目次

  1. 前髪の隙間が気になってる人は結構いる⁉︎
  2. 前髪の隙間を放っておくとM字ハゲになってしまうかも…
  3. 前髪に隙間ができてしまう原因とは?
  4. 前髪に隙間がある人はこんな生活習慣に注意
  5. 前髪の隙間を広げないための対策
  6. ハゲラボで人気の育毛剤はこちら
  7. 前髪にできてしまった隙間の原因と対策をしっかりと把握しよう!

最近、前髪のセットがうまくいかない・・・。 うまくセットしないと隙間からおでこが見えてスカスカ・・・。

そんな風に感じたことのある人は、年齢や性別に関わらずいるんです。

まだ隠せると思っていても、何もしなければその薄毛は進行してしまう可能性があります

前髪に隙間ができてしまう原因対策を把握して、すぐに対処していきましょう。

前髪の隙間が気になる
前髪の隙間が気になる

前髪に隙間を感じたら、すぐに対処しましょう。

前髪の隙間は、ヘアスタイル次第で隠すことができてしまいます。

お風呂上りなどに少し気になっても、日中は隠れていますから、あまり気にせずに過ごしてしまっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ごまかし続けてもAGAなどで薄毛は進行していきます

いずれ隠せなくなってきた時には立派なM字ハゲになっていた、なんてことも。

M字ハゲが進行してしまうと、改善するのに時間もお金もかかってきますから、そうなる前に対策をしていきましょう!

