目次

  1. 椿油がフケに効果があるって本当?
  2. そもそも椿油ってどんな商品?
  3. 【結論】フケを抑えてくれる場合もある
  4. フケには頭皮の乾燥が関係している
  5. 椿油の使い方は?
  6. 椿油の使用は、あなたのフケの状態を見極めてから
椿油はフケにいいのでしょうか…?
椿油はフケにいいのでしょうか…?

日本で古来から親しまれている花、椿

今から1000年以上も前に作られた『万葉集』にもその名が登場するなど、なじみの深い花ですよね。

その椿から採れる植物油が「椿油」です。

この椿油、なんだか髪の毛や頭皮によいといううわさがあるのですが、これって本当なのでしょうか?

今回は、そんな噂について調べてみました!

そもそも椿油って何?
そもそも椿油って何?

そもそも椿油とはどういったものなのでしょうか。

椿油は、その名の通り椿の種子を絞ることでできる植物油です。

髪の毛の手入れ、食用など、幅広い用途に使われてきました。

特に女性が椿油を使い、髪をていねいにクシでとぐ姿はイメージがつきやすいのではないでしょうか。

現在でも、一般に発売されている椿油は主に頭皮や髪の毛のためのケアオイルです。

一例として下記のような商品があります。

椿油が合うかどうかは、フケの原因によります
椿油が合うかどうかは、フケの原因によります

さて本題です。

椿油がフケによいかというと、人により差があります

具体的には、乾性フケでお悩みの方には椿油がよい場合もあるでしょう。

乾性フケとは、パラパラとした乾いたフケのこと。ちなみに反対の言葉は湿性フケです。

乾性フケの場合は頭皮の乾燥が原因となっている場合が多く、保湿がポイントとなってきます。

ですので、乾性フケでお悩みの場合、椿油で肌に保湿することで対策となる場合があります。

でも、なぜ保湿することでフケを対策できるのでしょうか?

そのあたり、より詳しくご説明していきますね。

やはり乾燥が問題
やはり乾燥が問題

乾燥は肌の大敵

フケとは、古くなった皮膚がはがれ落ちたものです。

人間の皮膚では、「ターンオーバー」と呼ばれる代謝が日々行われています。

ターンオーバーとは、新しい皮膚が古い皮膚を押し出す、いわば「皮膚の世代交代」です。

この際、古い皮膚は細かなフケとなって排出されます。

ただ、通常であれば量は多くありませんし、小さいため気になりません。

一般に言われるフケは、ターンオーバーが何らかの原因で乱れ、排出される古い皮膚の量が増えたり、ひとつひとつが大きいものです。

特に頭皮が乾燥していると、皮膚が本来持っているバリア機能が低下し、ターンオーバーが乱れたり、さまざまな刺激に対して弱くなります。

結果として、フケが増えたり、かゆみが出たりといったトラブルにつながる場合があるのです。

ですのでフケに悩まされていると同時に、頭皮の乾燥も気になっているという方は、椿油で保湿してみるとよいかもしれません。

フケの原因は乾燥以外にも?

フケは乾燥以外でも発生することがあります。

たとえば湿性フケ。

先程ご説明した乾性フケと違い、ベトベトとしたものですが、この場合は頭皮の乾燥ではなく、脂漏性皮膚炎など別な原因が考えられます。

脂漏性皮膚炎とは、頭皮や顔などで起こる炎症の一種です。

皮膚に普段から住むマラセチア菌と呼ばれる細菌が、何らかの原因で繁殖してしまうことで起こると考えられています。

湿疹やベトついたフケが出るのが特徴で、この場合はフケを減らしたいからと行って椿オイルを塗るのはおすすめできません。

シャンプーを丁寧にしても湿ったフケが出てくるなど、脂漏性皮膚炎に心当たりのある方は、皮膚科で専門医の診察を受けることをおすすめします。

いわゆる自己診断は誤った判断を招くこともあるので、少しでも不安があればお近くの病院を訪ねてみてくださいね。

椿油はどう使う?
椿油はどう使う?

さてここまでをまとめると、乾燥に悩まれている方は椿油を使ってみるとよいかも…ということでしたね。

実際に椿油を使用する場合、まずは少量からはじめましょう。

塗りすぎるとかえってべたつくだけですので、少量で試し、もし足りなければ少しずつ増やせばOKです。

一般的な椿油(椿オイル)の使用方法は以下です。

  • オイルを少量(スプーン一杯程度)手のひらにたらす
  • 手でやさしく頭皮全体になじませる
  • 数分おいたあと、ぬるま湯でオイルを洗い落とす
  • シャンプーをする

気をつけるべき点としては、濡れた状態ではなく、髪が乾いたまま、かつシャンプーの前にオイルを塗るのがポイントです。

これは頭皮が濡れていると、オイルがなじまないためです。

椿油とフケにまつわる噂の検証、いかがでしたでしょうか。

フケでお悩みの方の中でも、乾燥が原因の場合は椿油がよい可能性があります。

一方で乾燥以外でフケが発生している場合、椿油を塗ってもよくなるとは考えにくいので要注意ですね。

ご自分の頭皮の状態をよく考え、椿油を試してみてください!