目次

  1. 切れ毛がひどいと感じたら、どうしたらいい?
  2. そもそも切れ毛って何?ひどくなる原因は?
  3. 切れ毛を放っておくと、どうなるの?
  4. ひどい切れ毛を改善したい!対策方法は?
  5. ひどい切れ毛は放置せず、しっかり対策しよう!

「最近なんだか、切れ毛がひどい…」

「ブラッシングの途中で、よく髪がブツブツ切れてるみたい」

こんな風に感じても、何も対策していない人は多いものです。

または、切れ毛部分をカットしてしまえば解決すると思っている人も…。

しかし切れ毛は、根本的に対策しないと、髪を切っても解決しません。

切れ毛がさらにひどい状態になる前に、しっかり対策していきましょう。

そこで今回は、切れ毛の原因と対策を徹底解説します!

そもそもどんな状態の髪の毛を切れ毛というのでしょうか?

まずはその点から解説しますね。

カットするだけでは根本解決にはなりません!
カットするだけでは根本解決にはなりません!

髪のトラブルとして「切れ毛」という言葉はよく聞きますね。

切れ毛とはずばり、途中からプツンと切れている髪の毛のこと。

よく見るとハサミで切ったような断面になっているのが特徴です。

では、ひどい切れ毛を引き起こす原因は何でしょう?

一つ一つ説明していきますので、心当たりがないか考えながら読んでみてください。

原因1 髪の毛の傷み

ひどい切れ毛の原因で多いのは髪の傷み

髪の傷みを引き起こす原因は、主に下記にようなものがあります。

  • 過度なヘアカラーやパーマ、縮毛矯正によるもの
  • ドライヤーヘアアイロンなどの当てすぎによる乾燥
  • 乱暴なブラッシング

髪の表面を守る キューティクルは、脆く傷つきやすい性質です。

そのため、ヘアカラーやパーマを何度も繰り返すと、液剤の刺激によって表面のキューティクルが剥がれてしまうことも…。

キューティクルが剥がれると、その部分から内部のタンパク質や水分が流出し、髪が分断されて切れ毛になってしまうのです。

また、ドライヤーやヘアアイロンを当て過ぎることで極端に乾燥し、キューティクルが剥がれて切れ毛になってしまうこともあります。

無理なブラッシングでも髪に負荷がかかり、キューティクルが剥がれる原因になるので注意しましょう。

   

原因2 髪の栄養不足

髪の毛は栄養が不足してしまうと弱くなり、切れやすくなります。

髪が栄養不足になるには、

  • 栄養の不足
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 喫煙

など、さまざまな原因が考えられます。

髪の成長には、髪の主成分であるタンパク質や、髪を育てるのに必要な亜鉛などを摂取することが大切。

ダイエットのしすぎや偏った食生活でこれらの栄養が不足すると、髪がしっかり育たずダメージにも弱くなるため、切れ毛が発生しやくなってしまうのです。

また睡眠不足や運動不足、ストレスや喫煙は、どれも血行不良の原因になるもの。

頭皮が血行不良になると、血液が頭皮に十分な栄養を届けることができなくなってしまうんですよ。

「切れ毛くらい大丈夫だろう」と放っておくと、だんだんひどくなって、下記のような問題を引き起こすこともあります。

  • 毛先が傷み、髪がまとまりにくくなる

切れ毛の髪は途中で切断された状態なので、当然、切断面はキューティクルで保護されていません。

そのため断面から内部のタンパク質が流出し、どんどん髪の傷みが進行してしまうのです。

傷んだ髪の毛先はパサパサして、スタイリングの際にまとまりにくかったり、手触りがゴワゴワしたりするもの。

見た目にも綺麗とは言えないので、早めに改善したいですね。

切れ毛がひどいと感じたら、早めに対策を取ることが肝心です!

なぜなら、髪の傷んだ部分を切っただけでは根本的な解決にならず、切れ毛が繰り返し起こることもあるからです。

おすすめの対策方法を説明していきますね。

対策1 髪の傷みを改善する

切れ毛を解決するなら、髪の傷み対策は欠かせません。

  • カラーや縮毛矯正、パーマなどの回数を減らす
  • ブラッシングを丁寧に

パーマや縮毛矯正、カラーリングの液剤は、どうしても髪に負担をかけがち。

そのため何度も繰り返しているうちに、髪が傷んでしまうこともあります。

切れ毛が発生しているようなら、施術の回数を減らすようにしましょう。

さらに、ヘアアイロンやドライヤーを使う際には、髪が乾燥しないように、温度や使用時間に注意することも大切。

ブラッシングも、キューティクルを傷つけないよう、丁寧に優しく行いましょう。

対策2 食生活を改善する

次は、髪の栄養不足を解決するための対策です。

健康な髪の成長にはタンパク質や亜鉛が欠かせないと説明させていただきましたね。

しかし切れ毛など髪のトラブルが多い人は、これらの栄養が足りていない可能性があります。

下記の食品リストを参考に、積極的に取り入れるようにしてくださいね。

  • 【タンパク質が多く含まれる食品】 肉・魚・卵・乳製品・大豆製品など

  • 【亜鉛が多く含まれる食品】牡蠣・牛肉・チーズ・ウナギなど

対策3 生活習慣を改善する

最後に、頭皮の血行不良を招く生活習慣を改める方法です。

具体的には下記の4点。

  • 十分な睡眠
  • 適度な運動
  • ストレス解消
  • 禁煙

「そう言われても、忙しくてなかなか実行できない…」という人もいますよね。

生活習慣を変えるのは難しいこともありますが、少しずつでも、できることから改善してみましょう。

例えば、夜30分で良いから早く布団に入る、通勤・通学時にウォーキングを取り入れる、昼休みに散歩するなどはいかがでしょうか。

特に運動にはストレスを解消することもできますので、ぜひ毎日の生活に取り入れたいですね。

また喫煙者の方は、これを機に禁煙にトライしてみてはいかがでしょうか?

切れ毛対策としてだけでなく健康にもプラスになり、一石二鳥ですよ。

対策4 育毛剤を使用する

育毛剤は、頭皮の環境を改善し、丈夫な髪の毛を育てる効果が認められています

育毛剤=薄毛の人が使うもの、このようなイメージが強いかもしれませんが、切れ毛対策としても効果が期待できます。

効果が認められているもので対策をしたい人に、おすすめします。

今回は、切れ毛の原因から対策方法まで解説いたしました!

切れ毛の原因は、髪の傷み栄養不足であることがわかりました。

切れ毛に気づいたら、本記事を参考に早めの対策を心がけるようにしましょう。

できることから実践して、切れ毛のない綺麗な髪を目指してくださいね!