目次

  1. 妊娠初期の抜け毛は多くの女性の悩み
  2. 妊娠初期は抜け毛が増えるって本当?
  3. なぜ妊娠初期に抜け毛が増えるの?
  4. 妊娠初期の抜け毛、ストレスを感じる場合の対策は?
  5. 妊娠初期の抜け毛を増加させないためのヘアケアは?
  6. 妊娠に伴う抜け毛は回復できる!必要以上に怖がらないで

妊娠初期から始まる抜け毛は妊娠の常識とも言えます。 それくらい、抜け毛が増えるのは当たり前の現象なのです。 知っている。 でも、抜けた髪を見ると平静ではいられない。 なんとかして抜け毛を止めたい。せめて、少しでも減らしたい。 悩める妊婦さんのその願いを叶えましょう。

初めて経験した時に
初めて経験した時に

ドキっとしなかった妊婦はいないでしょう。

はい、本当です。 妊娠初期から出産後にかけて抜け毛は増えます。 全員が全員、大量に抜けるという訳ではありません。 妊娠初期、後期は抜け毛は少ない人もいます。 出産後から始まる人もいます。 パターンは色々なのです。

そんな抜け毛に関わってくるのが、エストロゲンプロゲステロン。 この二つのホルモンについて説明します。

抜け毛は減らせます
抜け毛は減らせます

妊娠初期からケアを始めましょう。

女性の髪を支えるエストロゲンとは?

エストロゲンは女性ホルモン(卵胞ホルモン)の事です。 女性らしい丸みを帯びた肉体を作り、美しい髪を作るのに大切なホルモンと言われています。 また、妊娠しやすい体にするのもエストロゲンの力だそうです。

そんなエストロゲン。 肉体だけではありません。精神にも関わっています。

更年期障害もエストロゲンの減少が影響してるそうです。

妊娠に伴い増加するプロゲステロンとは?

プロゲステロンも女性ホルモン(黄体ホルモン)の事です。

妊娠をしやすい体を作り、妊娠を維持してくれるそうです。 ほかにも子宮内膜を厚くしたり、食欲増進、基礎体温をあげたりします。 このように、プロゲステロンを増える事で、妊娠しやすくなると言われています。 子供が欲しい人にはプロゲステロンは大切なホルモンのようですね。

妊娠中はプロゲステロンが優位になる

片方が増えると、片方が減るのが女性ホルモンです。 しかし、妊娠初期からプロゲステロンが増え続けます。 妊娠を維持するにはプロゲステロンが必須と言われています。 妊娠初期に熱ぽっくなったりするのも、プロゲステロン増加の兆候だそうです。 この増加は妊娠初期から出産まで続きます。 出産を終えればプロゲステロンは減少し、通常に戻ります。 増加するのは、妊娠中だけの現象と言われています。

妊娠するという事は体にとっても、一大事です。 胎児を育てる為にしなければならないことはたくさん。 妊娠初期に抜け毛が増えるという現象もその過程なのです。 でも、その原因は何なのでしょう? 知る事で予防も出来ますよ。

妊娠、出産後の抜け毛
妊娠、出産後の抜け毛

安心してください。 お約束のようなものです。

ホルモンバランスの変化

妊娠初期の抜け毛はプロゲステロンが原因です。 女性ホルモンは、本来、美しく豊かな髪を産みだすと言われています。 ただ、妊娠中は、ホルモンのバランスが乱れやすいものです。 プロゲステロンは妊娠を維持する性質があります。 ですから、妊娠初期から出産まで、ひたすら増加し続けます。 そのため、普段より違う環境になり、妊婦の体には様々な事が起きます。 妊娠初期に抜け毛が増えるのも、そのひとつなのです。

ヘアサイクルの乱れ

プロゲステロンは、髪の成長サイクル促進にも関わってるそうです。 女性が男性より髪が豊かなのは、プロゲステロンのおかげです。 しかし、妊娠した時は、そのホルモンにも変化が起きます。 プロゲステロンは妊娠にも大きく関わっているからです。 妊娠初期からプロゲステロンは胎児の成長に力を集中します。 その為に、ヘアサイクルが乱れてしまうようです。

