目次

  1. 抜け毛予防に最適なシャンプーの頻度とは?
  2. 髪の毛、どのくらいの頻度で洗っていますか?
  3. そもそも髪の毛は洗ったほうがいいものなの?
  4. 抜け毛の予防におすすめのシャンプーの頻度とは?
  5. シャンプーの選び方や抜け毛予防のための洗い方とは?
  6. 抜け毛予防のためにもシャンプーの頻度は適切に!

シャンプーによって頭皮を清潔にすることは抜け毛予防になる、というイメージを持っている人は多いかもしれませんね。

確かに毎日の洗髪は頭皮の健康のためには欠かせません。 でも、洗いすぎると逆効果になってしまう場合もあるということを知っていましたか?

そこで今回は、抜け毛予防のために最適なシャンプーの頻度に迫っていきます!

シャンプーはどれくらいの頻度でしたらいい?
シャンプーはどれくらいの頻度でしたらいい?

抜け毛を予防するために最適な頻度を考えていきましょう。

世のみんなはどれくらいの頻度で髪を洗っているのか…まずはそれが気になりませんか?

統計を見ると、半分以上の人が1日1回は洗っているとのことでした。 お風呂やシャワーは毎日入るという人がほとんどだと思いますので、その時に洗っていると思えばこの結果は頷けるかもしれませんね。 でも、2日に1度という人、更に3日に1度という人もいる様子。 中には「できるだけ洗わないほうがいい」という主張も…

抜け毛防止のためのシャンプーの頻度、一体どれが正解なのでしょうか?

シャンプーの頻度のお話をしてきましたが、そもそも本来、髪の毛は洗うべきなのでしょうか? 明らかに汚れた時は別として、髪に何もつけなければ別に洗わなくてもいいのでは…?

ここではそんな疑問を解消していきましょう。

髪の毛は本来洗うべき?
髪の毛は本来洗うべき?

もしかして洗わないほうがいいこともあるのでしょうか。

髪の毛を洗いすぎるとどうなるの?

まず、髪の毛を洗いすぎてしまうとどうなるのでしょうか。

1日に何度も髪を洗って清潔にしておくことは一見良いことのように思えるかもしれませんね。 でも実はこれ、逆効果の可能性があるんです。

髪を洗う時には髪や頭皮の皮脂を洗い流すことになりますよね。 でも適度な皮脂は髪や頭皮を守ってくれるもの。 何度も髪を洗ってしまうとバリア機能が弱ってしまうため、抜け毛が増える原因にもなってしまいます。

髪の毛を洗わなすぎるとどうなるの?

洗髪のしすぎが髪や頭皮にとって逆効果だというお話をしましたね。

だったら逆に髪の毛をずっと洗わずにいれば良いのでは? そう思う人もいるかもしれません。

でも実はこれも逆効果の可能性があります。 髪の毛をずっと洗わずにいると、今度は皮脂がどんどん溜まっていってしまいます。 さらに毎日の生活でついたホコリなども蓄積してしまうので、毛穴を塞いだり頭皮の炎症を起こしてしまうことも…

洗髪は適度な頻度でやっていくことが大事だということです!

お湯や水だけでも頭皮の汚れは落とせるの?

髪を洗うというと、シャンプーなどの洗浄剤を使うことを想定している人も多いかもしれませんね。 でも、お湯や水だけでもある程度は頭皮の汚れを落とすことはできるんですよ。

実は余計な皮脂を落とすだけなら水道水だけでも十分だと言われているんです。 更にお湯にすると洗浄力は上がっていきます。

ただ、現代は空中を色々な化学物質が飛び交っていますよね。 それを思うと皮脂以外の汚れも髪の毛には多くついているはず… ですから水やお湯だけでなくシャンプー剤も適切に使っていくことをオススメします。

髪の毛はシャンプー剤を使って適度な頻度で洗っていくことが大事だというお話をしてきました。

では、抜け毛の予防をするためにオススメのシャンプーの頻度とはどれくらいなのでしょうか? よく読んで参考にしてみて下さい!

綺麗な髪を維持するためのシャンプーの頻度は?
綺麗な髪を維持するためのシャンプーの頻度は?

抜け毛を予防するためにはどういったことに心掛ければいいのでしょうか。

シャンプーは「基本的に」1日に1回がおすすめ!

抜け毛を予防するためのシャンプーの頻度としてオススメなのは、基本的には1日1回です。

先ほどの項目で、髪の毛は洗いすぎても洗わなすぎてもNGというお話をしましたよね。 両方のことを考えるとこのくらいの頻度が一番ということになります。

ただ、これはあくまでも「基本的」なお話。 泥まみれになったとかいつもよりも多く整髪料を使った…等の特殊な事情があった時は、複数回のシャンプーも問題ありませんよ。

シャンプーは朝よりも寝る前に行うのがいいのはどうして?

