目次

  1. 前髪をすきすぎてハゲて見える…
  2. 前髪をすきすぎても、実はハゲには見えていない!?
  3. 前髪をすきすぎたときの対処法5選
  4. こんな人は前髪のすきすぎに注意!【ハゲに見えやすい人】
  5. 前髪をすくときにハゲに見えないポイントは?
  6. 前髪をすきすぎても、対処法はある!
前髪をすきすぎてハゲに見える…
前髪をすきすぎてハゲに見える…

伸びるまでにできることはないの?

前髪のボリュームが気になってすいたけど、すきすぎてハゲみたいになってしまった…。
女性なら、一度は経験があることですよね。

自分で切って失敗することもあれば、美容室でのカットですきすぎることも。

「ハゲに見えていないかしら…」
と気になっている人も多いかもしれませんが、実はハゲに見えていない可能性もあるんです!

また、もしハゲのように見えていたとしても、その対処法はたくさんあるんですよ。

今回は、女性たちの前髪事情を解決すべく、前髪をすきすぎてしまったときの対処法を一気にご紹介。
また、前髪をすくときに注意すべきポイントもお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

#MERY 年末メイク編 公開中💄 http://mery.jp/319550 #メイク#ピンク#makeup#白ネイル

泉 里香 MODEL 🇯🇵さん(@rika_izumi_)がシェアした投稿 -

前髪をすきすぎると、「ハゲだと思われないかな…」と気になりますよね。

でも、実は前髪のすき方によっては、ハゲだとは思われないこともあるんです。

シースルーバングというのをご存知ですか?

韓国で流行し今では日本でも人気の、おでこが透けて見えるくらい薄い前髪のことをいいます。

日本の女優さんやモデルさんにも多い前髪なんですよ。
そのため、前髪が全体的に薄い印象だったとしても、ハゲには見えず流行りの髪型だと思われることも多いんです。

それでも、「やっぱりハゲっぽくていや!」「バランスが悪いからなんとかしたい!」という方は、これからご紹介する対処法を参考にしてみてくださいね。

前髪をすきすぎた場合、元に戻すためには髪が伸びるのをひたすら待つしか方法はありません。

でも、伸びるのを待てない、伸びるまでなんとかしたいという思いもありますよね。
そうした方におすすめの対処法があるんです!

今回は、その方法を5つに分けてご紹介していきますね。

  • 1)短くカットしてオン眉に!
  • 2)カラーリングで肌を目立たせない!
  • 3)前髪を厚くしてごまかす!
  • 4)ヘアアレンジ①「前髪を残さない!」
  • 5)ヘアアレンジ②「前髪をあえて残す!」

ではさっそく、それぞれについてどのように有効なのか、詳しい方法はどのようなものなのか、みていきましょう!

1)短くカットしてオン眉に!

はなまる🌼

솜혜인さん(@somhein)がシェアした投稿 -

まず、伸びるまで待てないという方におすすめなのが、前髪を思いきって短くするという方法。

ある程度前髪の長さがある方は、眉毛の上まで、前髪を短くしてみてはいかがですか?

実は今、シースルーバングに続く前髪の流行スタイルが、オンザ眉毛なんです!

特に、前髪をすきすぎてしまった方にはチョッピーバングがおすすめ。

チョッピーバングはシースルーバング同様、韓国で人気となっている、シースルーバングの短めスタイルといったイメージの髪型。

綺麗にぱっつんにするのではなく、すき具合をあえてバラバラにするスタイルなので、すきすぎた前髪でもやりやすいアレンジなんですよ。

2)カラーリングでおでこを目立たせない!

今日も1日😛 #ふぁいとー #fight #화이팅

yurika kuboさん(@shi_ka_co)がシェアした投稿 -

また、伸びるのを待てない方には、カラーリングもおすすめ。

真っ黒の髪の毛だと、肌の色との差が大きく、どうしてもおでこの肌色が目立ってしまいます。
そのため、薄毛やハゲに見えやすくなってしまうというんです。

でも、明るめの色にカラーリングすれば、肌と髪の毛の色の差が少なくなり、おでこの肌色も強調されにくくなります

職場が髪染めokな場合や、全体的にカラーリングをしてもいいかな、と思っている方は、美容師さんと相談しておでこの肌色が目立ちにくい色に染めてみてはいかがですか?

3)前髪を厚くしてごまかす!

さーむいー夜だーからー わたしーはひきーこーもりー。

桐谷美玲さん(@mirei_kiritani_)がシェアした投稿 -

前髪の量が少ない場合は、前髪の量を増やすのも一つの方法。

サイドから持ってきて増やすのではなく、上の髪の毛を下ろすことで、すきすぎてしまった箇所も綺麗にカバーすることができますよ。

前髪の量を増やすときは、増やした箇所だけが重たくなるとバランスが悪くなるので、バランスを整える意味で、少しすくのがポイント。

髪型全体をみて、前髪の量を増やしても不自然にならないようであれば、前髪を厚くしてみるのもいいですよ。

4)ヘアアレンジ①「前髪を残さない!」

🌈🌈⛅ #トリンドル玲奈#REINA玲奈 #reinatriendl#toritori#vivimagazine#model#cute#beautiful#love #amazing #smile #girly

