目次

  1. 縮毛矯正で髪が傷んだ…ダメージケアはどうしたらいいの?
  2. 縮毛矯正によるダメージは避けられないがケアする方法はある!
  3. 縮毛矯正する前にできる、ダメージを少しでも減らす工夫
  4. 縮毛矯正によるダメージヘアのケア方法
  5. ダメージケアをしっかり行なって、縮毛矯正後も綺麗な髪を保とう!
縮毛矯正でダメージヘアに…
縮毛矯正でダメージヘアに…

自分でできるケア方法をご紹介します!

くせ毛に悩む人にとって強い味方である縮毛矯正。

しかし、縮毛矯正を行うことで新たに生まれてしまうのが、髪のダメージへの悩みです。

皆さんは縮毛矯正による髪のダメージケアは、どのように行なっていますか?

今回は、縮毛矯正でダメージを受けてしまった髪のケア方法をご紹介します。

簡単な方法も多いので、今行なっているヘアケアとあわせて、ぜひ実践してみてください。

残念ながら縮毛矯正によるダメージは、避けられません

理由は、縮毛矯正の仕組みそのものにあります。

髪の毛はシスチンというというタンパク質の一種でできていますが、くせ毛の度合いはこのシスチンがどのように結合しているかによって決まります。

くせが強くうねりのある髪は、それだけシスチンがズレた形で結合しているのです。

縮毛矯正は、1剤と呼ばれる薬剤でシスチンの結合を一旦切り離し、アイロンで髪をストレートにしたあと、2剤と呼ばれる薬剤で再結合させることでストレートな髪をキープ

ただ、1剤でシスチンの結合を切り離すことが、ダメージに繋がってしまうのです。

こうした仕組みから、縮毛矯正はどうしても髪にダメージを与えてしまうのですが、工夫次第でダメージを抑えることは可能です。

縮毛矯正する前に、可能な限りダメージを減らす工夫を3点紹介します。

  • 美容室で縮毛矯正を行う
  • 縮毛矯正が得意な美容室を選ぶ
  • 縮毛矯正する頻度を減らす

これから縮毛矯正をする、という方はぜひこちらも参考にしてくださいね。

美容室で縮毛矯正を行う

髪のダメージを抑えたいなら、自分で縮毛矯正を行うのはNGです。

今では、ドラッグストアなどで自宅用の縮毛矯正の薬剤を購入することが可能です。

でも自分で縮毛矯正を行うとなると、後ろにうまく手が回らないなど、やりにくいことも多いですよね。

これが髪のダメージに繋がってしまう可能性があるのです。

たとえば、1剤をつけたあとのヘアアイロン。

アイロンを強くしすぎると、髪の毛に余計な負担がかかってしまいます。

さらに、縮毛矯正を自宅で行うリスクは髪のダメージだけでなく、頭皮への負担も挙げられます。

縮毛矯正に使用する薬剤は刺激な強いため、通常は頭皮につかないように行われますが、自分で行うと頭皮についてしまうことも。

場合によっては髪のダメージどころか、頭皮のかぶれや炎症に繋がることもあるので注意しましょう。

縮毛矯正が得意な美容室を選ぶ

縮毛矯正は、かなりの技術を必要とする施術です。

そのため、縮毛矯正を得意とする美容室を選んで行なってもらうのがおすすめです。

いつも通っている美容室で行なってもらうのも良いですが、その美容室・美容師さんが縮毛矯正を得意としているかどうか、一度調べてみましょう。

縮毛矯正を多く行なっており、得意としている美容室・美容師さんなら、髪の状態に合わせて薬剤の調整や放置時間などを見極めてくれます。

さらに、アイロンの技術もしっかりしており、髪へのダメージを軽減できる可能性がありますからね。

縮毛矯正する頻度を減らす

縮毛矯正は1度行なっても、髪が伸びるとまた行わなければなりません。

そのため、頻繁に縮毛矯正を行う人も多いでしょう。

しかし、あまりに頻繁に縮毛矯正を行うことはおすすめできません

1度行なっている毛先などは避けて行うとしても、同じ箇所に全く薬剤をつけずに施術を行うのは難しくなります。

何度も薬剤が付着した箇所は、髪へのダメージが大きくなってしまいます。

さらに、髪の根元付近を頻繁に縮毛矯正することで、薬剤が頭皮についてしまうリスクも高まります。

縮毛矯正の周期は、早くても3~4ヵ月程度に留めておきましょう。

こちらでは、縮毛矯正後のダメージをケアする方法を5つご紹介します。

  • アミノ酸系のシャンプーを使用する
  • 髪の補修ができるトリートメントを使う
  • 髪への負担が少ない方法で洗髪する
  • 髪への負担が少ない方法で乾かす
  • ブラッシングは優しく行う

