目次

  1. 前髪を早く伸ばしたい!長くしたい!
  2. 【注意】前髪は、すぐに伸びたり長くなったりしません
  3. 1 前髪元どおりのびっくりヘアアレンジ【動画あり】
  4. 2 ヘアアイテムを駆使しよう
  5. 3 健康な髪を伸ばすために、生活習慣の改善をしよう
  6. ハゲラボ編集部にインタビュー!短かすぎ前髪をどう伸ばしたり作ったりした?
  7. 髪の発育に悪影響なNG行動とは?
  8. 自分に合う方法で理想の前髪を♪

「美容室に行ったら前髪を切られすぎちゃった…」

「自分で前髪を切ったら、思った以上に髪型がヘン…」

一刻も早く前髪を伸ばしたい!なんて思いながら、切りすぎた前髪を鏡で見て、何日も後悔して過ごしているなんてこと、ありませんか?

髪型は毎日見るものなので、前髪を切りすぎたダメージは大きいですし、中途半端な長さだとすごく邪魔。 なのに、髪の毛はすぐに伸びないから困りものです。

そこで今回は、前髪を伸ばす、長くする方法について、ハゲラボ編集部がわかりやすく紹介していきたいと思います。

最初にはっきり申し上げると、前髪がすぐに伸びたり長くなったりすることはありません。

髪の毛は毎日少しずつ伸びるもの。およそ、1日に0、3㎜ほど伸びると言われています。

ですので、今日切った前髪が明日には元どおりの長さに……なんてことは残念ながら起こりません。

なくなった前髪を今すぐに元に戻せるウルトラCはないんです。

ではどうすることもできないのでしょうか。 いえ、そんなことはありません。

  • 1 , ヘアアレンジ(髪型)やセットを工夫することで"違和感をなくす"
  • 2 , ヘアアイテムをうまく利用し前髪を”つくる”
  • 3 , 正しい生活習慣をもって"健康な髪の毛を伸ばす"

こういった方法の中から、あなたにぴったりなものを選びましょう。

さっそく、すぐに対処できるヘアアレンジ等のお話からしていきますね♪

前髪を伸ばすことができなくても、ヘアアレンジでカバーすることは可能です。

短くなった前髪を素敵にアレンジして、かわいい自分を取り戻すのもいいですよね。

他にも、前髪以外の地毛を使って、今までどおりの前髪に見せる方法もあるんですよ。

ご自身の前髪の長さによって、短め前髪を可愛くアレンジするもよし、地毛で前髪をカバーするもよし、参考にしてください。

【前髪がある場合】→コテで巻いて前髪を作ろう

動画でもやっている簡単な方法です。

ある程度前髪の長さが残っているなら、短くなった前髪を、コテでくるっと内巻きにして遊ばせちゃいましょう。

コテで強めにニュアンスをつけて巻けば、流行りのおしゃれヘアとしてごまかせちゃいます。


【前髪がない場合】→前髪以外の毛を使ってをカバーしよう

前髪が短くなりすぎて、アレンジも難しい場合、自分のサイドの毛や後ろの髪の毛を前髪に持ってきて、前髪の代わりとして使う方法もあります。

つむじより後ろの髪の毛を持ってくると、バランス的におかしくなりやすいので、つむじより前の髪の毛を前髪として使ってくださいね。

くしで髪の毛を整え、つむじより前にあるサイド、後ろの髪の毛を前髪に持って来るだけでOKです。ハサミで長さを整えて、新しい前髪を作りましょう。

髪の毛の流れ的に、どうしても新しい前髪がうまく整わない場合、ヘアスプレーで固めたり、ヘアピンやバレッタなどを使って、髪の毛を固定するのもおすすめです。

ウィッグやエクステを使えば、前髪を切る前の状態に簡単にリセットできます。

ワックスやスプレーといったヘアアイテムを使えば、前髪を長く伸びたように見せることもできます。

ヘアアイテムを駆使して、元どおりの前髪を作りましょう。

ヘアアイテムで前髪を伸ばす・作る方法①ウィッグ

フルウィッグはもちろん、前髪のポイントウィッグで、元どおりの髪型にすることができます。

髪全体をコーディネートできるフルウィッグ、バレッタやパッチン留め具で気軽につけられるポイントウィッグ、自分の好みに応じて好きなものを選びましょう。

ヘアアイテムで前髪を伸ばす・作る方法②エクステ

ウィッグは取り外しの点で面倒ですが、エクステならつけたままでアレンジもしやすい!