ストレスの影響

性別、年齢に関わらず、ストレスは抜け毛の原因とされています。 普段の生活だけでも、感じるのがストレスです。 妊娠すれば、今まで通の生活もしにくく、 ホルモンのバランスも乱れます。イライラしやすい状態です。 「ストレスを感じない人が珍しい!」と思ってください。 こういう開き直りも妊娠中には必要ですよ。

妊娠初期に限らず、抜け毛は女性にはストレスの種。 妊婦全員が抜け毛に悩まされる訳でもないのもストレスです。 どうしたら妊娠初期の抜け毛を減らせるのか? 簡単なストレス解消法をお知らせします。

疲れを溜めない
疲れを溜めない

質の良い睡眠はストレス解消です。

抜け毛を必要以上に気にしない

気にするなと言われても、気になるものです。 だから、開き直りましょう。 「妊娠初期の抜け毛なんて、時間が解決してくれる」 「みんな悩んでる、私だけじゃない」 妊娠初期からの抜け毛は産後には減るようです。

妊娠初期からケアすれば、抜け毛を減らす事は出来ると思います。

上手なストレス発散方法を見つける

ストレスが避けられないならば、溜めこまないのが1番です。 1日1回は、ストレス発散しましょう。 ストレスは溜めこまずに、小さいうちに吐き出す。 疲労と同じで、大きくなってしまうと大変です。

掃除して、すっきり。おしゃべりで、すっきり。 自分に合った発散法をしましょう。

音楽や芸術鑑賞、ヨガもオススメ

マタニティヨガ教室が続いているのは効果があるからでしょうか。 体操にもなり、呼吸法も学べます。 何より自宅でもOKなのが嬉しいところですよね。

他にも、大好きな音楽などを見聞きするのもいいでしょう。 体調が心配、時間がないという人は有料放送がオススメです。 チュナーを繋げば、自宅でコンサートも映画もゆったりと見られますよ。 しかしコンサートと違うところは、トイレも食事も自由だということ。 見たいモノを我慢しない。これも有効なストレス解消のひとつです。

妊娠、出産による抜け毛を増やさない方法のひとつとして、。 頭皮をいたわって、頭皮に優しくする。事が大切と言われています。 それには、正しいヘアケアが大切です。 抜け毛に効果的とされる、簡単なヘアケア方法をまとめてみました。

ヘアケアはシャンプー後で
ヘアケアはシャンプー後で

洗髪後の育毛剤がオススメです。

頭皮ケアはしっかりと

育毛剤は抜け毛予防に効果的と言われています。 しかし、体が敏感になっている時期なので注意しましょう。 天然成分、無添加の女性専用育毛剤が良いと言われており、 特に、男性用育毛剤は使わないほうがいいでしょう。 抜け毛の原因が違いますし、頭皮へ負担がかかる事もあるそうです。 育毛シャンプーなども同様です。 女性は、女性用を使った方がよさそうですね。

シャンプーは刺激の弱いものを使用する

妊娠初期から、妊婦の体は敏感になっていきます。 パーマ、カラーリングが禁止になっているのも、その為です。 シャンプーも洗浄力が強いものは、頭皮が荒れる事があるそうなので、 汚れは取り、必要な皮脂は奪わないシャンプーがオススメです。 キーワードはノンシリコン、天然成分配合、アミノ酸シャンプーです。

頭皮マッサージを行う

毛根に栄養を送るのは血液なので、マッサージはオススメ。 抜け毛、薄毛には効果的とされ、髪が生えやすい環境を作ると言われています。 頭には、多くのツボがあるのでマッサージにいいのです。 頭が重い時にも、薬を飲まなくてもすっきりするのでおすすめですよ。

ただ、安定期くらいから始める事をオススメします。

妊娠初期から始まる抜け毛ですが、ほとんどの人が戻ります。 女性ホルモンの増減による抜け毛だからです。 出産し、体調さえ整えば抜け毛は止まります。 それに、妊娠中でもヘアケアで抜け毛は減ります。 安心ください。誰もが経験している事なんです。 ただ、1年以上抜け毛が止まらないという人は病院に。