目次

  1. ずっと伸ばしてるのに髪が伸びない…!?
  2. 髪を早く伸ばしたいのに…切れ毛があると伸びない理由
  3. そもそも、切れ毛とは?
  4. どうしてできるの?切れ毛の原因について
  5. 切れ毛が原因で髪がなかなか伸びない人におすすめの対策方法
  6. 頭皮環境を整えて切れ毛のない髪を目指したいなら…
  7. きれいに髪が伸びないならしっかり対策していきましょう!

一生懸命髪の毛を伸ばしているのに、どうして伸びないんだろう… そんな悩みを抱えたことはありませんか?

髪がなかなか伸びないその原因、実は切れ毛かもしれません。

この記事では切れ毛の原因やメカニズム、改善方法などをまとめていますので、切れ毛対策の参考にしてみて下さいね。

切れ毛を改善して、なかなか伸びない髪にサヨナラしましょう!

最近抜け毛が多いと思っていませんか?
最近抜け毛が多いと思っていませんか?

抜け毛だと思っていたら実は切れ毛だった! ということも良くあります。 しっかりケアしましょう。

サラサラロングに憧れているから・髪の毛を切りすぎてしまったので早くどうにかしたいから…などなど、髪を伸ばしている理由は人それぞれ。

髪の毛が伸びるのにも個人差がありますが、そうはいってもあまりにも伸びない!っていう時がありませんか?

髪の毛が切れ毛の状態になっていると、なかなか伸びないのです。 それはなぜかというと、もちろん途中で切れてしまうから。

途中で切れてしまうのですから、髪は伸びないはずですよね。

それでは切れ毛で伸びない髪は一体どうしたら伸びるようになるのでしょうか。

髪の毛がダメージを受けた状態になる症状と言えば、枝毛と切れ毛が一般的。

簡単に言うと、枝毛とは髪の毛が縦に裂けてしまった状態のことで、切れ毛はその逆、つまり横に切れてしまった状態のことを言います。

切れ毛は少し引っ張っただけで簡単に途中から切れてしまうのが特徴です。

また、途中で切れた部分が枝分かれし、枝毛になってしまったということもよくあること。

実は枝毛と切れ毛、できてしまう原因は同じなのです。

誰もが一度は経験している?!

誰もが一度は経験している?!

髪の毛のダメージと切れ毛は切っても切れない関係。 カラーやパーマをしている人なら、切れ毛と枝毛を経験している人も多いはず。

髪の毛の悩みとして多く挙げられる切れ毛や枝毛。

ではなぜ、切れ毛は出来てしまうのでしょうか?

髪が伸びない原因である切れ毛を引き起こす要因について見ていきましょう。

1)パーマやカラーによるダメージ

今やカラーリングやパーマはオシャレの方法の一つですよね。

しかし、実はそれが髪の毛にダメージを与えることになり、切れ毛の大きな原因になります。

パーマやカラーに使用されている薬剤は髪の毛を保護しているキューティクルを剥がしたりもろくしてしまうのです。

その為、髪の毛の内部の栄養が外に流出しやすい状態になってしまい髪の毛がダメージを受けやすくなり、切れ毛も増えてしまうというわけです。

2)栄養不足

切れ毛のせいで、髪の毛が伸びない…と悩んでいるアナタ。 ダイエットはしていませんか?

過度なダイエットは髪の毛へ栄養が行きわたらなり髪をしっかり丈夫に育てることが出来なくなってしまう恐れがあるので、切れ毛の一因となります。

ダイエットはしていないけれど、偏食気味という方も栄養不足に注意しなければなりません。

普段から亜鉛やタンパク質など髪の毛に良いと言われる食べ物を食べるなどの対策を取るようにしたいですね。

3)生活習慣の乱れ

パーマもカラーもしていないし、栄養不足にも気を付けているのに切れ毛はあるし髪の毛が伸びない!というあなた。 生活習慣は乱れていませんか?

例えば、運動不足。 運動不足だと血行が悪くなりがち。そうなると、髪の毛に必要な栄養素が運ばれにくくなり、切れ毛の原因になってしまうのです。

また、ストレスや睡眠不足も大いに関係してきますので、正しい生活習慣を心がけるようにしましょう。

ドライヤーやコテの熱にも要注意!

ドライヤーやコテの熱にも要注意!