セルフエクステはもちろん、美容室で前髪エクステをしてもらえば、切る前の前髪に元どおりです。

お金はかかりますが、自力より美容室の方が綺麗にできるのでおすすめです。

ヘアアイテムで前髪を伸ばす・作る方法③ワックス/スプレー

ワックスを使えば、前髪を長く見せることができます。

前髪が短いと、髪のハリで髪の毛が立ち上がりやすくなるため、そのせいでより前髪が短く見えてしまいます。

ですので、前髪が立ち上がりすぎないよう、ワックスやスプレーでボリュームを抑えれば、前髪が長く伸びたように見えますよ!

ボリュームさえ落とせば、見た目は元の前髪の長さに近づくので、ワックスなどでボリュームダウンにチャレンジもあり。

これまで、ヘアアレンジを工夫したり、ウィッグやエクステなどのヘアアイテムを利用したりすることで、切りすぎた前髪をどうにか伸ばしたり、長く見せたり、作ったりする方法についてご紹介してきました。

ただ、もっと根本的に髪の毛そのものを健やかに伸ばしていくにはどうしたら良いのでしょうか?

その答えの鍵となるのが、

より良い生活習慣を送ること
髪に必要な栄養素の確保

の2点。具体的には、

  • 質の良い睡眠をとる

  • 頭皮マッサージで、頭皮の血流をよくする

  • 亜鉛とタンパク質を摂取する

などを実践することが、健康な髪の毛を育て伸ばすための近道となりますよ。

1つ1つ、深掘って見ていきましょう!

質の良い睡眠をとる

髪の毛を健康に、正常に伸ばすためには質の良い睡眠はとても大切です。

というのも、睡眠中は、肌や髪の毛の生育に関わる成長ホルモンが出ると言われています。

特に《ゴールデンタイム》と呼ばれる22時〜午前2時までの間は、成長ホルモンが特に分泌される時間です。

この時間にしっかり眠りをとることで、正常に髪の毛は伸びていくと考えてくださいね。

また、成長ホルモンは、"眠りの質"によってその量が変化します。

"質のよい眠り"をとるには、

  • 寝る前に入浴し体を温める
  • 眠る前にスマートフォン、パソコンなどを見ない
  • ラベンダーなどの鎮静効果のあるアロマを焚く

などの行動が効果があると考えて良いでしょう。

睡眠について課題を感じている方は、ぜひ実践してみてくださいね

頭皮マッサージで、頭皮の血流をよくする

人によっては、頭皮マッサージを行うことでも、髪の毛の正常な成長を実現できる可能性がぐっと高くなりますよ。

頭皮の血行が悪い状態だと、髪を伸ばすために必要な栄養が髪の毛に届きません。

そういう方は、頭皮マッサージによって血流が良くなれば、栄養がしっかりと髪の毛まで届き、健康な髪が正常に伸びていくことになります。

本格的にマッサージをするのはもちろん、シャンプーの際に、自分の指先でしっかり頭をマッサージするだけでもプラスの影響が。

お風呂のついでに試してみるのもいいですね!

亜鉛とタンパク質を摂取する

髪の成分の99%はケラチンと呼ばれるたんぱく質です。

そのため、健康に髪の毛を伸ばしたいなら、たんぱく質を十分に摂ることが必要です。

肉や魚、チーズや牛乳などの乳製品、卵や大豆、豆乳製など多様な食品に含まれているので、自分の好きなものからたんぱく質を取りましょう。

効率的にタンパク質を取りたい!という場合は、市販されているプロテインサプリでタンパク質を摂るのもいいかもしれません。


また、健康な髪の毛を伸ばすには、十分なタンパク質が必要なのはもちろんですが、合わせて、亜鉛も摂取することをお勧めします。

亜鉛は髪をつくるときには必要な栄養素。たんぱく質から髪の毛のもとであるケラチンを作るのを助ける働きがあり、亜鉛が過度に不足すると、髪が正常に成長しないこともありえます。

亜鉛を含む食品は、レバーや牡蠣、チーズなど。亜鉛はサプリメントでも販売しているので、こちらを活用するのもいいでしょう。

他の人は、どういう方法で短くなってしまった前髪をカバーしたのでしょう?