トリンドル 玲奈さん(@triendl_reina)がシェアした投稿 -

前髪をさらに切ったり、カラーリングをするのはちょっと…。
という方もいらっしゃいますよね。

そんな方でもできる対処法が、ヘアアレンジ。

まずは、前髪を残さないヘアアレンジをご紹介していきますね。

  • ターバン

前髪が短い方や、綺麗に前髪を上げたい方には、ターバンがおすすめ。
デザインや形もたくさんあり、サイドの髪の毛をターバンの下から覗かせても可愛いですよ。

たくさんのデザインとアレンジが楽しめるのが、ターバンのおすすめポイントです。

  • 編み込み

サイドの髪の毛と合わせて、前髪を編み込んでしまうのも良いですよ。
簡単にアレンジできて、可愛らしさも演出できます。

あまり大きな編み込みにしなければ、お仕事などにもさほど影響がなさそうですよね。

  • オールアップ

前髪にある程度の長さがある方には、オールアップもおすすめ。
ピンの形や色で個性も出せますし、ピンを隠すのも大人っぽさが出て良いですよ。

髪の色や、ショートヘア・ロングヘアなど髪型を選ばす似合うのも、オールアップのおすすめポイント。

4)ヘアアレンジ②「前髪をあえて残す!」

さむいですね。 雪も降りましたし、とうとう 冬が本気出してきた。

honda tsubasaさん(@tsubasa_0627official)がシェアした投稿 -

カットやカラーリングはもちろん、おでこを出すのもいやだ…という方のために、前髪を残せるヘアアレンジもご紹介します。

  • ワックスで動きを出してごまかす

前髪に少しワックスをつけて動きを出すことで、すきすぎている・ハゲているという印象を薄くすることができます。
あえて前髪に束を作ることで、透けて見えているおでこの肌色が見えて当然!といった印象になりますからね。

  • 後ろの髪の毛と合わせて流す

また、後ろの長い髪の毛と合わせてサイドに流すというのもおすすめ。
ある程度前髪の長さが必要となりますが、他の長い髪の毛と一緒にすることで、前髪が薄いというのがバレません

コテで動きを出せば、さらに自然に見せることができますよ。

  • エクステを使う

シールタイプのエクステなら、編み込まないのでエクステの付け根もわかりにくくなります。
また、1ヶ月〜2ヶ月ほどもつので、すきすぎた前髪が伸びるのに十分な期間が確保できますよ。

毎日アレンジするのが面倒…という方は、エクステをつけてみるのも良いかもしれませんね。

こんな人は、前髪のすきすぎに注意!
こんな人は、前髪のすきすぎに注意!

人によっては、少ししかすいていないはずなのに、ハゲに見えやすい人もいるんです。

対処法があるとはいえ、いつも時間をかけてヘアアレンジできるわけでもないですし、できれば理想通りの髪型にしたいですものね。

そこで今回は、前髪のすきすぎに特に注意して欲しい方の特徴もご紹介。

下記に当てはまる方は、特に前髪をすくときは注意しましょう。

  • もともと髪の毛の量が少ない人
  • もともと髪の毛が細い人

生まれつき髪の毛の量が少ない、髪の毛が細いという方の場合、少ししかすいていないつもりでも、思った以上に前髪が薄くなってしまうことがあります。

少し軽くしたい程度であれば、前髪として残す量を少し減らすくらいでちょうど良いかもしれませんよ。

髪をすくときも毛先だけをすくなど、工夫してみましょう。

美容室でカットするときは、あまりすきすぎないようにオーダーしてくださいね。
また、自分でカットするときのため、下記で前髪をすきすぎないためのポイントもご紹介していきます!

前髪をすきすぎないためには、どうしたらいいの?
前髪をすきすぎないためには、どうしたらいいの?

自分で前髪をすく時に、おさえておきたいポイントをご紹介!

では、前髪をすきすぎないためには、どのようなポイントをおさえる必要があるのでしょうか?

今回はこちらの4つのポイントに分けてご紹介。

  • 前髪は2段に分けてすく
  • すきバサミは縦に入れる
  • 根元からすかない
  • バランスを見ながら少しずつすく

それぞれのポイントについて、詳細も見ていきましょう。

前髪は2段に分けてすく

まず最初におさえておきたいポイントは、前髪を2段にわけてすくということ。

表面と内側の2段に分け、内側の毛からすくようにしましょう。

外側の毛は、少し軽くする程度で、あまり薄くしないのが重要

外側の毛を薄くしてしまうことで、スカスカ感が出てハゲのように見えてしまうのです。

すきバサミは縦に入れる

すきバサミは、髪の毛に対して横(垂直)に入れるのではなく、縦に入れるようにしましょう。

横にハサミを入れてしまうと、すいた毛と残っている毛の段差が目立ちやすくなってしまいます
それによって、バランスも悪くなり、すきすぎて見えるのです。

前髪を綺麗にすくためにも、ぜひ実践してみてくださいね。

根元からすかない

前髪をすきすぎないためには、根元からすかないことも大切。

シースルーバングのように、わざと前髪を薄くしたい場合は別ですが、ハゲて見えるのでは…?と気になる方は、まず毛先からすくようにしましょう。

そのあと、少しだけ中盤や根元付近をすき、バランスをとると良いですよ。

バランスを見ながらすく

また、一気にハサミを入れるのではなく、バランスを見ながら少しずつすくようにしましょう。

いくらすきバサミを使っていたとしても、ザクッと一気にたくさんの毛をすくと、段ができてしまいますし、すいた先の毛だけ、必要以上に薄くなってしまいます

髪が薄い、ハゲているという印象を持たれないためにも、自分の理想と照らし合わせながら、少しずつハサミを入れましょうね。

前髪をすきすぎても対処法はある!
前髪をすきすぎても対処法はある!

自分にあった対処法、ヘアアレンジをして伸びるのを待とう!

前髪をすきすぎても、対処法はたくさんあります。
カットやカラーはもちろん、ヘアアレンジまで。

髪の毛が伸びるまで、自分にあった対処法で乗り切りましょう!

前髪をすきすぎたからといって、実際にハゲるわけではないですし、必ず伸びてくるので普段と違うアレンジを楽しんでみてはいかがですか?