目次

  1. もう悩みたくない!アホ毛を改善してきれいな髪に!
  2. できてしまったアホ毛…改善するのにはどうすれば?
  3. アホ毛ができてしまう原因とは
  4. アホ毛の予防に必要なのは、頭皮環境の改善です!
  5. 正しいシャンプー方法をマスターして頭皮環境を改善しよう
  6. アホ毛改善が期待できるシャンプーのおすすめはこちら
  7. 頭皮環境を改善してアホ毛のない綺麗な髪へ!

まとめた髪の表面から飛び出すアホ毛

きちんとセットしたいのに、アホ毛が出てくると台無しになってしまいますよね。

水やスタイリング剤でおさえるなど対策法はありますが、きちんと直したいと感じている人が多いのではないでしょうか?

今回はアホ毛改善が期待できるシャンプー法を紹介します。 ぜひ参考にしてくださいね!

アホ毛は改善できる?
アホ毛は改善できる?

頭皮の環境を整えて、アホ毛を直したいですね!

ぴんぴんと飛び出すアホ毛って気になりますよね。

ひとまず濡らしたり抑えたりとその場でできる対策をしても、少し時間が経つとまたぴょんぴょんと飛び出していることも…。

飛び出す毛を抜いてしまうなんて人もいる様ですが、逆に悪化してしまうこともあります。

アホ毛が出てきてしまった時の対策だけでなく、アホ毛そのものが出てこなくなる方法はないのでしょうか。

鏡をみてがっかり、そんな悩ましいアホ毛はそもそもなぜ出てくるのでしょうか。

ここではアホ毛ができる原因について紹介します。

原因をみてみると、アホ毛ができやすい人の特徴がわかりますよ。

1)成長途中の短い髪

髪には成長期、退行期、休止期といったヘアサイクルがあります。 サイクルが休止期に入ると、基本的に髪は抜け、そして新しい髪の毛が生えてきます。

しかし、生えてきたからといっていきなり他の髪と同じ長さに伸びるわけがありませんよね。 こうした、周りの髪と違う長さの生え始めの短い髪が飛び出してくるためにアホ毛が起こってしまいます。

2)髪が傷んでいる

短く飛び出すアホ毛は、成長途中の髪の場合もあれば、途中で切れてしまった髪の場合もあります。

髪が途中で切れてしまう理由は様々ですが、カラーやパーマなどで髪が傷んでいる場合が多いようです。

髪が傷むと水分不足でパサパサの状態になり、健康な状態なら何ともない少しの衝撃でも簡単に切れてしまいます。

そのため、他の髪より短い髪になり、アホ毛として飛び出してきてしまうのですね。

3)毛穴が詰まっている

髪がまっすぐ伸びずにチリチリとしたアホ毛が飛び出している場合は、毛穴の詰まりが原因かもしれません。

毛穴が詰まっていると、健康な髪の成長を邪魔してしまい、切れやすく根元からチリチリとした髪になってしまいます。

毛穴詰まりの原因は皮脂や汚れなどがしっかりと取り除かれないために起こるもの。 早めに対策しないと、頭皮の環境が悪化していってしまいますよ。

頭皮の洗浄が不十分だと毛穴は詰まりやすい

頭皮の洗浄が不十分だと毛穴は詰まりやすい

整髪料なども毛穴の詰まりの原因に

4)栄養不足

アホ毛の原因の1つに成長途中の髪が挙げられるとお伝えしましたね。 これは、健康な髪であれば成長して伸びていくにつれ解消されていきます。

しかし頭皮にしっかりと栄養が行き渡らないと、髪が健康に育つことが困難になります。

髪のもととなるタンパク質などの栄養素は生命の維持に必要な臓器から吸収されていくため、頭皮へは後回しになってしまうものです。

偏った食生活や過度なダイエットでは健康な髪は育ちません。そのためアホ毛として飛び出してきてしまうんですよ。

アホ毛が起こる原因をいくつかみてきましたが、どうしたらアホ毛を予防することができるのでしょうか。

アホ毛予防をするにはまず頭皮の環境を整えることです。

毛穴が詰まっていては、アホ毛の直接的な原因になりますし、栄養素をしっかり届けることもできません。

髪の傷みの原因にもなってしまうので、頭皮の環境を改善することができればアホ毛予防が期待できるでしょう。

頭皮環境を整えてアホ毛予防!

