目次

  1. 知ってた?髪の毛は人によって伸びるスピードが違う!
  2. 髪の毛の伸びるスピード、その違いとは?
  3. 髪が伸びる仕組みとは?
  4. 髪の伸びるスピードは増殖因子が決めている!?
  5. 髪の毛の伸びるスピードが速い人の特徴は?
  6. 髪の毛を早く伸ばしたい!その他のポイントは?
  7. 生活習慣の見直しで髪を伸びやすい状態に

髪の毛を切りすぎて、速く伸びないかと思っている皆さん。

髪の毛が伸びるスピードは、個人差があることをご存知でしょうか? もしも早く髪を伸ばしたいのに、なかなか伸びないと困りますよね。

実は、そんな時に役立つ髪の毛が伸びるスピードを速める方法があると言われています!

そこで、今回は髪の毛が伸びるスピードの仕組みと 伸びるスピードを速める事に期待がもてる方法をご紹介したいと思います。

髪の毛の伸びるスピードは
髪の毛の伸びるスピードは

人によって異なります。

髪の毛が伸びるスピードには、違いがあると知り 驚かれた方もいらっしゃる事でしょう。

では、髪の毛が伸びるスピードの違いとは一体何でしょうか? それは、主に2つの違いがあると言われています。

男性より女性の方が髪の毛の伸びるスピードが早いって本当?

実は、髪の毛が伸びるスピードが男性より女性の方が早いと言われています。

なぜなら、女性ホルモンの影響があるからです。 髪の毛の発育因子として大切な役目を担っているのは 女性ホルモンだといわれています。

しかし、科学的には不明な点も残されています。

髪の毛の伸びは気温や日差しで変わることも

髪の毛が伸びるスピードは、気温日差しの加減でも異なるそうです。

そして特に伸びるスピードが早まるのが、日差しの強いだと言われています。 温度により新陳代謝が高くなった時、 それは同時に髪が抜けてしまう原因になるとも言われていますが 新陳代謝は、古い物質の代わりに新しいものが生まれるという現象なので、 夏の毛髪・頭皮の変化は、異常事態ではないようです。

髪の毛が伸びるスピードは
髪の毛が伸びるスピードは

天気も関係しています。

髪の毛の伸びるスピードとその違いについて、お分かり頂けたら幸いです。

では、そもそも髪の毛が伸びる仕組みはどうなっているのでしょうか? それは主に、毛母細胞新陳代謝が関係していそうです。

髪の毛を伸ばす細胞?毛母細胞とは

髪の毛が伸びるには、毛母細胞が深く関係していると言われています。

毛母細胞とは、毛乳頭周辺の細胞組織のことです。 毛乳頭から栄養素酸素を受けとり、細胞分裂することで髪の毛をつくりだすそうです。

毛細血管を通じて運ばれる栄養素の中心がタンパク質です。 タンパク質は髪の毛の元となる栄養素です。

タンパク質の中でも髪の毛を構成する要素がケラチンで、亜鉛ビタミンと摂取することで健康な髪を作ることができます。 これらの栄養素をしっかり摂ることで毛母細胞が活性化することが見込まれます。

新陳代謝の働きによって髪の毛の伸びる速さが違う

髪の毛が伸びるスピードは、新陳代謝の働きによっても異るそうです。

新陳代謝は、外部から取り入れた栄養素エネルギーを 身体の中で使われることを指します。 髪に置き換えて考えると、代謝が良いと髪を作り出すパワーが大きくなるらしく、 髪の毛が伸びるスピードが速くなる事につながるそうです。 しかし、代謝が悪いと髪の毛の伸びるスピードが遅くなるだけでなく、エネルギーを体に溜めやすくなってしまい、太りやすい体質になってしまう可能性もあります。

髪や健康のためにも、代謝は高い方が良いと言えそうですね。

新陳代謝の働きで
新陳代謝の働きで

髪の毛が伸びるスピードがアップ!?

髪の毛が伸びる仕組みについて、お分かり頂けたら幸いです。

では、一方で伸びるスピードはどうやって決まっているのでしょうか? 実は、増殖因子と言うものが髪の毛が伸びるスピードを決めると言われています。

増殖因子ってなに?