できるところから始めて、ダメージをケアしていきましょう。

アミノ酸系のシャンプーを使用する

髪のダメージが気になる場合は、アミノ酸系の洗浄成分を使用したシャンプーを使うのがおすすめです。

シャンプーの洗浄成分は、高級アルコール系、アミノ酸系、石鹸系の3つに分けられますが、アミノ酸系の洗浄成分は洗浄力が弱く髪に優しいのが特徴。

洗浄力が低いとはいえ、頭皮を清潔に保つ効果はあるので、不潔になるといった心配はありません。

また、アミノ酸は私たちの身体を構成している大元の成分でもあり、髪を健やかに保つことができます。

アミノ酸系の洗浄成分のシャンプーは、成分一覧の最初の方にタウリン・グルタミン・アラニン・サルコシンといった言葉を含む成分が含まれているのが目印。

縮毛矯正による髪のダメージが気になる方は、ぜひ一度アミノ酸系のシャンプーを試してみてください。

\ヘアラボで人気のアミノ酸シャンプーはコレ/

ダメージの補修ができるトリートメントを使う

女性なら、多くの人がトリートメントを使っているかと思います。

しかし、トリートメントと一言で言っても種類はさまざま。

髪のダメージが気になる場合は、ダメージの補修を目的としたトリートメントを使用するのがおすすめです。

トリートメントはあくまでもダメージ補修ができるものであり、ダメージがなくなる、治るということはありません。

それでも、髪を保湿しコーティングしてくれるので、指通りや見た目はよくなります。

縮毛矯正による髪のダメージやパサつきが気になる方は、トリートメントにもこだわってみてください。

\ダメージケアに特化したトリートメントは?/

髪への負担が少ない方法で洗髪する

髪へのダメージは、普段のシャンプーの仕方でも増えてしまう可能性があります。

シャンプーによるダメージの原因は摩擦

髪と髪をこするような方法でシャンプーを行うと、キューティクルが傷ついてしまうのです。

髪の毛を擦り合わせてシャンプーを泡立てることはおすすめできません。

シャンプーは、手のひらでよく泡だててから、頭につけましょう。

また、洗う時は髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージで優しくマッサージするように洗います。

そうすることで、髪に余計な負担をかけずに洗髪することができます。

ヘアラボおすすめの洗髪方法はこちら→

髪への負担が少ない方法で乾かす

髪のダメージを減らすためには、しっかりと乾かすことも重要です。

髪の毛は濡れることでキューティクルが開きます。

キューティクルが開いている状態というのは、髪がダメージを受けやすい状態でもあるのです。

そのまま寝てしまったり、放置するとその分髪には大きなダメージが。

このダメージを防ぐためにも、タオルドライとドライヤーでしっかり乾かす必要があります。

タオルドライは、ゴシゴシと拭くのではなく、優しく髪の水分をとるイメージで行いましょう。

またドライヤーを長時間使うと、熱によってまた別のダメージを髪に与えてしまうことに。

同じ箇所に当て続けないように注意しながら、髪の根元から毛先にかけて乾かしましょう。

根元から毛先にかけて乾かすことで、キューティクルの流れに沿って乾かすことになり、綺麗にキューティクルを閉じ、髪のダメージを防ぐことができます。

ヘアラボおすすめの乾かし方をチェック→

ブラッシングは優しく行う

髪へのダメージをケアする上で、ブラッシングも注意したいことの一つです。

ブラッシングを乱暴に行うと、摩擦によって髪のダメージがひどくなってしまうのです。

お風呂に入る前や洗髪をした後、スタイリングの際などブラッシングを行う場面は多いですよね。

そのダメージが蓄積されれば、縮毛矯正でダメージを受けた髪はさらに、傷んでしまいます。

ブラッシングを行う際は、根元から毛先にかけて、優しく行いましょう。

根元から毛先に向けて、キューティクルの流れに沿ってブラッシングすることで、髪への余計な負担を避けることができます。

縮毛矯正による髪のダメージは、避けることができません。

しかし、美容室で行なってもらったり、縮毛矯正の頻度を減らすことで、ある程度髪へのダメージを避けることができます。

さらに、縮毛矯正後のヘアケアで、ダメージをさらにひどくしない工夫も可能です。

縮毛矯正によるダメージが気になる方は、ぜひ今回ご紹介したヘアケアを実践してみてくださいね。

【今回ご紹介したヘアケア方法まとめ】

■縮毛矯正する前にダメージを減らす工夫
美容室で縮毛矯正を行う
縮毛矯正が得意な美容室を選ぶ
縮毛矯正する頻度を減らす

■縮毛矯正後のケア方法
アミノ酸系のシャンプーを使用する
ダメージ補修ができるトリートメントを使う
髪への負担が少ない方法で洗髪する
髪への負担が少ない方法で乾かす
ブラッシングは優しく行う