目次

  1. 育毛・発毛に効くツボなんてあるの?
  2. ツボ押しで育毛・発毛の"サポート"は期待できる
  3. 頭皮の血行を良くするツボ【8つ】
  4. 【動画解説】育毛・発毛をサポートする頭皮のツボマッサージ
  5. 育毛・発毛のサポートをするツボ押しの注意点
  6. ツボ押しで育毛・発毛をサポートしよう
ツボ押しで育毛・発毛ってできるのかな?
ツボ押しで育毛・発毛ってできるのかな?

凝り固まった部分をほぐしたり、疲れを解消したりするために刺激するツボ

マッサージされると、とても気持ちが良いいいですよね。

そんなツボですが、育毛や発毛に効果があるという噂を聞いたことはありませんか?

ツボマッサージで薄毛を改善できたら嬉しいですが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

ヘアラボ編集部がその真相を徹底的に調査してみました!

いくつかのクリニックや鍼灸院、メーカー等を調査したところ、ツボを刺激することで育毛や発毛に直結するわけでは無さそうです。

本格的な育毛・発毛には「育毛剤や発毛剤」が必要。

ただし、ツボを刺激することで頭皮の血行を促進することで髪へ栄養を運び、*育毛・発毛のサポートを期待することはできます。(参照1)

以下で頭皮血行を促進するツボを8つご紹介していきます。


参照1:
メンズヘルスクリニック東京「【自宅でできる】育毛方法10選」
アデランス「積極的な抜け毛予防 育毛に効くツボ」

※1:眼精疲労を解消するために、髪に必要なビタミンBを消費するため


まずは、頭皮の血行促進を期待できるツボを8つご紹介していきます。

それぞれ正しく覚えて、育毛・発毛をサポートしていきましょう。

①百会(ひゃくえ)

体の中のたくさんの経路が交差しているので、「百(=多種多様)」+「会(=会う)」という意味で百会と呼ばれています。

両耳の上をまっすぐ上がった線と眉間のの上をまっすぐ上がった線が交差した場所にあるツボ。

②通天(つうてん)

百会の両端にあるツボ。

頭皮をほぐして血行を促進することが期待できます。

③天柱(てんちゅう)

襟足にある2本の太い筋肉の外側にあるツボ。

「天(=頭)」を支える「柱」として名付けられています。

肩こりなどにも効果を期待できます

④風池(ふうち)

頭痛や肩こりにも効くことがあるという風池。

天柱よりも少し外側に位置しています。

⑤中府(ちゅうふ)

鎖骨の外側下付近にあるツボで、体の邪気が集まる場所と言われています。

刺激することで血行を促進はできます。

⑥関元(かんげん)

「関(=重要な部分)」+「元(=元気が生まれる)」として、体の複数の経路が交差しているツボ

おへそから指3本ほど下に位置しています。

⑦合谷(ごうこく)

手にあるツボで、親指と人差指が交差するところに位置しています。

スジとスジが「合わさったくぼみ」であることから合谷と呼ばれています。

⑧陽池(ようち)

手の甲を広げた時に手首の中央あたりにあるツボです。

手の甲全体を「陽(=太陽)」としてみたてて、ツボが少しくぼんでいて池の夜に見えることから命名されました。

今回ご紹介した「百会」のマッサージの方法にも触れて解説している動画がありますのでご紹介していきます。

自宅で簡単に実践できる内容なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

頭皮のツボ押しマッサージのやり方

ここまで、頭皮の血行を促進することで育毛や発毛のサポートを期待できるツボを消化してきました。

ここで、いざツボをマッサージする前に、みなさんにお伝えしたい注意点が2つあります。

  • つめを立てない
  • 力を入れすぎない

頭皮を爪で引っ掻いてしまうと育毛・発毛どころかダメージを与えてしまうことで、抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

指の腹で優しくマッサージしていきましょう。

また、力の入れすぎにの注意です。

ぐんぐん力を入れてマッサーッジし続けると肌や筋肉を痛めてしまいます。

気持ちいいなと思う程度の力でツボをマッサージするのがおすすめです、

いかがでしたでしょうか?

ツボをマッサージすることで、育毛や発毛に直結することはありませんが、血行を促進することで薄毛抜け毛予防のサポートをすることができます。

ぜひ、毎日の生活の中に取り入れてみてくださいね。