目次

  1. なんだか髪の毛に元気がない...
  2. 髪の毛に元気がないってどんな状態?
  3. 髪の毛に元気がない時に考えられる原因とは?
  4. そのまま放っておくとどうなるの?
  5. 髪の毛に元気がないと感じる人はこの対策方法を!
  6. こんな人は髪の毛が傷みやすいので要注意...
  7. シャンプーで頭皮環境を健やかに保つなら
  8. 髪の毛に元気がないと感じたら早めの対策を!

最近自分の髪の毛の変化を薄々感じている人いませんか? 見て見ぬふりをしたいと思っている人も。

髪の毛に元気がないような気がするけど、薄いわけじゃないし 大丈夫だよね?と自問自答している人は、早めの対策を取りませんか?

髪の毛の変化を見逃しているかもしれません!

髪の毛に元気がない気が、、、
髪の毛に元気がない気が、、、

髪の毛のボリュームがなくなった? 髪の毛が細くなった? 髪の毛のハリ・コシがなくなってきた?

髪の毛に元気がないというのは薄毛とは違うのでしょうか。 薄毛とは言いにくいですが薄毛前兆と言えるかと思います。

髪の毛にハリやコシがなくなりボリュームがなくなってきた状態は 髪の毛1本1本が何らかの原因で痩せてしまい、元気がないと考えられます。

髪形をセットしようとしても、髪の毛がうまく立たなくなってきている人は まさに髪の毛に元気がないという状態でしょうか。

髪の毛が立たなくなったら元気がないサイン?
髪の毛が立たなくなったら元気がないサイン?

以前は髪の毛がツンツン立っていたのに 最近なかなか髪形が決まらないと 思っているあなた。 セットの仕方ではなく髪の毛の 元気がないのかも?

髪の毛に元気がないのはなぜなのでしょうか? 原因に心当たりがある人もいるかもしれませんね。

対策するにも原因が不明では対策しようがありませんよね。 考えられる原因をいくつか挙げてみました。

①加齢

髪の毛だけに関わらず、肌や内臓にも言える事ですが、 加齢と共に身体は衰えていきます。

それは髪の毛も例外ではなく、加齢により頭皮が衰え 髪の毛を作る細胞自体も弱くなる傾向があります。 それにより、生えてくる髪の毛は元気がないと言えるのですね。

若くして髪の毛に元気がない場合は他の原因が考えられるかも、、、。

②頭皮へのダメージ

若い人で髪の毛に元気がないと感じている人は頭皮へのダメージが 蓄積された結果かもしれません。

頻繁にカラーパーマをしていたり、長い時間紫外線を浴びると 頭皮への刺激が強すぎて、頭皮が弱ってしまうことがあります。

シャンプーなどの頭皮ケアも雑に行っていると汚れや皮脂が残り やはり頭皮環境が悪くなりますので髪の毛の元気がなくなる原因になると考えられます。

③乱れた食生活

人間の体は細胞の集まりで、細胞は栄養補給をして健康な状態を保とうとします。 栄養が偏れば身体の不調もでてきますよね。

髪の毛も必要な栄養素が取れなければ元気がない状態になってしまう可能性があります。

現代の生活環境では食生活が乱れやすい事も多いですよね。 ですが、少しでも心がけることで髪の毛に良い食べ物、飲み物を 積極的に取っていくことは可能ですよね。

バランス良い食事を!
バランス良い食事を!

一日3食、しっかり食べることから 始めませんか?

④睡眠不足やストレス

薄毛や抜け毛の原因でよく言われるのが、睡眠不足ストレスです。 髪の毛の元気がないという状態は、薄毛への第一歩とも言われていますので、 もちろん、睡眠不足やストレスも影響してきそうですね。

睡眠不足やストレスで自律神経が乱れたりホルモンのバランスが崩れる為、 細胞の成長や修復を妨げてしまう恐れがあるのです。

睡眠不足で身体が疲れていたり、普段からストレスを発散できずにいる人は 髪の毛の元気もなくなってしまうかもしれませんよ。

髪の毛の元気がないのは最近疲れてるから、忙しいからと そのまま放っておくとどうなるのでしょうか?

最初にも少し触れましたが、髪の毛の元気がない状態は薄毛前兆 の可能性もあります。

薄毛ハゲになる可能性があるならば、早めに対処したいですよね。

元気がないだけだと簡単に思わないで!
元気がないだけだと簡単に思わないで!

髪の毛に元気がないと感じている人は 対策を取ることも考えてみては??

原因によって対策は異なりますが、普段の生活の中で出来ることから 始めましょう。

髪の毛に元気がないと感じている人は、こんな方法で対策してみては いかがでしょうか?

⑴普段の生活習慣を見直す

乱れた食生活を改善したり、睡眠時間を十分に確保してみましょう。

ストレス解消や身体の血流を良くするために身体を動かしたり マッサージなど、リラクゼーションを利用するのもいいですね。

⑵頭皮ケア

まずは毎日のシャンプーを丁寧にすることから始めましょう。

刺激の少ないシャンプーに変え、頭皮をマッサージするように 洗いましょう。泡をしっかり洗い流すことも忘れずに。

カラーやパーマは少しお休みすることも必要かもしれません。

毎日の積み重ねが大事
毎日の積み重ねが大事

日々の生活習慣を見直し、頭皮ケア心がけましょう

せっかく生えてきた髪の毛が痛んでしまっては 髪の毛に元気がないように見えてしまいます。

それはもったいないですよね。

髪の毛が痛みやすい人をまとめました。

①シャンプーが雑な人

シャンプーは丁寧にするのが基本ですが、雑に行っていませんか?

髪の毛の表面にはキューティクルがあり、これが剥がれてしまうと 髪の毛が痛んで見える事が多いです。

濡れた状態の髪の毛はキューティクルが膨れ上がり摩擦によって 剥がれやすくなっていると言われています。

濡れた髪の毛を力強く洗ったり、タオルで拭くときも力一杯 拭き上げている人はキューティクルを傷つけているかもしれません。

②カラーやパーマを頻繁にする人

カラーもパーマも髪の毛に薬剤を発布するので髪が痛むと考えられますよね。

何度も繰り返すほど、髪の毛はダメージは増えます。

頻繁にすることは控え、髪の毛が痛んでいると感じた時は カラーやパーマはしないようにしましょう。

③紫外線を長時間浴びる人

紫外線はお肌にも髪の毛にも大敵です。

長時間紫外線を浴びるときは通気性の良い帽子をした方が 髪の毛へのダメージは防げるそうです。

短時間であればさほど問題ないようなのですが、長時間ですと ダメージが蓄積され、髪の毛が痛む原因にもなりうります。

カラーやパーマをするならプロに頼もう!
カラーやパーマをするならプロに頼もう!

カラーやパーマをする時は 美容院でしてもらいましょう。

髪の毛が弱いなら強くしましょう! シャンプーで強い髪の毛が作れるかもしれません。

美容師も頭皮環境を保てると言う チャップアップシャンプー

弱酸性のノンシリコンシャンプーで、無添加のシャンプーです。

髪の毛のハリ・コシさせる為の成分も配合されているとのこと。

シャンプーで対策するならチャップアップシャンプーをおすすめしますよ。

髪の毛にハリ・コシ・ボリュームがなくなってきたり、髪の毛が立たなくなったら 元気がないサインだと思って対策しましょう。

薄毛への第一歩を防ぐためにもシャンプーで対策したり、 生活習慣を見直しましょう。

手遅れになる前に、髪の毛に元気がないと気付いた時点で 対策を取る事が大切と言えそうですね。