前髪の隙間がいつの間にか・・・
前髪の隙間がいつの間にか・・・

M字ハゲになる前にどうにかしたい。

前髪の隙間がスカスカになってしまうのはなぜでしょうか。

前頭部の薄毛はAGAの特徴とも言える症状ですが、それも含めて、前髪に隙間ができてしまう原因を探っていきたいと思います。

前髪の隙間に悩んでいる人は、次の原因を参考にしてみましょう。

⑴男性ホルモンの影響

前髪の後退は、AGAの特徴的な症状です。

AGAの原因である「テストステロン」という男性ホルモンは、毛母細胞にある「5αリダクターゼ」と結びつき、「ジヒドロテストステロン」に変化します。

このジヒドロテストステロン(DHT)が、脱毛を引き起こしていくと言われています。

男性ホルモンが多いから髪が薄くなるというわけではなく、「5αリダクターゼ」と結びつきやすい人がAGAになりやすいということですね。

単純に、男性ホルモンを減らせばいいというわけではなさそうです。

⑵血行不良

頭皮は、通常でも血行があまり良くない場所になります。

末端である頭頂部が血行不良を起こしやすいと思われがちですが、実は前頭部の方が血行が良くないと言われているそうです。

髪の毛は血液から運ばれる栄養酸素から作られていますから、血行不良は髪の成長の大敵といえるでしょう。

血行不良
血行不良

血流の悪化は薄毛の原因になりえます。

⑶生活習慣の乱れ

日々の生活習慣が乱れているということは、日常的に体に負担をかけていることになります。

通常、人間は重要な臓器を優先して回復しますから、生命に危険のない髪の毛は後回しにされてしまいます

その結果、髪の毛が成長できなくなってしまう可能性があると言われています。

前髪に隙間ができる原因のひとつとして「生活習慣の乱れ」がありましたが、具体的にはどのような生活なのでしょうか。

前髪の隙間が気になる人には特に気を付けてほしい生活習慣を3つ選んでみました。

次で詳しく説明していきます。

⑴ 睡眠不足

髪を成長させるために大切なことは、髪の毛にまで十分に栄養を届けることです。

それを妨げてしまうのが「睡眠不足」だと言われています。

睡眠が不足すると、成長ホルモンの分泌が少なくなり、髪の毛の成長を遅らせてしまいます。

また、睡眠不足から「ストレス」や「血行不良」も引き起こされますから、髪にとっては悪いことしかないようです。

眠りの浅い睡眠が続く場合も注意が必要です! 長時間寝たつもりでも脳が起きていますから、疲れがとれないなどの症状が出てしまいます。

睡眠時間だけでなく、睡眠の質も大切になってくるんですね。

⑵ 慢性的なストレス

ストレスを感じると、交感神経が活発になり、血圧が上昇することでストレスに対応するようになっています。

しかし、慢性的にストレスが長く続くと、血管が収縮して血行不良を起こしてしまう可能性があります。

また、ストレスに対処するために多くのエネルギー栄養を使ってしまうため、髪の毛にまで栄養が行き届かなくなります

このことから、ストレスが薄毛につながっていると考えられています。

ストレスに注意
ストレスに注意

ストレスは髪の大敵!

⑶ 偏った食事

血管を通して髪の毛に栄養が運ばれますが、血行が良くても運ぶべき栄養がなければ髪は育ちません

偏った食事添加物の多い食事が続くと栄養不足となり、髪の毛の成長に支障が出てしまうことも。

できるだけ栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

薄毛につながりやすい生活習慣をご紹介しましたが、前髪の隙間を広げないためにはその生活習慣を改善していく必要があります。

では、どのように変えていけばいいのでしょうか。

できるだけすぐに実践できる対策方法をご紹介します。 *ただし、改善のためには以下の3つの対策だけではかなり難しいと思います。 育毛剤や治療薬の効果を高めることはできるようです。

⑴頭皮の環境を整える

前髪の隙間を改善するためには、まずは頭皮を健康な状態に戻してあげることが必要になってきます。

頭皮を清潔に保つという点では、使用するシャンプーを考える方が多いと思います。

「清潔に」というと、一日に何回も洗ってしまうかもしれませんが、必要以上のシャンプーは頭皮の乾燥炎症につながってしまう可能性があり、逆効果です。

頭皮を健康な状態にしたうえで、育毛剤などを使用するとさらに効果が期待できます。

頭皮環境を整えよう
頭皮環境を整えよう

健康な髪は健康な頭皮から

⑵質の良い睡眠

髪の成長にとって睡眠は重要な関わりを持っていることは上で説明しましたが、質の良い睡眠をとるためにはどうしたらいいのでしょうか。

人間の細胞は22時~2時の間に生成されますから、その時間帯に深い眠りにつくことが大切です。

夜なかなか眠れない・寝てもすぐに起きてしまうという人は、軽めのスポーツなどで適度な疲労を感じることも、夜ぐっすり眠るコツです。

また、寝る直前に食事をとらないことや水分を摂り過ぎないなど、ちょっとした心がけで改善することもあります。

⑶バランスのとれた食事

髪の毛の成長のためには、毎日三食栄養バランスのとれた食事をすることが理想的です。

しかし、仕事で忙しかったりゆっくり食事をする時間がない場合には、毎日自炊をするのは難しいでしょう。

外食する場合には一品物ではなく定食にすることや、コンビニ食にはサラダを追加するなどの工夫をしていきましょう。

どうしても不足してしまうビタミンミネラルなどは、サプリメントで取り入れるのも一つの方法です。

前髪の隙間は、放置しておくと進行してしまう可能性があります

ヘアスタイルで隠すのには限界がありますから、できるだけ早めに対処することが大切です。

そのためには、育毛有効成分が含まれている育毛剤が有効です。

薄毛が進んでしまう前に、育毛剤できちんとケアをしていきましょう

チャップアップは無添加・無香料で、ハゲラボでも人気なんですよ。

一使用感に満足いただけなくても “返金保証”があるのでお気軽に試せますよ!

前髪の隙間の原因と対策を把握したら、生活習慣を見直すと共に育毛剤でしっかりケアをしていきましょう。

手遅れになると改善まで何年もかかってしまうケースもありますから、できるだけ早めに対策するのがポイントです