目次

  1. シャンプーで髪が早く伸びるはウソ?
  2. そもそもどうやって髪は伸びるの?
  3. 髪を早く伸ばすシャンプーはウソ?
  4. シャンプーに頼らずに髪を早く伸ばすにはどうすればいいの?
  5. 髪は食事で早く伸びる?
  6. シャンプーとあわせて頭皮環境の改善がオススメ!
  7. あわせて使うのにおすすめの育毛剤はこちら

髪の毛を切りすぎた! こんな経験をしたことがある人がたくさんいると思います。 そんな時に思うのが「早く髪が生えてこないかな」でしょう。

巷では髪が早く生えるシャンプーというのがあって試してみた!という人もいるかもしれませんが、効果ありましたか? そんな人に髪の毛を早く伸ばす方法をご紹介したいと思います。

髪を早く伸ばすシャンプー?
髪を早く伸ばすシャンプー?

それって本当なのでしょうか?

髪の毛は爪と同じように角層が変化したものになります。 簡単に言いますと死んだ細胞が集まったものが髪の毛になるんです。 毛母細胞が分裂して角化して毛髪となり、頭皮から押し出されるように生えてくるという仕組みです。

髪の毛は細胞の一種です
髪の毛は細胞の一種です

人間の身体の中にあるものですので当然ですよね

髪のサイクルとは?

髪の毛が生えてきて抜けるまでをヘアサイクルといいます。 このヘアサイクルは毛母細胞が分裂を繰り返す「成長期」、毛母細胞の分裂が遅くなり、毛根が退化し始めるのを「退行期」、髪の毛の成長が完全に止まって抜ける時期を「休止期」と呼びます。 このサイクルを繰り返し、髪の毛が伸びていくんですね。

髪は1カ月でどのくらい伸びる?

髪の毛が伸びる時期は「成長期」になりますが、伸びる長さはおおよそ一か月に1cm程度と言われています。 無限に伸び続けるわけではなくある程度の期間伸ばし続けると伸びなくなることが多いそうです。

たまに数mという長い髪の毛が生える人がいますが、そういった人はごくまれだと思ってください。 伸びるスピードは個人によって差が出ますのであくまでもおおよそになります。

髪の毛を早く伸ばすシャンプーというのが出回っていますが、効果はあまり期待できないと言っていいでしょう。

外部からの刺激などで髪の毛を伸ばすには血行促進をさせる成分が入っていたりするものですが、そういったシャンプーは強い洗浄力で髪と頭皮を洗うということを主な目的として開発されているケースが多く、髪を早く伸ばすことが認められたシャンプーはほぼ無いと考えられます。

そんなあ・・・
そんなあ・・・

そんなうまい話はありません

髪はシャンプーで早く伸ばせないって本当?

髪の毛を早く伸ばすにはヘアサイクルを知ることからです。 髪の毛は内部からの栄養を血管を使って送りられることで成長します。

そのため、血行促進をしても髪の毛に送る栄養が足りなければ髪の毛を早く伸ばすことはできません

人間の髪の毛が伸びる早さは月に1㎝が限界?

個人差がありますので一概には言えませんが、ホルモンの量によって変わってきます。 男性ホルモンが多いと髪の毛が早く伸びると言われていましたが、実際は男性よりも女性の方が早く髪が伸びることが多いです。 これは女性ホルモンが髪の毛に影響をあたえるためだと言われています。

はっきりといえるのは髪の毛も皮膚の一部ですので新陳代謝が遅くなる年齢になると髪の毛が生えるスピードは遅くなるということが多いということです。

髪の毛を早く伸ばすにはシャンプーに頼るよりも身体の中に髪の毛にいい栄養分を摂って、外部には血行促進をすることがいいかもしれません。 その方法をいくつかご紹介したいと思います。

方法はあるんだ!
方法はあるんだ!

どうぞ!ご覧ください!

