目次

  1. 実際のところ髪の毛って必要なの?
  2. 意外と知らない?髪の毛の役割とは
  3. 髪の毛を見れば健康状態がわかる!?
  4. 人間関係にも影響?髪型が与える心理効果とは?
  5. 【結論】髪の毛はいる?いらない?
  6. 髪はどうしたら維持できる?
  7. 髪の毛は身体の健康状態を教えてくれる重要な役割を担う!

頭髪についてちゃんと考えたことはありますか? そもそも毛髪って必要なんでしょうか。 もし必要ないのであれば、抜け毛で悩んだり、無理に増やそうとしなくてもよいじゃないですか。 そんな疑問に答えるために、毛髪の果たす役割について調べてみました。

髪の毛ってどうして必要なんだろう?
髪の毛ってどうして必要なんだろう?

髪が担う、いろいろな役割についてお伝えしていきます!!

髪って、見た目だけに影響しているって思っていませんか? だって美容院で切ってしまうし、そんなに必要なものなのかなって?

驚いてください。 実は、髪には見た目に影響するだけでなく 健康面でも影響を与えていると言われていますよ。

まずはそんな髪の役割について ご紹介させていただきます。

衝撃を吸収してくれる

一つ目の役割は、頭部への衝撃の吸収です。 頭部には脂肪や筋肉がほとんどないため、 脳は頭蓋骨によって守られています。 その頭蓋骨を守っているのが髪の毛なのです。

例えば転んで頭を撃ったり、どこかで頭をぶつけてしまった時に 髪がその衝撃を吸収してくれる事もあります。

髪の毛はその内部に小さな空気をたくさん含んでいます。 一本一本の髪の空気は小さくても、髪全体ではたくさんの空気が集まることになります。

その空気が、衝撃に対してクッションのような役割を果たしてくれる事になり、 それによって髪の毛が頭部を守っています。

紫外線を防ぐ

2つ目の役割は紫外線からの頭部の保護です。

紫外線にも色々な種類がありますが、紫外線の中には様々な病気の原因となるものもあります。 髪の毛は頭皮を覆うことで、紫外線が直接頭皮に届くことを防いでくれている役割もあります。

体内の老廃物の排出

食事をすれば、食品添加物や保存料が体に取り込まれ、 外を歩いているだけで、排気ガスを吸ったり空気中の有害物質を吸い込んでいます。

この有害物質を老廃物として体外に排出しているのが髪の毛の大きな役割と言われています。

髪が長ければ長いほど体外に排出することが出来る老廃物の量も増えてくるそうなので、長い髪はその分有害物質を体外に出してくれると言えそうですね。

髪にもいろいろな役割があるんですね
髪にもいろいろな役割があるんですね

髪にはこんな役割があったなんて、ご存知でしたか?

人間の栄養は、脳や身体機能など大切な部分に優先的に送られ、髪の毛や爪などの末端部分に栄養が届くのは最後の方になると言われています。 そのため、髪が整っていると言うことは、全身にくまなく栄養が行き渡っている証拠と言えるかもしれません。

また、髪の毛はストレスからも影響を受けると考えられています。 ストレスを過剰に受けているサインの1つとして抜け毛やはげなど髪の状態の変化が挙げられています。

つまり、髪の状態は身体的にも精神的にも健康状態なのかどうかを表すバロメーターと言えそうですね。

太さや髪の状態で健康チェック

髪の毛が細くなっていたり、薄くなっているということは、 全身にくまなく栄養が行き渡っていない一つの証拠であるとも考えることもできます。

健康な人の髪はある程度の太さがあるのに対して、髪が薄い人は髪の毛が細いと言われています。

そのため、髪の毛が細かったり、薄くなってしまっている人は、もしかしたら体の栄養状態も悪くなっているかもしれません。

抜け毛で見る健康状態

実は、抜け毛も健康状態を表しています。 髪の毛が抜けたら、その毛根をよく見てください。

毛根がぷくっと丸くなっている状態は自然に抜けた毛根の可能性が高いです。

しかし、毛根がまっすぐの状態になっているときは、栄養状態の偏りを示している場合があります。

また根元がギザギザしていると、それはストレスの表れとも言われていますので、 自分の生活を見直してみましょう。

髪の状態から健康チェック?
髪の状態から健康チェック?

髪と健康って密接に関連しているのか。。。

髪の毛が影響を与えるのは健康面だけではありません。

髪の毛はその人の一部であり、髪型は自己表現の一つの方法になっていますね。 では次に、髪型が心理的側面に与える影響についてお伝えしていきますね。

髪型が自分や周囲に与える心理効果は?

