目次

  1. 切れ毛が気になる人は要注意!?切れ毛がひどいってどういうこと?
  2. そもそも切れ毛とは?
  3. あなたは大丈夫?髪のひどい切れ毛は要注意!
  4. 切れ毛がひどい状態の髪とは?
  5. 髪の切れ毛がひどい!?その対策方法とは?
  6. ひどい切れ毛に悩む前に!髪に優しいヘアケアを
  7. 髪の切れ毛が心配な方にオススメのシャンプーはこちら

最近切れ毛が気になる、どうしたら良いのだろう?と悩んでいる人はいませんか?

抜け毛とは違うからと放っておいてはいけません。 対策をしないと切れ毛がひどくなってしまうかもしれないんです。

今回はひどい切れ毛とはどんな状態か、切れ毛の原因、また切れ毛を改善するための対策方法を紹介していきます。

切れ毛とは、字のとおり髪が途中で切れてしまっている状態のことです。

似ているからと枝毛と混同してしまいがちですが、毛先が横に裂けてしまっている枝毛とは状態が違います。

様々な原因により髪にダメージが蓄積され、毛髪がプツンと途中で切れる切れ毛は、毛先で起こることが多いと言われています。

ロングヘアの人はわかりやすいかも
ロングヘアの人はわかりやすいかも

プツプツと切れてしまう切れ毛の症状

切れ毛が起こる原因は?

切れ毛を起こす原因は髪のダメージ

ダメージを引き起こす要因はいろいろと挙げられます。

パーマカラーといった髪への負担や間違ったシャンプーの仕方など直接的にダメージを与えるだけでなく、偏った食生活睡眠不足などの生活習慣の乱れによる髪への栄養不足も髪の健康を損ねます。

また、紫外線によるダメージも切れ毛の原因となってしまいます。

切れ毛が髪に与える影響とは?

切れ毛の原因は髪のダメージとお伝えしました。 髪の毛が途中で切れてしまっている、つまり縦に裂けてしまっている状態です。

美容院で毛先をきちんと整えてもらうと、髪のおさまりはとても良いですよね。

毛先が縦に裂けてしまっている状態では、切れた部分がはね出てしまいまとまりのないスタイリングのしにくい髪になってしまいます。

切れ毛が進行するとどうなるの?

切れ毛が進行し、ひどい状態になってしまうと、それまでは耐えていたちょっとした衝撃にも簡単に髪が切れてしまうようになってしまいます。

毛先に起こりやすいとお伝えしていましたが、切れ毛がひどいと前髪にも起こりうると言われています。

また、残っている髪の質もパサついてしまったりと、きれいな髪と程遠くなってしまいます。

切れ毛の原因や悪化した症状についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

自分にも当てはまるかもしれない・・・と感じた人は要注意です。

毛先が白っぽくなっていたり、パサつきごわつきを感じる頃には切れ毛はかなり進行してしまっていることが多いです。

切れ毛を改善したいと思うなら、まずは自分の髪の状況を把握しましょう。

切れ毛がひどいな、とすでに実感している場合にはさらに危機感をもって対策をすることが重要です!

切れ毛を放っておいてはダメ!
切れ毛を放っておいてはダメ!

自身の髪の状況を把握して対策を!

それでは実際に、切れ毛が進行してしまった、その具体的な分類をご紹介しました。

たかが切れ毛、と甘く見ていると髪が途中で切れるだけではなく、以下のような状態になってしまうかもしれません。

①ひどくパサつく

髪がダメージを受け、キューティクルが剥がれてしまうことで切れ毛は起こりますが、このとき髪はかなり乾燥状態にあると言えます。

カラーパーマなどの外的要因によるものが多く、いかに髪へ負担をかけているかがわかりますね。

紫外線によるダメージも強く、肌だけでなく髪も守らなくてはいけませんね。

②髪の毛の表面がチリチリに

切れ毛がひどくなるとチリチリとした髪が表面に出てきてしまいます。

短くなっているうえに、ハリやコシがなくなった状態なので、髪がおさまらずに出てきてしまうので、ひどいと髪をおろすスタイルができずに常にまとめたスタイルになってしまう人も多いようです。

③毛先だけでなく前髪やつむじ部分も切れ毛が

前髪つむじ分け目にツンツンした髪、俗にいう「アホ毛」がある場合にはひどい切れ毛の可能性があります。

成長途中の新しい髪であることもありますが、切れてしまい成長が止まってしまった髪であることも考えられます。

前髪は他に比べ短い部分です。切れ毛でさらに短くなった髪はツンツンと立ってしまいます。

寝癖を直していないようにも見えるので、みっともないという印象を与えてしまうこともあります。

④毛先が白っぽくなる

切れ毛がひどい人の中には毛先が白っぽくなっていたり、白いプチプチのようなものが付いているように見える人がいます。

この白いものの正体はコルテックスというタンパク質のかたまりであると言われています。

コルテックスは本来キューティクルの内側にありますが、髪の表面が傷んでくるとこのコルテックスが露出した状態になり白く見えてしまうのです。

美しい髪とはいいがたい状態ですね。

⑤うねりやごわついた髪になることも

サラサラの髪とは程遠い状態の髪ですね。

縮毛矯正カラーは繰り返し行う人が多いと思いますが、続けているうちに髪はどんどん傷んでしまいます。 切れ毛は毛先にとどまらずに表面や根元に近い位置から切れてしまうこともあるようです。

傷んだ髪が増えあると髪はごわつき、切れた短い髪はうねってしまいます。

ひどい切れ毛は様々な悪影響を引き起こすようですね。

切れ毛のひどい状態を紹介しました。少し驚いた方もいるのでは?

切れ毛をなんとしても悪化させたくない、そんな人のために対策法を紹介します。

決して難しいことではありません。 日頃のちょっとした心がけで改善できる可能性がありますので、ぜひ試してみてくださいね。

髪を労りましょう

髪を労りましょう

普段の行動を少し見つめなおしてみてください

ブラッシングは毛先から!

切れ毛を抑える対策としてまずは正しくブラッシングをすることです。

朝起きた時、クセをはやく治したくててっぺんからおさえつけるようにしたり一気にブラッシングしていませんか。 これが頭皮に大きく負担をかけてしまっているんです。

ブラッシングは毛先から、もしも絡まりなどが気になる場合にはヘアオイルと手ぐしで軽くほぐしてからブラッシングすることをおすすめします。

髪は濡れたまま放置せず早めに乾かす

シャンプー後には早めに髪を乾かすようにしましょう。

濡れた状態の髪はダメージを受けやすく、切れ毛を悪化させる原因となってしまします。 濡れたまま放置するのではなくきちんと乾かして寝るようにしましょう。

ですが、高温のドライヤーの当てすぎも髪へダメージを与えてしまいます。 まずはタオルドライをして水分をやさしくふき取り、少し離れた位置から動かしながらドライヤーを当てるようしましょう。

バランスのとれた食事を心がけ、睡眠時間を多くとる

切れ毛の原因でも生活習慣の乱れについてふれましたね。

髪への栄養不足はひどい切れ毛の症状を招きます。

そうならないためにも生活習慣を見直し、髪のもととなるたんぱく質を中心にバランスのとれた食事を心がけ、髪の健康に関わる成長ホルモンの分泌を促すためにも睡眠時間をしっかりとりましょう。

いかがでしたか?

切れ毛がひどくなると髪全体の美しさも損なわれてしまいますね。

ですがきちんと対策をすれば改善する可能性が高いです。 切れ毛を悪化させる前に髪をやさしくケアしましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。