目次

  1. AGA治療の費用を抑えるならジェネリック
  2. 低価格が魅力なジェネリック医薬品って?
  3. 1ジェネリック治療薬「フィナステリド錠」の費用
  4. 2ジェネリック治療薬「フィンペシア」の費用
  5. 3ジェネリック医薬品「カークランド」の費用
  6. 4ジェネリック治療薬「フィナロ」の費用
  7. 5 ジェネリック治療薬「ミノキシジルタブレット」の費用
  8. ジェネリックでのAGA治療はどんな人にオススメ?
  9. 費用を抑えたジェネリックでのAGA治療で気をつけたいこと
  10. ジェネリックの費用と特徴と把握してムリのないAGA治療を!

AGA(男性型脱毛症)の治療を効果的に行う育毛剤・発毛剤。 しかし、費用が高くて困っている方は、いませんか? いくら良い発毛剤・育毛剤でも…値段が高いと手を出す勇気が出ないという方もいらっしゃいますよね。 実は、そんな時に頼れる医薬品があるのです。

それはズバリ!ジェネリック治療薬です!

なんと、ジェネリック治療薬は通常の育毛剤や医薬品より低費用で手軽に購入可能な治療薬です。そして、現在は様々なジェネリック治療薬が、販売されネットや口コミを中心に話題を集めています。

今回は、そんなジェネリック治療薬とは、どんな医薬品なのか・費用はいくらなのか等をご紹介したいと思います。

AGA治療に役立つジェネリック医薬品
AGA治療に役立つジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品を使ってAGAを改善しましょう。

早速ですが、始めの導入文で「ジェネリック医薬品って何だ?」と思われた方も多いと思います。

ジェネリック医薬品とは別名、後発医薬品と呼ばれています。 そして、新薬の特許期間が満了して厚生労働省の承認を得て製造・販売される薬の事です。 また、新薬に比べて開発費が大幅に削減出来るため薬を低価格で販売可能なところが特徴です。そのため、患者個人の医療費の負担を軽くするほか、日本全体の医療費削減にも大きく貢献してくれる、と言われています。

AGA治療の主なジェネリック医薬品例として… - フィナステリド - フィンペシア - カークランド - フィナロ - ミノキシジルタブレット

このあたりが、代表的なジェネリック医薬品だと言えるでしょう。 この5つの様々なジェネリック医薬品の費用・効果について説明した文書を下記にご用意致しました。

費用を抑えられるジェネリック医薬品
費用を抑えられるジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、費用が安く財布や家族にも優しいです。

ジェネリック治療薬フィナステリド
ジェネリック治療薬フィナステリド

AGA治療において定番のジェネリック治療薬です。

フィナステリド錠は、錠剤タイプの発毛剤です。

フィナステリドは、もともとAGAの症状とは関係のない、前立腺肥大症前立腺がんに用いれていたものです。 しかし、次第に男性の脱毛症にも効果が期待できるということが判明してきたため、AGAの治療薬に用いられるようになりました。

フィナステリドの効果と副作用

フィナステリドは、AGAになってしまう主な原因物質であるジヒドロテストステロンを抑える効果を持つとされています。

ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されてしまいます。 そのため、退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうため毛髪が薄くなってしまいます。 フィナステリドは、ジヒドロテストステロンに必要不可欠な5α-還元酵素を阻害することで生成を抑制するとされているのです。

一方で、副作用が起る可能性もあるようです。 例えば、じんましん性欲減退等が考えられます。 プロペシアは医薬品のため、薬である以上アレルギー反応を起こす可能性も有ります。 しかし、使用する全ての人にアレルギー反応が見られるわけではありません。 プロペシアが、じんましんの原因であると特定することも困難ですので 他の薬の使用も無くプロペシアしか原因が考えられない場合は、体質に合わないと判断するのがいいでしょう。 もう一つの制欲減退に関しては、科学的なメカニズムは解明されていません。 主な原因は、「性欲減退してしまう」と言う思い込みによって起こるのではとも言われています。

フィナステリドの最安値と最高値と平均値

以下はフィナステリドの約1ヶ月あたりの最安値・最高値・平均値です。 今後のクリニック探しの参考にしてください。 - 最安値 約5,500円 - 最高値 約7,560円 - 平均値 約7,100円