人の印象は第一印象で大きく決まると言われています。

ある研究では、同じ人が全く異なった髪型をしている写真を見せて、その印象を比較しています。

すると、髪型以外の服装などを全く同じ条件にしても、髪型によっては積極的な人と捉えられたり、 情が熱い人だと捉えられるなど、髪型によって推測される性格が異なっていたそうです。

また、失恋をしたら髪を切って気持ちをすっきりさせる人なども居ますよね、髪型は自分自身の気持ちにも影響を与えてくれる事もあります。 髪型を変えることは自分自身の気持ちを明るくし、すっきりした気持ちになれることも多く、自分に対する自信を高めてくれると思いませんか?

髪型は周りの人からのイメージや、自分自身に対するイメージを作る際に大切な役割を果たしていると言えそうですね。

髪型による第一印象が性格特徴を推測させ,その後多種多様な正確な情報が提示されても修正されにくくなることが予想される。

文京学院大学研究紀要Vol.3, No.1, pp.1~11, 2001
短髪黒髪は誠実そう??
短髪黒髪は誠実そう??

女性でも、長髪は女性らしい印象を与えたり、短髪ははつらつとした印象を与えるなど、髪型ってその人の第一印象に大きく関与しているんですね。

結論としては「髪の毛はあったほうが良い」ということになりそうですね。 髪は体の健康を維持しその人の個性の一部であり、 髪があることでよりその人らしい人生を送るきっかけとなりえますね。

自分に自信を持ち、健やかで豊かな人生を送る一歩として、 自慢の髪を手に入れ、大切に育てていきたいですね。

髪の毛は個性の一部
髪の毛は個性の一部

自分らしい髪型で、自分らしく人生を送っていきましょう

でも、そんな大切な髪の毛って、どうしたら健康的に維持することができるのでしょうか。

髪の毛を維持する方法にはいろいろなものがありますが、、今日はその中でも日常生活で取り入れることができるものをお勧めします。 ぜひ今日から試してみてください。

①髪の毛によい食品を摂る

良質な髪の毛を維持するためには食生活を整えることも大切になってきます。

髪の毛は「ケラチン」というアミノ酸が結合したタンパク質を主成分としています。 そのため、髪の成長に欠かせない成分と言えますね。 タンパク質を多く含む食品は、肉・魚。卵などがあります。

「ケラチン」と合成する際に必要となってくるのが亜鉛です。 不足すると「ケラチン」の合成が滞り、抜け毛の原因になると言われています。 亜鉛を多く含む食品として、牡蠣・豚肉・卵などが挙げられています。

亜鉛の働きをサポートしてくれるのがビタミンB群です。 ビタミンB群は、頭皮の環境を整える役割も果たしてくれるそうです。 ビタミンB群は、レバー・大豆・マグロなどに多く含まれているとされています。

これらの食品をバランスよく取ることで、髪の毛に良いとされる成分を取り入れていってください。

②頭皮の環境を整える

髪を維持するためには、頭皮の状態を清潔に保つことも大事です。 そのためには、適切なシャンプーを行うことが大切になってきます。

シャンプーとは本来頭皮をマッサージするという意味の物だそうです。 マッサージを行うことで血行が良くなり、栄養が行き届くようになると考えられています。 一方で力を入れすぎると頭皮を痛めることになってしまいます。

適切なシャンプーは洗髪前から始まります。 まずは丁寧にブラッシングをして汚れを落としましょう。 シャンプーを付ける前にお湯で軽く洗い流してください。 これをゆすぎと言いますが、これで大半の汚れを落とすことが出来るそうです。

次にシャンプーです、大切なのは頭皮をマッサージすること。

髪の毛を洗う事より頭皮を洗うことを意識してみましょう。 最後にすすぎです。シャンプーが残っていると汚れとなり、頭皮の環境を悪くする可能性がありますので、しっかりと洗い流すようにしましょう。

頭皮を清潔な状態に保ちましょう
頭皮を清潔な状態に保ちましょう

あなたも今日から頭皮美人♪

③育毛剤を使用する

育毛剤を使用することも薄毛対策の一つの方法になります。

育毛剤は、自信の今の毛髪を育てることによって薄毛にアプローチしてくれます。

今では研究が進み、頭皮への刺激が少なく、健康な頭皮の状態をキープする事が期待される育毛剤も発売されています。

髪の毛は見た目の印象を決めるだけでなく、身体的な健康や精神的な健康にも影響していたようですね。 自分の髪をしっかりチェックして、健康状態を把握していきましょう。 美容院などで髪の状態を見てもらうこともよいと思います。

自分の髪を大切に維持し、心身ともに健康になることを、一緒に意識していきましょう。 髪の毛のためにできること、今日から始めてみませんか。