目次

  1. 髪の毛を切りすぎてしまった…少しでも早く伸ばす方法ってあるの?
  2. 【結論】一週間で劇的に髪の毛を早く伸ばすことはできません
  3. <日常生活編>髪の毛の伸びの遅れを防ぐ方法3選
  4. <ヘアケア編>髪の毛の伸びの遅れを防ぐ方法3選
  5. 【これはNG】髪の毛を健康に伸ばすために避けたい4つのこと
  6. <番外編>どうしても今すぐ髪を伸ばしたい...という方にはこんな方法も
  7. 健やかに髪を伸ばすたために日常生活とヘアケアを改善しましょう!
一週間で髪を早く伸ばしたいんだけど...
一週間で髪を早く伸ばしたいんだけど...

「美容院に頼んだら思ったより短くなってしまった...」 「自分で前髪を切ったら、切りすぎてしまった...」

髪の毛を切りすぎてしまったとき、また切られすぎてしまったとき。あなたはどうしていますか? 多くの方は、ひたすら待って髪の毛を伸ばすだけではないでしょうか。

もちろん待てる場合はよいのですが、困るのは少しでも早く伸ばしたいとき。 何か髪を早く伸ばすのによい方法はあるのでしょうか?

この記事では、髪の毛を伸ばす基本情報から対策まで徹底的に解説していきます!

「先に対策が知りたい...!」という方は本記事の下部で紹介していますのでをチェックしてみてください。

そもそも髪の毛はどれくらいの速さで伸ばすことができるのでしょうか?

個人差があるものの、実は大まかに1日0.3~0.5mm伸びると決まっているんです。

  • 1日:0.3~0.5mm
  • 1ヶ月:約1.0cm
  • 1年:約12.0cm

また、1本の髪の毛の成長期間も決まっていて、3~7年ほどかけて成長し、成熟すると抜けていきます。

よって、残念ながら特定の一週間だけ急激に伸ばすといったことはできません

ただし、伸びの遅れを防ぐ方法はあります!

髪の毛を伸ばすことができる早さは基本的に決まっていますが、成長環境が整っていないと成長スピードが遅れてしまうことはあります。

そこで、毎日コツコツと髪の毛が成長しやすい環境を整えて、髪の毛の伸びの遅れを防ぐことが大切。

では、一体どのような方法があるのでしょうか?

今回は、日常生活でできることヘアケアとして実践してほしいこと番外編に分けて、合計8つの具体的方法をご紹介します!

<日常生活編>

<ヘアケア編>

<番外編※>

それぞれ詳しく見ていきましょう!

※番外編は最後の最後でご紹介します。

①髪を伸ばすサポートができる食品を摂る

髪の毛を早く伸ばすためには、髪の毛をつくるもととなる栄養素を含んだ食品を積極的に摂りましょう。

もちろんそうした食品は食べれば髪の毛をすぐ伸ばすことができる、というわけではありません。

しかしそれらの栄養素がないと髪の毛は成長できませんから、まずは必要な栄養素をとることが髪を伸ばす近道となります

髪の毛をつくるのに必要とされる栄養素はいくつかありますが、キーとなるのはケラチンとよばれるタンパク質です。

以下に代表的な食物を紹介します。

  • タンパク質:肉、魚、卵、豆
  • ビタミン類:緑黄色野菜、豚肉、マグロ
  • ミネラル類:生ガキ、豚レバー、生姜、干しエビ

日々の生活の中で意識してみてくださいね。

②規則正しい睡眠をとる

夜間は睡眠によって成長ホルモンが活発に分泌され、身体の成長やダメージの修復をする時間。

もちろん髪の毛を伸ばすのにも大切な時間で、長くて太い正常な髪になるために必要です。

特に22:00~2:00はゴールデンタイムと呼ばれ、最も成長ホルモンが分泌されると言われていて、しっかり睡眠をとって欲しい時間です。

毎日の生活リズムを見直して、規則正しい睡眠時間をとるようにしてくださいね。

③ストレスを発散させる

栄養は血液を通して髪の毛まで届くのですが、ストレスを溜め込んでしまうと血行が悪くなってしまう可能性が。

たくさん栄養を摂取しても、血行が悪いと栄養の行き届く量が少なくなってしまい、髪を伸ばす邪魔をしてしまいます。

しかし、ストレスはどうしても感じてしまうもの。

そこで、好きな趣味に興じたり軽く運動をして気分転換をするなどして、ストレスを発散できるような工夫をしましょうね。

①頭皮マッサージを行う

血行を良くする方法としておすすめなのが頭皮マッサージ

頭皮をほぐすことによって血行をよくすることで栄養が行き渡りやすくなります。

入浴中や入浴語、お昼の休憩時間などにしっかりと揉みほぐしてあげてください。

以下に、頭皮マッサージについて参考になる動画を紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

頭皮マッサージの方法を紹介している動画

②髪にいいシャンプー&トリートメントを使う

髪の毛が伸びる土台である頭皮を清潔に保つことも重要

髪を洗う時に使うシャンプーにも気を使いましょう。

合成成分やアルコールがたくさん入っていたり、自分に合っていないシャンプーだと洗う度にダメージを与えてしまい、髪の伸びが遅くなってしまいます。

  • 無添加
  • ノンシリコン
  • 美容成分配合

のシャンプーがおすすめ。

ただし、いざ髪の毛にいいシャンプーを買おうと思っても数が多すぎて、どれにすれば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、顧客満足度の高いノンシリコンシャンプー「アスロング」を紹介します。