参考までに、前髪を切りすぎてしまったハゲラボ編集部にインタビューを行いました。

こうすれば前髪がうまくカバーできた!というハゲラボ内の、生の声をお届けします!


ハゲラボスタッフ(男性)

前髪を切りすぎてしまった時って、どうやってカバーしていますか?

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

前髪を切りすぎてしまった時は、ヘアアレンジ一択です!
私は前髪を分けているので、分け目を反対に変えれば、見た目は左右逆ですが、いつもの印象と同じになりますよ。

ハゲラボスタッフ(男性)

なるほど!分け目を反対にするだけでそんな効果があるんですね。

ちなみに分け目を変える以外に、工夫することってありますか?

ハゲラボ運営スタッフ(50歳)

ちょっと手間はかかりますが、左右の長めの髪の毛を生かして、前髪ごと三つ編みで編み込みする方法もやりますね。かわいいし、短い前髪がカバーできます。

他には、ワックスでピタッと固めちゃったり、思い切って前髪を全部あげたりといったアレンジもやりますね〜。

おでこが出ちゃうのを隠したい場合は、長く伸ばしているサイドの毛を、前髪の方に持ってきて、ピンで止めるのもありかな?と思います。

ハゲラボスタッフ(男性)

短くなりすぎた前髪をカバーするために、本当にいろんなヘアアレンジの方法があるんですね...。

ハゲラボ運営スタッフ(女性メンバー)

私の場合は、かなりぱっつんに前髪を切ってしまい、アレンジも難しいと思ったので、思い切ってオンザマユゲまで前髪を短くしましたよ!

中途半端に短いと変ですが、思いっきり短いと逆にかわいいですよね。

ハゲラボスタッフ(男性)

ほぉ...。思い切って短くすると逆に可愛くなれるという声は、なかなか面白いですね。

ハゲラボ運営スタッフ(22歳)

僕は短くなりすぎた前髪に困った時は、ヘアアイロンで前髪を伸ばしていましたよ!

もともとくせ毛なので、ストレートパーマの要領で、コテで髪の毛をまっすぐにすれば、髪の毛が長くなるんです。

ハゲラボスタッフ(男性)

まさにこの記事でも紹介したことを実践している編集スタッフも!

前髪が短すぎる問題って、意外と男性でも悩むところなんですよね...。



いかがでしたか?

ハゲラボ編集部の声、参考になる点は、ぜひお役に立ててくださいね!

以上、短くなりすぎた前髪を作ったり、健康に伸ばしたり長くしたりする方法についてみてきましたが...

逆に髪をしっかりと正常に伸ばすために「できれば避けたいNGな行動」について説明しますね。


1 タバコを吸う

タバコに含まれるニコチンは、体の血管を収縮させ、血行不良を起こす可能性があります。

ニコチンによって血行が悪くなることで、頭皮の血管にも栄養が届きにくくなります。そうすると、髪の毛の成長に悪影響を及ぼすことも。

自分が吸う場合はもちろん、受動喫煙の副流煙を吸い込んでしまう場合も同様です。

髪の毛のことを思うなら、タバコの煙をできるだけ避けるように意識したいですね。

2 継続的に高ストレス状態にいる

ストレスは、健康な髪の毛が育つのに、悪影響を及ぼします。

というのも、強いストレスが続くと体に緊張状態をもたらし、血行不良をおこしてしまう可能性があります。

この血行不良によって、正常に髪の毛が伸びることが阻害されてしまうことも。

髪の毛を正常に伸ばす育てるなら、継続的なストレスにさらされるような環境は避けましょう。

いかがでしたか?

前髪を元どおりに見せたり、早く伸ばしたりするために、いろいろな方法をご紹介しました。

すぐに実行できるものもたくさんあるので、自分がやりやすいものを実行してみてくださいね。

自分に合う方法で、短くなりすぎた前髪を伸ばしたり作ったりして、元どおりにしていきましょう!