中には「増殖因子ってなに?」と思われた人がいるかもしれませんね。

増殖因子とは、別名で成長因子とも言うそうです。 増殖因子は、栄養因子ホルモンなどを含む 細胞や組織の成長を促進する作用をもつ物質の総称です。 一方で、細胞の成長・分化・増殖を促進するシグナル物質の意に用いることがよくあります。 しかし、どの増殖因子が スピードに影響しているかはまだはっきりとしていないのが現状です。 それが、もし特定できれば強力な育毛剤ができるかもしれませんね。

髪の毛の伸びる速さの平均は1カ月で1センチ

髪の毛が伸びるスピードは、増殖因子の活躍で 個人差はありますが平均、1ヶ月で1センチ伸びると言われています。

1年では、12cm程度伸びることになります。 つまり、ショートヘアを腰あたりまで伸ばすなら数年もかかることになりますね。

髪の毛の長さには、ギネス記録があります。

それは、タイの人で515センチの長さで世界一長い髪の持ち主になったそうです。 その他にも世界一長いひげの記録があり、ノルウェーの人でなんと533センチで 髪よりもさらに長い記録が残っています。

髪の毛が4メートル以上の長さになるには、約40年ほどの年月がかかることになるのです。 つまり、ギネス記録を持つタイの人は、何かの要因で髪の毛が驚異の速さで伸び、 成長期が長期に渡って続いていたのでしょう。

髪の毛が伸びるには
髪の毛が伸びるには

増殖因子が必要不可欠!?

ところで、特に髪の毛が伸びるスピードが速い人とはどんな人なのでしょうか? それは、主に3つの特徴を持った人だと言われています。

睡眠時間を多くとっている人

髪の毛が伸びるスピードが速い人は、睡眠時間を多くとっている人と言われています。

ゴールデンタイムは 夜10時~深夜2時と言われていて、この時間に寝るように心がけましょう。

充分な睡眠は髪にも良いとされています。

タバコを吸わない人

髪の毛の伸びるスピードが速い人は、タバコを吸わない人も多いようです。

タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンの中に 血管を収縮させる作用があることが挙げられます。 タバコを吸う人は、血管が収縮すれば血行が悪くなって 髪に栄養が行き届きにくなる可能性があります。 そのため毛髪が発育不全を起こしやすいと言われています。

一方タバコを吸わない人は、血管を収縮させるさせる作用がないので 髪の毛の伸びるスピードが速いとされています。

バランスの良い食事をとっている人

髪の毛の伸びるスピードが速い人は、バランスの良い食事をとっている事が多いです。

偏った食生活だと、栄養が偏ってしまい十分な栄養が行きわたりませんよね? 栄養不足になってしうと髪の毛が伸びるスピードも衰えてしまうと考えられます。 更には、栄養が行きわたらない事で抜け毛を進行させてしまう事もあるようなので 出来るだけ規則正しい食生活を心がけましょう。

髪の毛が伸びるスピードを速めるには??
髪の毛が伸びるスピードを速めるには??

規則正しい食生活を心がけましょう。

髪の毛の伸びるスピードが速い人の特徴は、いかがでしたか? 髪の毛が伸びるスピードは、ちょっとしたことで速める事が出来るかもしれません。

では、髪の毛が伸びるスピードを速めるために他に何か方法はないのでしょうか? 実は、その他にも髪の毛が伸びるスピードを速められるかもしれないポイントが3つあります。

頭皮マッサージを行う

髪の毛が伸びるスピードを速めるに、頭皮マッサージもお勧めです。

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くするだけでなく 髪の毛の成長を手助けしてくれるそうですよ。 また頭皮マッサージは、自宅で簡単にできますよね。

更に、髪の毛を伸ばすことだけでなく他の薄毛対策にも 頭皮マッサージは、有効と言われていますので是非お試しください。

タンパク質を摂る

髪の毛の伸びるスピードを速めるには、タンパク質を摂る事も有効と言われています。

タンパク質には、動物性植物性の2種類があり どちらも髪の毛の成長を高める働きがあるとされています。 動物性たんぱく質は、タンパク質を作るために必要な必須アミノ酸が バランスよく含まれていて、タンパク質の構成材料を豊富に摂取することが期待できます。 この動物性タンパク質を含む食材はおおまかに言うと肉・魚そしてなどです。

一方、植物性たんぱく質は、豆・穀類野菜などの植物由来の食材に含まれています。

ストレスをためこまない

ストレスをためこまない事も重要です。

ストレスは、髪の毛の成長を妨げてしまうとも言われています

ストレスは万病のもととも言うそうなので、出来るだけストレスを溜め込まないように 注意しましょう。

ストレスは、髪の毛が伸びるスピードを妨げる天敵!?
ストレスは、髪の毛が伸びるスピードを妨げる天敵!?

出来るだけストレスを溜めないようにご注意ください。

今回は、髪の毛の伸びるスピードについて、ご紹介致しましたが いかがでしたでしょうか?

髪の毛が伸びるスピードには、個人差がありますが 生活習慣を見直すことで伸びるスピードを速める事ができるかもしれません。 地道に髪の毛が伸びるのを待つのもいいですが、 出来るだけ、自分でできる対策を行ってみるのもいいと思います!