※金額はヘアラボ調です

フィナステリドは保険適用ではないので、クリニックによって価格が大きく異なります。 また、最安値は無料カウンセリング等を行わない事で低費用を実現しています。

フィンペシアは、AGA治療薬として有名なプロペシアの錠剤タイプのフィナステリドを有効成分とするジェネリック薬です。 また、他のジェネリック治療薬と比べ圧倒的に販売実績年数が長い所が特徴です。

ジェネリック治療薬のフィンペシア
ジェネリック治療薬のフィンペシア

販売実績年数が最も長い治療薬です。

フィンペシアの効果と副作用

フィンペシアもフィナステリドが含まれているため、男性ホルモン5αリダクターゼの結合を防止、脱毛ホルモンへ変化するのを防ぐ働きをおこなうとされています。 また、主に効果が表れて改善するまで約数ヶ月〜1年程度です。 そのため、改善効果が期待できると専門医師からも支持されています。

一方、副作用としてフィナステリド同様、性欲減退・勃起不全など男性ホルモンの分泌に関係するものが考えられます。 過度の影響はありませんが、持病のある方・これから子供を作りたい方は服用を控える事をお勧め致します。

フィンペシアの最安値と最高値と平均値

以下はフィンペシアの約1ヶ月あたりの最安値・最高値・平均値です。 今後のクリニック探しの参考にしてください。 - 最安値 約700円 - 最高値 約1,600円 - 平均値 約1,000円

※金額はヘアラボ調です

ジェネリック医薬品であることと、個人輸入で医師を介さない事で費用を抑えられる理由と言えるでしょう。 最高値の方は、送料などが含まれる通販で購入する場合の費用です。

カークランドとは、塗布タイプのジェネリック治療薬です。

AGAの特徴である頭頂部の薄毛に特に効果があるとされています。

カークランドの効果と副作用

カークランドに配合されている成分は、ミノキシジルです。 ミノキシジルを塗布すると、血管拡張作用が働きます。 すると、その分栄養が通る道筋が大きくなりの元となる毛乳頭にも栄養がたくさん行き渡る事になります。 よって発毛効果促進につながるとされているのです。

一方で、頭皮に関する副作用が起る可能性もあります。 例として頭皮のかぶれ痒みが考えられます。 特に血管拡張作用があるため高血圧症の方・低血圧気味の方・不整脈の方などは使用を控える事をお勧め致します。

カークランドの最安値と最高値と平均値

以下はカークランドの約1ヶ月あたりの最安値・最高値・平均値です。 今後のクリニック探しの参考にしてください。 - 最安値 約3,260円 - 最高値 約4,100円 - 平均値 約3,450円

※金額はヘアラボ調です

カークランドの最安値の原因も、ジェネリック医薬品であることと、個人輸入で医師を介さない事だと言えます。 また、最高値の方はスポイト付きと言う面が高費用になっているようです。

フィナロとは、錠剤タイプのジェネリック治療薬です。

プロペシア・フィンペシアと同じフィナステリドを有効成分として使用しています。

フィナロの効果と副作用

フィナロは、フィンペシア同様、AGAの主原因となるジヒドロテストステロン生成を抑制し、抜け毛を抑える効果があるとされています。 そして、AGAに悩む人が、フィナステリド含有の育毛薬を服用することで多くの人が発毛や育毛などの何らかの効果が現れたと言われています。 しかし、服用している間は効果がありますが、服用を止めてしまうと抜け毛はまた増えるという声も多くあります。

また、副作用としてフィナロもフィナステリドを配合しているため性欲減退が考えられます。 そして、体質的な問題で頭痛・腹痛などが起りうる場合もあります。

フィナロの最安値と最高値と平均値

以下はフィナロの約100錠あたりの最安値・最高値・平均値です。 今後のクリニック探しの参考にしてください。 - 最安値 約2,428円 - 最高値 約6,500円 - 平均値 約3,780円

※金額はヘアラボ調です

最高値は、インド直送書留便のため費用がかさむようです。

ミノキシジルタブレットも、錠剤タイプの医薬品です。

正確にはジェネリッックとは少し違うようですが、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)より初めて育毛剤として認可されたロニテンの後に同じ成分を用いて開発されたという説があります。

