目次

  1. フケがでる原因はマラセチア!?
  2. マラセチアは菌?その正体とフケとの関係
  3. マラセチア菌による脂漏性皮膚炎って何?
  4. 原因を把握して、マラセチア菌によるフケを対処しよう!

「フケが出る…どうにかしたい!」

と、フケのことを調べていると、ちらほらと目にするマラセチア

「マラセチアは菌やカビって書かれているけど大丈夫かな…」

と自分のフケがカビによるものなのか、心配になりますよね。

このマラセチアとは一体何なのか、フケとどのような関係があるのか気になりませんか?

そこで今回は、マラセチアの正体とフケとの関係などを詳しくご紹介していきます。

さらに、記事の後半ではマラセチアによるフケの対策方法 もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

マラセチア菌とは?
マラセチア菌とは?

ではさっそく、マラセチアについて見ていきましょう。

マラセチアは、皮膚常在菌と呼ばれる真菌(カビ)の一種です。

“菌”と聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、常在菌は通常であれば害はなく、多くの人の身体に存在しています。

そのひとつであるマラセチア菌は、皮膚にいる常在菌で皮脂を栄養にしています

そのため皮脂が過剰分泌すると、マラセチア菌が異常増殖してしまい、フケかゆみを伴う炎症を引き起こす原因となるのです。

このマラセチア菌による炎症を脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と言います。

マラセチア菌によってフケが発生するのには、脂漏性皮膚炎という頭皮の炎症が関わっていることがわかりました。

では、この脂漏性皮膚炎とはどんなものなのか、詳しくみていきましょう。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の主な原因は、“皮脂の過剰分泌”“マラセチア菌の増殖”です。

先ほどご説明したように、皮膚常在菌であるマラセチア菌は、人間の皮脂を栄養にしており、皮脂が過剰分泌するとエサが増えるのでマラセチア菌が異常増殖します。

そして、増殖したマラセチア菌が皮脂を分解して刺激性の脂肪酸に変化させることで頭皮に炎症が起こるのです。

皮脂が過剰分泌する要因として考えられるのがこちら。

  • 脂性肌
  • 乾燥を補おうと過剰分泌する
  • シャンプーの洗浄力が足りない
  • 生活習慣の乱れ

皮脂の過剰分泌は食生活などの生活習慣の乱れや、シャンプーの仕方などによっても引き起こされる可能性があります。

では、脂漏性皮膚炎にはどのような症状や特徴があるのでしょうか?

脂漏性皮膚炎の特徴

脂漏性皮膚炎の症状と特徴をまとめました。

  • 症状:皮脂の過剰分泌 / フケ / 赤み / かゆみ / 臭い

  • フケの特徴:湿っていて、かたまり状

このような症状や特徴がみられる場合は脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。

では、この脂漏性皮膚炎を対処するのはどうしたら良いのでしょうか?

脂漏性皮膚炎の対処法

脂漏性皮膚炎を対処するには以下の2つが大切です。

  • 皮脂の分泌を抑える
  • 抗真菌剤などでマラセチアを殺菌する

まず、皮脂の分泌を抑える対処法について。

皮脂の過剰分泌は体質の他に、睡眠不足やビタミンBの不足、油の多い食生活なども原因となりうるのです。

そのため、よく睡眠をとり、サプリメントなどでビタミンBを補い、油っぽい食生活を改めましょう

次に、マラセチアを殺菌する対処法について。

マラセチア菌の殺菌には、皮膚科に行って、マラセチアに効果のある抗真菌剤を処方してもらうという方法があります。

内服薬や外用薬がありますので、皮膚科の医師に相談してみましょう。

あなたのフケの原因は何ですか?
あなたのフケの原因は何ですか?

本記事では、マラセチアの正体とフケとの関係、さらには脂漏性皮膚炎について詳しくご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

脂漏性皮膚炎の原因マラセチア菌だけではありませんが、マラセチア菌の増殖が主な原因と言われています。

皮脂の過剰分泌や、かゆみ、フケが気になる場合は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

このような症状がみられたら、皮膚科を受診してくださいね。

フケの原因をしっかり把握して、マラセチア菌によるフケを対処しましょう!