シャンプーの頻度の次は、時間帯のお話です。

毎日のシャンプーをするのにオススメなのは断然「夜、寝る前」。 えっ、朝にシャンプーしたほうが気持ちいいのに…と思う人もいるかもしれませんね。

でも朝出かける前にシャンプーをすると、どうしても急いでしまってシャンプー剤が十分にすすぎきれないことがあるかもしません。 これでは頭皮トラブルの原因になってしまうことがあると思いませんか?

そして夜にシャンプーをオススメしたい最大の理由は、寝ている間の育毛を促すこと。 これについては次の項目で詳しくお伝えしますね。

髪の毛のゴールデンタイムには何が起こっているの?

シャンプーをするのは夜、寝る前がオススメだというお話をしました。 実はこれ、髪の毛のゴールデンタイムという考え方が元になっています。

夜10時~夜中2時までの時間帯はゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンが多く分泌されます。 この時間に睡眠を取ることで、綺麗な髪の毛を作るための細胞分裂が活発に起きるというわけですね。

この時に大事なのが、頭皮の健康です。 シャンプーでしっかり汚れを落として清潔な状態にしておけば、髪の毛がより正常に作られていくと思いませんか? そのためにも寝る前のシャンプーは大事なんですよ。

抜け毛を減らすためのシャンプーの頻度や時間帯についてがわかってきたかと思います。

次は、抜け毛をより効果的に防止するための洗い方についてご説明していきますね。 ご自身のシャンプー方法とちょっと比べてみてください!

正しいシャンプーの方法とは?
正しいシャンプーの方法とは?

抜け毛予防に効果的なシャンプーのしかたを押さえておきましょう。

自分に「合っていない」シャンプーってどんなシャンプー?

シャンプーの方法をご説明する前に、まずは基本の「シャンプーの選び方」をご紹介しましょう。

シャンプーなんてどれを選んでも同じでしょ?と思っている人もいるかもしれませんね。 でも、シャンプーを変えることで頭皮の環境がガラッと変わることもあるんですよ。 自分の頭皮にとって良くないシャンプー=自分に合っていない、と思ってみて下さい。

自分に合ったシャンプーをきちんと選ぶことが、正しいシャンプーの第一歩です。

シャンプー選びは慎重に!

シャンプーを選ぶときに注意したいのが、刺激が強くないものを選ぶことです。

シャンプーをしていて、洗っているはずなのに頭皮がかゆくなったり、何となく肌が浮いた感覚になったという経験はありませんか? そういう場合はシャンプーが肌に合っていない可能性があります。

市販のシャンプーには化学合成された成分が入っていることが多く、こういった成分は肌への刺激になる場合も。 できるだけ自然由来の成分で、刺激の弱いシャンプーを選ぶことをオススメします。

頭皮を傷めないシャンプー方法とは?

自分に合ったシャンプーを選んだら、あとはきちんと洗うだけ。

正しいシャンプーの第1段階は、予洗いです。 お湯で髪を十分にすすぐことで、余計な汚れを落としてシャンプーを泡立てやすくすることができます。

その後はシャンプーをしっかり泡立てて洗いましょう。 この時に注意したいのが、決して爪を立てないこと。 指の腹で優しくマッサージするように洗うようにしてみてくださいね。

シャンプーはしっかり泡立てて優しく!
シャンプーはしっかり泡立てて優しく!

正しくシャンプーすることで抜け毛を予防することができます。

頭皮マッサージはなぜ抜け毛予防に有効なの?

頭皮マッサージは抜け毛防止に有効と言われていますが、その理由を知っている人は案外少ないかもしれませんね。

頭皮マッサージの効果として期待できるのは、頭皮の血行促進です。 髪の毛が成長する時には血液から栄養を受け取ることが大事なのですが、血行が悪いとこの働きが弱くなってしまいますよね。

血行促進のためにマッサージをすることは、抜け毛予防にとって大事だというわけなんです。

洗髪後はドライヤーで素早く乾かす

さて、シャンプーが終わったら今度はしっかり乾かすことが重要です。

というのも、濡れている髪の毛はキューティクルが開いた状態になっています。 そのまま放っておくと髪の毛がどんどん傷んでしまうと思いませんか? 髪の傷みは抜け毛を促す可能性もあるんですよ。

洗髪後はしっかりタオルドライをして余計な水気を取り、素早くドライヤーで乾かすようにすることをオススメします!

抜け毛予防のためのシャンプーの頻度や正しい洗髪方法、いかがだったでしょうか。 シャンプーの頻度は適度に、そして優しく洗うことがポイントですよ。

毎日のシャンプーで抜け毛を予防して、ぜひ綺麗な髪を手に入れて下さいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。