魚などバランスよく食べましょう。 毛根を再生、復活させるだけでなく体も変わってくるでしょう。

②頭皮に優しくない人

頭皮はデリケートなので「放置」しすぎると 皮脂が溜まってきてしまい、毛根によくありません。 反対に、「過保護」もいいですが、度が超えると頭皮や髪が荒れてしまいます。

清潔にするけど、優しく洗い、 育毛剤を使うけど、使用量と回数は超えないようにする。 簡単なことですが、これが頭皮に優しいということはこういうことではないでしょうか。 育毛剤も、目に染みる程度や1日に何回も使用すると、 毛根復活どころか、頭皮環境の悪化につながっていまうことさえありえます。 「放置」にも「過保護」にもならず、しっかり頭皮を守りましょう。

③ストレスをためがちな人

ストレスが溜まってしまうと、 毛根はもちろん、心と体にも良くないですよね。 ストレスと疲れが溜まらないよう、 お風呂や温泉もオススメかもしれませんね。

方法は人それぞれ。 ストレスを溜めこまずに吐き出す事が大切なのです。

頭皮の健康を保つことが、何よりも重要ですよね。

そんな頭皮環境を健やかに保つためのスカルプエッセンス、フィンジアをご紹介します!

ハゲラボでも人気の商品。気になる方はぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね!

毛根は頭皮の中で生きている場合も少なくありませんから、諦めずにケアを続けてみてはいかがですか?

気を付けるのは自分に合ったケア方法とアイテムの選択。 正しいケアを実践をしていけば、そのケアが毛に届いてくれる日もやってくるはずですよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。