目次

  1. ごっそり髪の毛が抜ける・・・どうしたらいい?
  2. 髪の毛が抜けるのには原因があります。
  3. 髪の毛が抜ける原因は?
  4. 髪の毛はどれくらい抜けたら危険なの?
  5. 髪の毛が抜けてしまう人におすすめの対策方法
  6. 髪の毛が抜ける原因については動画でもチェックしてみては!?
  7. 髪の毛が抜ける原因を正しく理解しよう

シャンプーの後、排水溝を見たら髪の毛がたくさん落ちている。

朝起きたら、枕に抜けた髪の毛がべったり。

こんな恐ろしい経験はありませんか?

髪の毛が抜けるのは普通のことですが、あまりにもたくさん抜けていると心配になりますよね。

でも大丈夫!

髪の毛が抜ける原因を突き止めて、まずは対策をしましょう。

髪の毛が抜ける原因を検証してみました。

髪の毛が抜けてしまう理由は人それぞれです。

ですが、髪の毛が抜けるには原因があります。

その原因を突き止めて除去することで髪の毛が抜けるのを防ぐこともできます。

ですから、まずは自分の生活を振り返って、髪の毛が抜ける原因が何なのかを考えましょう。

髪の毛が抜ける原因は1つとは限りません。 いくつかの原因が組み合わさっていることもあります。

髪の毛が抜ける原因を考えよう
髪の毛が抜ける原因を考えよう

自分の生活を振り返ってみましょう。

それでは髪の毛が抜ける原因を考えていきましょう。

大きく分けると

  • 血行不良
  • 生活習慣
  • ホルモン

といった原因が考えられます。

以下で詳しく説明しますね。

①血行不良

1つ目の原因は血行不良です。

私たちが口にした食べ物は消化器官で分解され、血液に乗って体中に運ばれていきます。

ですが、血行不良が起きてしまうと、血管が狭くなり血液が十分に流れていきません。 その分、血液中の栄養素も減ってしまう事につながるそうです。

髪の毛は心臓から遠いです。 実は血液が行き渡りにくい場所なのです。

血行不良によって少なくなってしまった栄養素は、体の他の器官が優先されてしまうそうです。

髪の毛に十分に栄養が届かないと、髪は抜け落ちてしまうそうです。

血行不良が原因で脱毛
血行不良が原因で脱毛

血行不良のせいで髪の毛に栄養が届かず、髪の毛が抜けてしまうことがあります。

②ストレス

ストレスも髪の毛が抜ける原因のひとつと言われています。

ストレスが溜まると、血管が収縮してしまい、流れる血液の量・栄養素の量が減ってしまうことがあるそうです。

つまり、先ほど説明した「血行不良」が起きてしまうのです。

血行不良になった結果、髪の毛が抜けてしまうこともあります。

③運動不足

続いては運動不足です。

仕事ばかりで運動を怠っていませんか? きっと体が凝り固まってしまっていると思います。

体が凝っているということは、血流が悪いということです。 先ほど説明した「血行不良」になって、髪の毛が抜ける可能性もあるのです。

運動をすると、ストレス解消にもなります。

②で説明した通り、ストレスも髪の毛が抜ける原因のひとつです。

適度な運動も必要ですね。

運動不足が髪の毛が抜ける原因?
運動不足が髪の毛が抜ける原因?

運動をして血行不良やストレスを解消しましょう。

④栄養不足

髪の毛が成長するのに必要な栄養が不足していると、髪の毛が抜ける原因になってしまいます。

髪の毛の成長に必要な栄養素を知っていますか?