特にM字生え際といった通常の育毛剤では効果が期待しにくいとされる部位に発毛が期待できるとされているのも特徴です。

ミノキシジルタブレットの効果と副作用

ミノキシジルタブレットの主な成分であるミノキシジルは、血圧を下げる作用があると言われており、もともとは高血圧に悩む方のために開発されました。 しかしある日、ミノキシジルを服用していた高血圧の患者さんに多毛症の症状が出たそう。そこから「ミノキシジルに発毛効果があるのではないか」と考えられて誕生した薬です。

しかし一方で、ミノキシジルタブレットが飲み薬だからこそ起りうる副作用があります。 それは、全身の毛が増毛してしまうことです。 なぜなら、口から摂取するから毛根まで確実に成分が運ばれます。 これは髪の毛だけでなく、全身の毛根に運ばれる事になります。 そのため、どうしても全身の毛が濃くなると言う声が多く聞かれるのです。

ミノキシジルタブレットの最安値と最高値と平均値

以下はミノキシジルタブレットの約100錠5gあたりの最安値・最高値・平均値です。 今後のクリニック探しの参考にしてください。 - 最安値 約3,045円 - 最高値 約5,200円 - 平均値 約3,822円

※金額はヘアラボ調です

最高値は、タイ直送書留便のため費用がかさむようです。

上記にて様々なジェネリック治療薬をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ただ、ジェネリック治療薬を使用するに当たって治療に向いている方、そうでない方がいらっしゃいます。 以下にあげる方には、ジェネリック治療をお勧め致します。 ご自身が向いているかどうか確認してみてくださいね。

  • 何もアレルギーを持っていない人:ジェネリック治療薬は、成分による副作用が起りえますので、アレルギーを持っている人は避けた方がいいかもしれません。
  • 育毛剤・発毛剤で効果が出なかった人:通常の育毛剤などで効果が得られなかった方でも医薬品である発毛剤で発毛できた事例もあります。
  • 低費用で治療したい人:通常の発毛剤などは、医師の診断などで高費用になりがちです。どうしても費用が気になる方は、ジェネリック治療薬をお勧め致します。

上記にてジェネリック治療薬をお勧めしたい方については、お分かりいただけたかと思います。

しかしジェネリック治療薬は、どなたでも服用可能な分 先ほど何度か触れた副作用などのリスクを伴う恐れがあるようです。 そこで、下記に主な副作用の他に3つの気をつけて頂きたい事をご用意致しました。

服用回数や量を守る

中には、AGAを早く治したいと思い、過度に摂取したいと思っている方がいらっしゃるかもしれません。 しかし、自己判断での治療薬の服用は副作用を起こしたり体に何らかのダメージを与える恐れがあります。 必ず、パッケージなどに書いてある治療薬の1日の服用回数・服用量を守ってください。

妊婦・女性全般の服用

ものによって異なることもありますがAGA治療薬は、あくまで男性用の治療薬です。 現在、女性が服用できる安全性が確立されていないのでお控えください。 また、妊娠中の方が近くにいる場合も注意してください。 妊娠中の方は、服用することはもちろん、触れることもあまり良くないとされているものもあるので注意が必要です。

赤ちゃんと自分の体を守るために
赤ちゃんと自分の体を守るために

妊婦や女性が、AGAジェネリック治療薬の接触・服用はやめましょう。

未成年の服用

AGAジェネリック治療薬を未成年は、服用できません。 なぜなら、妊婦・女性全般の時と同様に20歳未満の安全性が確立されていないからです。 中には、未成年でも服用可能な物があるようですが、効果の信憑性が薄いものだったり、悪徳商法の治療薬の恐れがありますので注意が必要です。

今回は、AGA治療のジェネリック治療薬についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

今後、ハゲやAGA治療のためジェネリック医薬品を服用しようと考えてる方に この記事を参考にしつつ、ご自身に最適な治療薬を選んで頂けると幸いです。 ただし、この記事を読んだだけでは自己判断に過ぎません。 この記事を読んだ後、自分で決めた結果を専門医に相談してみましょう。 より良い効果と効果を残すには、1人で決断せず誰かに協力を仰ぐことをお勧め致します。

これからジェネリック治療薬の活躍でAGAで悩んでいる人が少なくなる事を願っています…。