頭皮環境を整えてアホ毛予防!

具体的な方法はこれから紹介しますね

頭皮環境を改善するには、正しいシャンプー方法で汚れをきちんと洗浄することが大切です。

ここでは正しいシャンプーのやり方を、順に紹介していきます。

今、ご自分が行っているシャンプーのやり方と比べてみてくださいね。

1)ぬるま湯で予洗いする

髪の表面に付着したほこりやごみをブラッシングで落としたら、シャンプーをつける前にシャワーで予洗いしましょう。

予洗いすることである程度の汚れや皮脂を落とすことができると言われており、シャンプーの量も少しで洗えます。

シャワーの温度が熱すぎると頭皮を傷めることがありますので、温度にも注意しましょう。

ぬるま湯で汚れを流しましょう
ぬるま湯で汚れを流しましょう

温度に注意してください!

2)シャンプーを泡立ててから洗う

シャンプーで洗うとき、シャンプー剤を頭皮に直接つけて頭の上で泡立てている人はいませんか? これは頭皮を傷めてしまうのでやめましょう。

手のひらにシャンプー剤を出し、よく泡立ててから洗浄します。 汚れを落とそうと爪を立ててゴシゴシするのも良くありません。

予洗いで温まった頭皮から汚れを指の腹で揉みだすように優しく洗いましょう。

優しく揉みだすように洗いましょう
優しく揉みだすように洗いましょう

洗浄力の強すぎるシャンプーもNGです

3)しっかりとすすぐ

洗浄ができたらしっかりとすすぎます。 流し残しがあると、毛穴が詰まる原因となりますので注意が必要です。

目に見える泡がなくなっても、残っている場合があります。 生え際なども忘れずに、全体をしっかりすすぐように気をつけましょう。

コンディショナーやトリートメントをする人は頭皮に付かないよう、気になる毛先部分にのみ使用してくださいね。

しっかりすすぐ
しっかりすすぐ

シャンプー剤が残らないようにしっかり落としましょう

4)タオルドライ・ドライヤーで乾かす

せっかく正しくシャンプーをしても、濡れたまま放置するのは良くありません。

しっかりとすすいだら、まずはタオルで髪を挟み、ポンポンと叩くように髪の水分をタオルにうつします。

ドライヤーを使用する時は髪から20㎝ほど離してアホ毛が気になる箇所は上から下に風を当てるようにしましょう。

やりすぎると乾燥してチリチリになってしまいますので気をつけてくださいね。

ドライヤーのかけ方にもポイントあり!
ドライヤーのかけ方にもポイントあり!

ボリュームを出したいときは下から上に当てますが、アホ毛を抑えるには上から下に向かって!

正しいシャンプー方法をさらに理解してもらうために、動画を紹介します。

実際にどのようにシャンプーやすすぎを行っていけばよいか、動画で見るとイメージができますのでぜひご覧になってくださいね。

suns 正しいシャンプーのやり方

シャンプー台での実演だけでなく、自分でやるときの方法も丁寧に解説されています。

正しいシャンプーの方法は把握できましたか? シャンプー方法も大切ですが、どんなシャンプーを使うかもとても大切なんですよ。

haru黒髪スカルププロは、詰まりやすい毛穴の汚れをしっかり落としながら、頭皮や髪をいたわる成分も配合されています。

さらに頭皮に悪影響を及ぼすシリコンや化学成分を含まない、無添加・天然由来にこだわったシャンプーです。

アホ毛対策にもなる頭皮環境改善のために、シャンプーにもこだわってみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?

アホ毛のない健康できれいな髪を手に入れるには、髪だけでなく頭皮の状態が大切なんですね。

出てきたアホ毛を抑えるのではなく、アホ毛が出てこないように正しいシャンプー方法をマスターして頭皮の環境を整えましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。