タンパク質、亜鉛、ビタミン、カルシウム・・・、実に様々な栄養素が必要になります。

全ての栄養素をバランス良く摂ることが必要なのです。

⑤睡眠不足

睡眠不足も髪が抜ける原因の1つです。

体の細胞は、髪の毛も含め、夜の就寝中に盛んに分裂して成長します。

ゴールデンタイムは、午後10時~午前2時といわれていて、この時間に眠りにつくことが細胞分裂には重要と言われています。

⑥AGA

男性の髪の毛が抜ける原因として最も多いのが、男性ホルモンが原因のAGAです。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという受容体とくっつくと、DHTという男性ホルモンに変化します。

このDHTが増えることで、髪の毛が抜けてそのまま生えなくなってしまう、という自体を引き起こします。

DHTは脱毛スイッチとして作用してしまい、髪の毛は休止期に入ってしまうのです。

⑦薬の副作用

髪が抜ける最後の原因は薬の副作用です。

病気の治療中で薬を服用している人は、その副作用として髪の毛が抜けてしまうことがあります。

薬の副作用
薬の副作用

薬の副作用で髪の毛が抜けることがあります。

1日に抜けても大丈夫とされる正常な髪の毛の本数は、100本未満といわれています。

ですが、100本以上抜ければ即危険、というわけではありません。

大事なのは、「今までの抜け毛の本数と比べて増えたか減ったか」ということです。

いつもより明らかに髪の毛が抜ける本数が多かったら、今後注意する必要があるかもしれません。

また、抜けた髪の毛の質をチェックすることも大事です。

抜け毛が健康的なものだったら心配はいりません。

ですが、細い毛だったり、毛根の形がゆがんでいたり細かったりしたら要注意! 髪の毛が栄養不足で抜けてしまったと考えられます。

それでは、髪の毛が抜けるのを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

一番いいのは、専門の病院へ行って診察を受けることです。

ですが、まず自分で対策してみたい!という方のために、おすすめの方法をご紹介します。

①育毛シャンプーを使ってみる

頭皮が汚れていると毛穴が詰まってしまい、髪の毛が抜けることがあります。

また、DHTという男性ホルモンには皮脂の過剰分泌を促す作用があります。 AGAの人は、頭皮がべたべたして皮脂が毛穴に詰まっていることがあります。

頭皮環境を整えて抜け毛を防ぐには、育毛シャンプーがおすすめです。

市販のシャンプーは、多くが硫酸系シャンプーと呼ばれるものです。 洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を落としてしまいます。

その点、育毛シャンプーはアミノ酸系シャンプーで、髪の毛に良くない成分は使用されていないことが多いです。 適度な洗浄力で、余分な皮脂や汚れをしっかり落としてくれます。

②育毛剤を使用する

続いての対策は、育毛剤を使うことです。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えてから使用するのがおすすめです。

育毛剤には、血行を促進が期待される成分が入っているものがあります。 育毛剤によって血行が促進されれば、髪に栄養が行き渡りやすくなります。

また、皮脂の分泌を抑えたり、頭皮の炎症を防いだりして、頭皮環境を整える効果が認められているものもあります。

チャップアップが人気の育毛剤です。

③ストレス解消

髪の毛が抜ける原因の1つに、ストレスがありましたね。

ストレスが溜まりすぎると血行不良を起こして、髪の毛に栄養が行き渡らなくなる事があります。

それを防ぐためにも、ストレスを解消しておきましょう。

先ほども書きましたが、おすすめは「運動」です。

運動は苦手という人は、何でもいいです。

自分の趣味に没頭する時間を作ったり、友達に会って愚痴を言って発散したり。

とにかくほっと一息つけて、嫌なことを忘れられる時間を作ってみて下さい。

運動、趣味の時間を作ろう
運動、趣味の時間を作ろう

運動や趣味に没頭してストレスを解消しましょう。

髪の毛が抜けていることに気がつくのは、シャンプー後や起床後だと思います。

抜けてしまった髪の毛を見て毎日がっかりするのは嫌ですよね。

抜け毛を予防するシャンプー法の動画を見つけましたので、ご覧ください。

増やすぞ髪の毛❗【抜け毛、薄毛予防のシャンプー方法】白髪にも効果!!男性にも女性にも気になる原因と防止方法

抜け毛を予防する正しいシャンプーの仕方を教えてくれます。

髪の毛が抜ける原因は、血行不良や生活習慣、AGA、薬の副作用など様々でした。

人によって髪の毛が抜ける原因は異なります。 その原因によって対策方法も変わってきます。

まずは、髪の毛が抜ける原因は何なのか、追究することから始めましょう。

本記事が薄毛対策の一助になれば幸いです。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。