髪にドライヤーの熱のあてすぎは傷む原因に

温風でドライヤーを使って髪の毛を乾かすときに注意してほしいのが温風の当てすぎです。 温風が当たりすぎると熱気で毛根から必要以上に汗や皮脂が分泌されて髪の毛の成長を阻害する可能性があります。 髪の毛も乾燥しすぎると痛みますので、できるだけタオルドライをしてから温風でさっと乾かした後にクールに変えて仕上げをしましょう。

濡れた髪にブラシをしない

濡れた髪というのは水分を含んで膨らんでいるので非常にもろくなっているそうです。 もろくなった状態でブラッシングをすると髪の表面を覆っている保護膜であるキューティクルを痛めてしまい髪の毛にダメージを与えてしまうかもしれません。

そして濡れた髪のまま寝てしまうのも枕などにもろくなった髪の毛をこすってしまい、これも髪にダメージを与えてしまう可能性が高いので止めましょう。

喫煙を控える

煙草に含まれるニコチンは血管を収縮させるといわれています。 血管が収縮をすれば血流が悪くなって髪の毛に栄養が行き届かなくなるので、当然髪の毛が生えるのが遅くなります。

また煙草は大量にビタミンCを消費するとされています。 ビタミンCは髪の毛に栄養を作るのに欠かせない栄養素になるので大量にビタミンを消費することで髪の毛に栄養を作れなくなるのでこれまた髪の毛に栄養を与えることができなくなります。

煙草は髪に良くない
煙草は髪に良くない

髪の毛を早く伸ばしたいなら禁煙です!

頭皮マッサージで血行の改善

髪の毛に栄養を与えるには血行促進を促すことが重要と述べましたが血行促進をするには頭皮にマッサージをしてあげることも大事です。 マッサージの方法としてはこんな方法もありますのでチェックしてみてください。

育毛剤を使用する

育毛剤を使うのもいい方法かもしれません。 育毛剤を使う際は血行促進を促すことを目的とされた成分が配分されているのを使うのがいいでしょう。

女性の方は女性にも使える育毛剤もあります。

食事で髪の毛を早く伸ばすことはできるかといいますと絶対にできるとは断言できませんが、髪の毛にいい栄養を摂ることで髪の毛に栄養を与えて髪の毛が早く伸びるという事はあり得ます。 どういった食事がいいのでしょう?

食事は大事です
食事は大事です

バランスよく栄養を摂るのが一番です

食事と髪の関係とは

髪の毛の主成分はケラチンといわれるたんぱく質が多くを占めます。 たんぱく質が不足をすると髪の毛の土台がなくなるということですので髪の毛が早く生えるどころか抜け毛の原因となる場合もあります。

ダイエットなどでたんぱく質を摂らないというのは髪の毛に栄養が与えられないということですので、髪の毛を早く伸ばすにはたんぱく質を摂ることが大切といえるのではないでしょうか。

どんな栄養を摂るのがオススメ?

単純にたんぱく質だけを摂ればいいというわけではありません。 たんぱく質を髪の毛にビタミンや亜鉛を一緒に摂るのが効果的とされています。 たんぱく質と亜鉛が多く入っている食べ物としては牡蠣、あさり、豚レバー、牛もも肉、ごま、大豆、納豆、玄米、チーズなどが食事に取り入れやすいものではないでしょうか。 こうした食品にビタミンを豊富に含んだ食材も摂るといいでしょう。

規則正しい生活も大事!

食事や頭皮マッサージなどをしても不規則な生活をしていては効果は半減です。 髪の毛を成長させるのには睡眠も大切とされています。 睡眠している時に髪の毛は成長をし、午後10時から午前2時までの成長ホルモンがより多く分泌される時間に寝ると効果が期待できるといわれています。

寝不足はよくないでしょう。 毛髪は他の臓器に比べて重要度が低いと身体が判断しますので寝不足だと髪の毛に栄養が送られない事があります。

頭皮マッサージや食事などで髪の毛に栄養がいく環境を整えてあげたほうが髪の毛が早く伸びることが期待できるのではないかと思います。 髪の毛を早く伸ばしたい人は食事や頭皮マッサージなど変えられるところから変えていきましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。