髪の毛は熱に弱い為、ドライヤーやコテを過度に使用するとダメージを受けやすくなってしまいます。 そのダメージが切れ毛へとつながる可能性をお忘れなく!

伸びない髪の原因でもある切れ毛がなぜ起こるのかについて説明してきました!

それではお待ちかね、ここで切れ毛のせいで髪の毛がなかなか伸びない人向けの対策方法をご紹介します。

様々な対策がありますので、あなたに合った方法を見つけ、伸びない髪の毛を伸びる髪の毛へ変身させましょう。

1)傷んだ部分をカットする

髪が伸びないのが悩み、伸ばしたいのにどうしてカットしなければならないの!と思うかもしれません。

しかし、傷んだ部分だけをカットすれば、長さをそれほど変えずに伸ばすことも可能です。

ダメージを受けた髪の毛はケアすることは出来ても元に戻すことは出来ません。 その為、一旦傷んだ部分そのものを断ち切ってしまい、そこから新たに伸ばし始めるという方法が髪の毛を一番きれいに伸ばせるのです。

もちろんカット後は、切れ毛が再発しないようしっかりケアしましょう。

2)シャンプーやトリートメントを見直す

毎日使うものから見直す、というのも対策のひとつ。

あなたが今使っているシャンプーは、石油系の界面活性剤が含まれているものではありませんか?

石油系シャンプーは洗浄力が強いと言われており、髪の毛に必要な皮脂まで洗い流されてしまい 頭皮に負担がかかるそうです。そうすると、当然髪の毛にも負担がかかり、切れ毛の原因になることも。

頭皮にも髪にも優しいアミノ酸系のシャンプーなどに変えることで、切れ毛が落ち着くかもしれません。

3)髪の毛の乾かし方を変えてみる

シャンプーを変えてみたら、次は乾かし方。 シャンプー後、水分をあまり取り切る前にドライヤーをかけていませんか?

ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えてしまう原因になりえるので、時間は出来るだけ短い方がいいのです。

その為重要になるのが、タオルドライ。 しっかりタオルドライをすることで、ドライヤーの時間を短縮できダメージも防げるので一石二鳥なのです。

ゴシゴシこするのはNG!

ゴシゴシこするのはNG!

タオルドライをする時は、優しく髪の毛を包み込むようにして水分を取ってあげましょう。

4)紫外線対策をする

実は紫外線も切れ毛の原因。

髪に大きなダメージを与えるので、伸びない髪は紫外線のせいということもあるかもしれません。

ですから、髪の毛への紫外線対策をすることでダメージを防ぎ、切れ毛の予防をすることが出来ます。

顔や手足の紫外線予防はバッチリでも、髪に対しては何もしていないという人も多いのですが、実は髪に降り注ぐ紫外線は顔の何倍もあるようです!

髪の毛をまとめたり、髪用の日焼け止めを使ったり、日傘や帽子を使うなどしてしっかり紫外線予防しましょう。

5)育毛剤でケアする

切れ毛のせいで髪の毛が伸びないのなら、育毛剤の力を借りてみるというのも一つの手です。

髪が切れ毛になっているということは、キューティクルがダメージを受けているということ。 育毛剤に含まれている成分で、そのダメージを補修することも出来ますよね。

また、切れ毛は抜け毛にもつながるので、抜け毛の予防も兼ねて育毛剤でケアするという手段も考えてみるのもいいかもしれませんね。

育毛剤のチカラを借りよう!

育毛剤のチカラを借りよう!

育毛剤に含まれている成分によって髪の毛のトリートメントも出来るので、新たに切れ毛が出来るのも防ぐことが出来ますね!

切れ毛のない髪=ダメージが少ない髪、ということ。

もしダメージを受けてしまったとしても、しっかり対策をしていれば切れ毛になることも防げるし、髪の毛が伸びないと悩むこともなくなります。

対策の一つとしてあげた育毛剤ですが、使うならば無添加天然由来成分を使用した商品がオススメ。

髪にも頭皮にも優しい成分でしっかりケアしてあげましょう。

ただ黙々と髪の毛を伸ばしているだけでは、きれいなロングヘアにはなれません。

切れ毛のせいで髪の毛が伸びないと嘆く前に、育毛剤を使うなどしっかり切れ毛対策を行い、ツヤツヤ髪を目指しましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。