「GLITTER」や「美的」など多くの美容系雑誌に取り上げられていて、ミランダ・カーといった海外セレブも使っているとのこと。

もし興味がありましたら公式サイトをチェックしてみてくださいね。

③もし薄毛の可能性を感じたら「育毛剤」を使う

もし、「髪の伸びが異常に遅い...」と感じていたら薄毛症状の可能性も考えられます。

薄毛の症状は複数ありますが、割合として多いFAGA(女性型脱毛症)やAGA(男性型脱毛症)では、髪の成長が妨げられてしまうことで、髪が育ちきっていない細い状態で抜けていってしまいます。

その原因には、遺伝によるホルモンバランス、極度のダイエット、産後のストレスなど様々な要素が考えられます。

この場合には「育毛剤」を使用することもおすすめ。

育毛剤は国から有効成分を認められた「医薬部外品」で、今ある髪を育ててくれるアイテムです。

ハゲラボでは「マイナチュレ」という女性用育毛が人気で、女性の薄毛に特化した成分無添加・無香料全額返金保証が特徴で人気を集めています。

育毛剤には前髪の後退におすすめなものや頭頂部の薄毛におすすめなものなど色々な物がありますが、マイナチュレはどちらの薄毛に悩んでいてもおすすめできます。

もし薄毛にお悩みでしたらチェックしてみてくださいね。

逆に、一週間で少しでも髪を正常に伸ばすために、してはいけないことを4つ紹介します。

髪を伸ばしたいのに伸びるのが遅い...と感じられている方は、心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

①髪の毛を引っ張る

よく都市伝説みたいなもので、髪を結んで引っ張っておくと髪の毛を早く伸ばすことができるという話を聞いたことがありませんか?。 これは間違いです。

というより逆効果になってしまう可能性も...。

髪の毛に余計な力が加わり傷む原因となってしまうんです。

また、ポニーテールにような前髪を引っ張ってしまうヘアスタイルもダメージを与えてしまうことがあるので、長期間連続ですることは避けましょう。

②熱いドライヤーを長時間あてる

洗髪後に髪の毛を乾かす際、ドライヤーをする時間をなるべく短くしましょう。

ドライヤーなどで熱を長時間髪の毛にあてると、枝毛や切れ毛が発生しやすくなります。

ドライヤーの熱風だけでなく、パーマや熱を加えるヘアアイロンなどの器具も使用をなるべく避けるようにしましょう!

③無理なダイエットや偏食、不規則な食事

髪の毛を健康的に伸ばすのにバランスのよい栄養素が必要でしたね。

逆に、無理なダイエットや、偏った食事不規則な食生活は髪の毛に必要な栄養素が不足して抜け毛の原因にもなりますよ。

髪の毛を早く伸ばしたいのであれば、十分に栄養を摂取しましょう!

④喫煙と過度な飲酒

タバコには、ニコチンが含まれていて、血管を収縮させてしまいます。 血行が悪くなり、頭皮に栄養が行き届かなくなることで、髪の毛の成長も悪くなりますよ。

また過度な飲酒も厳禁。

大量にアルコールを摂取すると、肝臓で分解する際にケラチンを作るためにアミノ酸が使われてしまい、髪への供給が減ってしまいます。

ここまで、日常生活とヘアケアで対策できることを紹介してきましたが、どうしても緊急的に髪を伸ばす必要がある時もありますよね。

そんな方のためにおすすめの2つご用意しました。

①ヘアアレンジを工夫する

「どうしても今すぐなんとかしたい!」という方におすすめするのはヘアアレンジ

切りすぎてしまった時や、中途半端な長さの時には髪型をアレンジすることで対応することもできますよ。

逆に今の長さだからこそできるヘアアレンジを楽しんでしまいましょう!

髪が短い時はショートボブピンでのアレンジなど、色々なヘアスタイルができますよね。

ヘアアレンジの具体的なな方法については下記記事で紹介していますので、興味のある方は要チェックです。

>>【髪の毛の伸ばし方】伸ばしかけショートにおすすめのヘアスタイル・ヘアアレンジ

②ウィッグ・かつらを使用する

どうしても髪を伸ばしたい方には、「ウィッグ・かつら」を使用することもおすすめします。

最近のかつら・ウィッグは技術が発達していて、見ただけでは判別できないものが多いんですよ。

気軽に市販で購入してすぐにつけられるかつら・ウィッグから、最近では一人一人に合わせてオーダーメイドで作ることができるかつら・ウィッグまでさまざま。

ご自身に合った商品の力をかりて、髪を瞬時に伸ばして(つくって)みてくださいね!

少しでも早く髪を伸ばすさまざまな方法をみてきました。 調査の結果、残念ながら一週間で劇的に髪の毛を伸ばす方法はありませんでした。

でも、生活習慣ヘアケアを改善することで、髪の健康的に伸ばすサポートをすることはできます。

ぜひ、毎日の生活で意識してみてくださいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。